プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、世界経済が数十年にわたって低迷を続けたとしたらどうするか?(2)
前回書いた記事の続編です。

前回の記事はこちら。

もし、世界経済が数十年にわたって低迷を続けたとしたらどうするか?


前回の記事は、ある意味で異色の内容ではなかったかと思います。インデックスファンドを中心にバイ&ホールド戦略をとっている投資家としては、決して触れてはいけないタブーとも言える内容だったかもしれません。
しかしながら、投資家というのは常にリスクをとっているわけですから、こうしたケースについても想定しておくべきことだろうとは思います。

さて、前回の記事内容に関して、実に多くのコメントが寄せられました。読者の皆様方にはあらためてお礼を申し上げたいと思います。どうもありがとうございました m(_ _)m

今回は、頂いたコメントを引用しつつ、記事を書いていきたいと思います。

※なお、引用するのは一部だけですので、前回の記事とそのコメントは読んでおいていただきますようお願いします(全てのコメントを引用すると、あまりにも長くなりすぎるためです)。


まずは、いかに安全に運用するかという視点で見ていきます。それについては、投信戦略の発想法さんより、「リスクを取りたくない人は国債などの金利物(元本保証のもの)をメインにするというのはどうでしょうか?」という意見を頂きました。

これは確かに一つの有力な方法だと思います。常識的に考えても、日本国内で生活することを前提とするなら、国債などの低リスクな金融商品を中心に据えるのは極めて合理的です。ただ、この方法の大きな欠点は、リスクも少ない代わりにリターンも少ないわけで、それゆえに相当大きな金額でなければ、生活費をまかなうほどのリターンを得ることができないという点でしょうか。
また、日本円でのみ運用するということは、円の暴落といった事態には無力ということになりますので、これでも必ずしも万全とは言えないかもしれません。
しかしながら、少なくとも低リスク商品をポートフォリオの中核に据えるというのは、リスクをとりたくない人にとっては大変有効な方法だと思います。

煙々さんからは「目標としている金額へ早く達成できるよう、本業で努力する」というコメントを頂きました。これも非常に現実的な方法だと思います。個人投資家にとっては投資はあくまでも副業であり、本業は労働だからです。
お金が足りなくなれば、働くしかない、というのは正論です。・・・というか、もはやそれ以外に方法がないとしか言いようがありません。

ひろんさんからは、「現代において、何十年も世界経済が低迷する可能性は少ないと考えています」とのコメントを頂きました。同様に、Bホールドさんから「不安材料は多々ありますが、きっと人類はそれなりに乗り切って、長期低迷という悪いシナリオは回避してくれるだろう(つまり発生の可能性はあるけれどかなり低い)と、勝手に期待しています」というコメントを頂いています。

要するに、「世界経済が数十年にわたって低迷を続けるという事態は考えにくい」ということでしょう。私もそう思います。世界のどこかの国や地域が局地的に低迷し続けるという事態はあり得るかもしれませんが、世界全体というレベルで低迷を続けるというのはおよそ考えにくいことです。
(仮に、もし本当にそういう事態になったとしたら、そのときすでに人類は滅亡への道を進んでいるのかもしれません)

次に、リスクに対する対応について。
これについては、同じくBホールドさんのコメントにある「総額変動リスクを避けたいのであれば、いわゆる低リスク資産重視。普通はこちら。種々のリスク想定であれば、それに対応した種々の資産クラスに分散のままの状態で。」というのが基本だと思います。
分散していてもダメという状態では、集中しているとさらにリスクが高まる可能性があります。現在は、ほぼ全ての資産クラスが下落していて、上がっているのは、円という通貨と、金(Gold)くらいでしょうか。しかしだからといって、上がっている円や金(Gold)のみに集中投資というのもそれはそれでハイリスクだという気がします。今の状況は普通に考えれば「異常な状態」であって、この状態は当面は続くとしてもだからといって何十年も続くとは考えにくいからです。
何かをきっかけにして一旦流れが変われば、今度は円や金(Gold)に流れていたお金が、また別の資産クラスへと大移動を始めることになるでしょうから、円や金(Gold)にのみ集中投資していた人は、逃げ遅れてしまい結局損失を出してしまう、ということになりかねないと思います。


さて、仮にもし、本当にインデックスファンド投資がダメということになり、実際にインデックスファンド投資から撤退することを検討するということになれば、その基準として考えられるのは、Bホールドさんが書いておられる以下の文章が参考になりそうです。


