プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資から貯蓄へ
今年の資産形成方針として、投資から貯金(貯蓄)へと方向転換しています。現在、さわかみファンドについても、定期定額購入の中止手続きをとっているところです。これで、毎月の積み立てを継続しているのは、純金積み立てだけということになります。
これまでは下落局面でも構わずに積み立て投資を継続していたということからすれば、投資家という視点で見れば、大きな後退だと言えます。

 しかしながら私は、これは当然のことだと考えています。それは、資産形成の原点はあくまでも本業収入にこそあるというのが基本だからです。「本業なくして貯金なし」である以上、今現在進みつつある大不況において、本業を失う(失業する)リスクが高まる可能性を考慮すれば、むしろ、投資を停止するのが当然だと考えているのです。

 もちろん、万が一のための生活防衛資金はすでにたっぷりと確保してあります。しかし、もし現実に失業してしまった場合、生活防衛資金こそが文字通りの生命線となる以上、今後予想される不景気の規模に合わせて、拡充することも重要だと考えています。
 要するに、単なる不況(この表現はいささかおかしいですが)と、100年に一度とされる未曾有の大不況とでは、必要とされる生活防衛資金の金額もまた自ずと異なってくるということです。今回は、今後の大不況を予想して、それに対する備えとしての資金の追加を決めたわけです。こういったことは臨機応変に対応するのがベストだと考えています。
 金融危機問題、そして私にとってはより重要な事項である雇用の問題が今後どんな風に動くのかはわかりません。しかし、あらゆる可能性を考慮し、まず身を守るという視点で考えるならば、今は投資よりも貯金(貯蓄)が適切だろうというのが私の判断なのです。もちろん、今は危機であると同時にチャンスであるという認識も捨ててはいません。しかし、危機をチャンスとするためには、その前提条件として、危機を乗り越えられるだけの力があってこその話です。
 もし私が安定した大企業に勤めているのなら(あるいは公務員だったら)、追加投資停止の判断も違っていたかもしれません。しかし、中小企業に勤めている以上、雇用不安はより大きなものにならざるを得ず、結果として今の私には追加投資を継続するだけの余力はないという判断を下さざるを得なかったというわけです(もちろん、今の時代、大企業だからといって安心できるわけではありません。しかし大企業が不安定になるようなときには、中小企業はより不安定な立場に置かれるのが現実です)。

 そして、追加投資をやめたもう一つの理由があります。
投資というものは長丁場なわけですから、一旦、投資から距離をおいて、より冷静に資産形成というものを見つめ直す機会を作るのもまたよいのではないか、という判断も働いているということです。私の投資活動は、2003年の春頃からスタートさせたわけですが、そのとき以来、投資の方へと全力投球状態だったわけで、あまりにも投資に力を入れすぎていたのも事実です。
そんなわけで、ここで一度原点に帰って、純然たる貯金(貯蓄)による資産形成というものを模索してみようと思ったわけです。






テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

結構リスクを取ってらっしゃるので(額はわかりませんが^^)金額を絞り込むのは妥当だと思います。
私にとってはー100万でも、かなりのショックでした^^;;
(1000万程度でも10%殖やすのに、預金であればかなり時間がかかるからです・・税金も高いよね!)

現在は2000万程度を想定して、せいぜい株は(インデックスでも)1~2割かなと思っています。

※金額はフィクションということで(笑)

【2009/02/18 22:40】 URL | 預金王 #- [ 編集]


今回の金融危機は、金融工学の崩壊を意味します。
サブプライムローン証券は、格付けのひくい危険な商品です。
だが、リターンが大きい。
そこで、優良なローン証券と組み合わせることで、リスクを軽減した、信用度の高い(AAAだぜ!)証券を作り出ました。

AAAなら、投資銀行は先を争って買いますわな。

結果は、現在のとおり。
土地の下落まではシュミレーションに入っていなかったのが原因かもしれません。
(後付なら、なんとでもいえるわけです。)

