プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ投資家の逆襲
私が投資について勉強を始めた頃の話ですが、ゴミ投資家という言葉を知ったときにある種の衝撃を受けたのを思い出します。ゴミ投資家とは、保有資産一億円未満の投資家のことを指します。この定義に従うならば、ほとんどの個人投資家はゴミ投資家ということになります。実際、わずかなお金しか投資することのできない個人投資家など、証券会社からずいぶんとないがしろにされてきたのではないかと印象を持っていました。そしてそれこそが、株式投資アレルギーの人を必要以上に増やしてきたのではないかと。

その後も、私は投資についての知識を深めていきました。様々な本を読み、投資の勉強をしている間にも時は流れていきます。やがては私もインターネット銀行やインターネット証券に口座を作り、投資を始めるようになり、さらにその後、ブログというものが流行するようになりました。

ブログブームの中で、証券投資をテーマにしたものも数多く生まれました。その中のひとつのジャンルとしてインデックスファンド投資をテーマとしたブログもあり、いくつかの主要なブログは、雑誌で紹介されるなど大きな注目を集めるに至りました。前回の記事でも紹介した、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーは、その代表だといえるでしょう。そして、そうしたブロガーとそれを支持する人たちの声に応えるように、インターネット証券の世界では、より低コストで良質なインデックスファンドが次々と登場するに至りました。

私は、この一連の動きをみたとき、こう思いました。




ああ。ゴミ投資家の逆襲が始まったのだ、と。かつてはないがしろにされてきたゴミ投資家が、いまや証券業界全体を動かしつつあるのだと。それはまるで小さな一匹のアリが巨大な象を動かしたかのように私の目には映りました。




それは、最初は草の根のほんの小さな動きに過ぎなかったはずです。しかしそれがやがて大きな潮流となり、もはや証券業界も個人投資家の意向を無視して動くことはできなくなったということなのでしょう。

そして、この流れは今後どう続いていくのか。それはわかりません。しかし、もはやこの流れを止めることはできないだろうとは思います。かつては日陰者に過ぎなかったゴミ投資家の一個人のブログがいまや大きな影響力を及ぼしているのです。ゴミ投資家が動き、証券業界が変わる。個人が大きな力を持つインターネットというメディアの凄さを実感したのです。



そして、私は今、こう思うようになりました。「かつてゴミ投資家と呼ばれた人たちは、もはやゴミではなくなったのだ」と。




この記事に対するコメント
ゴミ投資家という響き
masaさん、こんにちは。

大手証券会社と優良顧客との関係を彷彿させますね。

ゴミ投資家という言葉の響きは、
ゴミと言われようが
たくましく生きてく感じがして、
なんかいいですね。

いまはネット証券と、
ネットで声を挙げる個人投資家が
新たなうねりを導きだしており、
ネット社会の恩恵だな、と感じます。
【2010/05/09 00:32】 URL | あつまろ #- [ 編集]

こんにちは
まさにそのとおりですよね。
水瀬さんが本を出されるということですが、まさに象徴となるでしょう。
【2010/05/09 09:18】 URL | うさみみ #- [ 編集]


はじめまして。

ネット証券の登場はゴミ投資家という言葉を死語にさせたと思います。

大手対面証券会社や銀行は「ゴミ」はバカに出来ない存在になったと思います。

【2010/05/09 22:02】 URL | 投資素人 #- [ 編集]

恐縮です
水瀬ケンイチです。
弊ブログを取り上げていただき、また過分な評価をいただき、恐縮です。
なんだかんだ言っても、あいかわらずゴミ投資家です。
できることは限られていますが、今後もできるだけのことはやってみようと思っています。
【2010/05/09 22:38】 URL | 水瀬 ケンイチ #JalddpaA [ 編集]

はじめまして。
今思えば、自分も式投資アレルギーだったのかと思います。
かつてはゴミ投資家と言われていた方々のブログや活動は、
多くの方々の株式投資アレルギーを抑えるのにも貢献されていると思います。
【2010/05/10 00:43】 URL | 茜井 #yisfIYzQ [ 編集]


投資アレルギーというのは、確かにあると思う。
金融に関する基本的な教育がなされれば、そういうことは少なくなるだろうと思う。

けれども、そいういうことは、決しておきない。

なぜなら、国民の金融のリテラシーが高くなると、預金者をバカにしているとしか
思えないような超低金利の銀行には、誰も預けなくなるだろう。そうなると、銀行は、
国債を購入できなくなる。それで、一番困るのは、勿論、日本政府。だから、国は、
国民の金融リテラシーを高める政策には、超消極的だ、ということは容易に想像
できる。

だ・か・ら!

