プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしかすると、なまじ投資の知識のある人の方が、かえって騙されやすいのかもしれない
過去数回に渡り、「預金はインフレに負けてこなかった」という話を書いてきました。過去の記事はこちら。

預金がインフレに弱いことを示すデータはどこにもない

金融商品の売り手側がインフレリスクを強調する合理的理由について考える

インフレリスク商法に踊らされないように注意しよう


この一連の記事を書く中で、ふと思ったことがあります。それは何かというと、「もしかすると、なまじ投資の知識のある人の方が、かえって投資で騙されやすいのかもしれない」ということです。投資の知識を持っているということは、証券会社など金融商品販売業者の主張する内容を比較的すんなり理解できるということでもあります。また、投資の勉強をした上で投資をしている人というのは、そうでないひとに比べて、「自分は預貯金しかしていない人と比べて、賢明なことをしている」と自負している部分もあるかと思います。そこが問題ではないかと私は考えました。



つまり、「自分は投資についてよく勉強しているから投資で騙されるわけがない」という思いこみが、金融商品販売業者につけいる隙を与えているのではないかと思ったのです。



私は以前に、個人投資家に「持たざるリスク」など存在しないという記事を書いたことがあります。「持たざるリスク」という言葉と似たものとして、「投資をしないのは損」「投資をしないリスク」という言葉もあります。私自身は、個人投資家にとって重要なのは、あくまでもリスク許容度だと考えているので、考慮すべきはリスク資産を保有している時のリスクだけであって、リスク資産を保有していないことをもってリスクと考えるのはおかしいではないかと思うのですが、これは投資推奨派の間ではいささか評判が悪いようです。

しかし、「持たざるリスク」などという言葉を持ち出して投資を煽っているのは他ならぬ金融商品の売り手側自身です。つまり、この言葉に共感している投資家というのは、金融商品の売り手側の主張に踊らされているだけではないかと思います。

また、投資の勉強をしているといっても、そもそもその内容に問題がある場合が少なくないと感じています。投資本で名著とされているのは、多くの場合、米国のデータを元にしたものが大半です。米国のデータを元にしているということは、日本でそのまま通用するとは限らないということです。しかし多くの人は、米国のデータを元に書かれた投資本をそのまま日本でも通用すると考えている節があります。投資をしている人が病的と言っていいくらいにインフレを恐れるのも、その影響が大きいのではないかと思います。では、日本で書かれた投資本ならいいかというと、そうも言えません。なぜならば、日本で書かれた投資本といっても、その本の元になった一次ソースを辿っていくと、結局は米国の投資本に行き着くことが多いからです。

いくら投資の勉強をしていても、その内容が間違っていてはどうにもなりません。「預金にもリスクがある」「投資をしないリスク」「預金はインフレに弱い」などという訳の分からない理屈に乗せられて投資をするのは大問題です。

投資に関する文献や、サイトを見ていていつも思うことですが、投資推奨派の中には、投資のメリットに注目するあまりに、結果として投資のリスクを軽視したり、あるいは預貯金をあまりにも軽く見過ぎている人が少なくありません。預貯金しかしていない人をある種の軽蔑のまなざしで見ている人までいます。しかし、投資をする以上は、もっと冷静になってリスクというものを評価すべきだと思います。投資において最も重要なのは、あくまでもリスク許容度のはずです。

これは自分自身を振り返ってみて思うことですが、様々な本を読んで投資を勉強し投資を実践していると、どうしてもある種の傲慢さが出てきます。「投資をしている自分は賢明だ。それに比べ、投資の知識を持っていないような奴は程度の低い愚か者だ」というような考えを持ちがちだということです(これは私自身の反省の弁でもあります)。「投資という、賢明な行動をしていると思っていたが、実は金融商品の売り手側のセールストークにしっかりと嵌められていただけだった」ということがないようにしなくてはなりません。

そのために必要なのは、やっぱり、”本に書いてあった借り物の知識”にばかり頼るのではなく、自分自身の頭を使ってよく考えることだけだと思います。投資本に書いてあることが正しいとは限らないのです。そして何よりも、投資というものはお金を産み出す打ち出の小槌でもなければ、魔法の杖でもないということを理解する必要があるでしょう。

さて、「預金がインフレに弱いことを示すデータはどこにもない」から始まったこの一連の記事も、一応今回で終わりです。この一連の記事で言いたかったことは一つだけです。それは、「投資における常識を、時には疑ってみよう」ということです。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
おつかれさまです
シリーズ完結おつかれさまです。
渡仕事ですが、投資を始めて同じような部分に陥り、同じような想いを持ち、歩んできました。ブログの書き方も当初とは随分と変わりました。