-------------引用開始-------------------------------
長期インデックス投資の場合、「安全確実な市場」を対象にしていることが大前提だと思いますので、これが揺らいでいないか、将来的に揺らぐ可能性はどれくらいあるか、揺らがなくても回復時期が自分にとって遅くに失する恐れはどれくらいあるか、それと、従前の期待収益率とリスクの設定にどの程度の見直しを施すべきか、を考えて、必要なら、戦略の見直し(換金撤退、塩漬け撤退)を考えます。
-------------引用終了-------------------------------


インデックスファンド投資における投資戦略の前提となる条件が揺らいでいることがはっきりすれば、インデックスファンド投資を見直す必要が出てくるでしょう。具体的なタイミングとしては、今回の大暴落(及び今後起きるかもしれない大暴落)のデータが新たに統計データに加えられた後に、その判断を下す必要性が出てくるのではないかと、私個人としては考えています。

----------------------------------

次に、虫とり小僧さんのコメントを引用します。

-------------引用開始-------------------------------
ただ、一個人として、今後どういう状況がやってきてもそれなりに自分の資産を守ることのできる資産運用方法が、インデックス投資による長期投資・国際分散投資であるという認識に変化はありません(その資産比率等は千差万別でしょうが…)。要するにインデックス投資による長期投資・国際分散投資よりも有効な代替方法を知らないのです。

結果的に円建ての預貯金や国債をだけを保有していたほうが、インデックス投資による長期投資・国際分散投資よりも老後の換金時に高いパフォーマンスを残す可能性はあるにはありますが、今のところはどう考えても円建ての預貯金や国債をだけを保有している方が、実質的なリスクは高いとの判断は揺らぎません。
-------------引用終了-------------------------------

現時点において、私もこの虫とり小僧さんの意見に賛成です。
私も、虫とり小僧さんの書いておられるとおりであって、「インデックス投資による長期投資・国際分散投資よりも有効な代替方法を知らない」ということなのです。


次に、グラフトン通りさんのコメントを引用します。全文を引用します。

-------------引用開始-------------------------------
〇世界経済が長期低迷した場合

 インデックスが世界の資産の縮図であるならば、今後、世界経済が長期低迷してもそれほど影響は受けないと思います。

〇株価も20~30年間低迷した場合
 株価の低迷の影響を受けないようにするだけです。

本題ですが、問題はインデックスの構成です。

・世の中のあらゆる資産から得られるリターンは均衡する。
・現在の金融制度のもとでは、マネーの供給量はわかっても、その行き先を特定するのは難しい。

現在、サブプライムローン問題に起因する株価調整の最中ですが、歴史的に見ても他のアセットクラスと比べても現状割高なため、調整はこの先長く続くことでしょう。

株式から得られるリターンが長期的には他の資産を上回るという、バブル的思考があるならば、その思考が是正されるまで調整されるでしょうし、過去のデータが株式の優位性を示すのであれば、データが均衡する程度まで調整されるでしょう。

上記をふまえ、できるだけ多くの資産に配分するのが良いと思います。
-------------引用終了-------------------------------

この考えも非常に面白いと思いました。もし、株価が長期低迷するというのなら、逆説的ですが、「株価の低迷の影響を受けないようにする」という戦略をとるしかありません。具体的にどうするかは、残念ながら私の頭でははっきりとはわかりませんが、世の中の動きを見ながら考えるしかなさそうです。

「問題はインデックスの構成」というのも面白い着眼点だと思いました。確かにインデックスと一口に言っても実に様々なインデックスが存在するわけで、どんなインデックスファンドをポートフォリオに組み込むか?というのは見直しの余地がある可能性がありますね。株式がダメだというのなら、ポートフォリオから株式を外すという選択肢もあり得るかもしれません。




Bホールドさんが「ドルコスト停止が有効な場合」と、「定額分散撤退(いわば逆ドルコスト)」という話を書いておられましたが、この話も非常に興味深いです。私自身、こうした投資戦略について強い関心を持っており、また実際に逆張り的な投資を行ってきたという経緯があるからです。

この「ドルコスト停止が有効な場合」そして「定額分散撤退(逆ドルコスト)」の話題については今回の記事の続編で書く予定です(これを書くと記事がさらに長くなるので今日のところはパスします)。ううむ。これも面白い記事になりそうです(^^)


