プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職氷河期世代の危うい老後
今回は、就職氷河期世代の老後はどうなるんだろう?ということについて考えてみたいと思います。中でも特に問題だと思うのは、就職氷河期世代の非正規労働者たちです。このことを考えるときにいつも思い出すのは、2008年に読んだ週刊東洋経済に掲載されていた記事です。この記事は以前にも引用したことがあります。ずいぶん前のものですが、再び引用します。



週刊東洋経済2008年10/25特大号 p.45より引用
-------------引用開始-------------------------------

氷河期世代の10年後、20年後、30年後━━━。低所得のままの非婚・単身世帯が増えるとどうなるのか。
 総合研究開発機構(NIRA)の研究報告書「就職氷河期世代のきわどさ」(08年4月)は衝撃的な未来像を示した。就職氷河期世代の非正規社員や無業者の増加などを受け、それによって生じる潜在的な生活保護受給者が、同世代が老後を迎えた65歳以上になると77万4000人(現在の高齢者生活保護世帯の2倍弱)に上ると試算したのだ。
 NIRAの辻明子リサーチフェローは言う。「非正社員は将来設計を戦略的に考えないと、老後は最低限の生活もできなくなる。氷河期世代の雇用の劣化は10~20年先の日本の経済力に大きなダメージを与える」
 第一生命経済研究所の熊野氏は「景気循環のアップダウンのサイクルが短いと財政再建や賃上げが遅れ、格差が固定され中間層が喪失される」としたうえで、「その兆候はすでに現れており、仮に景気が回復しても社会構造は回復しづらく、何十年後か先に中間層は喪失するだろう」と予測する。
 もはや、キャリアカウンセリングなどによる就労支援政策では、氷河期世代は救われない。この問題は、失業対策のレベルに達している。

(中略)

氷河期世代は取り残され続け、家族を持つことは一段と難しくなるだろう。さらに自分たちの生活さえも支えきれない彼らが親の介護を担う時代が来れば、共倒れは避けられない。その先にあるのは、底辺家族の大量発生という悪夢である。「氷河期世代対策」はやがて、大規模な貧困対策に変貌する。

-------------引用終了-------------------------------


未来を知ることはできないので実際にどうなるかはわかりませんが、就職氷河期世代の非正規労働者の老後は相当に危うい状態になりそうだということは容易に想像できます。思うに、非正規労働者たちの多くは、自力で老後資金を用意できないでしょう。たとえ正社員であっても老後資金を貯めるのはそんなに容易ではないはずです。

老後なんてまだまだ先のことだと思うのは、考えが甘いと思います。人生なんてあっという間です。もし今の時点で、着々と老後資金の準備が全く進んでいないのだとしたら、それは相当に危ない状態だと思います。もし、老後資金を用意できないまま老後を迎えたらどうなるのかと言えば、その多くが、生活保護に頼って生きていくことになるでしょう。経済苦による自殺者も今以上に増えるかもしれません。

現実的な問題として、今現在の生活を維持するだけでギリギリの経済状態だとすれば、老後資金の確保にまで手が回るはずがありません。老後資金の話題になると、必ずといっていいほど「投資によって、自力で老後資金を用意すべきだ」という話になるんですが、非正規雇用労働者という立場では、投資にまでお金を回す余裕のない人の方が圧倒的に多いのではないかと思います。もし実際にそういう状況にいるとしたら、リスク許容度も極めて低いと考えられるため、投資をすることもできません。下手に投資に手を出せば、そのリスク許容度の低さゆえに逆に自滅する恐れがあります。就職氷河期に貧乏くじを引いた人は、もはや資産形成をする手段は事実上絶たれてしまっているんじゃないかと思います。もしかすると、就職氷河期世代というのは、就職だけではなくて、”人生それ自体が氷河期”なのかもしれません。

