FC2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
1000万円を貯めてみてわかったこと
さて、今日は、私が1000万円の貯金を達成したときの話です。
ある程度、貯金体質が身についてくると、当然、貯金の金額もだんだんと大きなものになってきます。そうすると、なんだかギャップを感じるようになってきたのです。普段の生活は節約ばかりしているのに、総資産の額は大きくなってくるからです。そう感じたのが、本日のタイトル通りなのですが、

貯金金額が当面の目標であった1000万円に達したとき

です。ふと、「このお金は一体何のために???」と思ってしまいました。もちろん、本来は目的があってこその貯金なわけですが、私の場合は、実際問題としては「いざという時に困らないように、という理由で始めたものなので、はっきりした明確な目的があるわけではありませんでした。

それはそれで大きな達成感はありました。一つの大きな区切りでしたから。
しかしその一方で、前述のように「何のためのお金なのか」と思ったわけですね。

少々、お金を持ってみたところで、さほど贅沢ができるわけではありません。もともとが積み立て・天引きで貯めてきたようなものなので、例えば、100万円単位の大きな贅沢をして使ってしまうとすると、すぐになくなってしまいます。
1000万円というと確かに大金です。しかし、それで何ができるのかというと、ほとんど何もできない、というのが実感です。

でも、気持ちの上で変わったことが一つあります。それは・・・


お金の心配をすることがあまりなくなったこと。


でしょうか。今の世の中、サラリーマンといえど不安定な身分です。いつ会社がつぶれるかわかったものではないし、会社が存続していても自分が解雇の対象にならないという保証もないからです。私自身、20代後半にさしかかった頃、勤めていた会社が破綻してしまったという経験があります。数ヶ月間、無職だったときもあります。

でも、ある程度のお金を持っていれば、たとえ失業しても、当面は生活していくことができます。それだけでも、気持ちの上での余裕は全く違ったものになります。
ある程度まとまった金を持つことの意味の一つはその点にあると思うのです。

また、何か欲しいものがある時にも、ローンを組んだりする必要がなくなります。いつでも現金で支払ができるからです。したがって、ビンボーだったときに比べ、余分な金利を払わなくてすむわけですから、モノを安く買えるということになります。これは非常に重要ですね。ビンボー人は金持ちよりも高い価格で買わなくてはならない!!!ビンボー人的感覚からすると、「ただでさえお金が少ないんだからビンボー人には安くしてよ」と思いますが、世の中というのはつくづく金持ちに有利にできているわけで・・・。


そして、以前にも書きましたが、そのお金を投資・運用していくことで、お金がお金を生み出す、いわば「金の卵を産むにわとり」として育てていくことができるようになるということでしょう。
ビンボー人の場合、

*何をするにもお金が足りない
  ↓
*節約する
  ↓
*節約してやっとの生活なので自己投資や資産運用をする余裕がない
  ↓
*仕事上のスキルも上がらず、収入も上がらず、資産も殖えず、転職もできず、気持ちにも余裕がなくなる
  ↓
*ますますお金にも気持ちにも余裕がなくなる

・・・という「ビンボー人スパイラル」とでもいうべきものに陥りがちです。「お金がお金を生む」状態にもっていくことはきわめて困難です。

私にしても、最初はたった10万円の貯金もなかなかできなかったわけですが、

*家計簿をつけ、1円単位で厳しい収支管理をしてきたこと。
*少ない収入の範囲内で生活し、身分不相応な贅沢を慎み、自分に見合う生活水準を保ったこと。
*その過程でより満足度の高いお金の使い方を覚え、無駄遣いをしなくなったこと。
*無駄遣いを徹底的にやめたことで、貯金がより簡単にできるようになったこと。
*少しずつ、勉強しながら、投資を始めたこと。
*投資におけるリスクというものに敏感になったこと。
*「割安に満足度の高いモノを買う」という普段の買い物の感覚を、投資にも取り入れたこと。

といったことが相乗効果となって、1000万円という目標が達成できたわけです。


まとめると・・・

*大金を持っているということで気持ちに余裕ができる
*ローンを組まなくても現金払いでモノが買えるので金利を払う必要がなく、結果としてお金をもっていない人よりも安く買える
*余裕資金を投資・運用することで新たな収入への道が開ける

ということでしょうか。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/39-4743bf9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

個人金融資産

なにげなく報道を見ていて、今さらながらのコメントなのですが、個人の金融資産が1,454兆円、過去最高を記録したそうです。前年同期比で3.3%増、中でも株式が24.8%増、投資信託が28.4%増。その一方で定期預金が3.5%減、定期を含む預貯金全体で0.5%だそうです。ペイオフの影 「地に足のついた投資」を考え、実践する場【2005/12/20 06:50】