プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金持ちに対する妬みという名の病
お金について書かれたいろいろな文献を読んでいると、日本という国の根底には「お金持ちに対するすさまじいまでの嫉妬」という感情が根強いことが見えてきます。


はねもねの独り言: 庶民感覚とズレている首相の是非

2008年10月24日の記事ですので日付的にはいささか古いのですが、内容的には非常に的確だと思いますので、上記サイトより引用します。長文につき、ごく一部のみ引用します。


-------------引用開始-------------------------------

麻生首相が、毎日のようにホテルで食事をしたり、会員制レストランで食事をしていることに対して批判が出ています。これらの高級外食が「庶民感覚とかけ離れている」という声が多く、特にホテルでの食事を「安い」と発言してからは、新聞でもテレビでも批判が相次いでいます。先日もこの話題だけで10分近くやっている朝の番組がありましたね。

しかし総理大臣って、そんなに庶民感覚が大事なのでしょうか?

(中略)

もう1つ思うのは、金持ちに対する妬みがあるように思えます。自分たちが苦労しているのに、首相だけが贅沢三昧をしているのは許せないという妬みです。

(中略)

首相の食事代なんて、自腹で払っている限りは、そんなに大事なことだとは思えないんですけどねぇ。

-------------引用終了-------------------------------



「金持ちに対する妬み」という点については私も同意します。


また、金持ちに対する嫉妬としては、こんな話もあります。

高岡壮一郎 社長日記(「知恵の総合商社」):富裕層はなぜYUCASEE(ゆかし)に入るのか?(高岡壮一郎 著/幻冬舎)  - livedoor Blog(ブログ)


-------------引用開始-------------------------------

原稿を入稿して一息ついた1月に新聞を見ていると、今、20代・30代の若者が『日本を良くするために政府に望むこと』はなんと、「大企業と富裕層に増税をすること」だそうです(NPO法人政策過程研究機構、約1000名へのアンケート)

若者がそんなことを願う世の中なんて、どこか閉塞感があるのではないでしょうか。

-------------引用終了-------------------------------

※なお、「YUKASEE(ゆかし)」というのは、富裕層限定の会員制クラブのことです。参考までに、YUCASEE(ゆかし)のサイトを紹介しておきます。純金融資産が1億円以上でなければ入会できないとのことですので、文字通りの富裕層向けプライベートクラブです。

YUCASEE(ゆかし) - 富裕層限定 プレミアム・プライベートクラブ


それにしても、20代・30代の世代が「日本を良くするために政府に望むこと」が大企業と富裕層への増税とは・・・。
この点、少し異常ではないかと思った次第です。私が思ったのは、「金持ちを貧乏人にしたら、自分たちが金持ちになれるとでも信じているのだろうか?」ということです。しかし現実には、金持ちを貧乏人にしたら、貧乏人はますます貧乏になってしまうだけだろうと思います。それどころか、金持ち叩き・金持ちいじめの政策をとろうものなら、富裕層は日本から出て行ってしまうでしょう。なぜならば私がこれまでに読んできた富裕層に関する文献を見る限りでは、富裕層の思考・行動や資産構造は完全にグローバル化していることが多く、そうであればことさら日本という国に固執する必要など何もないからです。日本という国が富裕層にとって住みづらくなれば、ただ国を出て行けばそれですむ話です(これはグローバル化に適応することのできた企業も同様です)。その先には、「そして日本には貧困層だけが残った」という最悪の事態が待っているだけだろうと思います。

「公務員の給料を引き下げろ」「金持ちからはたっぷりと税金を搾り取れ」 こうした考え方の根底にあるものは紛れもなく嫉妬の感情だというのが私の所感です。

今日の記事の結論を書いておきます。それは何かというと・・・


ひたすら金持ち叩きをして、皆が自分と同じように生活が苦しくなればそれで満足なのか?