現在の高齢者たちには手厚い社会保障がありますが、就職氷河期世代が老後を迎える頃までそれを維持し続けるのはもはや不可能。それでも、現役で働けるうちはまだなんとかなるかもしれませんが、年をとっていよいよ働けなくなったらジ・エンド。もし、そのときに十分なセーフティネットがなければ、あとはもう野垂れ死にするしか道がないかもしれません。

この就職氷河期世代における非正規労働者の老後問題というのは、将来的には大きな社会問題になりそうです。ではこの問題に対処するために、個人レベルでどうしたらいいのかという話ですが、残念ながら私にはわかりません。正直なところ、もはや手遅れではないかと思っています。政府が適切な対応をとらない限り、自力ではもはやどうしようもないでしょう。

もちろん、正社員といえども決して安泰とは言えないと思います。少子高齢化社会の到来。年金の破綻は必至。無縁社会で親族に助けを求めることもできない。そして日本は新興国に完全に追い抜かれ、経済的に地盤沈下し続ける公算が高い・・・。

・・・と、こんな風に考えてくると、就職氷河期世代の人たちが本当に大変な目に遭うのは、むしろこれからなのかもしれません。夢も希望もない話ですが、彼らにとっての”本当の氷河期”が始まるのは、老後を迎えた時だと思います。そのときこそが、真の悲劇の始まりなのではないか、と・・・。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
管理人より記事の補足
管理人より補足です。

今回の記事で引用したNIRAの研究報告書ですが、詳細はインターネットで読めます。以下にリンクを貼っておきます。

就職氷河期世代のきわどさ―高まる雇用リスクにどう対応すべきか | NIRA 総合研究開発機構
http://www.nira.or.jp/outgoing/report/entry/n080424_209.html

NIRAのサイトには、他にも興味深い資料がいろいろとあるので読んでみるのも面白いと思います。

 
【2010/05/30 16:46】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

世代間の意識の隔たり
就職氷河期の世代の人は、相当慎重に考えないと、老後は厳しいどころではなく、「無い」位の状態に追い込まれるものと考えられます。収入が安定しない職場への就職、リストラの嵐、職種を転々等の事態だけでなく、年金もあまり期待できないことも重なり、生きてゆくのに、食べることすら日々悩む生活が待ち受けていることになるでしょう。
この世代の人からは、「働いてきて、一つもいいことは無かった」と言うことを耳にすることが多々あります。生きていくだけで精一杯で、一条の光明すら見出す余裕すらないのだろうと思うこともあります。現在の高齢者世代とは違い、決定的に違うのは、「一生懸命働けば生活設計が考えなくても(会社のことと出世のことだけを思う)描けた世代」とは反対に「日々の生活設計すら描くのに嫌気(考えることだけでも虚しく思う)を持つ世代」であり、端的に考えると【働けば食べられると思っている世代】と【働いても食べていけないと思っている世代】といえるのではないでしょうか。(その中間に位置する世代より)
【2010/05/30 16:53】 URL | 中年5199 #- [ 編集]


>日本は新興国に完全に追い抜かれ、経済的に地盤沈下し続ける公算が高い

これはどうでしょうかねぇ~?
案外そうでもないような気がします・・

http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/070926_person4.html
>>デフレに突入して景気が後退しても、貧乏な人はあまり影響を受けないということを覚えておこう。一番苦しむのは、自分の家や株の価格が上がったから自分は金持ちになったと錯覚している中流の人々だ。

生活保護などが増えればその人たちを支え、高齢者の莫大な医療・年金もまた支えなければならない。
貧乏人は国から保護を受け、金持ちは合法的な脱税に走る。
つまり、中流の我々サラリーマンが最も税負担が大きくなり、働いても働いても報われない・・ということになるかもしれません・・

また、新興国のバブルが崩壊し、先進国の我々がそのツケを払わせられるようにはなりたくないものです。
【2010/05/30 22:14】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
 
