プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低成長国の株式は儲からないのか?という問題
今回は、投資家が意外と忘れがちなことについて書いておきたいと思います。今回のテーマは、低成長国の株式は儲からないのか?ということについてです。どうも、低成長国=儲からないというイメージを抱きがちなのですが、実際には、経済成長率はさほど重要ではありません。まずは参考資料として、リンクを貼っておきます。

第111回 長期投資は儲からないのか? - 山崎元のホンネの投資教室 - 楽天ブログ(Blog)
-------------引用開始-------------------------------

中国などの高成長新興国と比較する文脈で出ることが多いが、「日本は低成長なので、日本で株式投資しても儲かるはずがない」と言われることがある。

しかし、理屈を考えると、低成長でも高成長でも将来の成長が、現在予想されている成長率よりも高いか否かが重要であり、成長率の水準そのものは案外重要ではない。

(中略)

低成長国の将来の「低成長」が投資家の予想に十分に織り込まれているなら、それはそれで形成されている株価が妥当ならリスクに見合った株式のリターンは期待できる。加えて、「意外な成長」があったときには、かなり大きなボーナスが見込める。もちろん「高成長国の方が不利だ」と言えるわけではないのだが、予想される成長率そのもののレベルの差よりも、将来の成長率が、投資家の予想する成長率と較べてどうなのか、ということの方が重要だ。

日本経済悲観論は、実は、日本株の買い材料なのかも知れない。

-------------引用終了-------------------------------


ここにあるように、「低成長でも高成長でも将来の成長が、現在予想されている成長率よりも高いか否かが重要であり、成長率の水準そのものは案外重要ではない」ということです。では、我らが日本はどうなのか。逆張り投資的発想でいくならば、日本株式は意外といいのかもしれません。悲観論が強まれば強まるほど、日本株式の魅力はより大きくなることでしょう。

さて、日本はさておき、高い経済成長の見込める新興国に関しても、成長率が高い=儲かるというわけではない以上、あまり期待し過ぎない方がよさそうです。よくある勘違いとして、「成長の見込めない国に投資するより、高成長の国に投資した方がいい」というのがありますが、残念ながらそれは間違いのようです。


・・・で、個人投資家としては、結局どうしたらいいのだろうかと考えてみたのですが、未来を知ることができない以上、どこに投資すれば儲かるかを事前に知る術はない、という結論に達しました。株式投資の世界で、他人を出し抜いて自分だけが儲かる方法など事実上存在しない以上、やはり無難にインデックスファンドで国際分散投資をしてバイ&ホールドをし続けるしかなさそうです。結局、最後はいつもの結論に達したというわけです。


・・・とはいうものの、私個人としては、成長率うんぬんよりもむしろ、社会主義的な政策や規制強化、株主軽視といった姿勢に嫌気がさして、現在は日本株式資産クラスへの定期積立を停止中という状況ではあるのですけどね。これは決して合理的な選択肢でないことはよくわかっているのですが、どうにも買う気がしない・・・(-_-;)



--------------------



最後に、驚くべきニュースを目にしたので書いておきます。すでに皆さん知っておられると思いますが、ブログ「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」の水瀬ケンイチさんが本を書くことになったそうです。


本を書くことになりました(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)


これまで、個人投資家の書く本といえばアクティブ運用の短期投資家が多いという印象があって、その点をいつも不満に思っていました。その意味で、インデックスファンド投資家である水瀬さんが本を書くようになったというのは、誠に喜ばしい限りです。しかも、山崎元氏との共著というのに驚きました!いったい水瀬さんはどこまですごいのか・・・。

水瀬さんももちろんですが、インデックスファンド投資家さんの書くブログというのは非常に優れているものが多いので、これがきっかけとなり、今後も続々とインデックスファンド投資家ブロガーさんたちが本を出版するのを期待したいところです。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
“成長の罠”ってヤツですね。。
「これだけ日本悲観がスタンダードになってくると、不美人投票をしたくなるような“ヘそ曲がり根性”が台頭してくるけど、結局は決めたアセットアロケーションの通りに淡々とやるだけだわな」と、僕もちょうど昨日ツイッターでつぶやいてたトコでした。。
…論旨をなぞるだけの面白みのないコメントでスンマセンです。。
【2010/05/02 17:20】 URL | 虫とり小僧 #YHpFg9Og [ 編集]