という、ただそれだけです。一つ言えることは、かつてイギリスの首相であったマーガレット・サッチャー氏が言ったように、「お金持ちを貧乏にしても、貧乏な人はお金持ちにならない(The poor will not become rich, even if The rich are made poor)」ということだけです。これは真実だろうと思います。

金持ちに対する嫉妬という感情が尋常でないレベルにまで達しているのを感じたのを知り、この国は病んでいるのではないか、と思ったのが今回の記事を書こうと思った動機なのです。


そうそう。上記本文で書いた、「YUKASEE(ゆかし)」の高岡氏のコメントを強い調子で批判しているブログを紹介しておきます。

ASK THE Blog:「金持ち」が世の中を良くするという欺瞞

ついているコメント内容もひどいものです。「金持ちは痛い目にあうといいな」とか「金持ちは心が腐ります」とかいうコメントがついています。


私自身もいわゆる格差社会・貧困問題については対策が必要と考えている一人ではあります。だからといって、金持ちバッシングが得策だとは決して思いません。金持ちを妬み、批判し、叩いたところで何も生み出しはしないと私自身は考えているからです。むしろマイナスの効果ばかりになることでしょう。

私もまた単なる庶民でしかありませんが、私自身は金持ちを妬むのではなく、金持ちから学ぶことを重視したいと考えています。私はこれまでに数多くのお金にまつわる本を読んできたわけですが、貧困層から学ぶべきことは反面教師として教訓にする程度のことしかないのに対して、金持ちからは、その姿勢・考え方など学ぶべき点は数多くあると感じているからです。






テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
全く
同感です。
【2009/06/18 22:11】 URL | 虫とり小僧 #YHpFg9Og [ 編集]

私も
全く同感です。
基本的に衆愚は「妬み、嫉み、僻み」で生きている。
資本主義は、大雑把に言えば「他人から必要とされる人」にお金が集まっていき、「必要とされない人」からお金が逃げていくという極めて単純な原理なのに、それすら理解しようとしない人があまりにも多いように感じる。
【2009/06/19 00:27】 URL | 久々の書き込みです。 #- [ 編集]


私も同感です。

とはいえ、純金融資産1億円以上だけが入会できる会なんて、ひそかに潜入してみたいですね。どんな人たちなんでしょうか~^^。
【2009/06/19 01:05】 URL | 煙々 #RaJW5m0Q [ 編集]

うーん・・・
こんにちは。

いつも思うのですけど、このような記事ってどうしても極端な意見になりがちですよね。金持ちといっても、そのお金を個人の才能とか努力で得た人については特に誰も文句言わないでしょう。問題は先祖代々の土地持ち、親の業績をただ引き継いだだけの凡庸な2代目の息子社長とかでしょう。若者だって、「ただ親の資産を引き継いだだけの金持ちからたんまり税金を取れ!」という思いですよ。それを端折れば「お金持ちに増税を!」となるかもね。私自身は、相続税を90%程にすればもっと貧困は減るのではと思いますが、世の中いくらでも抜け道作る鬼のようにがめつい人はたくさんいるでしょうから、やっぱ無理ですかね。
【2009/06/19 06:44】 URL | なみえつ #- [ 編集]

同感です。
貧乏人が心が綺麗とかそんなのありえません。私の妻は福祉協議会にいるのですが、
お金が無いひとの生活は酷いものです。飼い犬の葬式のためにお金を借りたり、うそを
ついて福祉資金を借りたり。しかも返さなかったり。基本的に貧乏人の多くはお金のコン
トロールがうまくできていないと思います。生活保護受けてるのにパチンコ三昧の人も
沢山います。
私は、相続税なんかは全廃すべきだと思います。金持ち優遇でもなんでもないです。
相続税が社会の活力を奪っていると思います。あと株式の税金も無税にすべきです。
税理士の能力の差異で税額が大きく異なってしまう直接税のあり方が問題です。
金持ちはどんな税制だろうとお金持ちであり続けます。お金持ちを締め付ける政策→
貧乏人をさらに苦しめる という結果になるのは間違いありません。
【2009/06/19 12:25】 URL | たけ #- [ 編集]

ゆかしという名の手数料ぼったくりサービス
ココあやしいですよ^^
http://abraham-bank.com/faq/#faq005
一億以上あったら、とてつもない手数料が手に入ります。

日本の相続税は非常に高いです。
アメリカ並にして、他のところを上げた方がいいでしょう。



【2009/06/19 13:37】 URL | 預金王 #- [ 編集]


ゆかし って怪しいですよね。
入会時に資産1億円以上の人の個人情報集めるって・・・
入会する人っているのかな?
この会社の本当の目的は違う所にありそうですねw
【2009/06/19 15:50】 URL | 通りすがり #- [ 編集]


