プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用成績(2005/11/4現在)
今日は、恒例(?)の運用利回りの公開です。今日現在の運用状況はどうでしょうか?

商品名   投資収益率(過去全期間)  年間収益率(年利換算の収益率) の順に列挙します。

TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)     +37.4%    +26.1%
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド   +15.4%   +17.0%
さわかみファンド                +24.4%   +26.6%
HSBCチャイナオープン              +12.9%   +8.1%
HSBCインドオープン               +17.6%   +36.0%
日本プライムリアルティ(証券コード8955)     +22.0%   +17.9%
東京グロースリート投資法人(証券コード8963)   +2.9%    +20.2%

外貨建てMMF(アメリカドル)            +11.24%    (データなし)
外貨建てMMF(ユーロ)               +9.31%    (データなし)

純金積み立て                  (データなし)  (データなし)

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。

全体的にいい成績のように思えます。このところ、連日、日本の株式市場が順調に上がっているので、ETF(TOPIX連動型上場投資信託)とさわかみファンドの利回りの高さが目立ちます。J-REITの日本プライムリアルティと東京グロースリート投資法人も、まあこんなものでしょう。日本プライムリアルティは値段が下がったところを見計らって数回にわたり追加購入してきましたが、購入時より価格がけっこう上がったことと、過去の分配金によりいい利回りを出しています。J-REITはあくまでも配当狙いなので、バイ&ホールドし続ける予定です。まあ、J-REITにもいろいろなリスクがありますが、一番怖いのは個人的には地震リスクだと思っているのですけど。

HSBCチャイナオープンとHSBCインドオープンについては、投資にまつわる情報がそもそも少ないので評価が難しいのですが、現状の運用成績は、まあいい方ではないかと。この2つは、本当に、もう少し手数料が安ければいいのですけど、それは贅沢かもしれませんね。

外貨建てMMFはここにきて円安がどんどん進んでいるようなので、その影響で利回りが上がっています。くどいですが、これも「円安インフレに対するリスクヘッジ」なので現状では売却の意思はありません。特にアメリカドルは分配金の利回りが年3%台になっていることもあってそのまま保持。

・・・結局、すべて売却しないでホールド。アセットアロケーションに重点を置いていることもあって、価格変動によりそのバランスが崩れない限り、売却するつもりはないので。。。これだけ上がっているのだから売却して利益確定してもいいのですが、売却代金で何をするかというと、結局またなんらかの形で運用に回すと思うので、そのまま保持しているわけです。必ずしも、こういう方法がベストだとも思ってはいないのですけどね・・・。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/40-261e75b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お父さん・・・

昨日の晩飯の時間。ダンススクールでお母さんいなかったので私が必然的に晩ご飯担当に。帰ってから何も作る気力なかったのでコンビニでお惣菜を買って帰って主食はカップ麺にしちゃいましたw 明美の歌【2005/11/04 22:40】

娯楽産業としての証券業 ~ 人はなぜ個別銘柄に投資するのか?

 個別銘柄を売買し、短期間で利益確定/損切りする投資家の多くは、資産形成・利殖ではなく、充実した時間を過ごすことを主な目的として株式投資をしているのかもしれない。 「株を買うならここを読め」では、個人投資家の間でもっとインデックス投資が重視されてもよいは びんごばんごBlog【2005/11/16 21:54】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。