プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人投資家に「持たざるリスク」など存在しない
今回は、「個人投資家に持たざるリスクなど存在しない」という話です。まずは参考サイトを示しておきます。長文なので、一部のみ引用します。


業界用語に惑わされるな 個人投資家に「持たざるリスク」など存在しない:株/FX・投資と経済がよくわかるMONEYzine


-------------引用開始-------------------------------

投資家の方なら「持たざるリスク」という言葉を聞いたことがあるでしょう。
 この言葉が本来どういう使い方をされるのかというと、機関投資家等が顧客の資産を預かり運用を(とくにパッシブ運用を)する上で、買いポジションをとっていない状況で株価が上昇・急騰した場合に、「インデックスを下回るパフォーマンスとなると、顧客からクレームがでる」というリスク。これが本来の「持たざるリスク」です。

「いや、持たざるリスクは存在する!」という方もいらっしゃると思います。
 確かに、インフレが進行する経済状況下であれば、現金で資産を保有していれば、その資産は時間と共に目減りしていきます。持たざるリスクがあるようにも思えます。

 しかし、それは長期における資産の緩やかな目減りです。一方、株式市場では短期で資産を大きく減らす可能性(危険性)が常に内包されています。

 投資顧問等が勧誘のために、契約を更新させるために「持たざるリスク」と言う言葉をよく使う傾向がありますが、持っている方が遥かにリスク高いことは明白でしょう。ましてや現在(短期)は再びデフレと言える状況にあり、インフレを理由に無理に投資商品を持たなければならない理由は見出し難い状況です。

 専業トレーダーで日々の生活の糧を、相場から得ているのであれば、株価(指数)上昇・下落に乗れないことは、収入減にも繋がりますので、「持たざるリスク」はあると言えるかもしれません。

 ですが、一般的な個人投資家には(基本的には)ノルマは無いのですから、個人投資家に「持たざるリスク」は存在しないハズです。



初心者投資家に多く見られる「とりっぱぐれ」時の心理状態



 株価の変動を目の前にすると、特に自身が予測した方向に株価が大きく動いてポジションを保有していない場合は、利益のとりっぱぐれを気にする(悔しがる)個人投資家は少なくありません。「買っていれば(売っていれば)、○○○万円儲かっていたはずなのに…」との思いを抱くのは当然の投資家心理、人間心理でしょう。

 しかし、時としてこの 「○○○万円儲かっていたはずなのに」 の思いがエスカレートして、「○○○万円失った」 という心理状態に陥る場合があります。


 これは投資家・投機家ならではの心理状態と言ってよく、この心理は分からないでもありませんが、好ましい心理状態とは言えません。失っていない自己資金を、失ったように錯覚している時点で、すでに冷静な相場判断をできる状態とは言えないからです。

-------------引用終了-------------------------------


さて、投資の世界においては、「持たざるリスク」というものがまことしやかに言われることがあります。しかし上記サイトに書いてあるように、個人投資家において持たざるリスクなど本来存在しないはずです。
「もし投資していたら○○○万円儲かっていたはずだ」などというのは所詮は結果論でしかありませんし、実際にお金を儲けるためにはそれ相応のリスクを背負うことになります。

他にも似たようなものとして、「投資をしないのは損」「投資をしないリスク」だとかいう人もいます。しかし、私にはこうしたことは全く理解できません。

確かに、私も将来の資金不足を懸念しているがゆえに投資を行っています。しかし、それは持たざるリスクだとか投資をしないのは損だとかいう発想に基づくものではありません。インフレリスクという言葉を持ち出す人もいますが、インフレに勝つどころかむしろ大切な財産を失うリスクの方がはるかに高いのが現実のはずです。

そんなわけで、個人投資家の世界においては、「持たざるリスクなど存在しない」と考えて差し支えないと考えています。

さて、上記サイトの中で、私が最も気に入っている一文を引用します。



-------------引用開始-------------------------------

「持っていない → 資金がある → いつでも相場に参戦できる」
と考えれば、個人投資家に持たざるリスクは存在しないといえるのではないでしょうか。

-------------引用終了-------------------------------


これが一番正しい考え方だと思います。手持ち資金の多くがキャッシュのままであるということは、それはまさしく ”いつでも市場に資金を投入できる状態にある” ということを意味しているからです。