全くの同感です。

この手の金持ち批判(妬み)をする人は、
同時に生活保護受給者に対してもきびしいんですよね。
金持ちも許せないけど、税金で助けてもらっている生保も許せない。
平凡な庶民を助けろってね。

日本ほど格差の少ない国はないのでは?
【2009/06/19 18:52】 URL | かつお #- [ 編集]


同感です。
金持ち=ようはビジネスセンスのある人です。
実感ですが社会に会社をつくり、雇用を生み出すことができるのもビジネスセンスがないとできません。現行の日本の方向性をみている限りは優れた企業、人材を日本から追い出したくてしかないように思えます。
今の50代、60代は比較的日本に愛着がある人種でしょうが、40代以下はどうでしょうね?島国で固有の言語をもち、そこそこ人口のあるマーケットがあったため出るまでもなかったし、出ようというにも他の国に比べて出にくい環境であったのは確かです。
だから税金が高くても逃げなかっただけです。
これからの世代(40代以降)は食事、文化、語学も含めてグローバルなセンスを持っている人が多いと思います。
今のままなら間違いなく優れた企業、富裕層の流出は起こるでしょうね。
【2009/06/20 00:14】 URL | hide #- [ 編集]

公務員バッシング
やや金持ち批判と少しずれますが、
最近の公務員批判も似たような構図かと。妬み以外の何者でもないのじゃないかと。
公務員を批判すれば視聴率や購読者が増えるという単純な構図があるような気がしてなりません。古館やみの某といった軽薄なコメンテイターがしたり顔で公務員批判しているのがはなについて仕方ないです。
給料減らして、官舎も減らして、おまえらは最低限の生活をしてればいいという論調がありますが、そんなことしたら誰も公務員のなり手ができないことのリスクは認識してるのでしょうか。
公務員批判していながら、政府に頼ろうとする行動も相矛盾してます。
そういう私も公務員だから、ひいき目に見ちゃうのかも知れませんが。
【2009/06/20 02:55】 URL | ひで #- [ 編集]


基本的に、同感です。

なみえつさん wrote:
> 相続税を90%程にすればもっと貧困は減るのではと思いますが、

日本の相続税の税率と、税収に占める割合をご存知でしょうか?
税率は、50%で、税収に占める割合は、1.5%だそうです。

それから、世界がどうなっているか、ご存知ですか?
以下、「最強国家ニッポンに設計図」 (ISBN978-4-09-389716-7) より引用

---< ここから >---
相続税は、ほとんどの国が廃止に向かっている。すでにスイス、イタリア、スェーデン、カナダ、
オーストラリア、ニュージーランド、香港、マーレシア、タイ、ベトナム、インドネシアなど、主要
17カ国は、国税としての相続税がゼロである。イギリスも(ゴードン・ブラウン首相の選挙公約
によれば)相続税廃止に向かっており、EU諸国やロシアの金持ちが大挙してイギリスに移住
し、ロンドンの高級住宅地チェルシーなどの不動産が急騰する原因となった。フランスでも、
ニコラ・サルコジ大統領が選挙公約として、相続税・贈与税の廃止を掲げた。
 ユニークなのは、アメリカだ。02年から段階的に引き下げ、2010年に1年間だけゼロにして
翌年から再び復活することになっている。それを「タッチダウン」と呼び、私の友人のアメリカ人
たちはその話で持ちきりだ。そうすることで、2010年に大半の資産を高齢者から若い世代に
移し、一気に消費を刺激しようという政策である。
---< ここまで >---

相続税90%は、非現実的だと思います。むしろ、ゼロの方がいい。

預金王さん wrote:
> 日本の相続税は非常に高いです。
> アメリカ並にして、他のところを上げた方がいいでしょう。

所得税をフラットに近くして、法人税も下げた方がいいでしょうね。
上げるは、付加価値税(消費税)で、資産課税を新設するのが良いのではないでしょうか。


> 公務員バッシング

肩書きを取ったら、個人としては何もできないのに、威張っている、ところが反感を買うのでは
ないでしょうかね?

【2009/06/20 10:00】 URL | ひろん #- [ 編集]

医者バッシング
医者バッシングなんかも、似たような構図ではないですか。
医療崩壊して痛くも痒くもないのは裕福層で、一番困るのは貧困層でしょう。それなのに、おおまかな傾向として、バッシングするのは貧困層、必要性を理解しているのは富裕層です。
【2009/06/20 12:25】 URL | 久々の書き込みです。 #- [ 編集]


>ひろんさん
>(公務員の)肩書きを取ったら、個人としては何もできないのに、威張っている、ところが反感を買うのでは ないでしょうかね?

