プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックスファンド投資以外に有効な投資方法は存在するのかという問題
最近の風潮をみると、インデックスファンドによる国際分散投資やバイ&ホールド戦略に対する信頼が揺らぎつつあると感じています。
さて、そうすると問題になってくるのは、果たしてインデックスファンドによる国際分散投資以外に有効な投資方法が存在するのか、ということです。


最初に結論を書いてしまうならば、少なくとも現時点においては、インデックスファンド投資を超えるような投資方法は存在しない、と言わざるを得ません。


比較的無難と考えられる投資戦略はいろいろとあると思います。例えば、景気の動向に合わせてアセットアロケーションを組み替えるという方法です。要するに、景気拡大期には株式に投資し、景気後退期には株式から撤退するというやり方です。

一見、簡単そうに見える方法ではあります。しかし、これは口で言うほど簡単な方法ではないと思われます。


この方法は、「場合によってはうまくいくこともあるかもしれない」という程度のものでしかないと思います。景気拡大期と景気後退期の”境界”を明確に見通してポートフォリオを大規模に組み替えるというのは極めて困難と言わざるを得ないからです。


景気後退期には株式から全面撤退するということは、要するに「景気が悪くなりつつあるときには株式投資をしない」ということと同義だと思います。景気後退期には株式投資をしないことが一番ベスト、というのは無難ではあるのも事実なのですが、「割安になりつつある時に投資しない」ということでもあります。


インデックスファンドによる国際分散投資というのは、少なくとも今回の大暴落の一時期には十分に機能しなかったのかもしれませんが、それでも集中投資よりははるかにマシだというのは確かです。
それに経済の流れを先読みして投資判断を行うというのはある意味で究極のタイミング投資なので、私としてはこういう投資方法には極めて懐疑的ではあります。


そんなわけで、私としては、やっぱりインデックスファンドをメインとする国際分散投資を継続するという結論に落ち着きそうです。


-------------------------------

最後に分散投資について私の思うところを書いておきます。

私としては、今回のごくわずかな期間の事例をもって、分散投資の効果を否定するにはあまりに性急過ぎると考えています。もともと、投資というものは長期的視点で考えるべきものだからです。
ただし、これも重要なことですが、長期投資というものをあまりに盲信するのも危険だと感じてはいます。投資というものが長期的にはプラスのリターンを生むのだとしても、人の一生の中で資産形成に費やせる期間はあまりにも短いからです。「さて、そろそろ引退しようか」と言う時期にたまたま大暴落に見舞われたら洒落になりません。どんな投資戦略をとるにせよ、いわゆる出口戦略というものを考えておく必要があるとは思っています。この出口戦略については今後検討していきたいと考えています。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

出口戦略については、うさみみもブログで書き始めています。
こういう環境になると、。「引退って時に」今のような状況だと厳しいどころではないと想像できますモンね。
出口戦略についてのエントリーを楽しみにしています(^^♪
【2008/11/29 12:14】 URL | うさみみ #- [ 編集]


現在のインデックスファンド投資家の中で、生まれた時からインデックス投資家だったという人は少ないと思います。
紆余曲折の末にインデックスファンド投資にたどり着いたことでしょう。

はじめはIT関連銘柄の上昇を見て、株は儲かりそうだと個別株取引を開始したのかもしれません。
今ほど経済がグローバル化していない時代やクレジットバブルが発生しているときのデータを見て、株式の国際分散投資が魅力的に見えたのかもしれません。
金本位制が採用されていた時代のデータを見て、ドル建てでは金は現金に対して増えていないと気付いたのかもしれません。
理由は人それぞれだと思います。

私自身、インデックス投資の有効性は否定しませんが、株式に偏ったインデックス投資の有効性については否定せざるを得ません。

公平を期するため、資産運用においては現在の金融制度、すなわち1971年以降の管理通貨制度・変動相場制の中で各資産を評価することが重要です。
そして、現在の金融制度のもとでは、以下の3点が学者を含め大方の一致した見解となっています。

1.現存するあらゆる資産からのリターンは、名目GDP成長率と一致する。
2.長期的には、株式、債券、コモディティ、不動産、などから得られるリターンは、長期的には完全に1対1の相関になる。
3.ときとして、金融レバレッジなどの影響により、2で示す完全な相関を歪ませることがある。

