プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回り(2010年2月28日現在)
運用利回りです。


-------------------------
運用利回り(2010年2月28日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -28.5%  年間収益率 -10.7%
*STAMグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +6.3%  年間収益率 +10.1%
*STAM新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +5.2%  年間収益率 +12.5%
*STAMグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 -1.4%  年間収益率 -3.1%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 -13.8%  年間収益率 -4.8%
*さわかみファンド  投資収益率 -15.3%  年間収益率 -4.7%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 -8.2%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 +1.6%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 88円 66銭、1ユーロ= 120円 79銭(ソニー銀行)

-------------------------

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------

Moneykitベーシックの繰上償還に伴い、外貨建てMMFがニッコウ・マネー・マーケット・ファンドへと変更になりました。

ポートフォリオ全体の利回りの数字は、前月と比べても大きな変化はありません。

かつては、資産管理ソフトのMicrosoft Money上でポートフォリオの利回りを毎日のように確認していたものですが、最近はそれを全く行わない日も多くなってきています。日々の利回りの変化に対して、ますます無関心になってきています。

ファンドに投資するということは、自分で何かできることは自ずと限られてきます。どれだけのお金を投資に回すことができるか。そしてどんな資産配分にするか。ただその二つだけ。ならば、もはやじたばたしても仕方がないという心境です。

日々の数字を追いかけることにさほど意味はないし、一喜一憂することにも意味はないというある種の悟りの境地?

投資をするようになってからあと2ヶ月で7年。短期的な数字を追いかけることにますます興味を失いつつある私は、果たして投資家として成長した証なのか。それとも退化しているのか・・・?

利回りの数字に全く振り回されなくなっていることはいい傾向なのではないかと思いつつも、ここまで無関心になってくるとさすがに問題ではないかと思うこともしばしば。

・・・もっとも、利回りに無関心なのはいいとしても、最後の最後に元本割れのままリタイア期を迎え、運用終了となる可能性も当然十分にありうることなので、その可能性も十分に考慮した上で投資というものと向き合ってみたいと考えてはいますが。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
こんばんは
さすがに成績に無関心というわけにはいきませんが、老後にリターンがマイナスであっても仕方ないかなとは思えるようになりました。

投資方針が決まればできることは限られますね。
資産形成も何かの目的の為ですから、そこに時間を割くのが豊かな生活なのかなと思いつつそうしていますが、投資にも思いをはせている状況です(*^_^*)

【2010/02/28 19:33】 URL | うさみみ #- [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>うさみみさん

私の心境としては、いわゆるBuy&Forget(買って忘れてしまう)の心境に近いのかなと思っています。まさしく、投資しているのを忘れてしまっているというような感覚なのです。
自分とは無関係なところで数字が動いているという意識しかなく、この数字の変化が自分の持っているお金の金額の変化だという意識が相当に希薄です。ここ数年の間に激しいアップダウンを経験したということもあって、もはやわずかな値動き程度では何も感じなくなってしまっているようです。

>老後にリターンがマイナスであっても仕方ないかなとは
>思えるようになりました。

私にとっては投資とはすなわちギャンブルであり確率のゲームに過ぎないと考えているので、これも覚悟しておくべきことなのだと思っています。根本的な問題として、国際分散投資で実際に金持ちになった人など今のところ事実上誰もいないのですから、なおさらそう思います。国際分散投資で実際に資産が殖えるのかどうかは、自分の人生そのものを賭けたある種の実験のようなものだと思っています。

仮に、現時点で運用利回りが大きなプラスだったとしても、それはあくまでも途中経過の話なので「そろそろファンドを解約してリタイアしよう」というタイミングで突然大暴落に見舞われる可能性もあります。また逆に、ずっとマイナス運用だったのがリタイアするときに突然バブルがやってきて大きなプラスになることもあり得ます。そう考えると、重要なのは最終的に売却する時点での利回りだけなので、途中経過で一喜一憂するのは意味がないということを悟ってしまったというところでしょうか。


>投資方針が決まればできることは限られますね。

これはまさにその通りで、結局、投資方針を決めた後にできることは何もありません。それなら投資のことに手間や時間をかけるではなく、もっと他の有意義なことに力を注ぐのが妥当だと思います。

 
 
【2010/03/07 10:14】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/463-1d3afdf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。