そして同時にそのお金は、いざとなれば生活防衛資金として使うこともできますし、自分自身のスキルアップのための自己投資として使うこともできます。

個人投資家にとって最も注意すべきことは持たざるリスクということではなく、「持っていることのリスク(投資していることから生じるリスク)」であるということをよく認識しておくべきだと思った次第です。






テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

相変わらずの屁理屈、お疲れさま!
常になにかにケチをつけていないと気が済まないのですね。わかります。
【2009/06/11 22:37】 URL | あはは #JalddpaA [ 編集]


masaさん
こんばんは

個人投資家と機関投資家とでは、同じ“持たざるリスク”は存在しないという意見は賛成です。

 自分の場合、投資をする目的は“インフレ対策”ですので、長期には“持たざるリスク”を意識しているのかもしれませんが、一般的に耳にするのは短期で上昇したときのセールストークでですから、それを個人投資家が真に受けるのは間違っていると思います。
(くやしいのは確かでしょうけど…)

 自分としては、予想をしても当たらないし、面倒なのでインデックス投資家になったようなものです。こういう言い回しに振り回されないようになっただけでも、メリットのある投資方法だと実感していますね。

 それにしてもインデックス投資などを続けていると日々の刺激が少ないせいか、理屈っぽくなりやすいですね。
【2009/06/11 23:09】 URL | Zelkovaserrate #68f1HcXw [ 編集]

存在しない??
相対的に見れば「持たざるリスク」よりも、「大切な財産を失うリスク」の方がはるかに高いことは当然理解できますが、「持たざるリスク」は存在するのではないでしょうか。

グローバル化が進展している世界の中における日本の経済規模を考えると、自分の全資産を「円」のみで保有していることは、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈し、私は長期的に見て資産防衛の要素も考慮して世界中の株式や債券を保有しています(もちろん円のキャッシュ比率が圧倒的に高いですが)。

「儲け損なうことは大損だ」と、いわんばかりの営業トークや、世間の雰囲気に流されて、慌てて生活防衛資金を株式に突っ込むような人に対して「ちょいと待ちなよ、お前さん。金融商品販売員の言ってる持たざるリスクなんてのは極論だよ。」と説くのはアリだと思いますが、「持たざるリスク(内藤忍氏の言うリスクをとらないリスク)」は、やはり存在すると思っています。


揚げ足取りのようになってしまって恐縮ですが、初めて異議?をコメントしてみました(笑)
もちろん、masaさんのことですから、私のコメントしたようなことは百も承知で、意識すべきリスクの順位付けのようなカンジで記事を書いているのでしょうが、言葉にして何かを断言してしまうと、何かをバッサリと切り捨てることになってしまうから難しいですよね。。。

失礼しました。。。
【2009/06/12 08:43】 URL | 虫とり小僧 #YHpFg9Og [ 編集]

長期における資産の緩やかな目減り
リスクを取るというのは人それぞれですからね^^

内○忍さんは仕事も兼ねてますから・・
山○元さんは複数の預金とMRFだけだし(笑)

国債金利より高い商品であれば、インフレを上回るリターンですしね!

>手持ち資金の多くがキャッシュのまま

確かに0.01%とかだとインフレに負けるかもしれません・・
株式はインフレ、デフレうんぬんよりも(ここから先はご想像にお任せします^^;)
【2009/06/12 13:04】 URL | 預金王 #- [ 編集]

持たざるリスクは存在する・・・
はずがない。

はじめまして。いつも楽しみにしています。

「持たざるリスク」なんてないです。それって、証券会社が作った言葉ですよね。

使いかたによっては非常に便利ですが・・・。
損失を抱えて苦しいとき、「持たざるリスク」とかいい、耐えている自分に陶酔する。

勘違いも甚だしい。
「持たざるリスク」というひとは、利益出てるのかしら?
根拠のないことおっしゃってるので・・・。
【2009/06/12 20:21】 URL | ぼいす #- [ 編集]