よって、インデックス投資するにしても、株式、債券、コモディティ、不動産等のうち一つの資産に偏らせるのではなく、できるだけ多くの資産に配分するのが教科書的ですが合理的な判断だと思います。
まして、リスク・リターンの性質上、資産価値を大きく減らしてしまうと回復することは困難ですから、分散することは大切です。

最後に、インデックスファンド投資以外に有効な投資方法は存在しています。
しかし、個人投資家にできる手法ではありません。プロの仕事です。
【2008/11/29 18:24】 URL | グラフトン通り #- [ 編集]


はじめまして。
>果たしてインデックスファンドによる国際分散投資以外に有効な投資方法が存在するのか? 
“毎月給与所得を得ている一般サラリーマン投資家にとって”という前提があるのなら、私もmasaさんと同様の結論です。
私は出口戦略というものが、当初の投資目的(GOAL)を意味するのではないかと思っています。
これに関する記事、楽しみにしております
【2008/11/30 12:25】 URL | ふたば歯科 #- [ 編集]


>>うささみさん

一時的には金持ちになるが、最後には結局お金を失うというのはよくある話です。私も、これまでは出口戦略について真剣に考えてこなかったのですが、今後は具体的に考えておかなくてはならないなと思い始めているところです。

出口戦略について書くのはもう少し先の話になりそうですが、できるだけ具体的に、きちんと考えをまとめたいと思います。



>>グラフトン通りさん

>株式に偏ったインデックス投資の有効性については否定せざるを得ません。
(中略)
>よって、インデックス投資するにしても、株式、債券、コモディティ、
>不動産等のうち一つの資産に偏らせるのではなく、できるだけ多くの資産に
>配分するのが教科書的ですが合理的な判断だと思います。

ふーむ。考えてみると、私も株式という資産クラスに集中しすぎているのではないかという気もしますね。
本当の意味での分散投資というのは、グラフトン通りさんが書いておられるとおり、「できるだけ多くの資産に配分」するというのが正しいのでしょうねぇ。

>最後に、インデックスファンド投資以外に有効な投資方法は存在しています。

なるほど。今回の記事は、「個人投資家にとって可能な投資方法」に限定しての話ですので、今回の文章の書き方はいささか不適切だったかもしれませんね。
私自身のインデックス投資の評価は、「必ずしもベストではないかもしれないが、少なくともほとんどの個人投資家にとってはベターな投資方法である」ということですから。


>>ふたば歯科さん


>私は出口戦略というものが、当初の投資目的(GOAL)を
>意味するのではないかと思っています。

そうですね。終わりよければ全てよし、という言葉がありますが、いかにして無難にゴールまで到達するか、ということが一番重要でしょう。
投資において、一時的に金持ちになる人は大勢いますが(これはバブル経済のときに顕著です)、バブル崩壊後、最後の最後でお金を失ってしまう人が大半なので、出口戦略がしっかりとしていなければ投資戦略としては不完全と言わざるを得ません。
・・・とはいえ、この出口戦略というものが一番難しいのですけどね。だからこそ、みんな最後にお金を失ってしまうわけで・・・。


【2008/12/07 08:31】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


今回、私の場合、相場に合わせてアセットアロケーションというか投資商品を変える手法をとって、暴落時でも利益を出すことが出来ました。

ただ、これは中々に難しかったです。
何が一番むずかしいかというと、現在の世界経済がどのようになっているのかを把握すること。
わたしのような今まで経済の流れに疎かった人間がNewsなどから裏をよむことが現状不可能なので、より多くのプロたちの意見をみるかということに時間をかけた記憶があります。

そういう意味ではおっしゃる通り、確かに低い確率の投資になりそうですね。
【2008/12/07 09:06】 URL | しおじゃけ #- [ 編集]


>>しおじゃけさん

それはお見事!
その方法は、うまくいけば究極の投資方法だとは思います。しかし、残念ながら、私の投資判断能力ではとてもできないと言わざるを得ないのですよねぇ・・・(-_-;)

とはいえ、私も、大規模な戦略レベルでのポートフォリオ組み替えには消極的ではあるものの、より小規模なポートフォリオ組み替え(戦術的アセットアロケーション)や、逆張り投資的な手法には積極的ではあります。
何とも矛盾していますが、パッシブ運用+部分的にアクティブ運用というのが私の運用スタイルですのでまあこれでいいのだろうと思っています(^_^;)

【2008/12/14 09:53】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/393-56b7f395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。