プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気のいい時にお金を貯金し、不景気のときにお金を使う
普通は、景気がいいときにモノを買い、景気が悪くなると、モノを買うのを控えます。でも、私の考えはむしろ逆です。

景気のいいときにはお金を使わず、貯めておく
景気の悪いときには貯めておいたお金を使う

ということ。なぜかというと、単純に言って、景気のいいときというのはお金が貯めやすい。しかし、景気がいいために物価も高くなる傾向になるので買い物をするには不向きだと思うからです。逆に、景気の悪いときというのは、物価が安くなる傾向になるため、いいものを安く(高品質なものを割安に)買える可能性が高いでしょう。

これもまた、日常の買い物においてもそうですし、投資においても同様です。通常の買い物ついて書くと、日本はデフレによって物価は大きく下がりました。買い物をするのに、これほどふさわしい時期は他にありません。また、投資についてですが、私の場合、日本株式への投資をまだ景気回復の兆しが出るか出ないかぐらいの時にしてきました。なぜならば、不景気ゆえに株価が安いのであれば、景気がよくなってくれば株価は当然上昇するはず。よって、不景気であるならば相対的に見て割安だろうと思ったからです。

不景気なときにお金を使うこと。そしてまた、好景気であれば、不景気に備えてお金を用意しておくこと。

非常に重要な考えだと思うのです。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/43-2f8f6279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。