プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の意義について考える(2)
前に書いた記事の続編です。といっても、前回の記事はずいぶん前なのですが。
記事の原稿は書いていたものの、アップするのをすっかり忘れていたのです(^^;)

前回の記事はこちら。

読書の意義について考える

まずは、前回の記事のコメント欄で、nileさんから頂いたコメントの一部を引用します。


-------------引用開始-------------------------------

もともとは、普段の仕事に直結するような、いわゆるライフハック系の本だとかキャリア系の本を中心に読んでいました。
しかしながら、そのような偏った読書の仕方はどこかのタイミングで吸収がストップすることに気づきました。(ある一定レベルまでは効果があるのかもしれませんが。)

-------------引用終了-------------------------------


これは非常に面白いコメントだと思いました。というのは、前回の私のコメントでも書いたように、私も同じように感じたことがよくあるからです。

ある特定の分野の本を集中して読んだとき、最初のうちは知識取得の効果があるものの、どこかのポイントで必ずといっていいほど知識の吸収がストップしてしまうのです。

つまり、最初のうちは新しい知的刺激があって感銘を受けながら読んでいても、同じジャンルの本を多数読んでいるうちにやがては感動もなくなり新たな知識の吸収効果も薄れてきます。要するに、マンネリ化してしまうということなのでしょう。

私が投資関連本を全く読まなくなってしまったのも、まさにそのマンネリ化の問題だったのです。つまり、いくら読んでも新たな知的刺激が全くなくなってしまい、何の興味も感じなくなってしまったというわけです。

これと同じようなことは何度も経験しています。で、そういうときはどうしているかというと、あえてこれまでは全く興味のなかった分野の本を探して読むようにしています。すると、それがまた新たな知的刺激となって、読書への意欲が湧いてくるという具合です。


また、特定分野・あるいは特定の作家の本のみに集中して読むというのは結果として知識の偏りを生み出し、場合によっては、特定の考え方に固執するようになってしまう恐れもあります。これでは、とても柔軟な考え方・ものの見方を身につけることはできません。様々なジャンルの本を読むことには本当に大きな意義があると思います。


日経ビジネスなどの経済雑誌を読めば、優れた経営者の経営判断を知ることができます。歴史にまつわる本を紐解けば、今の我々と同じように生活していた当時の人々の生き生きとした姿を頭に思い浮かべることができますし、そこから歴史上の教訓を得ることもできます。


そんなわけで、私はこれからも様々なジャンルの本を読み続けようと思います。活字離れなどと言われて久しいですが、そんな時代だからこそ本を読むことには大きな意義があると思うのです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

大変興味深い記事でした。

masaさんにぜひお聞きしたかったのですが、インデックス投資家は知識の偏りを防ぐ為に、別のどのような分野の投資本を読むべきなのでしょうか?

私は、橘玲やジョンボーグル、チャールズエリス、バートンマルキールらのいわゆるインデックス投資家向けの本を好んで読んできましたが、現在、記事のような状況にあり、どんな投資本を読んでも新鮮味はなくなってきております。
【2009/02/25 22:38】 URL | katuji #- [ 編集]


nileです。引用頂いて大変恐縮です。

常日頃から、読書というのはスポンジのようなものだと思っています。少し前までは、小説の類は読んでも何の意味もないと思っていました。しかし小説には、主人公の生き様に自分を照らし合わせることで、自分の中のスポンジを拡大させる効果があると思っています。

その上で何かしらの専門書を呼んだりすると、感じ方や学び取ることも全く変わってくるから面白いものです。
【2009/02/25 23:34】 URL | nile #- [ 編集]


> 私はこれからも様々なジャンルの本を読み続けようと思います。

いいですね、同感です。
歴史も、いいですが、私は、最近は、生物学系に興味があります。
21世紀は、バイオテクノロジーの時代ですからね。
【2009/02/26 22:00】 URL | ひろん #- [ 編集]


>要するに、マンネリ化してしまうということなのでしょう。

ほんとうに、マンネリなのかどうかは、疑問が残る所です。
たとえば、FXの本(入門書)を読んで、新知識として感銘を受けたとします。
でも、検討の結果FXへの投資を辞めた場合、これ以降いくらFXの本を読んでも全然面白くもなく、また1文字も知識として吸収しないでしょう。

つまり、自分に必要か必要でないかで、読む本からの吸収も違ってくるわけです。

また、何度も読み返すかどうかも、自分の現在の行動に関係していると思います。
不動産投資をしない人に、不動産投資の本を与えても、一回、目を当して終わりでしょう。

本の最大の欠点は、作者に質問できないことです。
本というのは、読み方によって色々な捉え方が出来るからです。
ですので、本当に勉強したければ、セミナーに出るしかありません。
セミナーに出ない(出れない)のならば、何度も本を読み返すしかありません。

例題:
http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/070711_person4.html

ロバート・キヨサキはこのコラムを通じて、何を言いたいのか?

・スラムの物件は、貧乏人ばかりでろくな住人がいない
・金持ちが住む物件も、訴訟ばかりでいいことは全然ない
・高級住宅街の物件を買っても、いいことなんか全然ないから買わない方がいい
・不動産投資は、危険が一杯だからやめたほうがいい

不動産投資にちょっと興味を持った人間は、上記のように読み取るでしょう。
不動産投資に興味のない人間は、読みもしないでしょう。

このコラムが、本当は何が言いたいのかは、10回ぐらい読み返さないと分からないのは確かです。

教訓:
壁にかかっている絵がすばらしいと思うのは、その絵がすばらしいのではなく、
その絵と同じものが、見るものの心の中にあるからである。(エマーソン)
【2009/03/02 01:51】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]

自分のファイナンシャル教育に投資
>様々なジャンルの本を読むことには本当に大きな意義があると思います。


賛成です^^
あらゆる角度から疑うことも(投資のみならず)必要ではないでしょうか?