いろいろなブログで話題になっていますが、バフェットが日本に興味を示しているそうですね。自分もリーマンショック後は日本への投資は控えめでしたが、ちょっと考え直そうかとお思っています。

ウォーレンバフェット氏、日本へ投資
http://blog.livedoor.jp/a_iwamoto1/

バフェットの来日が実現しそう・・・日本の復活に関心
http://adachi.blogzine.jp/tritonblog/
【2010/05/03 19:19】 URL | とし #- [ 編集]


masaさん お久しぶりです

 自分も、低成長国にも投資先としての魅力は十分にあると思っています。
 株価の変動率は、成長率に依存するのではなく、投資家の期待値と実態とのズレによるものだからと考えています。

 自分のようなインデックス投資家にとっても、ドルコスト平均法を用いる上で、株価等が適度に上下することで、収益をかさ上げしてくれています。株価が最初と最後で同じであっても、途中に暴落時期があればその分儲かるはずです(当然、高騰すれば損ですが…)

 ただ、「日本」に対して悲観的なわけではないですが、自分はインデックス投資家としては全体最適化されたポートフォリオを目指して、これ以上ウエイトを増やす予定はなさそうです。
【2010/05/05 06:21】 URL | Zelkova #mQop/nM. [ 編集]


> 未来を知ることができない以上、どこに投資すれば儲かるかを事前に知る術はない

同感です。
が、”俺にはわかる!”と思う人が大勢いてくれることも望みます(笑)。


> 社会主義的な政策や規制強化、株主軽視

そうですね。経済音痴を、なんとかしてもらいたいものです。

【2010/05/05 15:17】 URL | ひろん #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>虫とり小僧さん

成長の罠には注意する必要がありますね。もっとも、それでもなお、日本に積極的に投資する気にならない私は、やはり合理的な投資家とは言えないのでしょうねぇ・・・(^^;)



>>としさん

確かに、これだけ悲観論が出てくるというのは逆に絶好のチャンスなのでしょう。
さすがにバフェットは目の付け所がいいですね。

私が思うに、日本の場合、最大の問題はやはり政治リスクではないかという気がします。優れた企業や素晴らしい人材が数多く存在するのは間違いないのですが、経済オンチな政治家があまりに多すぎて、おかしな政策ばかりを行ってしまうところに怖さがあるのではないかと。


>>Zelkovaさん

お久しぶりです(^^)ノシ

>株価の変動率は、成長率に依存するのではなく、投資家の期待値と実態との
>ズレによるものだからと考えています。

そうですね。

>これ以上ウエイトを増やす予定はなさそうです

同じく。私も日本にはネガティブな感想を持ちつつも、国際分散投資の一環として、日本株式資産クラスは今なお保有していますが、積極的に比率を増やそうとは思わないです。



>>ひろんさん

>”俺にはわかる!”と思う人が大勢いてくれることも望みます(笑)

激しく同意!!(^^)
とはいうものの、日本株式にネガティブな私もそういう愚かな投資家の一人なんでしょうかね・・・(-_-;)

>経済音痴を、なんとかしてもらいたいものです。

経済オンチっぷりは本当にすさまじい限りですね。
これはどうにかならないものなのか・・・。
私としても、この問題が少しでも改善に向かうようなら、日本への投資を検討し直す余地があるのですが・・・。

【2010/05/08 08:16】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人よりコメント
どうでもいいことなのですが、2010年5月8日時点で、ブログ「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」の逆アクセスランキングにおいて、私のブログがやたらと上位に表示されています。

今回、記事本文の中で水瀬さんの記事を紹介したせいなんでしょうね(^^;)

「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」
http://randomwalker.blog19.fc2.com/

【2010/05/08 08:32】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/472-bc279f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。