プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天 VS TBS のニュースに思う
今回は、楽天とTBSのニュースについての感想です。
楽天とTBSの対決姿勢がだんだんと鮮明になってきた印象があるのですが、なんだかなあ、という感じです。楽天の三木谷社長というと、プロ野球参入にしろ、M&Aに関しても、その手法にはソフトな印象があったのですが、その楽天がライブドア化してきたということ。で、思うことはただ一つ。

三木谷社長は相当に焦っているんだろうなあ

ということ。「焦っている」ということに関して思ったのが

*テレビ局を手に入れることに対する焦り
*楽天の株価の下落に対する焦り
*金融機関からの借り入れ(株の購入資金)に対する金利負担への焦り

の3つでしょうか???
「テレビ局を手に入れることに対する焦り」はともかくとしても、株価の下落と借金の金利負担の2つは深刻だと思います。楽天やライブドアを見ていて連想するのは

かつてのダイエーの含み益経営

です。ダイエーは不動産でしたが、楽天やライブドアは株式の時価総額によるものでしょう。しかし、不動産でもそうでしたが、株価にしても永遠に上がりつづけるはずはなく、また高値のまま持続ということも難しいでしょう。そもそも時価総額から判断して、株式市場は楽天に対して、相当の「将来への期待」をしているという気がします。もし、その「期待」が裏切られるようなことがあれば株価はさらに急落する可能性もありうるはず。
そう考えると、楽天の三木谷社長も相当危ない橋をわたっているような。それに今回のようなやり方をとったということは楽天にとっても三木谷社長にとっても大きなマイナスになるような気がします(「楽天のライブドア化」という点においてですが)。

楽天 VS TBSの騒動がどういう形で決着がつくかどうかはわかりませんが、このことから我々一般個人が教訓を得るとしたら、

*これまで成功したからといっていい気にならない
*焦りは禁物
*決してムリをしない

ということではないでしょうか?

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

はじめまして。

最近ブログをはじめました。いろいろ見ているうちにこのブログを見つけたのですが、私と似たような感じ方・考え方をされる人だと思ってコメントをつけさせていただきました。これからどうぞよろしくお願いします。
【2005/10/31 11:50】 URL | zxcvaq #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/38-4232a3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。