別に公務員であってもなくても、肩書きを取ったら何もできない人もいるし、そうでない人もいる。
ひろんさんこそ、この記事にあるように妬みという名の病に侵されているように感じました。
【2009/06/20 22:08】 URL | sami #- [ 編集]


公務員批判や医者批判の話は、今回のと関係なくありません?話が脱線しているように思えます。批判や反論がコメント埋め、本来の話の流れからずれているようなことになるのは、控えるほうがよろしいかと思いますが、どうなんでしょうか?。

結局、
公務員や会社員の職に関係なく、責任もって仕事していない人は批判されてしかるべきだけかと思いますね。
【2009/06/21 02:35】 URL | 煙々 #RaJW5m0Q [ 編集]

うーん
金持ちに対する羨ましさが強くあることを前提にして、それを妬みという形にして出している人は単純な人だと思いますが、
ブログ主は、金持ちを褒め称えることで、自分の妬みをきれいなものに塗り替えようとしている感じがします。

金持ち批判や金持ちに対する増税が、日本の将来に与える影響と(評論家的な客観的な見方)、自分自身が、金持ちに対して個人的に羨ましさや妬みを抱いているという事実(感情的なもの)との乖離を統一しようとしているところに無理を感じます。
もっと、日本の将来的にはこうした方がいいけど、自分としてはちょっと妬みがある位の方がねじれがなくていい気がします。
【2009/06/21 10:21】 URL | ぴっぴ #- [ 編集]

資産に関する課税について
ココ参考になります^^↓
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~hkyoji/webzaisei/ch8.htm

まあ・・改正でアメリカに近くなったのかな~
子供がいれば1~2億程度は問題ないね!
【2009/06/21 11:59】 URL | 預金王 #- [ 編集]

実際
公務員の給料ってどうなんでしょうかね。
雑誌のプレジデントによれば、大妻女子大OGの平均年収が
700万くらいらしいですが、国家公務員もそのくらいでしょう?
そう考えると、大卒にしては少ない給料だなあ、と思うんですが・・・。
【2009/06/21 12:32】 URL | こちかめ #- [ 編集]

議論の途中ですが、ちょっと管理人が通りますよ・・・
 
管理人からの臨時コメントです。

ひでさんのコメントにある公務員バッシングについて少し書いておきます。


>給料減らして、官舎も減らして、おまえらは最低限の生活を
>してればいいという論調がありますが、そんなことしたら
>誰も公務員のなり手ができないことのリスクは認識してるのでしょうか。
>公務員批判していながら、政府に頼ろうとする行動も相矛盾してます。


この点、私も全く同じように感じています。

公務員批判の様々な議論をみていると、国をよくしたいと考えているというよりもむしろ、「自分たち民間企業はこんなに苦しい思いをしているのだから、お前ら公務員も貧乏で苦しい暮らしをしてみろ!」という、単なる感情論による批判や、嫉妬の感情に端を発すると思われるものが圧倒的に多いというのが私の感想です。

本来ならば、むしろ日本の中の最も優秀な人たちが公務員を目指すのが理想なのだと思いますが、公務員バッシングばかりやっていては、優秀な人が公務員になろうとしなくなってしまうのではないかと懸念します。

私自身は民間企業に勤めていて、以前に役所がらみの仕事をしたときにそのあまりの書類の多さと効率の悪さに驚いたことがあるので気持ちはわからないでもありませんが、今のバッシングはあまりにも異常に思えます。

そもそも、公務員を巡る問題は、公務員個人の問題というよりも、日本の国家システムが時代の変遷とともに現状にそぐわなくなってきたことによって起きてきた問題ではないかと考えています。国家システム全体の問題であるならば、それを公務員個人の責任のように批判してみたところで何も変わりはしないでしょう。
しかも、その批判内容が、民間企業の人たちによる嫉妬と妬みであるならばなおさらです。


