プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスクを過小評価し、リターンを過大評価する投資本
今回の記事は、投資に関する本を読んでいてよく感じる疑問です。
以前にも少し書いたことがあるかと思いますが、投資について書かれた本というのは、なぜかリターンばかりを強調したがり、リスクというものを過小評価する傾向があるように見えます。特に、国際分散投資やインデックスファンド投資について書かれた本になると、それが余計に顕著だという印象があります。

もしかしたら、「国際分散投資やインデックスファンド投資においては投資対象が分散されているから、値動きは全体として緩やかなはずで、それゆえにことさらリスクを強調する必要はない」ということなのかもしれません。しかし、たとえそうだとしても、リスクについて積極的に書こうとしないのはおかしいのではないかと思います。

これが例えばアクティブ投資であれば、損失が大きくなりそうなら損切りすればいいわけで、それによって損失は一定の範囲内に抑えることが可能です。しかし、インデックスファンドを利用しての長期投資では損切りは行わず、いくら価格が下がろうともひたすらホールドを続けるのが一般的。ということは、損失が一体どこまで広がるのかが全く分からないということでもあります。そうであるならば、むしろアクティブ投資家以上に損失やリスクというものに対するシビアな感覚が必要なはずです。にも関わらず、投資におけるリスクやリスク許容度といった概念についてシビアに書かれた文献はあまり多くないように思えます。



もっとひどいのは、「インデックスファンドで国際分散投資をしていれば、誰でも1億円レベルの資産を構築できる」という類の書き方がしてある文献です。



投資には常にリスクという不確実性がつきものであって確実にお金を儲ける方法など存在しない、ということを理解していないのではないかと思います。インデックスファンドで国際分散投資をしていようとも、損をするときには損をするという当たり前の話です。
言うまでもなく、投資において最も重要なのはどこまでの損失を許容できるかというリスク許容度です。決して得られるであろう利益ではありません。


何が言いたいのかというと、投資におけるリスクを過小評価している投資本には注意しよう、ということです。こういう類の本を書く人というのは、本当に投資というものを理解しているのだろうか?という疑問をいつも持ってしまうのです。



それとも、インデックスファンドや国際分散投資のメリットばかりを掲げ、その言葉を信じて投資した人が結果的に損失を出したとしても、「本が売れたらそれでいい」と考えているのでしょうか(恐らく、それが本音なのでしょう)。正直言って、リスクを過小評価するこういう類の本が日本人のマネーリテラシーを下げているのではないかとも考えています。リスク軽視の投資本の存在そのものが、損失に陥る度に大騒ぎする無知で愚かな投資家を増やすのに貢献していると言えるかもしれません。


リスクについてきちんと書こうとしない投資本なんて百害あって一利なしだとつくづく思います。


そしてもう一つ。長期投資であるということは、人生の終わり頃になってからでないと成果が確認できないということでもあります。もし、リスクというものを無視して、長期投資で資産形成という言葉だけを闇雲に信じ、その結果、リタイアする頃になって自分の間違いに気付いたとして、もはや手遅れです。再チャレンジなど決してできません。そのことも理解した上で投資を行う必要があります。


ちなみに、私自身は、インデックスファンドをポートフォリオの中核とする投資をしていても、疑問ばかりが頭に浮かんできます。「投資に対する信念がないのではないか」と問われれば、「その通りだ」としか答えようがないのですが、私の感覚では、むしろそれが普通ではないのかと考えています。私の頭の中にあるのは常にリスクのことだけです。それが一番大切なことだと考えているからです。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

まったく同感です。
株をやってる以上浮き沈みがあるわけですから。いざキャッシュが必要になったときに大暴落していた、というリスクも踏まえて紹介して欲しいですよね。

で、甘い見通しの本の具体名は教えていただけないでしょうか?
それが難しいのであれば適切にリスクも踏まえてるお奨め本を教えてください。
【2009/10/29 20:58】 URL | ひで #- [ 編集]

いくら投資できるのか?
まずは損してもいい金額を弾くことが確実でしょうね^^
インデックスであってもアクティブ(ファンド)であっても程よく分散されてますので、0になることはないと思います。
これに対してアクティブ(個別株)は分散されてなければ0もあり得ます。
一番損出を回避できるのはリスクフリーレートですが、(金利が低いといわれてしまいますが)長期金利という指標に対してどの程度リスク資産の優位性があるのか?、その説明ができる本は極めて少ないと思います(リスク資産の売り込みでしょうか??)

