プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回り(2009年3月29日現在)
運用利回りです。

-------------------------
運用利回り(2009年3月29日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -44.2%  年間収益率 -26.5%
*STAMグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 -14.6%  年間収益率 -31.6%
*STAMグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 +3.9%  年間収益率 +9.8%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 -24.7%  年間収益率 -8.5%
*インデックスファンドTSP 投資収益率 -47.0%  年間収益率 -24.8%
*さわかみファンド  投資収益率 -29.6%  年間収益率 -13.4%
*HSBCチャイナオープン  投資収益率 +7.2%  年間収益率 +2.0%
*HSBCインドオープン  投資収益率 -48.3%  年間収益率 -26.0%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 +1.0%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 +9.3%  年間収益率 (データなし)

*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 97円71銭、1ユーロ=130円12銭(ソニー銀行)

-------------------------

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------

今月は、HSBCチャイナオープンとSTAMグローバル債券インデックス・オープン及び外貨建てMMF(米ドル、ユーロとも)がプラスに転じています。他は全てマイナスです。

投資のポートフォリオの状況だけを見ていると、非常に大きなマイナスになっているという印象がありますが、預貯金を含めた総資産全体でみると、それほど大きな損失という印象はありません(総資産額は非公開につき、いささかわかりにくいと思いますが・・・)。この点に関しては、投資に比重を置きすぎることなく、預貯金もしっかりと確保しておくという私の基本方針が功を奏しているように思えます。
長期投資においてもっとも大切なことは、相場状況が悪い時をいかにうまく乗り切るかにかかっているわけですから、預貯金のようなリターンをほとんど期待できない金融商品にも大きな存在意義があるのは間違いなさそうです。

それにしても、今現在の安値状況の中で追加投資を停止しているというのは何とも残念なことではあります。しかし、勤務先の仕事量の激減ぶりを見ていると、さすがに今は投資を再開しようという気にはなりません。会社の業績は、今年の3月期決算では黒字の見通しですが、問題は4月以降。いますぐに危機的状況になるということは考えにくい状況ではあるものの、不況が長引けばかなり厳しい状況になるのではないかとヒヤヒヤしています。


-------------------------

話は変わりますが、雑誌のMONEY JAPANが休刊になるとのニュースを目にしました。休刊後もインターネットや書籍で情報発信を続けていくとのことですが、考えてみると、私もマネー誌は全く読まなくなっています。実際問題として、必要な情報はネット上でほとんど手にはいるようになっており、もはや雑誌の形でマネー情報を読むというのは時代にそぐわなくなってきているのかもしれません。これも時代の変化ということなのでしょうか・・・。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

>投資のポートフォリオの状況だけを見ていると、非常に大きなマイナスになっているという印象がありますが、預貯金を含めた総資産全体でみると、それほど大きな損失という印象はありません

やはり生活防衛資金が効いてますね^^
私の場合は1~2%で運用しているので、意外とリターンも出ています。

み〇ほ銀行の1万の定期は30円しかついてませんが(笑)
【2009/04/02 09:19】 URL | 預金王 #- [ 編集]


生活防衛費や投資資産(時価)の総額が、何かがあっても大丈夫な域なんでしょうね(人によって生活防衛費と投資資産の比率は、異なるでしょうが)。100年に1度といわれているこの大暴落があったところで、精神的に動揺しない許容範囲内であれば、どんとこい!っていったところでしょうか(私も悲惨な運用状況ですが、ぜんぜん精神的に平気です)。

さてさて、MONEY JAPANが休刊ですか。池上さんのコラムが好きで、たまに購入してたのですが、他に読むべき記事が少なかった雑誌でした(あくまでも個人的な感想です)。マネー雑誌は、初心者には分かりやすく安価な、それなりに投資をしている人には少々高価(1500円~2000円?)でも情報満載で専門的な雑誌が求められているのではないでしょうか?(特化した情報が自分のニーズに合えば購入するでしょう)。その点、やはりMONEY JAPANは、どっちつかずで中途半端に感じました。私も定期購読から興味があるときだけ購入に変更してました。まぁ、休刊は残念ですが、しょうがないのかなかと思います。

ただ、masaさんが"必要な情報はネット上でほとんど手にはいるようになっており"と述べられていますが、これはネットの中級者以上の話かと思います。ネットは、まだまだ情報を取捨選択するスキル、そもそも必要な情報がどこにあるのか探索できるスキルなどが必要で、徐々には下がってきていますが、まだまだハードルが高いと思います。


最後に1つだけ。
いつになるかわかりませんが、景気がよくなってきた時点で、にょきにょき竹の子のように新たなマネー雑誌が出版されるのではないか!と。
【2009/04/04 09:38】 URL | 煙々 #RaJW5m0Q [ 編集]

管理人からのコメント
>>預金王さん

>やはり生活防衛資金が効いてますね

確かに生活防衛資金がしっかりと効いています。
投資効率よりもリスクを抑えることを重視するという戦略は完璧に機能しているようです。




>>煙々さん

>100年に1度といわれているこの大暴落があったところで、
>精神的に動揺しない許容範囲内であれば、
>どんとこい!っていったところでしょうか

まあそういうことですね(^^)
現在、生活防衛資金を増強中ですが、ここから先にさらなる暴落が起きたとしても短期・中期的にはことさら問題はなさそうです。


>ネットは、まだまだ情報を取捨選択するスキル、
>そもそも必要な情報がどこにあるのか探索できるスキルなどが必要で、
>徐々には下がってきていますが、まだまだハードルが高いと思います。

なるほど。言われてみれば確かにその通りですね。
情報の取捨選択をするためには、そもそもある程度の知識と経験がなければ難しそうです。インターネットは誰でも情報発信ができるがゆえに質の高い情報と質の低い情報(場合によっては明らかに間違った情報)が混在している状態ですから、ネットの初心者がネットのみで情報を得るというのは難易度が高いでしょうね。


>にょきにょき竹の子のように新たなマネー雑誌が
>出版されるのではないか!と。

それはありそうですね(^^)
このままマネー雑誌が消えていくのだとしたら寂しい限りですが、そういう事態にならないことを期待したいものです。

【2009/04/05 15:18】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/414-575112e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。