そうそう。今思い出しましたが、公務員バッシングと言えば、以前に図書館(公立の図書館です)に行ったときに図書館の職員にクレームをつけていた人を思い出します。その人は本を借りるのに必要な図書利用券を忘れてきた上、免許証などの身分証明書も持ってきていなかったのですが、その人は「図書利用券や免許証を忘れてきたからって、なんで本を貸せないんだ!!これだから役所はダメなんだ」などと言っていたのです。

当たり前ですが、そんなことは役所だろうが民間だろうが関係ないはずです。例えば、民間のレンタルDVD屋さんが会員証なしにDVDやCDを貸してくれないのと同じです。公務員バッシングもここまでくると、もはやただのいちゃもんでしかありません。

とにかく公務員を叩いておけばいいんだという歪んだ発想・考え方が蔓延しているように思えてならないのです。

また、よくある公務員批判として、「お前ら公務員は誰のおかげで生活できていると思っているんだ?俺たちが税金を払っているおかげだろうが!!」というのがあります。
私はそれを聞く度にいつも思うことがあります。
「なるほど。で、それだけのことを言うからにはさぞかし莫大な金額の税金を納めているんだろうね?」と・・・。
もちろん、莫大な金額の税金を払っている人など、ほとんどいないだろうと思いますが。



それともう一つ。ひろんさんの書いておられた、「肩書きを取ったら、個人としては何もできない」うんぬんの話は、samiさんが書いておられるように、公務員とは関係のない話ですね。実際問題として、民間企業の従業員でも、会社の看板のおかげで仕事ができている人が大半ではないかと思います。ちなみに私もその中の一人ではありますが(-_-;)


【2009/06/21 17:56】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

公務員改革はすべきかと
思うところをいくつか。

・金持ち嫉妬ににたいする意見は私も同じです。
 日本も相続税はゼロにするべきでしょう。

・公務員は批判されて当然です。
例の鹿児島のBLOG市長によれば「当該市では民間の平均給与が200万なのに
市役所は700万とっている。市の税収の7割だか8割が人件費関連で
消えている。」そうですが、これは鹿児島に限らず日本あちこちで
おきていることを凝縮した異常事態です。

・公務員は、税収が上がれば給与はあげ、下がれば下げる、というのは
最低限やるべきでしょう。彼らはリスクがないのに給与高すぎです。
年収800超の公務員はなくすべきでしょう。

・優秀な人は公務員を目指す必要はないと思います。
野心なく穏やかで実直な人だけが目指せば言いと思います。
稼ぎたい人は民間にいくべしです。

・官僚に頼っている政治がある限りこんな異常事態が続くことは知っております。
 にわとりか卵ですが、どこかで連鎖を断ち切る必要あると思います。
 官僚の平均給与は600万程度にすべきだと考えています。
 大学は日東駒専クラスで十分です。課長クラスから上は、政治任用される
 人を多数派にすればいいと思います。
 政治任用される彼らは終身の保証はなく、2,3年~5年程度で任期を終える。
 で、年収は数千万の設定も可能にする。民間から優秀な人を大胆に起用する。
 もちろん、600万クラスの終身保証された人がいったん退職して採用されるのもありです。
 公務員の内向き姿勢からくるこの国のい異常事態(塩爺が指摘したような離れのスキヤキとか)
 を打破するためにはこれくらいの大胆な改革が必要ですよ。破産国家になる前に。
【2009/06/22 11:29】 URL | Cloister #- [ 編集]


私もCloister さんと同じ意見ですね。1つ違うところがあるとすれば、
中央官庁で、優秀な人が責任ある仕事をしているなら~
高給でもいいと思うくらい(やっぱり、彼らはすごいですよ)。

地方で特殊なスキルも知識もいらないような仕事は、民間に給与を合わせるのがよいかと思いますね。
【2009/06/22 23:25】 URL | 煙々 #RaJW5m0Q [ 編集]


私は某有名進学校⇒東大(ただし理系ですが)でしたので、
中央官庁に行った者は高校の同窓にも大学にも知り合いにけっこういます。
が、小物が多いですね。学生のころから上から目線でお前らを導く、といった
感じの。一人まともそうなのがいましたが、あれれなんで官僚に?
と思ってたらやはり転職して外資コンサルに行きました。
ということで、私は「彼らはすごい」といわれても、ぜんぜんピンとこないです。

