プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「収入は少なくても、好きな仕事をすべきだ」という言葉について思うこと
今日のタイトルについてですが、実は私はこの言葉があまり好きではありません。いや、正確にいうと、心情的には「その通りだ!」と思うのです。しかし、私はどうもこの言葉の裏に嫌なイメージを読み取ってしまうのです。

その嫌なイメージとは、

*自分の好きな仕事では金持ちにはなれないという一種の諦め
*お金を稼ぎ、大金持ちになるということに対する強い意志・執念の欠如
*自分の収入の少なさを正当化するための、もっともらしい言い訳
*好きな仕事でなおかつ高収入を得ている人へのひがみ・妬み

・・・といったものです。
こういうことを考えるというのは、私は本当に性格が歪んでいるのかもしれません(-_-;)

私はいつも思うのですが、もしも人が本当にお金持ちになることを最優先に考えるのだとしたら、その合理的選択として「給料の安い好きな仕事よりも、たとえ少々嫌な仕事であっても、より多くのお金を稼げる仕事」を選ぶのが自然です。


つまり、「収入が少なくても、好きな仕事をすべき」という言葉の裏には、「本当に心の底から金持ちになりたいと願っているわけではない」ということがにじみ出ているように思えるのです。すなわち、


こういう言葉を使う人は、本気で金持ちを目指す覚悟がない


ということです。実際のところ、本気で億万長者を目指そうとすれば、その道はまさに茨の道と言わざるをえないと思います。これはお金に限った話ではないのですが、いわゆる成功者や歴史に名を残した人の伝記などを読んでいると、一歩間違えれば我が身の破滅という、まさに”綱渡り人生”であることが少なくないと感じます。


私のような凡人は、そうした本を読んでいて、「ああ、自分はこうした成功者にはなれないな」とつくづく思うのです。


結局のところ、私も、心の表面上では成功したい、金持ちになりたいと考えているように見えても、その心の奥底では、「・・・なにもそんなに大きなリスクをとらなくても、ほどほどのところで満足しておけばいいんじゃないの?」と考えているようです。それが私の凡人の凡人たるゆえんなのでしょうねぇ・・・(^^;)







テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

お金はお金でしかないが時間は人生ともいえるのだ
<一生お金に困らない人のシンプルな法則(マイケル・ルボーフ)より>

人並みから大きく外れない生活ができる収入が確保されることが前提になるとは思いますが、その上でなら高収入を得ることよりも好きなことを仕事にして人生そのものとも言える時間を有意義に使った方が満足感(幸せと感じる度合い)は強いのではないかと思います。

(参考までに)http://victoriousystemtrade.blog58.fc2.com/blog-entry-313.html

私はそういった思いが強くて、実際
「給料は驚くほど下がるよ?」
と面接で言われたにもかかわらず、転職したような人間なので少数派なのかもしれませんけど・・・

でも強がりだとか自分を無理やり納得させているとかではなく、今まで転職したことを後悔したことは一度もありません。
仕事にやりがいを感じる幸せというものは、お金には替えられない価値があるとつくずく感じるからです。
(仕事以外の面にも色々と積極的な気持ちになれますし)

もちろん好きな仕事でなおかつ高収入を得る

ということが一番理想的であることに変わりはありませんけど。

特別才能がある人を除いては
「収入」と「仕事の選好」の間にはトレードオフの関係がある。
のが世の常だと思っています。

これも一種の諦めになるのかもしれませんが、私としては良い妥協点を見つけることが大切なのではないかと思っています。
【2008/12/13 04:53】 URL | CHARO #- [ 編集]


コメントの参考URLを間違えました。
http://victoriousystemtrade.blog58.fc2.com/blog-entry-311.html
すいません。
【2008/12/13 04:56】 URL | CHARO #- [ 編集]


masaさんのお気持ちは
よくわかります。

ただ、バブル崩壊後に就職を体験しました
世代としましては、仕事を選べなかった
ので選べないなら少しでも「嫌いではない」仕事を
選択したように記憶しています。

好きでない仕事をもし選んだとしても
結果的にお金持ちになる前に
気持ちも体も持たないような気がします。

人生をマラソンにたとえるなら
短距離走の速度でフルマラソンの距離を
完走できるか、という事になるのでしょうか。


【2008/12/13 21:15】 URL | ライヒ #Tb/w00Xg [ 編集]

本当はつながっている
好きなことと、収入はつながっている。

とこの年になって思います。きれいごとかもしれませんが。
つまり、好きなこと、というと、語弊があるかもしれませんが、
興味のあることでないと、死にものぐるいで努力することは難しいと思うのです。

高い収入を得るようになるには、天才でない限り、それなりの努力が必要です。

土曜日も日曜日も、深夜も働いて、それでも仕事が楽しい、という境地にないと、
仕事で成功し、高い収入を得ることは難しいのではないでしょうか。

責任感だけで仕事をするのは、やはりつらいものです。

【2008/12/15 01:03】 URL | 熊 #- [ 編集]


>>CHAROさん

>特別才能がある人を除いては
>「収入」と「仕事の選好」の間にはトレードオフの関係がある。
>のが世の常だと思っています。

その通りですね。私は別にそのことに不満を持っているわけではなくて、そのことによって、自分の凡人ぶりを確認したというだけのことです(^^;)
それに、ほとんどの人にとっては、CHAROさんのおっしゃる、「良い妥協点を見つける」方が幸せになれると思います。

自分の好きなことでなおかつ大金持ちになれる可能性のある仕事というのは、従業員として働くのではなく起業の道を選ぶなど、大抵の場合大きなリスクを背負わなければならないことが多いと思うのですが、それだけの覚悟を持つ人はほとんどいないでしょうから。

>>ライヒさん


>好きでない仕事をもし選んだとしても
>結果的にお金持ちになる前に
>気持ちも体も持たないような気がします。

まあ、そうですね。とはいえ、高い志と目標があるから嫌なことにも耐えられるという部分もあるかもしれません。しかし、ほとんどの人は目標達成の前に嫌になってあきらめてしまうでしょうから、結果的にはライヒさんの言うとおりなのでしょう。


>>熊さん

>高い収入を得るようになるには、天才でない限り、それなりの努力が必要です。
>
>土曜日も日曜日も、深夜も働いて、それでも仕事が楽しい、という境地にないと、
>仕事で成功し、高い収入を得ることは難しいのではないでしょうか。

基本的にはまさしくその通りです。嫌いな仕事では創意工夫をする気力が起きず、そもそも働く意欲が起きないでしょうから。

しかしながら私が思うに、目標があって、それに近づいているという実感があるのならば、嫌なことでも頑張れるという部分もあるかと思います。
実際のところ、最初は嫌だと思っていた仕事が、やっているうちに楽しくなってくるということもありえますし、そういう意味では好きになる努力も必要かという気もします。

ちなみに、「高収入が得られるから楽しい」という考え方をする人もおられると思います。逆に、いくら好きな仕事でもすでに斜陽産業になっていたり、利益率が極端に低い場合、どんなに努力しても金持ちになるのは難しいでしょうし。

【2008/12/21 06:44】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/397-e69f7608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。