プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定額積み立てにするか、それともまとめ買いするか。それが問題だ
私が追加投資を考えるときにいつも考えてしまうことがあります。
それは、単純な毎月の定額積み立てにするか、それとも変則的な形になるものの、一度にまとめ買いするか、ということです。

私の場合、定額積み立てを基本としつつも、特に大きく値を下げたときに大きく買うようにしてきました。逆に、大きく上昇しているときにはあえて追加投資額を抑えてきました(あるいは、そもそも追加投資することを避けてきたこともあります)。
なぜこうした投資行動をとってきたかというと、私はドルコスト平均法と呼ばれる、定額積み立ての方法を過信すべきではないと考えているからです。

なぜならば、定額積み立てという投資方法は有利でもなければ不利でもないとされているからです。
これについては下記リンク先を参照して下さい(下記リンク先は、過去の記事でも一度取りあげたことがあります)。

ドルコスト平均法は本当に有利か : 山崎流マネーここに注目 : トレンド : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

上記サイトの中から、私がもっとも気に入っている一文を引用します。


-------------引用開始-------------------------------

 定期的な「積み立て」という方法は、お金を貯めるのには便利な方法だが、方法がドルコスト平均法である必要はない。それでも「ドルコスト平均法は有利だ」と思っている人は、合理的ではない視点からものを見ている可能性が大きい。

-------------引用終了-------------------------------

これは非常に正しい考え方だと思います。
ドルコスト平均法という定額積み立てという方法を使えば、確かに高値掴みを避けることはできますが、その半面、安値で買うことをあきらめることにもなりかねません。
積み立てという方法は、お金を貯めること、つまりは預貯金をする上では確かにいい方法だと思うのですが、投資の世界においては、必ずしもベストとは限らないということです。

ただ、そうは言っても、まとめ買いには不安も伴います。買ったときが安いとは限りません。安値で買ったと思ったのに、実際はまだ高値だった・・・ということも大いにあり得ます。だからこそ、その不安を解消するためにあえてドルコスト平均法による積み立てを行うということなのでしょう。


では私はどうしているかというとそれは簡単な話であって、定額積み立てを基本としつつも、その一方において「今買おうとしている価格が自分の納得のいく値段であるかどうか?」という極めて主観的な判断で逆張り的視点に立っての投資判断をしてきました。もちろん、単なる主観的判断に過ぎませんから、それが正しいとは限りません。買った後でさらに大きく暴落した、なんてことも珍しくはありません。それでも私は、自分が納得して買うことが一番重要だと考えているからこそ、そうした投資判断をしているわけです。

もとより、最安値で買うなどということは不可能な話です。どこが最安値かなんてことは誰にもわかりません。だからといって、価格が高くても構わないというのも変な話です。なので、せめて自分が納得のいく値段で買おうと考えているわけです。

これはタイミング投資の手法なので、恐らく多くのインデックスファンド積み立て投資家にとっては邪道と言うべき方法なのだろうとは思います。しかし、暴落時というのはおおむね、相対的に安く買えるチャンスでもあります。うまくいけば(より正確には「運がよければ」と言うべきでしょうけど)、暴落というバーゲンセールでたっぷりと購入できる可能性もあり得ます。

なので、私は今後も定額積み立てを基本としつつも、逆張り投資的方法も継続していきたいと考えています。インデックスファンドをメインとする投資家なのにアクティブ的な投資をするというのはなんとも矛盾した方法だとは思うのですが、だからといって単なる定額積み立てにあえてこだわる必要もないと思っているからです。


ちなみに私の場合、比較的安値で買ってきた例としては、外貨建てMMF(米ドル・ユーロ)や、HSBCチャイナオープン、ETFのTOPIX連動型上場投資信託があります。これらはここ数年来の大暴落の最中でも比較的損失が少なくて済んできたという印象があります。ただし、購入のチャンスと思える時も滅多になかったのも事実なのですが・・・(-_-;)


そうそう。今回の記事に関連しての話ですが、つい先日も早速に数十万円規模の追加投資を実施しました(STAMグローバル株式インデックス・オープンとSTAM 新興国株式インデックス・オープンの二つです)。
とりあえずは今すぐに失業するということはなさそうだということになった以上、もはや遠慮は無用。大不況の最中なので、一気にまとめ買いということになりました。

結局、昨年末から今年の前半にかけて貯めてきた生活防衛資金に回すはずのお金は投資資金に化けてしまいました(-_-;;)
最近どうも言動不一致になってきていますね・・・。