私は90年代前半でしたが、最近は東大からの官庁への志望者はさらに
カスカスになったらしい(優秀なのは外資に行く)ので、まったくダメだと思いますよ。
でも、この官僚の「優秀、ダメ」というのがそもそも誤った問題設定通して
語っていると思いますね。そもそも公務員において「優秀さ」って必要なのか?
村役場レベルの実直・まじめな人材で十分ではないか?
へたに「優秀」だと、民間(かつての外資とかと)と比べて、生涯年収とかを
最後になって必死に上げようとして、いらん外郭団体を大量につくり出し、そこに予算を
つけまくり、天下って帳尻あわせようというセコい考えしか出てこなくなると思います。

官僚にも、優秀なプロデューサーは必要だと思いますが、それは純粋培養
された官僚ムラの論理でしか考えられない人ではなく、外部(民間)から招聘して
やらせるほうがいいと考えます。
【2009/06/23 13:59】 URL | Cloister #- [ 編集]


暫く見ていなかったら、意外なほど、盛り上がってますね。

# あ、私が、火に油を注いだのか(笑)

masa-san wrote:
> それともう一つ。ひろんさんの書いておられた、「肩書きを取ったら、個人としては何もできない」
> うんぬん話は、samiさんが書いておられるように、公務員とは関係のない話ですね。

そうですね。これは、ちょっとからかってみただけで、特に意味はないです。
公務員ネタで、こんなに盛り上がるとは、正直、思ってなかったです。

ちなみに、私は、私大理系卒業後、メーカー、外資、外資と転職しており、現在は、年俸で、
そこそこの給料は貰っています。ですから、公務員を妬んだことはないですよ。
"暇そうでいいな"、と思ったことはありますが。

# あ、それが、妬みか?(笑)

妬んだことは、無いのですが、「コスト意識のなさ」、には、本気で、あきれます。
【2009/06/27 10:50】 URL | ひろん #- [ 編集]

管理人からのコメント
 
最初にお断りしておきますが、今回はあまりにもコメントが多いので、記事の補足及び一部個別レスという形にしますので悪しからずご了承下さい。


まず、公務員バッシングに関して私が書いたことについての補足説明をしておきます。

私が言いたかったのは(これが今回の記事の主旨なわけですが)、「対象が何であれ、感情論に基づくバッシングがプラスの成果を生み出すことはない」ということです。公務員改革(というよりも国家システムそのものの改革だと言うべきかもしれませんが)は当然必要だと私も考えています。
ただし、それが単なる感情論や妬みから来るものではなく、冷静な議論がなされなければならないということです。今のバッシングを見ていると、「公務員は貧乏暮らしをしていろ」とか、あるいは「無償で働け」とでも言わんばかりの状況になっているようにすら見えるので、それを危惧しているのです。


それはさておき・・・

>そもそも公務員において「優秀さ」って必要なのか?
(Cloisterさんのコメントより引用)

Cloisterさんのコメントは全体的に非常に面白いと思いました。
確かに、公務員に「優秀さ」は必要ないのかもしれませんね。
正直なところ、私にはいわゆる「優秀な人材」というものが一体どういうものなのかがよくわかっていないというのが本音です。そもそも私自身が子どもの頃から自他共に認める落ちこぼれであり、私の周りにもことさら優秀と呼べるほどの人が誰もいなかったからです。

考えてみると、そもそも公務員に求められる人物像というものが一体どんなものなのか、その洗い出しから必要なのかもしれません。民間企業とは根本的に求められる資質が異なるのでしょうか。

ちなみに、公務員と一口に言っても、実に多様です。以下、Wikipediaより引用します。

公務員(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%8B%99%E5%93%A1

-------------引用開始-------------------------------

主な公務員の職

国家公務員

特別職


内閣総理大臣
国務大臣
副大臣・大臣政務官
内閣法制局長官
内閣官房副長官
内閣危機管理監・内閣官房副長官補・内閣広報官・内閣情報官
内閣総理大臣補佐官
宮内庁幹部職員
大使・公使
国会議員
国会職員
裁判官その他の裁判所職員
自衛隊員(即応予備自衛官、予備自衛官、予備自衛官補を含む全ての防衛省職員)・自衛官
特定独立行政法人の役員


