プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナンシャルプランナーに投資の相談をしようと思わない理由 (2)
今回は、以前に書いた記事の補足記事です。

・・・といっても、今日はファイナンシャルプランナーの話題からは完全に逸れるのですが、前回の記事に関連する内容であることに違いはないので、タイトルはそのまま用いることにします。

まず、前回の記事はこちら。

ファイナンシャルプランナーに投資の相談をしようと思わない理由

コメント欄にも記事の補足として私が書いておりますので、そちらも読んでおいてください。

前回の記事で述べたことの主旨は、「教科書通りの内容でなく、実体験に基づくアドバイスが欲しい」ということでした。もちろん、これにも賛否両論があると思います。
相談する方が、さほど金融に関する知識を持っていない場合であれば、教科書的な内容でも十分ですので、必ずしも実体験を持っている必要性はないと思います。
また、なまじ実体験があると、それがバイアスとなって客観的に物事を見ることができないということもあり得ます。

要するに、どちらかが正しくてもう一方が間違っているというような性質のものではないのでしょう。


それでも私は、どうせアドバイスをもらうのであれば、実体験に基づく知識が欲しいと思います。例えば、私が不動産投資を考えるとしたら、誰にアドバイスをもらうだろうか?ということを少し考えてみます。以下、架空の人物を想定してみました。


Aさん・・・不動産投資に関する膨大な量の文献を読み、不動産投資に関する知識は豊富である。しかし、Aさん自身は自分で不動産投資をしたことが一度もない。

Bさん・・・自ら不動産投資を実践し、時には失敗をしつつも着実に資産を殖やしてきた不動産投資歴30年のベテラン投資家。


この両者は架空の人物ですが、もし私が相談するとしたらやはりBさんの方を選びたいと思います。Aさんの方も知識面は豊富ですから、何か質問をすれば恐らく完璧な答えが返ってくるでしょう。例えば、「いい物件の見分け方だって?ああ、それなら簡単だ。○○という本の第○章に書いてあるよ。それによると・・・」という具合に。


しかし、ただ単に本に書いてある内容だけであるというのなら、自分で本を買ってきて読めばそれで済む話です。実際問題として、”本で得た知識と、実際にやってみることの間には天と地ほどの開きがある”と思うのです。


これは投資に限った話ではなく、すべてに当てはまるのではないかと思います。


もっとも、より正確には、知識と実践の両方のバランスが重要だということになるのでしょうけどね。いくら実体験があったとしても、過去の自分自身の成功体験にしがみつきすぎるのも問題でしょうし、知識一辺倒でもダメでしょうし。

私も、投資を勉強していて知識のみで実践していなかった時と、実際にやってみての感覚のズレを感じることは結構あります。本で得られる知識と仮想体験。そして実践しての実体験。頭の中の知識だけではダメ。だからといって、実体験にのみ頼るのも限界がある。このバランスをいかにうまくとっていくか、それこそが一番重要なのかもしれません。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

>”本で得た知識と、実際にやってみることの間には天と地ほどの開きがある”と思うのです。

>これは投資に限った話ではなく、すべてに当てはまるのではないかと思います。

私もそう思います。岩瀬さんも同様のことを言われていたかと思います。
特に投資の話となると、個人投資家は「自分にもできる」と錯覚してしまうようです。

投資に限った話ではなく、すべてにおいてプロはアマチュアに勝るものです。

プロは優秀ですし、私自身も資産運用においてはアドバイザーを利用しています。
「自分で資産運用する」ことが目的でないならば、専門家を利用することは良い選択だと思います。



【2008/11/14 00:46】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]


こんにちは、私は個別銘柄しか買ってません。ですが、インディクスファンドもいいかなぁと思いました。私もFPに相談した事はないです。だいたい儲かるなら、そんな商売するわけないですから(笑)これからもブログ楽しみにしてます
【2008/11/16 17:24】 URL | ダメ投資家 #- [ 編集]

例えば
スポーツジムでのインストラクターも似たような環境だと思いますね。
「教科書通りの内容」か「実体験に基づくアドバイス」という分類もありかとは思いますが
要は顧客のニーズに合っているかどうかですかね。
教科書通りで良いのなら自分で資格を取ってしまっても良いと思いますが
やはりFPを本業にしてる方は様々なケースを知っていると思いますので
そうした知識を還元してくれるといいのではないかと個人的には思います。
余談ですが、私はFP資格を取得している知人に色々とアドバイスを受けています。
【2008/11/19 19:20】 URL | プラチナ #3fP8K/.I [ 編集]


>>グラフトン通りさん

なるほど。インデックスファンド投資を行う個人投資家の場合、「プロでもインデックスには勝てない」という前提で考えるため、「プロのアドバイスなど意味がない」と考えがちですが、初心者が自分で一からポートフォリオを組むのは大変ですし、リスク管理といった総合的なマネープランとなってくると、経験豊富なアドバイザーの意見は非常に有効に機能すると思います。

私も、教科書通りのアドバイスなら一切不要だと考えてはいますが、逆に言えば、プロならではのアドバイスであれば是非とも受けてみたいと考えています。



>>ダメ投資家さん

ポートフォリオ全体としての診断であればともかく、個別銘柄派であればなおさらFPのアドバイスは無用かもしれませんね。


>>プラチナさん

>やはりFPを本業にしてる方は様々なケースを知っていると思いますので

なるほど。そういう見方もできますね。
医者に例えるならば、「臨床経験の豊富な医師」というところでしょうか。
長年のFP経験に基づくアドバイスであれば、確かに非常に有効だと思います。
それもまた、「実体験に基づくアドバイス」と言えそうです。
【2008/11/23 20:17】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/27 09:09】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/389-cd19ae33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

成人病:医療保険に入った。

医療保険とは、病気やケガをした場合に、入院費や手術費用を保証するためのものですが、それを選ぶぶポイントについて考えてみました。まず、医療保険にも種類があります。終身型医療保険これは文字通り、終身(死亡)まで保証を受けられる保険です。更新型医療保険80歳な... 女性と医療保険のこと【2008/12/29 07:45】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。