もっとも、このお金は失業リスクの高まりに備えてのものだったので、不安要因がとりあえず消えた今、別に構わないのですけどね・・・。元来の生活防衛資金を投資資金に回すことは絶対にあり得ませんし。


------------------------------------

最後に念のために書いておきますが、私としてはこうした逆張り投資をお勧めしようという気は全くありません。逆張り投資というのは、投資判断が非常に難しく、そもそもうまくいくという保証など何もないからです(というか、これは単なる運任せだとも言えます)。ただ、ドルコスト平均法という定額積み立てが合理的とは限らないということを言いたかっただけの話です。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
ナンピン買いよりも・・
>暴落というバーゲンセールでたっぷりと購入できる可能性もあり得ます。
>生活防衛資金に回すはずのお金は投資資金に化けてしまいました

なんとなく・・さ〇かみ節の影響を受けているように感じます^^;
山〇元さんの云いたいことは
>>買った値段にこだわるのは自然な心理だが、ある時点で同じ金額の同じものを持っているなら、それを、いつどう買ったかは、今後には関係のない過去の話だから、こだわらない方がいい。

という、買値のバイアスにあるように思えます(もちろん私の価値観かもしれませんが・・)

リンク先でも議論になってましたが、(あくまでも私の意見ですが)リスク資産の割合ないし限度額をあらかじめ定めた上で投資するやり方がベターなような気がします。
生活防衛資金は人それぞれですが、損出の金額を推測しておくことが運用には大切だと思います。
【2009/06/04 23:46】 URL | 預金王 #- [ 編集]


私の場合、給与から一定額を単純にドルコスト平均法で積み立てていますが、特にこれが有利かどうかなんて考えておりません。
>どこが最安値かなんてことは誰にもわかりません。
ドルコスト平均法は有利かどうかではなく、自動積み立てが普通にお給料を貰っているものにとっては、“便利だから”利用しているのではないでしょうか? 
ただ、ETFも購入していますが、こちらは手数料体系から、まとめてボーナス時期に購入しています。

生活防衛資金に関しては、当初2年間分と考えておりましたが、山崎さんの著書を拝見して、2年間→3か月分に変更いたしました。
【2009/06/05 01:25】 URL | ゆあ #- [ 編集]

別にドルコストは有利でも不利でもない
自分もドルコスト平均法での投資になってますが、別にこれが最適だとは思っていません

というよりも、選択肢がドルコスト平均法のような追加投資し続けるしかないと考えています。普段の仕事から給料を得て、その余剰を投資に回している以上、投資資金を随時投入するしかできません

 仮に、今宝くじに当たったり、将来もらえる賃金すべてを渡してもらえるのであれば、今ある資産と併せてポートフォリオを組んでそれに応じた分を一気に買うと思います。

 この「ドルコスト平均法は絶対ではない」という内容の記事は時々見かけますが、選択肢があまりない以上、毎月定額投資をするか一年分を一気に投資するかは、数十年の中では誤差範囲で気分の問題レベルだと自分の中では割り切っています。
【2009/06/05 11:16】 URL | Zelkovaserrate #68f1HcXw [ 編集]


合理的な投資なんてそもそもないと思います。
投資もほとんどの人が「世界経済が成長するという前提」ありきであって、低成長だとか成長しない可能性に対して全く準備していない人もいるかもしれません。

投資は資産分散の目的でやっていますが、先がどうなるかわからないからってのが投資の理由です。
いくつかの角度からみて分散しておく方が合理的かなとおもってやっていますが、実際、どう分散すれば合理的なのかはわかりません。そもそも分散が合理的なのかもわからなくなってきました(笑)
であれば、自分が納得する方法がいちばんいいのでしょうね。だから分散でよいと思っています(^^♪

少し心配なのは、masaさんは勤め先がつぶれた場合、生活防衛資金が足りないと判断されていたように感じていましたが、「昨年末から今年の前半にかけて貯めてきた生活防衛資金に回すはずのお金は投資資金に化けてしまいました」と書かれています。
言論不一致とまでは思いませんが、
ただまず生活防衛資金を確保し、とれる範囲でリスクを取るようにしないと、大暴落ではまたバーゲンで買えないような気がします。
生活防衛資金は仕事を失った時のためのおカネとうさみみは考えているからです。
しかしながら、これも人それぞれですもんね。

うさみみの場合は、よそう以上に心のリスク許容度が小さかったために、新規投資は多分一生できなさそうです。。。残念な気もしますが、仕方がないですね。。。今のポジションがさばけなければ身動きができないです(笑)
【2009/06/05 21:11】 URL | うさみみ #- [ 編集]