債券・株・商品、国際分散によるインデックス投資も、同じ理由で崩壊しているといえます。
国際分散(=世界全体でみれば経済は上昇、一部の国が悪化しても他の国で補える)
債券・株・商品分散(=株が下がっても、他が上がる。→でも原油まで下がってる)
すべての前提条件が、崩壊していますね。

ポートフォリオを組むにあたって、統計理論を用いて、年間の損失額(%)を想定している人もいたと思いますが、そんなの今の状況ではまったく意味をなさないのではないでしょうか?
シュミレーション値が実体経済に追いつかない状態ではないかと思います。
「枕を高くして眠れる」損失許容度も、すでに・・・というかはるかにオーバーしているはず。
(梅屋敷のランダムウォーカーさんでさえも、ピーク時から2千万円以上の損失のはず。)

とにかく、投資の前提条件がすべて崩壊した以上、市場から「恐怖」が去るまで、投資は中止するのが、「理論的」なのではないでしょうか?
【2009/02/20 03:12】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


お疲れ様です。

自分の許容している額を超えた場合の発想・・・

僕も積み立てを休止して、預金に走っています。SBIネット銀行の定期預金!
に今回はしています。
【2009/02/22 16:25】 URL | silencejoker #31OR7dSQ [ 編集]


ブログの題名が「株式投資一直線」のような題名であればともかく、ブログの題名が当初から「貯金生活。投資生活。」なのですから、積み立てを中止して貯金重視になっても、方針変更には当たらないと思います。

投資に重きを置く立場からすれば、積み立て中止は投資失敗に当たるのかもしれませんが、投資は生活防衛の一手段であるという立場からすれば、預金重視に方針変更するのはむしろ当然ではないでしょうか?

株式投資家のなかでは、生活防衛資金を確保した上で投資をしているインデックス投資家は臆病者の部類に入りますが、預金王さんがおっしゃるように、それでもリスクを結構とっていると思います。勤務先企業の倒産まで想定して、株式投資のみにどんどんお金をつぎ込んでよいのか再考する好機かもしれません。結構な額の住宅ローンを抱えているのであればなおさらです。
【2009/02/22 17:35】 URL | PALCOM #- [ 編集]


お久しぶりです。
私は、本業でエネルギーを絞られた等のため、ブログ訪問が低調ですが、元気でいます。

預金にシフトとのこと、結構だと思います。
これは、投資をしてないわけではなく、熟慮の上、無リスクあるいは低リスクのJPY債権投資を選択したということかなと思いますが、生活防衛も含めていざというときに臨機応変に対処可能ですよね。
資産管理は、増やすという攻めの観点と共に、減らさないという守りも大事ですし、
いずれにしても、各人自身の生活・人生をよりよくするための方法論ですものね。
正しい方向性で取組んでおられると思います。

私も、今年になってから、全力投入ではなく、25%程度の投入であとはキャッシュポジションです。
私の場合、その時点で有利な資産に、本業及び配当で得た資産を投入し続けてますが、
通常は、割安資産を有利とするところ、現在は、短期間中によりよい買場が来そうな気が
するので(今年中に1~3回くらい?来週もその候補のひとつかも)キャッシュが比較的有利との判断です。でも確信しているわけでもないし、買場に買い逃すこともあるので、少しずつは買っています(汗)。

なお、JPY債権は、短期的には安心資産ですが、この先インフレと円安がセットでやってきたらと考えると磐石ではありませんから、悩ましいところですね。
個人的感想では、ここ1~2年で大きな変動があってもおかしくはないし、5~10年程度先となると、このままではかなりの確率で。。。。
(単純な話では、日本の国家財政を見てると、このまま無策で推移すると、破綻を回避するにはインフレしか道はないなあという気がします。高率のインフレになると円安が恐らくセットでやってきますよね。)