これからは、なんでも、自分のことは自分で決めないと。

# 投資も転職も、「慣れ」だと思う。

【2010/05/11 21:12】 URL | ひろん #- [ 編集]


橘玲さんの本で「ゴミ投資家」と出てきた時は意味がよく分かりませんでした。なるほど、資産額。
本業の傍らたくましく動いてるイメージで結構好きな語感です。

失礼な分類だなぁ、と思えど合理的とも。
【2010/05/14 03:25】 URL | 眼鏡 #- [ 編集]

ゴミ投資家はいいお客さん・・
その橘玲氏が普通預金しかしていないのは複雑ですね。
月1000円でも信託報酬という手数料が証券会社へ、販売報奨金が著者へキックバックされていますから、それなりに儲けはあると思います(そうでなければ運用会社はなくなってしまう!)

>株式投資アレルギーの人を必要以上に増やしてきたのではないか
これはむしろ富裕層にもいえることで、ここ20年日本株の下落が続いたからではないでしょうか?

>より低コストで良質なインデックスファンドが次々と登場するに至りました。
この点は良いことだと思います。
特に外国株インデックスは、ほとんど日本株インデックスと(信託報酬が)変わらなくなりましたね。

【2010/05/14 23:58】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント:「ゴミ投資家の奇跡」

今回の記事にあらためてタイトルをつけなおすとしたら、「ゴミ投資家の奇跡」というタイトルになるのではないかと思っています。これはまさに奇跡と呼ぶにふさわしいと思うからです。

>>あつまろさん

>大手証券会社と優良顧客との関係を彷彿させますね。

確かに(^^;)
今やゴミ投資家が優良顧客となってきたということなのでしょう。


>たくましく生きてく感じがして、
>なんかいいですね。

そうですね。雑草のようなたくましさがあります。
そのたくましさが、証券業界を動かしたのだろうと思います。


>>うさみみさん

>水瀬さんが本を出されるということですが、
>まさに象徴となるでしょう。

その通りだと思います。
投資家自身が、それも短期投資家ではなく長期投資家が本を出すということは画期的なことだと思います。


>>投資素人さん

>大手対面証券会社や銀行は「ゴミ」はバカに出来ない存在になったと思います。

そう思います。むしろ今は、ゴミ投資家が証券会社や銀行を選別する時代になってきたのではないかと思います。少なくとも私にとっては、旧来型の大手証券会社など完全に「ゴミ証券会社」でしかありません。


>>水瀬 ケンイチさん

>弊ブログを取り上げていただき、また過分な評価をいただき、恐縮です。

過分な評価どころか、むしろこれでも過小評価しすぎだと思ってるんですけど(^^;)
水瀬さんの力なくしては、今日の状況はなかったと思っているので、これはいくら高く評価しても評価し過ぎることはないと思います。これからも活躍を期待しております。



>>茜井さん

>多くの方々の株式投資アレルギーを抑えるのにも貢献されていると思います

私もそう思います。実際に投資を行っている個人投資家から積極的に啓蒙活動を行われてきたことによって、株式投資アレルギーの軽減に大いに役立ったことでしょう。


>>ひろんさん

>国民の金融リテラシーを高める政策には、超消極的だ、
>ということは容易に想像できる。

確かに、政府の政策には期待できないと思います。

とはいうものの、金融リテラシーを高めることを阻害するような余計な規制は存在しませんから、教育に関する限り政府はあまり関係ないと思います。政府のよけいな介入はマイナスの影響を及ぼすことが多いので、この点に関する限り、政府は何もしなければそれでいいのではないかと。
民間企業レベルあるいは投資ブロガーなどの草の根活動によって、金融リテラシーが徐々に向上していくことは期待できるのではないかと思っています。ただし、それでも全員の金融リテラシーが向上するとは思いません。世の中には、お金に関してどうしようもないくらいに無関心でルーズな人がけっこう存在するからです。そのタイプの人はもう放っておくしかないでしょう。


