プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年の年末を迎えて
私が投資を開始してから7回目、そしてブログの開設から数えて5回目の年末がやってきました。
毎年、年末を迎える度に思うことはいつも同じで、「投資から脱落することもなく、ブログ更新も続いていてよかったなあ」という一言に尽きます。

今年一年を振り返ると、不況に始まり、不況のまま終わろうとしている年という印象が非常に強いです。先日、ネットでこんな調査レポートをみかけました。

Business Media 誠:30代の63.7%は「失業するかもしれない」

-------------引用開始-------------------------------

 今年も残すところあとわずかになったが、今年1年の家庭の経済状況はどのように変化したのだろうか。昨年に比べ、金銭的に「とても余裕がなくなった」(33.1%)と「少し余裕がなくなった」(43.2%)を合わせると、76.2%の人は“余裕がなくなっている”ことが、アイシェアの調査で分かった。

 今年の世帯収入について、昨年よりも増えたという人はどのくらいいるのだろうか。昨年と比較して「多くなった(とても多くなった+少し多くなった」という人は15.0%にとどまった。「変わらない」という人は33.7%、「少なくなった(とても少なくなった+少し少なくなった)」は51.3%。「半数を超える人が昨年よりも収入の減少を実感しており、家計の厳しい状況を裏付けた」(アイシェア)

-------------引用終了-------------------------------

これを読むと、昨年よりも経済的に厳しい状況にある人が多いことがわかります。これは多くの人が実感していることでしょう。これだけ厳しい経済状態になってくると、投資に前向きな考え方を持っていた人であっても、「もはや投資どころではない」という人も少なくないはずです。

私自身は、幸いにして、今なお投資の世界から脱落せずに済んでいますし、勤務先の経営状態も悪化しているとはいえ、まだなんとか持ちこたえています。もっとも、今年(2009年)は「投資から貯蓄へ」ということで、一時的に投資資金の積み立ての停止措置をとったということはありましたが・・・。しかし、この判断は決して間違ったものではなかったと今でも思っています。その理由もまた極めて単純であって、あくまでも自分自身のリスク許容度こそが投資判断のほぼ唯一の基準であり、ムリをしてまで投資を継続する必要など、全くないと考えているからです。もし今後、また似たような状況に陥ったとしたら、私はやはり追加投資停止措置をとることになるでしょう。

一時的な追加投資停止ということはあっても、今もなお私は投資を継続しているわけで、このことは非常に喜ばしいことだと思います。金融危機以降、消えていった投資家も数多くいる中で、今なお致命傷を負うこともなく、生き残っているからです。



これはやはり、自分自身のリスク許容度をしっかりと把握しているからこそできたことではないかと思います。



そしてもう一つ。ブログの更新についてですが、もともと当ブログは軽い気持ちで始めたものなので、「書くネタが尽きたらやめよう」と思っていたにも関わらず、今なお記事にするネタが尽きることなく続いているのいうのは驚きとしかいいようがないというのが当ブログ管理人としての本音です。ブログの記事を書くというのは、簡単なことのように見えて、書き続けるというのはけっこう難しいものです。実際のところ、途中で消えてしまったブログや、更新をやめてしまったブログも少なくないはずです。特に投資系ブログの場合、金融危機をきっかけとして書くのがイヤになってやめてしまったという人も多いのではないでしょうか?


私がブログを書き続けているのは、「ネット上で文章を書く面白さに目覚めてしまった」という理由によるものかもしれません。ネット上で文章を書くというのは、それ自体が非常に面白いものです。


さて、来年の2010年は一体どんな年になるのでしょうか。個人投資家という立場で考えるならば、やはり景気と経済の先行きこそが最大の懸念事項になってきます。しかし、現在の景気の悪さ、そしてちゃんとした成長戦略を持たず、ばらまきと社会主義的な政策しか持っていない(としか思えない)現政権を見る限りでは、来年も相当に厳しい状況が続きそうな気配です。

来年度の貯金と投資の計画と方針については、例によって、この年末年始の間に考える予定にしていますが、やはり生活防衛を主体としたものになるかもしれません。

投資家としての心境の変化についてですが、投資歴が長くなるにつれ、投資の損益というものに対してずいぶんとどっしりと構えられるようになったように思います。特にサブプライム問題によるあの大暴落以降、その傾向が非常に強くなっています。これは投資家として一段階成長した証拠ではないかと自分では考えています。これはやはり、「暴落が投資家を強くする」ということなのでしょう。

なお、今月の利回りの公開ですが、それは来年に公開する形にしたいと考えています。


それでは読者の皆様方。よいお年を!( ̄ー ̄)/~~




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
暴落に学ぶ
>これだけ厳しい経済状態になってくると、投資に前向きな考え方を持っていた人であっても、「もはや投資どころではない」という人も少なくないはずです。

そうですよね^^
株式会社に勤めているのにも関わらず、所得と株価が暴落していったら投資以前の問題になってしまうカモしれません・・

>>自分自身のリスク許容度をしっかりと把握しているからこそできたことではないかと思います。

一番大切なことですよね!
生活防衛資金と投資額さえ把握しておけば、たとえ経済が衰退していっても割り切れるだろうし・・
もちろん経済が拡大していけば儲かるし(笑)
資産のトリプルエンジン(所得+貯蓄+投資)が来年もフル起動できますように
【2009/12/30 14:19】 URL | 預金王 #- [ 編集]

謹賀新年
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
masaさんにとって良い年になりますように。
【2010/01/01 11:50】 URL | 水瀬 ケンイチ #JalddpaA [ 編集]

あけましておめでとうございます!
あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いします!
【2010/01/03 13:49】 URL | 矢向 #Ji7woxQg [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>預金王さん

あけましておめでとうございます。

そうですね。
どこまでリスクをとれるのかということだけは、普段からしっかりと把握しておかないと大変なことになりますからね・・・。

やはり個人的には、「投資は確率のゲーム」と割り切って、投資がうまくいってもいかなくても(つまりどちらに転んでも)なんとかなるように預貯金と投資の資産構成を考えるようにするのが無難かな、と考えてますね。


>>水瀬ケンイチさん

あけましておめでとうございます。
新年の挨拶コメントをありがとうございました。
日本を代表するブロガー自らコメントをいただけるのは光栄です。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m


>>矢向さん

あけましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

 
【2010/01/04 09:56】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/454-809a7130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。