プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスク許容度という概念を人に説明するのは難しい
投資を全く知らない人に投資を説明するというのは、元来難しいものです。特に、もっとも説明が難しいのが、リスク許容度という概念ではないかと思います。

リスク許容度というのは、「どこまでなら損失を許容できるか」という言葉で説明できると思うのですが、投資を知らない人にとっては、即座に「損をするのは嫌だ」という答えが返ってきそうです。

株式などのリスク資産に投資する以上は、どんなに無難な方法をとったところで、元本割れという事態を100%回避することは事実上不可能だと思うのですが、そうしたことはなかなか理解されにくいというのが現状ではないかと思います。私自身も、この概念を理解し、身につけるのはけっこう大変でしたから、そのことがよくわかります。



節約に力を入れて必死になってお金を貯めてきた人が株式などのハイリスク資産に投資をしようという場合は特にそうです。1円というお金を血眼になって節約してきたのに、あっさりと元本を割ってしまう状況というのは、慣れないと精神的に相当きついものがあります。
今までの節約の努力がムダになってしまった・・・という思いが頭の中を駆けめぐることになるからです。



元本割れを受け入れる覚悟のない人には決して投資を勧めることはできませんし、そんな人に投資の話をして理解を求めるのも困難を極めます。人が投資というものを受け入れられるかどうかは、このリスク許容度という概念を理解できるかどうかにかかっているのでしょうねぇ・・・。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

>即座に「損をするのは嫌だ」

当てはまるかもしれませんね~^^;
元々儲かるというところから入りましたので、儲かってるうちに撤退し二度とやらない!がよかったのかも・・

そのうち、投資理論とブログに嵌まってしまいました(笑)

>元本割れという事態を100%回避することは事実上不可能

元本確保型の変額年金を自分で作ると可能かもしれません。
リターンも少ないけど。。
【2008/12/10 09:39】 URL | 預金王 #- [ 編集]


> このリスク許容度という概念を理解できるかどうかにかかっているのでしょうねぇ・・・。

頭で理解できても、実際にそういう状況に遭遇したとき、平常心を保てるかどうか?
逆に、理解していなくても、そういう状況に遭遇したとき、平常心を保てるのであればいい、とも言える
かと思います。

まぁ、これも、暴落を何度も経験していれば、気にならなくなるもんだと思いますが。
【2008/12/10 21:42】 URL | ひろん #- [ 編集]

コメントをつけ忘れていました(-_-)
この記事については、コメントをつけるのをすっかり忘れていました。今さらながらですがコメントを書いておきます。

>>預金王さん

確かに、自前で完本確保というのも可能でしょうね。
ただ、困ったことには、リスクを嫌う人に限って、ハイリターンだけは狙いたいという人が多いように思えます。そういう人の場合、元本確保のポートフォリオでは期待リターンが少なすぎるということでやっぱり不満を持つことになりそうな気が・・・(^_^;)



>>ひろんさん


>そういう状況に遭遇したとき、平常心を保てるのであればいい

確かにその通りですね。
これも自分で実際に経験してみて初めて分かることなのかもしれません。
意外と平気だという人もいれば、元本割れがどうしても受け入れられないかもしれません。
逆に言うと、それが実体験として未経験のうちは、慎重にした方がいいのかもしれませんね。


【2008/12/21 20:31】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


おもしろいっすね。
【2008/12/27 08:56】 URL | 横浜せくすい #- [ 編集]

欲深い人は株はやらない方がいい・・
>リスクを嫌う人に限って、ハイリターンだけは狙いたいという人が多いように思えます。

結局、株はバクチなんだと思います。
インデックス投資になると値動きは激しくないけれど、多額のお金を投じているという意味では結構の損益(の変動)が出る。
ディフェンシブ銘柄(個別株)の最小分散ポートフォリオを用いていても、市場平均に比べれば緩くなるだけで変動は結構ありますね。http://www.nri.com/jp/opinion/kinyu_itf/2007/pdf/itf20071104.pdf

債券(個人向け国債)は楽ですよ。
何しろ全くリスク(変動)がないわけですから・・
住宅ローンという名の借金のない方には、銀行預金よりもリターンがあって皆に勧められると思うのですが(なぜか普及しない・・)
【2015/08/31 09:51】 URL | 預金王 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/396-0cc13061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネット証券を選ぶ

そのポイントはいくつかあります。まず、手数料。売買手数料は、各社ごとに違います。簡単に分類すると、小額の取引のときに相対的に高いか、高額の取引のときに相対的に高いか、という感じです。もうひとつはツール。無料の解析ツールなどは、大体各社とも提供しています... ネット証券会社について【2008/12/29 08:06】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。