プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融商品の売り手側がインフレリスクを強調する合理的理由について考える
前回の記事、預金がインフレに弱いことを示すデータはどこにもないの続編です。前回は、文字通り「預金がインフレに弱いというけど、米国などの海外ならともかく、日本においてそのことを示すデータなんてどこにもないじゃないか」という話でした。
今回は、金融商品の売り手側が、なぜことさらにインフレリスクを強調するのかということについて検討してみます。そこには合理的な理由があると考えられるためです。まずは参考サイトより引用します。


第2回 失うことを恐れる消費者たち | ビズハック!

-------------引用開始-------------------------------

 プロスペクト理論は、心理学と経済学とが融合した行動経済学の始まりを象徴する論文だ。この論文が証明したもっとも重要なこと・・・として、カーネマン自身が挙げているのは、人間の行動には「損失回避性 Loss Aversion」があるということだ。

 人間は損失を同額の利得より大きく評価する。同額の損失と利益があったなら、損失から得る不満足のほうが利益から得る満足より大きく感じられるということだ。つまり、同じ100円でも、道端で100円拾ったときの快感と、どこかで 100円落としたときの不快感とを「満足感」で測定すると、損失のほうが利得よりもずっと大きく感じられる(カーネマンによると2倍から2.5倍も大きく感じられるそうだ)。

 人間は損失により敏感だ。

-------------引用終了-------------------------------



ここにあるように、人間というものは、「損失を同額の利得より大きく評価する」という傾向にあります。人は、お金を得ることよりもむしろ、お金を減らすことに対してより強い関心を持つものです。人は損失に対して敏感です。せっかく一生懸命働いて貯めたお金を失いたくないと思うのは誰しも同じです。

この話は行動経済学についての本を読んだことのある人であれば、すでに知っているかと思います。今回の話の本題はここからです。では、この話を証券会社など金融商品の売り手側の立場で考えるならばどうなるか?その答えは簡単です。



「投資をすればお金が儲かりますよ」というよりもむしろ、「投資をしないと、インフレでお金が目減りしてしまいますよ」という”お金を失う恐怖を煽る”セールストークの方が効果的だということです。



このように考えれば、金融商品の売り手側たちがことさらインフレリスクを煽りたがる合理的理由が明確になります。投資でお金を儲けることに対しては興味を示さない人であっても、投資をしないとお金を失う恐れがあると言われれば話は別。お金を失う恐怖から、それまでは無関心であったはずの投資に興味を持ってくれる可能性は一気に高まります。「投資には興味がなかったけど、インフレでお金が目減りするのを避けるためには投資をしなければいけないじゃないか」と。こうなれば、もはや金融商品の売り手たちの思うつぼ。あとは、見込み客である彼らは、自ら投資をするようになります。うまくいけば、周りの人たちにまで、インフレリスクを宣伝してくれるかもしれません。彼らは”善意”でインフレリスクを宣伝し、投資を周りの人たちに勧めてくれる無償奉仕の営業マンだと言えます。なんて素晴らしい!金融商品を売っている立場の人たちにとっては、これほどおいしい話はありません。



金融商品を売りたかったら、「投資でお金を儲けませんか?」というような、うさん臭い宣伝をする必要はないのです。「何もしないで預金にしておいたままですと、インフレになったときに大変なことになりますよ。それでもいいんですか?」と言えばそれでいい話。実によくできています。

米国などの海外ではともかく、日本では預金はインフレに負けてきませんでした。そのことは明確な事実です。しかし、自分の頭で考えようとしない人は、いちいちそんなことを調べたり確認したりしようとはしないものです。そんな人は、証券会社などの金融商品販売業者のいいカモになることでしょう。



誤解して欲しくないので念のために書いておきますが、インフレリスクを無視してもいいというわけではありません。インフレリスクは確かに存在するリスクの一つです。ただ、投資における判断というものは自らの頭でよく考えて行うべきものであって、金融商品の売り手側のセールストークをそのまま信じてはいけないということです。

以前の別の記事でも書いたとおり、必要なことは3つです。


自分自身で調べる。
自分の頭で考える。
人に聞く前に自分でできるだけのことをする。


この3つのことがきちんとできてこそ、投資をする資格があるのだと思います。







テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

おっ、早速の続編ですね。

不安心理をあおる販売の仕方は、保険ビジネスもそうですし、○○詐欺もそうですね。
情報の発信源がだれで、誰が得して、誰が損をするのかを見る癖をつけておくのが大切ですね。まあ、ひねくれものにはなりますが。

不安以外にも、便利さをことさら宣伝するのも、ブームを作り上げる事も、さも周りがみんな持っている(やっている)と想わせる事も基本構造は同じであり、それが資本主義の本質の1つです。
なので、逆の立場で考えることが有用ですね。

そうすることでできるだけ惑わされないようにして、その上でどう取り組むのかが、資本主義社会を生きる上で大切なんだと思います。
【2010/06/26 14:31】 URL | うさみみ #- [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>うさみみさん

>不安以外にも、便利さをことさら宣伝するのも、
>ブームを作り上げる事も、さも周りがみんな持っている(やっている)と
>想わせる事も基本構造は同じ

まさしくその通りです。いかに相手の戦略に乗せられないようにするかが重要だと思います。
 
【2010/07/02 21:35】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/480-529dc754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金融商品の売り手側がインフレリスクを強調する合理的理由について考える

前回の記事、預金がインフレに弱いことを示すデータはどこにもないの続編です。前回は、文字通り「預金がインフレに弱いというけど、米国などの海外ならともかく、日本においてそのことを示すデータなんてどこ... お小遣い稼ぎ【2011/05/30 07:43】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。