----------------------------------

長くなったので今日のところはこの辺で終わりたいと思いますが、私は「しょせん投資はギャンブルの一種でしかない」ということを強く感じています。
この「ギャンブル」に勝つためには、積み立て投資だけではなく、出口戦略も考えておく必要があるな、とつくづく思います。

最後になりましたが、今回も皆様方のコメントがあるからこそ書けた記事となりました。残念ながら全てのコメントを取り上げることはできませんでしたが、今回の記事に関連する話題は、今後とも書いていきたいと考えていますのでその際にまたあらためて取り上げることがあるかもしれません。こうした記事は、インデックスファンド投資家にとってはタブーとも言える内容ではありますが、だからこそ面白いと考えているのです。


ではまた続編あるいは関連記事をお待ち下さい。
今日はこれにて終わります。  ( ̄ー ̄)/~~


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
masaさん
はじめまして。

ものといいます。

大変面白い命題なのでコメントさせていただきました。
"もし、世界経済が数十年にわたって低迷を続けたとしたらどうするか?"ですね。
私の個人的な投資方針としては保有し続けるということになります。
 なぜかといえば、今後、貨幣価値が落ちていくものと考えられるからです。いま、米国でもEUでも国のお金からどんどん資金を投入していっています。
 そうしますと、先進各国での国家財政は苦しくなり、国家の信用が低下します。国家の信用というのは貨幣の価値に直結していますから、貨幣の信頼が揺らぐのです。いまそれが世界中でおきているのです。

 そうしますと、相対的に物品の価値が上がります。

 前回の日本の例ではここでデフレになりました。ふつうならインフレで物品の価格が上昇していくはずです。しかし、日本の近くに中国という安い物品を提供できる国家がありましたので、物品の価値が上がらず、デフレとなってしまいました。あくまで特異な例として考えています。
 同様な流れでデフレになるのでしょうか?私はならないと思います。中国は今、安いものを安く提供できる国ではなくなってきています。明らかに人件費コストが上がってきているのです。
 さらに世界中に広まった製品でかなり問題があることが判明しており、前回の時のように簡単に 安いからといって購入する行動はとらないと思います。結局、良い品質のものを作るにはコストがかかるのです。
 加えてにここ数年、コモディディが上がってきています。中国やインドの消費量が上がっており、前回不況の場合と状況が異なっています。需要と供給で需要の方が上昇していっているのです。ただでさえ商品の価値が上がりやすくなっているのです。

 それゆえ、前回の時のようなデフレになることなく、インフレになると思っています。インフレになってしまえば、もう現金を持っていることがリスクになります。

 この図の場合、懸念となるのが現在の円高です。すべて貨幣が下がっているのに現在、日本だけが円高なのです。円高であれば円を保有しておくにこしたことはありません。

 しかし、この状況は長くはないと考えています。この円高状態で輸出産業がうれしいわけがありません。日本の力は輸出産業の企業です。たとえ、ドル決済、ユーロ決済をしていても、日本人の給与は円で払いますから、どこかで円転する必要があるからです。そして輸出企業の財務が悪くなれば、税収も細りますから、円の価値も遅れて揺らぐはずだからです。そうしますとまた円安方向にふれていくと考えられます。

 以上の展開から、私は現金に戻すことはしません。(生活苦しくなればやむを得ませんが)
投資資産はそのまま投資資産として保有し続けます。

 このように図を描いていくとインデックスならそのまま保有し続けると思います。現金よりはましです。さらにもっと積極的に行くならば、価格決定力がある独占性の強い企業に投資し直します。インフレ率にあわせて、商品の価格を向上させていかなければなりませんが、競合他社が多い場合、それがままなりません。価格決定力のある強い企業であれば、商品価格に上乗せできるのです。

 この判断ですが、状況がインフレになるか、それとも前回のバブル崩壊のようにデフレになるかで判断が異なると思います。

それでは。


【2008/11/03 19:01】 URL | もの #JalddpaA [ 編集]


>私は「しょせん投資はギャンブルの一種でしかない」ということを強く感じています。

masaさんにしては過激な?発言ですね^^
私は投資は自分の失える金額の範囲内に収める(全額でもいいと言う人や小額で様子を見る人まで様々)のが妥当ではないかと思います。

確かに円債だけではリスクの集中と低リターンかもしれませんが、そもそもリスクという言葉の概念が株と安全資産では違い過ぎると思います・・

仮に経済成長が順調に行っていても、実態経済と株価が平行するとは限りません。(日本の株価や金利が例外のものとは一概に云えない気がします)