しかしまあ、どう情勢が変化して行くか予断を許しませんから、最も生活防衛重視で守りが堅いのは、インフレ円安が確認できるまで、主力をJPY債権にしておくというところでしょうかね。

私自身は、中長期的な為替変動とインフレを意識して、各経済圏・各国・各企業それぞれの状況を注視しつつ、波に揺られながらも沈まないよう心掛け、悪い局面も良い局面もそれなりに楽しんで行きたいなあと思っています。

次に株価が完全浮上したあかつきには、ホールドのみではなく、現物売りも少しはやっていこうかなと思いますが、いつになることやら(笑)。
早めに上向いて欲しいものですね。


【2009/02/23 00:07】 URL | B #- [ 編集]


http://www.monex.co.jp/Etc/topslide/guest/G800/new2009/news902a.htm

 マネックスの日経リンク債が気になってます。
年利7%とは。しかし、これもギャンブルなんですかね。
【2009/02/23 16:56】 URL | みん #DG1kNh3c [ 編集]


>ピーク時から2千万円以上の損失のはず

元町愛様

これはエグイですね^^;;
4千万→2千万になったということでしょうか?

日本では昔(バブル)から、株、不動産、為替(バブル以前からのドル)は常に下落しているようです・・

どうやら、リスク商品は割りに合わないような気がしませんか?
図では確かに株式がいいようですが(当ブログですみませんが)↓
http://blogs.yahoo.co.jp/rakuaaaa/37106955.html
【2009/02/23 22:35】 URL | 預金王 #- [ 編集]


預金王 さん

人の懐をコメントしたのは、悪かった!
梅屋敷のランダムウォーカーさん、ごめんなさいm(--;)m。

で、私の懐。
トヨタバンガード  元本約120万円 現在評価額55万円(含み損70万円)
日経225     元本約470万円        現在評価額200万円(含み損-270万円)

ぼろぼろですわな。
(フィクションではありません)
年金積立インデックスFなども、おんなじ感じです。
はっきりいって、現状は「想定外」ですね(^^;)。
ま、長期投資と自分にいいきかせて、ホールドをつづけていくつもりです。
ただ、こんなんじゃ、リタイヤは不可能ですね。

>リスク商品は割りに合わないような気がしませんか?
私の現状を見ている限りは、そのとおりですね。
今回の暴落で、最近は、「グラフ」とか「図」が信じられなくなっています。
(ロバートキヨサキの本で、NYダウにインフレを考慮したチャートが載っていたが、すんごい右肩下がりだった。)

私は、ポートフォリオの中核が不動産なので、ドルコスト平均法が使えますが(減収の心配がほとんどない)、さすがに投資する気にならず、16ヶ月ほど、投資を中止しています。
【2009/02/25 02:57】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


ランダムウォーカーさんを責めるのは酷です。
バブルにはランダムウォーカーさんみたいなひとは必ず一人はいるんじゃないかな。

バブルにロックオンされている。

参入はバブルの末期。日本国債がいいと言えば急に円安になるような。
ランダムウォーカーさんはバブルの被害者でもあると思うよ。
かわいそうだな。

ただ、売らずに我慢するテクニックとかいって、今売ったら損しますとミスリードし続けたことに対しては謝罪してほしいな。
【2009/02/25 19:52】 URL | アズミニマム #- [ 編集]


一つ誤解があるようなので・・
ラ〇ダムウ〇ーカーさんは有能な投資家だと思います。
私が云いたいのは、それに乗って金を突っ込んだ人のことです^^;(オレもか??)
この傾向は新興株、バリュー株、さ〇かみ系にも見られました。

リスク許容度が高く、金があり、キャッシュフローが多ければ、それでもいいんじゃないでしょうか?
私の場合はリスク許容度が低く、保守的なので↓
http://lounge.monex.co.jp/pro/vanguard/2007/07/30.html
>ポートフォリオに株式の割合が多くても大丈夫でした。しかし彼女は非常に神経質だったため、私が適切だと思う以上に債券をかなり多めに、逆に株式の割合をかなり少なめにしました。