管理人よりコメント
 
少し補足コメントをしておきます。

私の場合、預貯金(生活防衛資金及び投資予備資金となりうるお金)は現状でも手取り年収の3年分程度はきっちりと確保してあります。私が生活防衛資金を増強しようとしていたのは、本当にこれが100年に一度の経済危機というほどにひどい経済状態になるのなら、これでも不足するかもしれないと思ったからです。
私は基本的に心配性で臆病で悲観的に物事を考える性格なので、それだけ慎重な態度で貯金と投資に挑んでいるのです。それゆえに、リスク許容度を超えるような無茶は決してやりませんので念のため。


【2009/06/05 21:32】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


>リスク許容度を超えるような無茶は決してやりませんので念のため。


これが一番大切なことだと思います^^

以前、私が生活防衛資金(1000万)と云ったことは訂正します。
大半を株式にしても、それは個人の勝手だということです。

いつ何時でも、時価で判断して適正な金額がその人に合ったポートフォリオだと思います。
【2009/06/05 22:22】 URL | 預金王 #- [ 編集]


あまり、深く考えない方がいいのでは。

私は65百万ぐらいを運用しておりますが大体15百万含み損があります。REITが暴落したときにREITを買い、儲かり、25百万あった含み損が15百万になりました。この15百万の含み損は一銘柄の損です。いつかは解消して大幅なプラスになる自信があります。

この株の一銘柄はコンスタントに買っていたのである意味ナンピン買いですが、投資はそもそも確信をもてる銘柄に確信をもてるタイミングで投入することが大切なので、あまり気にすることはありません。
【2009/06/07 06:30】 URL | ああ #- [ 編集]


生活防衛資金確保のためというのは言い訳ですね。
3月頃の暴落時期には、上昇していた金のみ購入を続け、
経済状況は基本的にはあまり好転していないにもかかわらず
少し相場が戻ってきたら買いを復活させるとは。。
結局、最悪期に買えなかったのはビビッていただけでしょ。
というか、いま買うのはアホだよ。
いまは、不景気の株高、不況下のミニバブルだから、
そのうちまた大きく下がるから。
買うなら大きく下げてからだね。
ちなみに、わたしは11月から3月までは買い続けましたが、
4月以降は購入を止めています。
【2009/06/13 08:26】 URL | てつお #- [ 編集]

管理人よりコメント
  
今回も多くのコメントを頂きました(^^)

>>預金王さん

確かに、預金王さんが書いておられるとおり、「買った値段にこだわるのは自然な心理だが、ある時点で同じ金額の同じものを持っているなら、それを、いつどう買ったかは、今後には関係のない過去の話だから、こだわらない方がいい」という解釈が一番正しいのだろうと思います。

私としては、「それはわかるが、では実際の投資行動においてどういう方法が無難なのだろう?」と疑問に思ったので、思うところを書いてみたというわけです。そもそも投資において無難な方法など存在しないのでしょうけど・・・。

>これが一番大切なことだと思います^^

リスク許容度が一番重要ですからね・・・(^^)
逆に言うと、自分が許容できる範囲内であるならどんな投資方法であろうが構わないということなのかもしれません。この世の中に、安全確実でハイリターンなどというものは基本的に存在しないからです。


>以前、私が生活防衛資金(1000万)と云ったことは訂正します。

生活防衛資金1000万円というのは確かに理想的なのですが、あまりこれにこだわりすぎると、投資を始めるハードルがあまりにも高くなりすぎますからねぇ・・・。
あまり杓子定規に考えるのではなく、自分自身が納得のいく金額でいいだろうとは思いますね。
そもそも投資は自己責任が原則ですし、あとで痛い目に遭うのも結局は自分自身の責任なのですから。


次に、ゆあさん及びZelkovaserrateさんのコメントを引用します


>“便利だから”利用しているのではないでしょうか?
(ゆあさんのコメントより引用)


>選択肢があまりない以上、毎月定額投資をするか
>一年分を一気に投資するかは、数十年の中では誤差範囲で
>気分の問題レベルだと自分の中では割り切っています。
(Zelkovaserrateさんのコメントより引用)


この点、まさにその通りですね。選択肢はほとんどなく、その上、仮にまとめ買いしてもせいぜい誤差の範囲内でしかないのも事実ですから。
こうしたことについては、以前にも書いたことがあります。


「投資の本当の難しさは、いかにして投資資金を用意するかという点にある」(当ブログの過去の記事)
http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/blog-entry-337.html