>個人投資家にとって最も注意すべきことは持たざるリスクということではなく、「持っていることのリスク(投資していることから生じるリスク)」であるということをよく認識しておくべきだと思った次第です。

なるほどと思いました。最近はわりとこういう風に考える自分がいます。
「持たざるリスク」が「リスク」という言葉を使っているからちょっとややこしいのかもしれませんね。

うさみみの場合は、投資をするのは虫とり小僧さんと同じく、「分散しておきたい」ということで、ただそれだけです。
インフレになるのならそれらが助けてくれるかもしれないという、持っているからこその安心感があります。
反面masaさんがおっしゃるように逆に行くことはリスクとして大きいです。
その時は、円キャッシュが助けてくれるという安心感があります。
全滅とはいいませんが、恐ろしく資産が目減りしなければいいので、それだけに、預金と投資のバランスはむつかしいですね。
そういう意味で、生活防衛資金を確保したら他は投資という考え方ではないです。

投資してない分にはリスクはありません。インフレでは確かにゆるやかに資産が目減りするだけです。
それだけだと思えば確かにそれだけですね。。。(笑)

持たざるリスクがあるから投資をするというわけではないんですが、虫取り小僧さんのおっしゃるような理由で投資しているだけに、なかなか面白いエントリーでした(^^♪


【2009/06/12 22:52】 URL | うさみみ #- [ 編集]


得をしないことは損である、みたいな価値観は電話セールスでよく使われますが、違いますよね。得をしないのは得をしない以外に意味などなく、損もして無い。
「持たざるリスク」の「リスク」が変動率としての「リスク」を示すなら最小のはずですし。
【2009/06/12 23:02】 URL | まひわり #- [ 編集]

はじめまして
株や債券を含む外貨を保有していないと、円安インフレのリスクに対応できない恐れがある。

百年に一度と呼ばれる状況で、円のみが世界中の通貨の中で一人勝ちだが、この円高の状況こそが異常である可能性も低くはない。

今度、円安にはならないと言い切れない以上、単純に持たざるリスクは存在する。(輸入品の価格は円安が進めば進むほど、上昇する)

損失に耐える自己陶酔とかのレベルの話とは次元が違う。


ちなみに私は証券会社などの金融機関の人間ではなく、普通のサラリーマンです。
【2009/06/18 22:04】 URL | ゴルゴ #.LDrzVnE [ 編集]

証券会社の勝ち
証券会社が「持たざるリスク」と一緒に使う言葉に「円安インフレ」があるよね。
知識の浅い一般人が、「円安とインフレに備えて」なんていうのを聞くと、証券会社の作戦(洗脳?笑)は成功したとつくづく思うよ。

つながった世界の中で円安インフレだけ起こるなんてありえないな。

いつ酔いから醒めるのかしら。

最後は、証券会社が広めた究極の逃げことばを使っちゃいます。

「投資は自己責任で」
【2009/06/19 01:52】 URL | ぼいす #- [ 編集]


世界はつながっているからこそ、円安の可能性は否定できない。

円安になれば輸入品の価格が上昇する。これを一般に円安インフレと呼ぶ。

マーケットではすべての可能性は否定できないはず、「円安にはならない」と言い切れる人は為替制度を理解していない人か、天才予言者か。

リスクの相対的な大きさの違いと、リスクそのものの有無をごちゃ混ぜにはできないかと。
【2009/06/19 03:11】 URL | ゴルゴ #.LDrzVnE [ 編集]

世界最大級の外為カジノへようこそ!
円安ではなくて、さらなる円高になったらどうなるのだろうか?
為替のリスクはゼロサムです^^

インフレという脅しを使う評論家は信じない方がいいと思います。
ポートフォリオの一部で為替リスクをやる。株をやる。という風に割り切った方がいいのでは?
もちろん円安になることも有り得ますが、プロは大抵ヘッジ(単純な為替ヘッジではない)をかけてますよ・・
【2009/06/19 09:22】 URL | 預金王 #- [ 編集]