>その絵と同じものが、見るものの心の中にあるからである。(エマーソン)
>元町愛様

笑えました^^;
http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/080723_person4.html
>人が違えば、その人に向けられるお金のアドバイスも違ってくる。

【2009/03/02 12:50】 URL | 預金王 #- [ 編集]


> 本の最大の欠点は、作者に質問できないことです。

本の最大の利点は、時間と空間を超えて、作者の考えを知る事ができることですよ。
二千年前の外国の出来事や偉人の思想を知る事ができるのは、本のおかげです。

【2009/03/02 22:22】 URL | ひろん #- [ 編集]


>本の最大の利点は、時間と空間を超えて、作者の考えを知る事ができることですよ。

ひろんさん、それも確かなのですが、
たとえば、トロイ戦争。
小説は、フィクションだと思われることが殆どです。
作者(ホメロス)に、「この小説に出てくる戦争は、実話ですか?」
と聞くことは出来ません。

さらに、本の最大の問題は、
「一度出版してしまうと、内容の変更ができない」
ということなのです。
たとえば、
ある研究者が、論文を発表したとします。
でも、作者が後に、内容は間違っていたと気づいたり、時代に合わなくなって内容を変更したかったりしても、
過去に出版した書籍を全て回収することは出来ません。

死亡等の理由により作者が新版(改定版)を出さなかった場合、誤った知識が後世に残ることになります。
【2009/03/03 15:52】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]

管理人からのコメント

>>katujiさん

>インデックス投資家は知識の偏りを防ぐ為に、
>別のどのような分野の投資本を読むべきなのでしょうか?

この問いに対する答えはなかなか難しいところです。
基本的に投資の実践のためのものとしては、インデックス投資家向けの本で十分だと思いますので。

ただ、インデックス投資の場合、もっとも合理的な投資方法であると考えるがゆえに、リスクを軽視してしまう傾向になりやすいのではないかと考えています(これは人によりけりでしょうけど・・・)。
なので、私の場合は思考のバランスをとるために、あえて投資に対してネガティブに書いている貯蓄重視の本を読むようにしています。あるいは、インデックスファンドに対して批判的に書いてある本を読んだりします。明らかに的外れな批判も多いのですが、違った視点からものを見るのは面白いものです。

また、中期・長期アクティブ投資家さんたちがどういう考え方を持っているか、どういう相場観を持っているかということを知るのも非常に参考になります。結果的にバイ&ホールド戦略をとるにしても、自分自身が納得して投資するためにあえて相反する考え方にも耳を傾けるべきだというのが私の考えなのです。



>>nileさん

わざわざコメントありがとうざいます。
今回の記事はnileさんのコメントのおかげです。


>その上で何かしらの専門書を呼んだりすると、
>感じ方や学び取ることも全く変わってくるから面白いものです。

この話も非常に面白いと思いました。
私もまさに同じような経験が何度もあります。
たとえばリーダーシップについて書かれた本を読んだ後に、優れたリーダーの登場する小説や歴史上の人物の伝記の類を読むと、リーダーシップというものがどんなものなのかが具体的によくわかるという具合です。
小説というのは架空の話に過ぎませんが、それだけに登場人物の性格が単純明確であることも多く、それがまたわかりやすさにつながっているように思います。



>>ひろんさん

生物学系も面白そうですね。
次世代を担うであろう分野の本を読むというのはいいですね。



>>元町愛さん

ここでよもやエマーソンが出てくるとは!
全体として非常に興味深いコメントでした。


>つまり、自分に必要か必要でないかで、
>読む本からの吸収も違ってくるわけです。

確かにその通りですね。どんな素晴らしい本も素晴らしいアドバイスも、受け取る側次第だと言えそうです。



>本の最大の欠点は、作者に質問できないことです。

この点は、本から何らかのノウハウを学ぼうと思う場合には致命的な欠陥と言えますね。
私も、ノウハウ本の類については、作者に質問したいと思うことがよくあります。
生きたノウハウを学ぶには、当の本人から実地で直接学ぶ方法に勝る方法はないでしょう。


>作者(ホメロス)に、「この小説に出てくる戦争は、実話ですか?」
>と聞くことは出来ません。

そういえば、例えば「○○万人の大軍」などという表記に関しても、実際の数値ではなくてかなり誇張された数字であることが多いという話を読んだことがあるような?

歴史上のことについては、実際にあった出来事と記録された文書との間には大きなズレがあることは珍しいことではないのかもしれませんが、これはどうしようもないのも事実です。単なる一読者の立場としては、そのズレは想像力によって補えばいいのではないかと考えています。
その想像から様々な仮説が生まれ、あるいはそれをモチーフにした小説が生まれ・・・という具合でそれがまた面白かったりするのですが(^^)



>>預金王さん


>あらゆる角度から疑うことも(投資のみならず)
>必要ではないでしょうか?

その通りです。
とはいうものの、私など、自分のやっている投資手法に対しても疑いを持ち続けるようにしているので、ともすれば思考のブレにもつながっていますからこれも程度ものなのでしょうねぇ(^^;)
【2009/03/07 21:52】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/409-cd3a1ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。