一般職

内閣の各機関(内閣の機関・内閣府・各省庁・人事院)の職員
会計検査院の職員
特定独立行政法人の職員
国の地方機関の職員

地方公務員

特別職

都道府県知事
都道府県副知事
都道府県議会議員
市区町村長
副市町村長
地方公営企業管理者
地方議会議員
教育委員会等行政委員会の委員
 社会教育委員会、青少年委員会等の委員
非常勤の消防団員及び水防団員
特定地方独立行政法人の役員

一般職

地方公共団体の事務系・技術系職員
会計管理者
公立学校教員・職員
警察官(警視以下の警視庁及び道府県警察本部警察官)
消防吏員
特定地方独立行政法人の職員


-------------引用終了-------------------------------

これだけ多くの職があると、それぞれの立場に応じて、求められる人物像は違ってくるのでしょうねぇ。




それから、相続税のことが議論になっていますが、私は投資家のくせに税金のことはあまり詳しくないので明確には書けません(-_-)
しかしあえてコメントするならば、相続税というのは、そもそもそんなものが存在すること自体がおかしいのではないかという気がします。どう考えても、これは懲罰的な課税だと思うからです。
・・・ということで、私としては相続税はゼロにするのが妥当だと思います。
ちなみに、Wikipediaで調べてみると、相続税の根拠として、「富の再分配」という基本思想が存在するとのことですが、もしこれを行うのであれば、もっと別の方法があるはずです。

相続税(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E7%B6%9A%E7%A8%8E

何よりも、資産形成を目指そうという人が相続税を支持するなんてことはまずあり得ないでしょう。


ところで、Wikipediaにはこんな記述があります。

-------------引用開始-------------------------------

一方でアメリカにおける相続税の廃止・存続における議論においては議会の審議会での公聴では一代で財を築いた大富豪のビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなどは継続を主張。次のオリンピックの代表選手を昔のオリンピック選手の子供だけから選ぶようなものだと、階級の固定化および経済的弊害への主張がなされた。反面、その主張は才能は平等に分配されておらず、一代で富を築くことができる人のみに有利な理屈だとの意見も出された。

-------------引用終了-------------------------------

ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏は相続税の継続を主張しているようです。これはなかなか興味深いところではあります。




では本題に入ります。

まず、今回、あえてYUKASEE(ゆかし)のサイトを示したのは、こうしたサービスに対して一体どんなコメントが返ってくるのだろう?という興味からでした。どちらかといえば、否定的なコメントが多かったように思いますが、やはり「金持ち向けのサービス=怪しい」ということなのでしょうか。




>貧乏人が心が綺麗とかそんなのありえません。
(たけさんのコメントより引用)

この点、私もその通りだと認めざるを得ません。貧すれば鈍するというという言葉の通りでしょうか。
お金の余裕は気持ちの余裕につながると考えられますが、逆にお金の余裕がなくなると気持ちの余裕もなくなってしまいます。
何よりも、お金に汚くなりやすいのはむしろ貧乏人の方だと考えざるを得ないのです。手持ちのお金が少ないとわずかなお金のことでケンカになりやすいですし、金持ちのケチとは異なり、貧乏人の場合はお金を払う段階になると、何かとケチをつけたり、言い訳をして支払を先送りしようとしたりして払い渋る傾向にあるように思います。
昔、新入社員だった頃の話ですが、あるお客さんが「明日払う」と言っていたのに当日になっても入金がなく、お客さんに確認すると、「明日こそは必ず払うから」との返事。結局一週間以上支払を先延ばしされたことがありました(-_-)



>この手の金持ち批判(妬み)をする人は、
>同時に生活保護受給者に対してもきびしいんですよね。
(かつおさんのコメントより引用)

この指摘は非常に的確だと思います。金持ちも生活保護世帯も嫌いだから、平凡な庶民である自分たちへの利益誘導をしてくれということなんでしょうか。

コメントの主旨とは少し異なるかもしれませんが、思うことが一つ。
金持ちに対しては劣等感と妬みを持っているためにバッシングし、自分より下のランクに位置する人たちに対しては、「お前らほどには落ちぶれちゃいないよ」という、ある種の奇妙な優越感と軽蔑の感情ゆえにバッシングするということなのかもしれません。これは、自分より上位ランクのものに対する妬みと、自分より弱い立場にある人たちへの優越感と軽蔑という歪んだ心の表れなのではないかと思う次第です。

いささか話は脱線するのですが、以前に何かで読んだ文献の中に、一流大学を出ている部下に対してやたらと厳しく当たる高卒の上司の話がありました。また、それとは逆パターンで高卒の部下を露骨に馬鹿にしている大卒上司というケースも・・・。