国際分散投資が無効とはいいませんが、セールスの対象になっているのは間違いないと思います(信託報酬が転がりこみますから証券会社のセミナーにも呼ばれ、本の印税+αの金も著者に転がりこむでしょうね・・投資家の損など著者には関係ない)

期待リターンが欲しい人は積極的にリスク資産を買うべきでしょうが、(インデックス、アクティブに限らず)大幅に資産が減少する確率を計算していなければ・・〇モになりかねませんね^^;

あっ・・蛇足ですが^^国際分散投資がもっとも正しいから85%は外貨建てといっていた人のホンネを紹介しますね↓
http://diamond.jp/series/kaneda/10008/?page=3
>いつも海外投資を強く薦めている、ある著名人に「先生ご自身は何に投資していますか?」と聞いたところ、「実は銀行預金しかしていません」と言われたときには、本当に驚きました。



※投資を否定しているわけではないので、誤解のないよう・・

【2009/10/30 22:44】 URL | 預金王 #- [ 編集]


おっひさーーー(^^;)

最大のリスクは、言葉や文章に対して間違った理解をすることでしょうね。

言葉や文字には、魔力があるように感じます。
根拠も無く信じちゃうんですね。しかも、「間違えて」。

例:映画「マルサの女」

天井から落ちてくる水のしずくを、コップで受けているとする。
あんた、コップに水が半分ぐらいたまったら飲んじゃうだろ。
それじゃ、お金はたまらない。
一杯になっても、我慢して、ふちからこぼれてくるのを舐めるんだよ。

これを、「お金持ちになる方法」だと思ってしまう人が、いるんですね。おろかにも。
「キャッシュフロー」を理解するのにはいい例なんですが、「お金持ち」にはならない。

まず、コップの容量はしれてますね。限界がある。
大きなコップを用意しても良いけど、時間は皆平等。
水が一杯にたまる前に、干からびちゃいます。

天井から落ちてくる水滴も、同様。
一生の間に、コップで受けられる水滴の量って、簡単に計算できるはず。
水滴を給与に見立てると、総額は簡単に算出できる。

この例で大事なのは、水滴なんですね。
大抵の人は、汗水たらして(働いて)、水滴をためているわけです。
働いて→体を酷使して→疲れて→のどが渇いて・・・結局飲んじゃう。

「何にもしないで手に入れられる水滴」が落ちてくる場所を探し出すことが、「お金持ちになる方法」なわけです。

ですが、大抵の人は、コップに貯める事と、あふれたしずくを飲むことに着目しちゃうわけです。
「それじゃ、金持ちにはならない」 by 元町愛
【2009/11/02 09:16】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]

ミダス王の手
元町様

>「何にもしないで手に入れられる水滴」が落ちてくる場所を探し出すことが、「お金持ちになる方法」なわけです。

おっしゃる通りだと思います^^
本当の金持ちは投資信託などで稼ぎません・・
http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/080723_person4.html
>「安定した仕事に就いてお金を貯め、収入の範囲内で生活し、マイホームを買い、借金を返済し、投資信託に長期投資・分散投資しなさい」というのも悪いアドバイスだ。
>>ウォーレン・バフェットは、分散投資は自分が何をやっているかわかっていない人のためのものだと言っている。金持ち父さんは、私にこう言ったことがある。「分散投資は、競馬のレースですべての馬に賭けるようなものだ。大穴中の大穴といわれた馬が勝ちでもしないかぎり、きみに勝ち目はない」だから、長期投資・分散投資をしようというアドバイスに従っている人々は、実際には長い時間をかけてますます貧乏になっていくのではないかと心配だ。
http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/080130_person4.html
>自分で仕事をしながら自分のお金を株式に投資するのではなく、私たちは仕事を作り出し、銀行のお金を使って負債で投資する。貧乏父さんは私に、会社員になって年金積立プランにお金を託すことを勧めた。
http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/070328_person4.html
>投資信託の実績を見れば、勝ったのは誰か、セールスの人がなぜ長期投資をしましょうと勧めるのかがわかるだろう。40年間以上に渡り、ほとんどの投資信託会社は、収益のほぼ80%を保有し続けるが、投資家が受け取るは20%と微々たるものだ。しかも投資家は、元手を100%提供し、リスクを100%負う。