そんなこと当然
為替リスクがゼロサムであることなど言われなくても当たり前に分かってること。
これから先、円安になるか円高になるかなんて誰にも分からない。

だからこそ、自分の資産のごく一部を円安ヘッジとして外貨に当てている。

【2009/06/20 09:14】 URL | ゴルゴ #.LDrzVnE [ 編集]

矛盾している
為替のゼロサムとは、不確実性のことではない。金利との関係のことだ。

ごく一部だけ外貨だと「持たざるリスク」状態です。(笑)
矛盾しています。

ところで、投資をして上手くいった人に本以外ではお目にかかったことがないが、預貯金だけで財産を築いた人はたくさん見てきた。

貯金生活 投資生活

「貯金」が先です。
理解されてますよ。masaさんは。

「持たざるリスク」
悪名高き言葉。

早く目を醒まして欲しいな。
【2009/06/20 18:41】 URL | ぼいす #- [ 編集]


一部外貨を保有することが、持たざるリスク状態になるとは驚きだ。
「一部」の金額も割合も外貨の中身も知らずにそこまで言い切るとは、やはり天才か!
一体どちらが矛盾しているのか?

十分な預貯金を確保し、円との割合を含むリスクコントロールは行っているので、最初からぼいすさんのことは相手にしなければ良かった。気分が悪くなって大後悔↓↓
【2009/06/20 19:15】 URL | ゴルゴ #.LDrzVnE [ 編集]

管理人からのコメント
今回もたくさんのコメントを頂きました。
今回の記事については、賛否両論あるだろうと思っていましたが、やはり予想通りでした。



>>あははさん

一般庶民レベルの証券投資家というのは、屁理屈とケチをつけるのが仕事のようなものだと思っています。何しろ、ゴミ投資家レベルでは、市場の動きに翻弄されるだけですからねぇ・・・。


>>Zelkovaserrateさん


>一般的に耳にするのは短期で上昇したときのセールストークでですから、
>それを個人投資家が真に受けるのは間違っていると思います。

そういうことですね。
「持たざるリスク」という言葉を真に受けると、持っていることのリスクを忘れがちになるので気をつける必要があると思っています。



>>虫とり小僧さん

>揚げ足取りのようになってしまって恐縮ですが

当ブログに関する限りは、異議や反論があってこそ面白くなると考えているので、気になさらずに(^^;)

非常に素晴らしい、極めて妥当なコメント内容ですね。

虫とり小僧さんのように、投資というものをよくわかっている人にとっては、持つことと持たないことの双方のバランスを考えるのが当たり前のことなのだろうと思います。
問題なのは、そうしたバランスを考えずに「持たざるリスク」という言葉に踊らされる人が少なからずいるという現実なのですよねぇ・・・。



>>預金王さん

>株式はインフレ、デフレうんぬんよりも

株式にしろ、為替変動にしろ、インフレによる資産価値下落以上に、短期間に急激に価値を下げてしまう恐れがありますからこの点が一番問題ですね。



>>ぼいすさん、ゴルゴさん


円安インフレリスクは確かにあるのでしょうし、その一方において、持たざるリスクという言葉に踊らされるべきではないとも考えています。
その意味においては、ぼいすさんの意見も正しいでしょうし、ゴルゴさんの考えも正しいと思います。

私としては、「純粋に資産保全だけを考えるのであれば、円安インフレリスクについては、実際に円安インフレの傾向が出てからお金を動かせばいいじゃないか」という程度の考え方です。この方法だと、確かに円安インフレリスクに対する備えは万全ではありません。しかし、あくまでも資産を減らさないことに最重点を置くのであれば、それでも問題ないのではないかと考えているのです。

私は記事本文でこう書きました。

-------------引用開始-------------------------------

手持ち資金の多くがキャッシュのままであるということは、それはまさしく ”いつでも市場に資金を投入できる状態にある” ということを意味しているからです。

-------------引用終了-------------------------------

いつでも資金を投入できるのであれば、ことさら円安インフレリスクを恐れる必要もなく、実際にそのリスクが顕在化してきたときにしかるべき資産クラスにお金を動かせばいいのではないかと思っています(ただし、この場合には対応は少々遅れてしまう恐れはありますけど・・・)。

