プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後、資産管理ソフトをどうするかという問題
私は資産管理ソフトとしてMicrosoftMoneyを使っています。しかし、ここにきて大きな問題が発生しています。Microsoft Moneyが販売終了となってしまうからです。

Money Plus Edition 販売終了とオンライン サービスのご利用期限についてのお知らせ(マイクロソフト)

これは困りました。さしあたって、当面の間はMicrosoft Moneyを使うとしても、将来的にはいつか別のソフトに乗り換えなくてはならないときが来るでしょう。

資産管理ソフトを変えること自体は特に問題ありません。問題なのは、過去に蓄積したデータの移行です。今のところ、このMicrosoft Moneyのファイルを他社製品へ移行する方法はないようです(もしかしたら、いったんcsv形式でデータを出力してそれを他社ソフトへ取り込む程度のことはできるかもしれませんが、まだ調べていません)。
家計簿にしろ投資記録にしろ、データの継続性というのは非常に重要だと考えています。にも関わらず、ソフトウェアが販売中止になってしまい、そのうえ他のソフトへのデータ移行も容易にできないというのは大きな問題ではあります。

パソコン上で家計簿や投資管理をするのは非常に便利でよいのですが、使っているソフトの販売中止というのはある意味で非常に大きなリスク要因だとも言えそうです。

とはいえ、こうしたことは避けようもなければあらかじめ予想することもできない問題なので、仕方がないと言えば仕方がないのかもしれません。実際のところ、よもやMoneyが販売中止になるとは全く想定していませんでした。

今後、乗り換え候補となる最有力ソフトはプラト株式会社のマスターマネーということになりそうです。いずれにしても、使える限りは今後も引き続きMicrosoft Moneyを使い続けるという方針に変わりはないので、今すぐに乗り換えるということはありませんが、いずれは決めなければならないときが来ることでしょう。

いろいろと考えてくると、やはり紙ベースでの家計簿や、あるいは表計算ソフトによる自作の資産管理ツールのような極めて単純でシンプルなものこそが最強の資産管理ツールなのだろうか、とも考えてしまいます。

それにしても、世の中に家計簿ソフトは数あれど、投資の管理までできるソフトとなると、ごくわずかしかないという印象があります。投資管理もできる家計簿ソフトというのは今なおマイナーな存在なのか・・・?




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

Excel (or OpenOffice)で、自作するというのが、一番無難なような。
(ほぼ確実に、無くならないでしょうから。)

昔、やっていましたが(NotePCが壊れてからやっていないですけど)
自分が使いやすいように工夫できるので、なかなか良いかと。
【2009/08/14 22:17】 URL | ひろん #- [ 編集]

エクセルでの資産推移
私もエクセルです^^
リスク資産のマイナスは、損切り分も含めてかなり悲惨なことになっています・・

あ~あ~
せっかく金利物で殖やしてきたのに!
上海だけはバブル状態ですね(苦笑)
【2009/08/16 15:32】 URL | 預金王 #- [ 編集]


小規模法人向けの会計ソフトはどうでしょうか?

紙ベースに戻すと単純集計は良いのですが、データの繰越や修正に大変手間が
かかります。ただ、ソフト代はかからないのがメリットでしょうか?

エクセルの場合、最初に決めたフォーマットどおり行けば
いいのですが、年数がたつと、ちょっとした変更箇所がでた場合(思いついた項目を増やしたい、グラフのフォームを変えたいなど)に
過去データや入力フフォームの整合性を考えながら直すという作業が付きまといます。
手作業よりはラクといったところでしょうか?

その点、小規模法人向けの会計ソフトで管理すると、仮にそのソフトが廃盤の憂き目
にあっても、他のソフトへ移す際に会計基準という統一した項目で移せますので
あまり悩まないような気がします。
唯一の弱点は小規模とはいえ家計簿ソフトよりソフト代がかなりかかることでしょうか。
【2009/08/17 09:41】 URL | リヒト #2D1XyxhI [ 編集]


エクセルシートの例としては↓のようなものがあります。
http://beepstreet.at.infoseek.co.jp/funds/

表計算ソフトが一番無難じゃないですかね
【2009/08/18 00:04】 URL | miyaken #mQop/nM. [ 編集]

管理人よりコメント
 
ひろんさん、預金王さん、miyakenさんのコメントを読む限りでは、表計算ソフトが一番無難そうですね。miyakenさんさんの紹介してくれたサイトを一度見てみようと思っています。

私も、Moneyを使う以前はExcelを使っていました。投資を始める際にExcelからMoneyに変更したのですが、それがそもそもの間違いだったのか・・・?
Excelの場合、VBA(マクロ言語)でゴリゴリとコードを書けばいくらでも好きなようにカスタマイズできますが、これはこれで将来マクロ言語の互換性がなくなった場合に困りますし・・・。
悩むところではあります。

ちなみに、かつてExcelを使うさらに前は、ハイパー家計簿を使っていました。そのハイパー家計簿も今はなくなっているようですね・・・。

リヒトさんの書いておられる小規模法人向けの会計ソフトというのは意外な盲点でした。てっきり個人には関係のないソフトだと思いこんでいたので・・・。一度調べてみようと思います。

【2009/08/22 08:15】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/434-9adf492e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。