だから・・失敗しても耐えられる程度のリスクに止めるべきという、どこかの本の言葉が出てきてしまう訳ですが(笑)
【2008/11/04 12:52】 URL | 投信戦略の発想法 #- [ 編集]


・ギャンブル=期待値は1未満
・株式投資(適切な分散かつ長期)=期待値は1より大きい
(・FX=期待値は1未満=ギャンブル)

ゆえに株式投資はギャンブルではないと思います。
【2008/11/04 13:32】 URL | ノスケ #- [ 編集]

インフレとデフレについて
世の中は、常にインフレ誘因とデフレ誘因が綱引きをしていると思います。
特に現時点は、その綱引きがどちらも強力に感じられ、ハラハラします^^;。

政府・日銀は、財政政策・金融政策を駆使して、どちらかに傾き過ぎないように、
日夜目を血走らせて監視しているものと想像します(ホントかな。。。)

私の勝手なイメージでは、現在、短期中期的にはデフレ圧力が強く、中長期的(世界実体経済回復後)にはインフレ圧力が強まるのではと感じます。(中期とは一体。。。^^;)

なお、日本当局の手持カードのうち、デフレ対応カードが、心もとなくなってきています。
すなわち、金融政策では、利下げはあと0.3%幅しかなく、量的緩和は副作用が怖いからできれば発動したくないし、財政政策では、財政余力があまりないので大々的展開は困難かと。

ただし、日本も含めて各国はマイルドなインフレを目標としていますので、思惑どおりに展開できれば、若干のインフレとなります。
新興国の頑張りや、先進国の立ち直りのパワーをうまく活かしていければ、インフレも有り得ますし、資源などの扱いに失敗すると、行き過ぎて悪性インフレの危険も。。。

まあ、個人投資家としては、どちらに転んでも大丈夫という体制で備えたいところですが、総額が十分ではないうちは、自分の好みに従って、どちらかにバイアスをかけつつ、徐々に防御力を高めて行くのが良策かなあ、と思いますがどうなんでしょうかね。

【2008/11/04 21:58】 URL | Bホールド #- [ 編集]




皆さん、コメントをありがとうございました。
本題に入る前に、私が「ギャンブル」という言葉を使ったことに対してちょっとだけ補足しておきます。
私自身は、あくまでも投資はギャンブルの一種だという認識を持っています。ただし、「期待リターンがプラスのギャンブル」ということですが。
これは、あくまでも私個人の認識であって、「期待リターンがプラスのものをギャンブルと呼ぶのはおかしい」という考え方も当然あるだろうと思います。
私が投資に対してギャンブルの一種だと考えている理由は、当然のことながら色々とあります。
しかしながら、それを書き始めると例によって長くなりますし、今回の記事の本題から逸れるため、現時点では、それについてこれ以上のことは書かないことにします(^_^;)


>>ものさん

長文コメントをありがとうございました m(_ _)m
非常にわかりやすく、面白いコメントだと思います。

特に、円高の話は私もその通りだと考えています。この円高が長続きするとは思えません。今は円に流れているお金が、次にどこに向かうかはわかりませんが、わからないからこそ、インデックスファンドで国際分散投資するのが一番妥当だと考えています。

今は、国際分散投資やバイ&ホールド戦略に対する信頼性が揺らぎつつありますが、結局はこれに勝るものはないのだろうと思います。



>>投信戦略の発想法さん

書いておられることはおおむねその通りだと思います。
どこまで安全資産で確保するか、そしてどこまでをリスクにさらすかは難しいところではありますね。これについては、実際にやってみながら、調整するしかないわけですが・・・。


>>ノスケさん

確かに世間一般では、「株式投資はギャンブルではない」という意見は主流を占めてますね。

私自身は、「株式投資はギャンブルの一つ」という考えに変わりはありませんが、これはあくまででも、私個人の認識です。

ちなみに、FXについてはノスケさんの書いておられるとおりだと思います。FXに限らず、為替差益狙いの場合はゼロサムゲームですから、これは投資ではなく投機・ギャンブルと考えても差し支えないでしょう。・・・とはいえ、これにも異論を唱える人は当然おられるわけですけどねぇ・・・(^_^;)



>>Bホールドさん

またまた気合いの入ったコメントをありがとうございました m(_ _)m


>個人投資家としては、どちらに転んでも大丈夫という体制で
>備えたいところですが、総額が十分ではないうちは、自分の好みに従って、
>どちらかにバイアスをかけつつ、徐々に防御力を高めて行くのが良策かなあ、
>と思いますがどうなんでしょうかね。