相場がブルだったら、反応が違うでしょう(笑)


【2009/02/25 20:46】 URL | 預金王 #- [ 編集]


こんにちは。
うさみみが去年10月に行ったような決断をmasaさんもされたとのことで、お気持ちも決断した背景も、そして理由もものすごく理解できます。
それまではブログでのウエイト(=書く量)は投資が半分を占めていましたが、いまでは投資は「仕事」「支出のコントロール」「貯蓄」「人生設計」「健康」と同列のものという感じになりました。
ある意味でこれは自然なことかもしれないです。人生同じトーンで進むって事はほとんどない気もしますね(^^♪

コメント欄が本題とは違った方向にいきつつあるのが気になります…。
【2009/02/27 17:23】 URL | うさみみ #- [ 編集]

管理人のコメント
>>元町愛さん

>人の懐をコメントしたのは、悪かった!


この話はそもそも単なる推測だと思いますが・・・? (^^;)



>>アズミニマムさん

指摘の点については、人によって考え方はいろいろとあろうかと思います。

私自身は追加投資を中止しましたが、だからといって、バイ&ホールド戦略が間違っているとは考えていません。たとえ現在のような状況であってもです。

とはいえ、投資というものはどこまでいっても不確実性が伴うわけで、自分自身のリスク許容度を含め状況は常に変化していきます。そういうことを考えると、いかなる場合でも積み立て投資継続という方針をとるのが正しいとは限らないのも事実です。もしリスク許容度や世の中の変化を無視してまで投資をしようというのであれば、それは明らかに間違いだとは思います。





>>預金王さん

確かに、すでにかなり大きな金額を投資に回しているので、あえて追加投資を抑えるのが妥当だと考えています。決して無理をしないというのが、私の投資に対する考え方ですからねぇ。

>リスク商品は割りに合わないような気がしませんか?

確かにそういう見方もできるのでしょうけど、現実問題としてリスクのないところにリターンはありませんからねぇ・・・。預貯金とのバランスがとれていれば問題ないと考えています。



>>元町愛さん

分散効果についてはあくまでも確率の問題なので、現時点で崩壊しているかどうかはわかりませんが、過去の統計データを元に年間の損失額を想定するという方法は、確かにいささか無理が生じているかもしれませんね。

>市場から「恐怖」が去るまで

この点、私もそう思います。ことさら無理に投資継続する必要はありませんし。



>>silencejokerさん

現状では、ネット銀行は大人気でしょうね。
私も今後貯める予定のお金は、ネット銀行の定期預金に預けるようにしようかと思っています。



>>PALCOMさん

確かにブログの題名からすれば方針変更にはならないかもしれませんね。
私としては、投資については、あくまでもリスク許容度こそが全てだと考えているので、今回の決定は極めて妥当だと考えています。


>>Bさん

>生活防衛も含めていざというときに臨機応変に対処可能ですよね。


この点、まさにその通りです。
予断を許さない今の状況で臨機応変に対応するには、あえてリスク資産にお金を回さないのがベストだと判断したわけですから。


>>みんさん

日経リンク債はまさにギャンブルと呼ぶのがもっともふさわしいと個人的には思いますが・・・。


>>うさみみさん

>ある意味でこれは自然なことかもしれないですs

そうですね。貯金も投資も仕事も重要ということで、序列をつけるのは難しいと思います。
個人投資家の場合、全ての決定権が自分自身にあって一切のしがらみがないわけですから、休むも相場ということで投資を一時中断するという選択肢も常に持っておくべきだと考えています。

【2009/02/28 22:09】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/408-41be8706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

投資から貯蓄へ

今年の資産形成方針として、投資から貯金(貯蓄)へと方向転換しています。現在、さわかみファンドについても、定期定額購入の中止手続きを... 誰も教えてくれない!スキマ時間活用術【2009/03/01 22:11】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。