-------------引用開始-------------------------------

有利もなければ不利でもないとされるドルコスト平均法が、なぜそれほどまでに支持されるのかというと、「個人投資家が、投資元本を用意するためには、事実上それしか方法がない」という点が非常に大きいと思います。

一般的な個人投資家の場合、十分な資金を用意することができないため、積み立てによってお金を用意するしかないからです。また、仮に、長年貯めてきたお金・あるいは退職金によって、まとまった資金があったとしても、心理的な抵抗感から、一度に大量のお金を投資してしまうのはどうしても躊躇してしまうでしょう。まとまった金額のお金とはいえ、個人が持つお金にはおのずと限りがあるわけですから。


とすれば、結局のところはドルコスト平均法(あるいは分割買い)をするしかない、ということになります。他の選択肢がないのですから仕方がありません。

-------------引用終了-------------------------------


>>うさみみさん

>合理的な投資なんてそもそもないと思います。

なるほど、確かに本当の意味で合理的な投資方法など存在しないのでしょう。合理性を追求しようにも、常にリスク(予想される結果のバラツキ)は存在し続けるわけで、どの投資方法が自分で納得できるか、ということによって、最終的に決めざるを得ないのでしょうねぇ・・・。


>よそう以上に心のリスク許容度が小さかったために、
>新規投資は多分一生できなさそうです。。。

うさみみさんの場合であれば、特に投資をせずとも資産形成はできそうな気がしますが・・・。
そうであれば、私の感覚ではむしろもっとも理想的な形ではないかと思います。
本業でしっかり稼ぐことこそが最大の資産形成になるというのならそれに越したことはありませんから。




>>ああさん

>あまり、深く考えない方がいいのでは。

そうかもしれませんねぇ・・・。
私などは色々と考えてしまうタイプなので、投資判断の際に迷うことがよくあります。
いずれにしても、自分が確信を持てる投資方法こそが一番だということなのでしょう。

私の場合、確信を持てる銘柄は分散されたファンドであり、確信を持てるタイミングというのは、暴落時の誰も買いたがらないような時期ということになりそうです。



>>てつおさん

生活防衛資金確保のためというのは本当のことですので念のため。

私の場合、もともと預貯金及びMRFの比率は高いので、投資における損失額が総資産に占める割合は限定的です。ただし、あの時点からさらなる大暴落と言うことになれば、自分で決めていたリスク許容度を超えてしまう恐れは十分にあったのは確かではあります。

最悪期に買うのが理想であることは百も承知しているのですが、今回の場合、最悪期(投資における最良期)は個人的にも最悪な状態であったため、身動きがとれませんでした。

純金積み立てについては、契約上、積み立て停止措置がとれないため継続していただけです。純金積み立てをやめるためには口座の解約をするしかありませんから。
また、純金積み立てに関しては、あくまでも通貨としての意味合いで純金を買っているというだけで、殖やそうという意図はありません(そもそも、利息も配当も一切つきませんし)。

「不景気の株高」ということについては、私もそう思っています。
てつおさんの書いておられるとおり、また大きく下がる可能性は高いでしょう。

ただ、だからといって底値がどこかということを正確に読み取ることは事実上不可能です。それが可能なら間違いなく億万長者になれるのですけどねぇ・・・。
なので、次の暴落を待っていてもきりがないので、スポット購入を行ったわけです(そもそも今回のスポット購入にしても、投資総額からすればもはやごくわずかに過ぎないので、ポートフォリオ全体に与える影響は極めて限定的です)。

私としては、自分で納得のいく価格であればそれでいいという考え方なので、不景気の中のミニバブル程度は誤差の範囲だと考えているのです。

今回の記事で先に書いたコメントにあるとおり、預貯金(生活防衛資金及び投資予備資金となりうるお金)は現状でも手取り年収の3年分程度はきっちりと確保してあるので、今後もし大暴落で大きく下落することがあれば、そこでさらに臨時投資を行うだけの話です。


そもそも、投資効率が悪いことを承知の上で預貯金及びMRFの比率を高めてあるのは、まさしくこの臨時投資のためです。私の基本的な考え方として、いわゆる”フルインベストメント”にすることは決してありえず、常に一定の投資余力は残すようにしています。

要するに、総資産に占める預貯金及びMRFの比率を高めにしておくことにより、暴落時の損失で致命傷を負わないようにするとともに、チャンスとみればいつでも追加投資が可能な状態にしているというわけです。こうしたこともまた、自分が納得のいく価格で投資を行うためにとっている対策の一つです。


【2009/06/13 23:41】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/424-830b8160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。