プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積み立て投資計画の一時停止を実施
今月は、毎月おこなってきた積み立て投資の一部を実行せずに、一時的に停止することにしました(具体的にはさわかみファンドと純金積み立てだけは完全に自動積み立てになっているため、これだけは投資し、他のものは停止するということです)。

なぜかというと以下のような理由によります。



*景気悪化に伴い、勤務先の会社の業績が悪化傾向にあり、今後失業リスクが高まると思われる。よって必然的に私自身のリスク許容度が低下していると考えられる。よってリスク許容度の再評価をおこなう必要がある。

*失業という事態に備え、生活防衛資金が十分かどうか、不足がないかをチェックする。もし不足と判断するならば、投資から貯金(貯蓄)へと切り替え、万が一の事態に備える。



やれやれ。投資系ブログを書いていながら、こんなことを書くというのは情けない限りだという気もしますが、私は過去に何度も書いてきたとおり、あくまでもリターンよりもリスクを重視すべきだというのが基本的な考え方です。その判断規準はリスク許容度であり、場合によっては追加投資をやめるという選択肢を常にもっておくべきだと思っています。

リスク許容度を超えたムリな投資はやめておくべきですし、まずは生活防衛を考えるのが先です。確かに今は絶好の投資チャンスである可能性は高いのですが、危機をチャンスと変えるための絶対条件は、なによりも経済基盤がしっかりしているかどうかということが一番大切です。



ちょうど年末でもありますし、今年の年末年始の間に今年の年間収支、ポートフォリオの運用利回り、アセットアロケーション(資産配分)のチェックを行い、そしてさらに来年(2009年)の収支見通し(景気悪化の中では、あくまで見通し予測に過ぎませんが)まで考えた上で、来年度のプランを立てるようにしたいと思います。


最大のポイントは、仮に実際に失業した場合に今現在持っている生活防衛資金を取り崩すとして、無収入状態で何年何ヶ月生活できるか、ということになりますね。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

うさみみも同様に情けない選択をしました。
再構築できるうちに見直すのはありだと思います。
よく言われる生活2年分というのは、どういう意味を持つのか、今はリアルで想像できそうですね。
【2008/12/20 18:40】 URL | うさみみ #- [ 編集]


>>リターンよりもリスクを重視すべきだというのが基本的な考え方

思いついたのですが、多数の人にとって、リスクとリターンって比例しているのかな?と疑問に思うときはありますね。

リスクとして想定したことが起こる確率と
リターンとして想定したことを得る確率とは、同一とは思えず、大きい乖離があるような気がしますね。
【2008/12/20 23:10】 URL | makoto #LkZag.iM [ 編集]


今回の記事は、インデックス投資とかリスク(生活防衛資金)とかじゃなくて、
単純に、「もし失業したら再就職できる自信がない」と、いうことですね。
分かります、その気持ち。

なにせ、契約社員・派遣社員の存在が、これほど一度に失業者を発生させるとは思いませんものね。
それも、みんなたぶん管理人さんより若い。
雇用形態の変化に危機意識が追いづかず、はっきりいって後手に回った感じですよね。

で・・・
インデックス投資家には珍しく、管理人さんは「金の現物」を所有してらっしゃるんですよね。(強調したいのが、「現物」。)

金への投資に対する見方が変わったんじゃないですか?

>makotoさん
ほんとですよねー。
チャート見ると、この急降下はないだろーって感じですもんね。
今回はいくらリスクっていっても、時間軸に対する変化が「想定」を超えてる方が多いんじゃないでしょうか?
(梅屋敷のランダムウォーカーさんの言うところの、「枕を高くして眠れる」リスク)
わずか1年で6年前の価格に戻るってなんなのよ。
【2008/12/22 01:56】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


>>時間軸に対する変化が「想定」を超えてる方が多いんじゃないでしょうか?

おそらく多いと思います。

リスクとリターンが一致するという考えにはいくつかの前提条件のようなものがあるようにも思います。
ただ、リスクとリターンが一致しないのではないかということを多数の投資家が言い出したときに、発生確率が不明で計算できない「不確実性」を主流とするような現在の流れが、整然としたリスクとリターンの世界へ向けて逆流する場合もあるようにも思います。

例えば、1年間のスパンで一生懸命考えていることが、最悪のタイミングを計ることにつながるかもしれないことにも少々の危惧を感じるものです。

masaさんはその全てを把握した上で、投資ポジションを考えているわけですので、その慎重な視点は僕も見習いたいと思っているものです。
【2008/12/23 20:55】 URL | makoto #LkZag.iM [ 編集]


>>うささみさん


>よく言われる生活2年分というのは、どういう意味を持つのか、
>今はリアルで想像できそうですね。

まさしくその通りですね。生活防衛資金の存在意義がいよいよ現実味を増してきた、と感じています。


>>makotoさん

>リスクとして想定したことが起こる確率と
>リターンとして想定したことを得る確率とは、
>同一とは思えず、大きい乖離があるような気がしますね。

私もそう思います。人はどうしてもリターンにばかり注目しがちですが、場合によってはたった一回の想定外の出来事で事実上の破滅に追い込まれる可能性も十分にあり得ると思いますから(これは投資に限った話ではなく、人生全般に言えそうですね)。

今回の大暴落が想定外だったという人は少なくないはずです。


>>元町愛さん

>なにせ、契約社員・派遣社員の存在が、
>これほど一度に失業者を発生させるとは思いませんものね。

そうですね。これほど短期間に失業者が増えるとは私も考えておりませんでした。

今後は、正規雇用をどんどん削減し非正規雇用をさらに増やす方向に向かう可能性が高そうですから、相当な危機感を持っておかなければならないと思います。
もし、私が次に失業したときは、そもそも仕事自体が簡単に見つからないでしょうし(年齢制限の問題が大きい)、仮に見つかったとしても、おそらく正規雇用という形では難しいだろうと思います。


>金への投資に対する見方が変わったんじゃないですか?

確かに変わりましたね。もともとは「有事の金」ということで純金積み立てを始めたのですが、ここまでドルが下落すると持っていてよかったと思います。私はもともと現物投資には懐疑的なのですが、資産を殖やすためではなく、防衛の一環としては現物投資も悪くないのかもしれない、という気もします。ただ、いずれにしてもポートフォリオの中核にはなり得ないだろうという考えに変わりはありませんが。

【2008/12/31 19:05】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/399-0ac6374d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。