ごもっとも(^^)

どちらに転ぶか分からない以上、その両方に賭ける、つまり国際分散投資がベストという結論に落ち着きそうですね。

-----------------------------

最後になりましたが、皆さんのコメントがあまりに完璧すぎて、管理人のコメントとして補足する余地がほとんどありませんでした。記事本編よりもレベルの高いコメントばかりであり、ブログ管理人としては、もうこれ以上書くべきことがありませんので今日のところはこれで終わります(^_^;;)

今回書いていただいたコメントが読者の方々にとっての参考になればよいのですが。



なお、関連する記事は今後も書いていくつもりです。
【2008/11/09 08:56】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


 100億の資産を持った人が居るとします。
 この人の資産100億全てがメガバンクの日本円の定期預金だったとしたら、
ものすごくギャンブルな感じがします。 (日本円全力買い状態)
 少なくとも、上記のようなアセットではない、より安全で、利回りの高い
資産配分は可能な気はします。

 確かに投資はギャンブルですが、非ギャンブル状態というのがありえないような
気がします。
 程度問題なので、投資をギャンブルと決め付けて資産配分すると
かなり刺激的なアセットクラスになってしまうかもしれませんね。
【2008/11/12 07:46】 URL | nukos #k2wIOraE [ 編集]


>>nukosさん

>非ギャンブル状態というのが
>ありえないような気がします。

私もそう思います。投資をしようがしまいが、どちらにしてもやはりギャンブルの一種だと思います。

これは投資に限った話ではなく、人生というのはそれ自体がギャンブルだという感覚を持っています(さすがにこう言い切ってしまうのはいささか極論かもしれませんが・・・)。
普段意識しないだけで、人はただ生きているだけで様々なリスクと隣り合わせで生活していますし(それをカバーするために保険というものがあるわけですが)、何らかの判断・決断を下さなければならない状況下でも、正確に未来を見通して判断ができるわけではありませんし。

・・・まあ、こんな風に考えるのは、私の人生経験と関係があるのかもしれませんが。
バブル崩壊による就職難、阪神大震災、病気による休職、勤務先の破綻、失業・・・といった経験をしてきたわけですが、その大半が事前に予想できない事態ばかりでしたから・・・。特に阪神大震災は衝撃的でした。
リスクなしというのはあり得ないので、リスクというものに対してどうつきあうかというのが、人生における最大の課題ではありますね。
【2008/11/15 09:11】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

人々の期待値に賭けるギャンブル
>100億の資産を持った人が居るとします。この人の資産100億全てがメガバンクの日本円の定期預金だったとしたら、ものすごくギャンブルな感じがします。 (日本円全力買い状態)
少なくとも、上記のようなアセットではない、より安全で、利回りの高い資産配分は可能な気はします。


古い記事で申し訳ありません^^;

この場合99億が個人向け国債、残り1億でギャンブルをするという手もありますね!
超富裕層では10%くらいをリスク資産へ振り向け、残り90%で元手を確保しているようです・・
山崎さんに教えてもらったポートフォリオです^^↓
http://www.kkr.or.jp/shikin/basic_policy.pdf


【2009/12/10 12:46】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>預金王さん

本題からは逸れるのですが、ふと思ったことを書いておきます。

>超富裕層では10%くらいをリスク資産へ振り向け、残り90%で元手を確保しているようです・・

思うに、超富裕層クラスになると、そもそも資産運用という考え方自体が存在しないのかもしれません。超富裕層クラスというのは、多くの場合いわゆるビジネスオーナーだと思いますが、そうした立場においてお金を儲ける一番いい方法は、「自分の所有するビジネスに投資する」という方法だからです。株式投資にしても、他人の経営する会社の株を持つのではなく、自分自身で所有・経営する会社の株を保有し、その株価が上がるように、会社の内部からコントロールするのが一番でしょうし。

はっきり言って、資産運用などに興味を持つ人というのは、しょせんは”決して億万長者とはいえない、中途半端な小金持ち”程度ではないかと思います。

本当の富裕層ならば、証券会社にお金を預けるよりもむしろ、自分で証券会社を所有し、それを経営して儲けようとする方が合理的です。例えば、もともとはネット通販が本業であるはずの楽天が、証券会社である楽天証券を持っているのはその一例ではないかと思います。

 
【2009/12/10 22:15】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/386-163b3f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。