>投資も転職も、「慣れ」だと思う

確かに慣れだと思います。

このコメントとは無関係なのですが、ふと思ったことが一つ。
転職って、一度やってしまうと、実はけっこう簡単にできちゃうことがわかってしまう部分もあるんですよね・・・。これは人によりけりですけど。
ただ、そうなると、会社を次から次に渡り歩く”転職ジプシー”と化してしまう人が出てきます。このタイプの人は、どこにいっても「この会社はイヤだ」と不満が出てきて、延々と転職を繰り返してしまうことに。転職の目的が明確でなければ、転職には慎重であるべきだと思います。
とはいえ、個人的な経験上、複数の会社を経験しておいた方が何かとプラスになるのは確かなので、一度は転職した方がいいと思っていたりするんですけどね(^^;)


>>眼鏡さん

>本業の傍らたくましく動いてるイメージで結構好きな語感です

確かに、たくましさを感じさせますね。個人的には、上に書いたように雑草のようなイメージがあります。



>>預金王さん

>その橘玲氏が普通預金しかしていないのは複雑ですね。

この件についてはよく知りませんが、確か橘玲氏の書いた小説「マネーロンダリング」の中で、「資産運用に成功する方法は?」という問いに対して、「資産運用しないことと、税金を払わないこと」というセリフを主人公が言う場面があったように記憶しています(うろ覚えですので、もしかしたら違っているかもしれませんが・・・)。資産運用をしないことこそが最大の資産運用だというのも正しいと思います。よって、あえて投資をしないというのも当然ありでしょう。

私自身も、安易に人に投資を勧めるのは無責任だと思っているので、投資をしないのが合理的だという意見にも基本的には賛成です。証券投資という形でリスクをとるかどうかはあくまでもその当人の意向や適性次第であり、万人が投資すべきだという意見には到底賛同できません。ただし、金融の知識だけは万人が知っておくべきだとは思います。

>これはむしろ富裕層にもいえることで、ここ20年日本株の下落が続いたからではないでしょうか?

確かにそれも言えると思います。

さらに、それに加えて株主軽視という問題もあるので、たとえ富裕層であってもそれほど報われてこなかったんじゃないだろうか?という疑問も持っていますけど。


>特に外国株インデックスは

やはり外国株インデックスの低コスト化が一番ありがたいですね。このおかげで、国際分散投資がしやすくなりましたから。

【2010/05/16 08:26】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


以前は金持ちが大手証券会社に言われるがままだった証券取引が果実にネットのおかげで変わってきましたね。ゴミ投資家の一人としてわずかながらでも変えていけたらと思っています。良記事どうもありがとうございます。
【2010/05/16 21:00】 URL | kenz #Ji2jG83Y [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>kenzさん

>ゴミ投資家の一人としてわずかながらでも変えていけたらと思っています。

私も同じ思いです。

今や、個人ブログの影響力は既存のマスメディアを超えつつあると思います。今後は、我々個人投資家が証券会社を選別する番です。ゴミ投資家に見捨てられたゴミ証券会社は、もはや生き残りが難しくなってくるという時代が来るかもしれませんね。
 
【2010/05/22 22:29】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/473-15728599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゴミ投資家」の皆さんへのメッセージ

JUGEMテーマ:インターネット  ブログ「貯金生活。投資生活。」のmasaさんのエントリです。貯金生活。投資生活。 ゴミ投資家の逆襲 現在、マネックス証券の「投信つみたてクラブ」で月イチで配信されている「つみたてクラブ通信」にボクの「(ちょっと早い)... rennyの備忘録【2010/05/09 01:09】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。