プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーナス払いとボーナス貯金
世の中には「ボーナス払い」という支払い方法がありますが、私はボーナス払いというのはほとんどしたことがありません。ほとんど、と書いたのは、まだお金があまりなかった時に、一度だけローンを組んだことがあって、ボーナス払いをしたことがあるからです。もっとも、余分な金利を払うのがイヤで、そのローンは繰り上げ返済ですぐに全部返してしまいましたが。
さて、私がボーナス払いをしなかった理由はいくつかありますが、その中でも最大の理由は、

ボーナスが少なかったから(ということは当然、毎月の給料も安い・・・)


という単純な理由でしかなかったのですけど。私の場合、中小企業勤務ということもあってボーナスといっても、今でも手取りではせいぜい一回あたり20万円ちょっと。その金額では、ボーナス払いをするほどの気にならなかったのです。さほど大きなものを買えるわけではありませんしね・・・。そして、ボーナス払いが嫌いな理由の2つめですが、

吹けば飛ぶような中小企業では、そもそもボーナスが毎回ちゃんと確実にでるのかどうかが疑わしい

と思っていたからです。そういう心配は常にありました。で、ボーナスをどうしていたのかというと

全て貯金に回していた

というわけです。ボーナス払いではなくさしずめ

ボーナス貯金

といえるでしょう。「自分自身に対するボーナス払い」という解釈もできますね。大きなものを買うには一回のボーナスでは足りず、まとまった金額が必要なので、念のためにと思って貯金してきたわけですが、まあ、結果的にはそれがよかったのかもしれません。今でこそ、「ボーナスはもらえるかどうか不確実だから最初からないものと思って貯金すべし」ということが言われる時代になりましたが、私が「ボーナス貯金」を始めたころはまだそんなことは言われていなかったのではないかと・・・。

「ボーナス貯金」は、まさにビンボー人ならではの発想だったのかもしれませんね!


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
わはは(笑)
>吹けば飛ぶような中小企業

nicoのところなんか、ため息でもくずれそうな零細企業ですよ!!
なので、「ボーナスあてにならない」よくわかります~っ。うんうん。
(それどころか、数年後に会社自体があるのかどうかさえあてにならない…あらいやだ)
で、また出てきちゃいました(^_^;)

不安感や危機感からの貯金、てことですよね?
そういった貯金の動機付けがいただけることが、
中小以下企業のメリットかな、と最近は思ってます。

一部上場企業に勤めていた頃(そんな~時代も~あ~ったねと~)はそんな危機感をまったく感じなかったもので、
ボーナスもすべて垂れ流しでした…はぅ…
思い出せば思い出すほど痛い過去が…今日はこのへんで(>_<;)
【2005/11/15 23:46】 URL | nico #t50BOgd. [ 編集]

中小企業のメリット
nicoさん、こんばんは。管理人のmasaです。再びコメントありがとうございました。

>そういった貯金の動機付けがいただけることが、
>中小以下企業のメリットかな、と最近は思ってます。

まさにおっしゃる通り!!よく世間では「いい大学を出て、いい企業に入って・・・」という表現が使われますが、私はそのパターンに全く該当しないので・・・。
不安と危機感ゆえに貯金に目覚めたのは、まさに中小以下企業のメリットかも。特に私の場合は、新卒で入った会社があっさりと経営破綻した経験があるので、それ以来、なおさら危機感を募らせていたりします・・・。
【2005/11/17 21:25】 URL | masa #- [ 編集]

これは…笑うしかない!!
どもこんばんわnicoです。夜回りです。(何)

笑うしかない!!
笑いましょう!!
同じ破綻経験者同士(大爆)

いや、でも、これ、いい経験になりました。と思いませんか?
この破綻がなかったら、nicoは未だに貯金もできず、借金してたかもです。
「ケツ(下品でごめんなさ~い)に火がつく」って、大事なんですね~。しみじみ。
(火がつかなくても大丈夫な人が一番なんだけど…)

【2005/11/18 01:01】 URL | nico #t50BOgd. [ 編集]

確かにいい経験でした
nicoさん、こんばんは。管理人のmasaです。

>笑いましょう!!
>同じ破綻経験者同士(大爆)

おおっ。ここにも仲間が・・・(^○^)
悪戦苦闘の就職活動の末、なんとか入社した「吹けば飛ぶようような中小企業」がまさか本当に不況の風に吹かれて飛んでしまうとは(+_+)
・・・ま、これはもう笑うしかないですね(^.^)

>いや、でも、これ、いい経験になりました。と思いませんか?
>この破綻がなかったら、nicoは未だに貯金もできず、借金してたかもです。

nicoさんのおっしゃる通り!!!
私も、この時の経験がなければ、今の自分はなかったかも?まあ、私の場合、その時点でも、ある程度の貯金があったとはいうものの、当時は「完全失業率が過去最高を記録!」などというニュースが流れていたときのこと。
その後、より完璧な貯金計画および資産構築計画を立てたわけで、確かに「破綻という経験」がなければ、そうしたこともなかったでしょう。「サラリーマン」という立場の不安定さをまさに身をもってで経験したわけですから。そしてそれこそが、「投資による第2の収入源」へとつながっていっているわけですし。これぞまさに「人生、万事塞翁が馬」ということですね!!

とはいうものの、もう2度と同じ経験はしたくないですけどね(-_-;)
【2005/11/18 21:40】 URL | masa #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/45-098ed519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。