まずは記事の補足です。

中高年以上の世代の人がよくいう言葉に、「若い連中は忍耐力が足りない」「近頃の若者は努力しないで甘えている」というのがあるんですが、氷河期世代以前の世代とそれ以降の世代では「努力の中身」が全く違うんじゃないかと思うことがあります。私もうまく表現できないんですが、高度経済成長期の恩恵で、それなりの努力すれば努力相応に報われた世代と、努力すること自体がむなしく感じられる世代の違いというか・・・。

それにしても、今回のような話題に触れるときは、毎度のことながら実にうんざりします。「救いはないのか?」と問われれば、「救いなど、どこにも存在しない」としか答えようがないからです。資産形成が最も必要なはずの人たちが、資産形成にとって最も不利な立ち位置にいるというのはなんたる皮肉か、ということなんですけどね。

日本の格差問題の本質というのは、格差そのものではなくて不公正感だと思います。つまりは雇用格差です。格差の大きさそのものは問題にするほどのレベルではないからです。就職氷河期世代に大きなしわ寄せがきている現実を無視して、「老後資金は自力でなんとかしろ」と言っても、どうにもならないと思います。


>>中年5199さん

>老後は厳しいどころではなく、「無い」位の状態に追い込まれるものと考えられます。

この点、私も同じように考えています。「じゃあ、どうしたらいいのか」と問われても、どうしようもないとしか答えようがないんですけどね・・・。

>この世代の人からは、「働いてきて、一つもいいことは無かった」と
>言うことを耳にすることが多々あります。

そういう言葉を聞くと、就職氷河期世代というのはなんと損な世代なんだろうと思ってしまいます。
この問題が解決に向かうことを期待したいのですが、現状では望み薄ですし・・・。



>>預金王さん

>案外そうでもないような気がします・・

もちろん、実際にどうなるかはもちろんわかりません。問題は多くありますが、ポイントの一つは、少子高齢化で人口が減少していく中で経済成長を維持できるか?ということでしょうか。

ただ、個人的には、日本はこのままだとどんどん衰退の道を進む可能性が高そうだと思っています。平家物語の「盛者必衰の理をあらわす」という一節をどうしても思い浮かべてしまうのですよねぇ・・・。まあ、投資家的には、未来を知ることができない以上は、日本も分散投資対象にせざるを得ないのは確かなんですけどね。
 
>中流の我々サラリーマンが最も税負担が大きくなり、働いても働いても報われない・・

これも大いにありうる話ですね。これが一番可能性が高いのかもしれませんね。
 
 
 
【2010/06/05 15:10】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


考えさせられますね。もう既に老後の生活に対する日本のセーフティーネットは崩壊していると思います。私の家の近くでこの一ヶ月間に二件も孤独死しています。63歳くらいなのにです。ちなみに私は埼玉の北の茨城に近い田舎住まいですが。多分都会はもっとすごいことになっているのでしょう。私は34歳ですが同世代は独身も多く(私は結婚していますが・・)非正規雇用の人も沢山です。私は退職金も年金も一切ないという前提で資産形成を考えています。でもこの前提だと定年まで少なくとも1億円は必要になりますね。まあ共働きなので多分達成するとは思いますが。妻には絶対やめるなと口すっぱく言っております。
【2010/06/08 12:25】 URL | たけ #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>たけさん

>私の家の近くでこの一ヶ月間に二件も孤独死しています

この話には驚きました。孤独死はこれからも増えるのでしょうね・・・。解決策は思いつかないのですが、この問題は実に難しいと思います。

>この前提だと定年まで少なくとも1億円は必要になりますね

今後は増税も予想されますし、その分も見越して資産形成に取り組む必要がありますね。とはいえ、今の世相を考えると、資産形成に取り組めると言うこと自体が、相当に恵まれていると言えるのかもしれません・・・。
【2010/06/12 22:38】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

ネットサーフィンして辿り着きました。
氷河期の唯一の展望…(団塊世代の)親の遺産ぉ食いつぶせるくらいでしょぅかねぇ!?
【2013/07/21 13:10】 URL | 飛翔入手 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/476-f2743ff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。