(インデックスなどの)投資信託では金持ちになるのは難しいと思います。
例えば人を動かして儲けるという方法もあります。
ブロガーに営業してもらうとか(笑)

本もリスク資産も売れ、手数料も下がる!
みんなハッピーになれるかどうか?


※くどいようですが、投資への否定ではありません
【2009/11/02 13:22】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>ひでさん

甘い見通しの本の具体名ですが・・・。うーん。これはほとんどの投資本が当てはまるのではないかと思います。
多少はちゃんとしたことを書いた本もあったとは思うのですが、記憶に残っていないので、申し訳ないのですが明確なお答えはできないのです。


>>預金王さん

>「実は銀行預金しかしていません」と言われたときには、本当に驚きました。

これと似た話は、以前にどこかで読んだことがあるような・・・。
いかにもありがちな話だと思います。投資を推奨する本人にとっては、自分の書いた本や講演会で儲ければそれでいいわけで、何も自分自身が投資で儲ける必要はないわけですから。

例えば、株式の予想をする投資評論家にしても、自分自身で行っている投資でほとんど儲けていなくても、株式予想記事の原稿料や講演代で儲ければいいわけです。その予想にしても100%当てる必要はなく、たまたま的中した予想記事だけを大々的に宣伝すれば、「予想がよく当たる投資評論家」という肩書きを手に入れることができるでしょう。本当に自分の予想がよく当たるというのなら、それをわざわざ公開して飯の種にする必要はなく、内緒にして自分一人で儲ければいいだけの話ですし。


>投資信託では金持ちになるのは難しいと思います。

現実問題としては、投資信託という誰でも実行できる方法で金持ちになるのは難しいでしょう。金持ちになるのは常に少数派で、真の金持ちというのは、起業で成功するなど、ごく一部の人にしか実現できない方法によって金持ちになっていると考えられるからです。

ただし、金儲けのための特別な才能や能力もなく、また本気で金持ちを目指そうという覚悟もない平均的(あるいは平均以下)な一般人の場合には、平均的な方法であるインデックスファンド投資がやはり無難ということでしょう。大した能力を持ち得ない人が下手に大きくリスクをとって起業や投資をすれば、かえってお金を失う結果にしかならないからです。




>>元町愛さん

おおっ。本当に久しぶりです(^^)

>ですが、大抵の人は、コップに貯める事と、
>あふれたしずくを飲むことに着目しちゃうわけです。
>「それじゃ、金持ちにはならない」

これは非常に正しい見方ですね。
どうやって、「何にもしないで手に入れられる水滴」が落ちてくる場所を探し出すのか。
それは結局、”自分の頭で考える”ということしかないということでしょう。

誰も金持ちになれる方法など教えてはくれません。仮に金持ちになれる方法を教えてくれる人がいたとするならば、それはその人が、「金持ちになれる方法と称する教材を売ることによって金持ちになろうとしている」に過ぎないのでしょうね。例えば、「株式投資で1億円儲ける方法」を売って、1億円儲けるとか(^_^;)
【2009/11/03 17:57】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/445-90aaeb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リスクを過小評価し、リターンを過大評価する投資本

今回の記事は、投資に関する本を読んでいてよく感じる疑問です。以前にも少し書いたことがあるかと思いますが、投資について書かれた本というのは、なぜかリターンばかりを強調したがり、リスクというものを過... お小遣い稼ぎ【2011/05/31 15:22】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。