バッシングというものを劣等感や優越感という視点で見ていくといろいろと興味深いことが見えてきそうです。

最近では正社員と非正規社員の対立ということがありますが、それも似たような構図なのかもしれません。



>現行の日本の方向性をみている限りは優れた企業、
>人材を日本から追い出したくてしかないように思えます
(hideさんのコメントより引用)

この点、その通りだと思います。
実際に人材の流出は着実に進んでいるのではないかと危惧しています。
グローバル化に対応できる人材、すなわち世界レベルで通用する能力を持った人であれば、もともと日本に固執する必要はありませんが、優秀な人材を妬みからバッシングしているようではますます状況は悪化するばかりでしょうね。本来なら、優秀な人間が日本に残ってくれるような対策をとるべきなのでしょうけど・・・。


>ブログ主は、金持ちを褒め称えることで、
>自分の妬みをきれいなものに塗り替えようとしている感じがします。
(ぴっぴさんのコメントより引用)

なるほど。
確かにそうした面もあるのかもしれないですね。
ただ、私の場合は金持ちになりたいというよりも、「貧困への恐怖」からすべてが始まっているので、金持ちへの妬みというのはあまりないというのが本音だと自分では考えています。
とはいえ、これはあくまでも心の表面上での話なので、心の奥底ではまた全然違っている可能性がありますね。


【2009/06/27 22:35】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


終わった記事にカキコするのもなんですが(しばらく見てなかった@@;

中央の優秀な方々は、本当に優秀だと思いますよ。仕事の関係でご一緒したことがありますが、すごく感心したものです。

それに比べて、
地方のそれこそバイトでもできるのでは?と思うようなお仕事しかしかしていない人たちこそ、年齢だけで高給ですからね。個人的には、こっちのほうがおかしいし、絶対数から考えて大多数を占めますしね。

非常に暴論になるのかもしれませんけど、
議員さんたちも責任もって仕事されるのであれば、もっと高給でいいのでは?と思っています。こんなこと書くと反論がたくさんありそうですが・・・。まぁ、今の総理大臣などみると、高給?なにそれ?馬鹿言ってるんじゃないよ・・・と言われても反論1つもできなくなっちゃいますけどね~。

民間と比べると多忙なわりに給料安いんじゃないかな~。
【2009/06/30 00:49】 URL | 煙々 #RaJW5m0Q [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>煙々さん

>終わった記事にカキコするのもなんですが

この点は何の問題ないので念のため(^^;)

コメント内容については、全体としておおむね賛成です。
重要なのは、仕事内容を考慮しての給料の適正化だと思います。民間と比べてあまりに高すぎるのは下げるべきでしょうし、逆に安すぎるところは上げるべきでしょう(もっとも、民間企業であっても、実質的にはたいした仕事をしていない人が年齢だけで高給というケースは少なくないと思いますが・・・)。
不当に高い給料や逆に不当に安い給料というのは是正すべきだと考えます。あまりにも当たり前過ぎる話ではありますが・・・。

その上で、特に重要で高い能力を求められるような仕事をする人に対しては、高給になっても問題ないと思います。当然、議員も同様だと考えます。議員というのは、その性質上、極めて高い能力が求められるはずです。
・・・もっとも、今の日本で議員の給料を上げようなどといいうことを言うと、それこそ強烈にバッシングされそうですけどね(^^;)

思うに、現在の政治の問題点を突き詰めて考えていくと、結局のところは有権者である国民のレベルが低いから政治家のレベルも低くなってしまうのではないかという気がします・・・(-_-;)
【2009/07/04 08:35】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

なし
麻生太郎が叩かれてるのに理解できません。麻生グループの息子で育ち庶民感覚なはずがないし、自分で稼いだお金で派手にして何が悪いのか?ましてや総理大臣がホテルは高いとか言えば私はショックですね。日本は完全に社会主義で妬み文化になってます。妬む前に努力すれば…医師、弁護士等 それはできず不平等を口にします。私も何年も勉強して父の後を継いで開業医でゆとりはあります。麻生太郎は恵まれた家に生まれただけと避難が集中するんだと思いますがそれも力ですよね
【2011/10/29 13:33】 URL | なし #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/426-8d045c76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。