例えば、将来日本という国の信用が決定的に落ちてしまったときには、日本円でもらった給料を即座に外貨に両替する必要が出てくるかもしれません(これはいささか極端な想定ですが、もしそんなことになったら日本国内でも円だけでなく、ドルやユーロなどの通貨がコンビニやスーパーでも普通に使えるようになるかもしれませんね)。



それから、一つ追記しておきたいことがあります。例えば普段から世界中を飛び回って仕事をしているような人や、海外で生活している人であれば、持たざるリスクうんぬん以前の問題として、各国の通貨に分散させておく必要はあるかもしれません。そうでないと、特定の国の通貨が暴落あるいは暴騰したときに大変なことになるかもしれないからです。
以下、参考サイトを示しておきます(例によっていささか古い記事ですけど・・・)。

金融危機で「夢の海外暮らし」が一変! 円高に“悲喜こもごも”の現地日本人(ダイヤモンド・オンライン)
http://diamond.jp/series/analysis/10071/


ちなみに、私自身はそれなりの金額を外貨建てで保有していますが、これはあくまでも自分自身のリスク許容度を考慮の上、より積極的にリスクをとろうという考えに基づいてのものです。当然のことながら、日本円での預貯金もたっぷりと確保した上での話です。



>>うさみみさん


>インフレになるのならそれらが助けてくれるかもしれないという、
>持っているからこその安心感があります。
>反面masaさんがおっしゃるように逆に行くことはリスクとして大きいです。
>その時は、円キャッシュが助けてくれるという安心感があります。


この点、実に微妙なところですね。円高にも円安にも備えるのが理想なのでしょうけど、それを考え出すと、またアセットアロケーション(資産配分)に悩むことに・・・(^^;)


>投資してない分にはリスクはありません。
>インフレでは確かにゆるやかに資産が目減りするだけです。
>それだけだと思えば確かにそれだけですね。。。(笑)


これもその通りですね。この「ゆるやかに資産が目減りする」ことをどう評価するかによって対応が変わってくるのだろうと思います。


>>まひわりさん

>得をしないことは損である、みたいな価値観は電話セールスで
>よく使われますが、違いますよね。

非常に的確なコメントですね。
確かにその手のセールストークはよく使われますね。「今買っておかないと損」だの「こんなにお得な商品を買わないのは損ですよ」とか。

こうした点は、投資家という視点だけではなくて、消費者という視点からも注意しておく必要がありますね。



-------------------------------

最後に記事の補足です。

今回の記事の「持たざるリスク」についてですが、これは本文でも書いたように、 「『○○○万円儲かっていたはずなのに』の思いがエスカレートして、『○○○万円失った』 という心理状態に陥る」というとりっぱぐれの心理についてであり、そうしたある種の異常な心理状態のことを主眼において書いていますので念のため。


ですので、長期的視点に立っての資産運用計画や預貯金とのバランスを考慮してのリスク資産への投資ということであれば、いささか異なることもあるということもご理解下さい。私自身が投資をしている理由も、「○○万円投資していたら儲かっていたはずなのに」ということではなく、あくまでも長期的計画に基づいて、為替変動や株価変動の可能性を考慮した上で、およそ予想可能なあらゆる状況に備えられるだけの態勢を作ろうとしているわけですから。

・・・もちろん、私のモットーである「貯金なくして投資なし」の方針に基づき、ポートフォリオの根底・中核に位置するのは日本円の預貯金であるのは言うまでもありません。
日本円という通貨がそれなりに信用のある通貨であるうちは、日本円による預貯金をベースにしても問題ないと考えているからです。





【2009/06/21 08:22】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/425-a4d9cb23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

個人投資家に「持たざるリスク」など存在しない

今回は、「個人投資家に持たざるリスクなど存在しない」という話です。まずは参考サイトを示しておきます。長文なので、一部のみ引用します。業界用語に惑わされるな 個人投資家に「持たざるリスク」など存在... お小遣い稼ぎ【2011/05/31 16:18】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。