プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー銀行のMoneyKitベーシック(米ドル・ユーロ)が繰上償還されることに・・・
先週の話ですが、ソニー銀行から「MONEYKitベーシック(米ドル・ユーロ) 繰上償還及び販売停止のお知らせ」というメールが届きました。

「MoneyKitベーシック(米ドル・ユーロ)」繰上償還ならびに販売停止のお知らせ(ソニー銀行)
-------------引用開始-------------------------------

ソニーバンク取り扱いの外貨MMF「MoneyKitベーシック(米ドル・ユーロ)」につきまして、2010年1月26日(火)をもって繰上償還となることが決定いたしましたので、ご案内いたします。

この度の繰上償還は、同ファンドの管理会社であるインベスコ Aim マネジメント・カンパニー・リミテッドと、受託会社のBNYメロン・トラスト・カンパニーとの両社において、市場の金利動向および同ファンド全体の残高が少額であることなどを鑑み、ここでファンドを終了させることが受益者にとって最善であると判断され、両社の合意に基づき決定された旨、ソニーバンク宛に通知がございました。

-------------引用終了-------------------------------

このMoneykitベーシックのドルとユーロは、私がこれまで保有してきた外貨建てMMFです。これが、2010年1月26日に繰り上げ償還され、翌1月27日にソニーバンク外貨普通預金口座へ償還金が入金されるとのことです。

この商品は、私が初めて投資したファンドでした。それなりに気に入っていた商品だったのですが、繰上償還されるというのであれば仕方がないこと。また別の外貨建てMMFに乗り換えることにします。

ソニー銀行の場合、この商品以外にも、ドルとユーロの外貨建てMMFはあります。取り扱いファンド一覧(積み立てプラン対象ファンド)|投資信託|MONEYKit - ソニー銀行によると、ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(USドル)とニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(ユーロ)の2つ。基本的に外貨建てMMFへの投資をやめるつもりはないので、今後もソニー銀行にするのか、それとも他のネット証券会社にするのかを考えなくてはなりません。とりあえず、まだ時間はかなりあるので、もう少し考えることにしたいと思います。ソニー銀行の場合、いったん円預金を外貨預金に換え、それから外貨建てMMFを購入するということで、外貨預金経由になるのがネックかなと思ったりしているのですが・・・。

ところで、外貨建てMMFといえば、前々から気になっているのがそのコスト。

ソニー銀行 投資信託 MMF詳細データ ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(USドル・ポートフォリオ)

-------------引用開始-------------------------------

日々の純資産総額に対して年率0.91%(上限)を乗じた額およびその他費用(※)がファンド資産より控除されます。
<内訳>
■管理報酬: 年率0.01%(上限)
■投資顧問報酬: 年率0.15%(上限)
■代行協会員報酬: 年率0.65%(上限)
■保管受託報酬: 年率0.04%(上限)
■管理事務代行報酬: 年率0.06%(上限)
※その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。

-------------引用終了-------------------------------

これはいささかコストが高すぎるのではないかという印象があります。なんだかんだとコストがかかり、年率0.91%になるわけで、ほぼ1%近くにもなっています。

最近は、株式ファンドでも低コストなファンドがたくさん登場しているので、なおさらコストが高すぎるのではないかと思ってしまいますね・・・。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

本当ですね。よくみてみると、微妙ですね。
ソニー「証券」でない以上はどうしても
代理店価格になってしまうのはやはり
仕方のないところでしょうか?

他の証券会社の外貨MMFと比べると、
それでも良心的な方なのかも知れません。
でも、やはり微妙な感じの手数料ですね…。




【2009/11/25 15:35】 URL | ライヒ #Tb/w00Xg [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>ライヒさん

>ソニー「証券」でない以上は

この点、私も一瞬そう考えたのですが、どうやらこれは関係ないようです。ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドであれば、どこで買っても同じではないかと思います。
例えば、マネックス証券でも全く同じで、「日々の純資産総額に対して年率0.91%(上限)を乗じた額およびその他費用がファンド資産より控除されます」と書いてあります(下記サイト参照)。

「投資信託・外貨建てMMF/マネックス証券」
http://www.monex.co.jp/FundGuide/00000000/gaika_mmf/syohin/guesttobira


考えてみると、外貨建てMMFはコストについて語られることが少ないですね。
外貨建てMMFの場合、外貨預金と比較して語られることが多いのですが、比較対象となる外貨預金があまりに不利すぎるがゆえに、たとえ多少コストが高くても、あまり気にならないということなのかもしれませんが・・・。

 
【2009/12/05 23:19】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


masa 様

なるほど。そうでしたか。勉強になりました。

それにしても、そこそこ使い勝手の問題がない金融商品から
なくなっていくのが不思議ですね。
逆に言うと、私たちにとっていい商品は、金融機関に
とっては使い勝手が悪いという事になるのでしょうか…。
【2009/12/07 15:58】 URL | ライヒ #Tb/w00Xg [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>ライヒさん

>それにしても、そこそこ使い勝手の問題がない金融商品から
>なくなっていくのが不思議ですね。

この点、おおむねそういう傾向にありますね。もっとも、それでも最近はまだマシになった方だろうとは思いますが・・・。

ソニー銀行の外貨建てMMFについては、MoneyKitベーシックはなくなっても、ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドは残るわけですから、まあいいのではないかと思っています。
 
【2009/12/13 14:34】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/449-334beebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。