なんでも勉強したてというのは、ある種の傲慢さがでるのは自然ですね。
特に投資は思い通りにならない経験を経て、傲慢さが減って来て、ご指摘に根本部分の疑問にぶつかるのかなと思います。
どこかで投資との自分なりの付き合い方を模索して行く時期があるはずで、それは苦しくも楽しい時期ですよね。
それを過ぎると、ちょっとつまらなくなるかもしれません(笑)


【2010/07/10 10:22】 URL | うさみみ #- [ 編集]

すみません。
「渡仕事」→「わたくしごと」です。
【2010/07/10 10:23】 URL | うさみみ #- [ 編集]

売り手側のセールストークと市場の矛盾
>投資本で名著とされているのは、多くの場合、米国のデータを元にしたものが大半です。

米国でも最近はデフレの傾向があるようです。
http://nvmol.nikkei.co.jp/scramble/index.aspx?id=MSFZ0901I%2009072010

デフレの場合は株式などは下落する確率が高いかもしれませんね・・
http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/071010_person4.html

米国は金融緩和をすると、すぐに株高になり回復したように見えます。
日本は貯蓄率が高いので、株は沈んだまま!
消費税の議論と同じで、そもそも仕組みなどが違うように思えるし、金融機関自体が客に投信を売りつける反面、自分たちは国債を買い占めているのにも矛盾がありますね。
【2010/07/10 13:45】 URL | 預金王 #- [ 編集]


所謂インデックス投資家の方のブログを見ていて感じていた違和感の原因が氷解しました。ありがとうございました。自分は惑わされずに投資と貯蓄のバランスを大事にしていきたいと思います。
【2010/07/10 16:34】 URL | HT #- [ 編集]

ショックです!
ショックを受けました。

①「マイルドセブン」の名前でコメントを投稿しようとしたら、「スパムメール」と判定され、
  拒否されてしまいました・・・。

②>預貯金しかしていない人をある種の軽蔑のまなざしで見ている人までいます。
  低所得者の私にとっては、リスク許容度を考慮すると、積極的に投資活動ができないのです・・・。
  しかし、預貯金を通して、日本の国債を買い支えているという自負があります!
【2010/07/10 20:01】 URL | ピースライトBOX #- [ 編集]

管理人より臨時コメント
管理人より臨時コメントです。

>>ピースライトBOXさん

>「マイルドセブン」の名前でコメントを投稿しようとしたら、「スパムメール」と判定され、

これは原因不明です。もしかしたら、FC2ブログの不具合かもしれません。
少なくとも、私の方は禁止ワードの設定は一切しておりませんので念のため。
取り急ぎ、連絡まで。

【2010/07/10 21:26】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

ご返事ありがとうございます!
満ちてく味と香り・・・、ピースライトBOXです。

早速のご回答ありがとうございます。
ショックは受けておりませんので、ご安心下さい。

ピースライトBOXには、思い入れがありますので、次回から「ピースライトBOX」で登場したいと思います。
【2010/07/10 21:53】 URL | ピースライトBOX #- [ 編集]

管理人より臨時コメント
>>ピースライトBOXさん

どうでもいいんですが、私の方も、masaというハンドル名を変更したいと常々思っていたりします。とはいえ、ブログ管理人としては、今さら手遅れか・・・(-_-)
  
【2010/07/10 22:42】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

一連の記事について
一連の記事を全て読みました。
すばらしいの一言です。

現金保有というニュートラルポジションを軽視すること自体、戦略論としても非常に問題を感じています。

>なまじ投資の知識のある人の方が、かえって騙されやすいのかもしれない

一見、長所はメリットを提供してくれそうですが、長所がかえって不幸を招くというスキームに今非常に興味があるところで、いろいろと考えている最中でした。偶然ですが、タイムリーでした。
【2010/07/11 00:28】 URL | makoto #LkZag.iM [ 編集]

投資の理由
「好きだから」「面白いから」でなく資産形成のためなら、所得が高ければやらずに済みますもんね。何ちゃら危機・何とかショックが起ころうが積み立て定期していれば着実に増えていく訳だし。

私は所得に問題あるのでリスク取りますが、預貯金と財形だけの家族もこれはこれでいいな、と思います。貯蓄あると民間保険に入らずに済みますし。
【2010/07/11 15:05】 URL | 眼鏡 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/12 20:06】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/13 21:39】 | # [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>うさみみさん

>なんでも勉強したてというのは、ある種の傲慢さがでるのは自然ですね。

まあそうですね。これには本当に気をつける必要があると思います。賢明な事をしていると思ったら、実は自分が騙されていたというのでは洒落になりませんから。

その点、うさみみさんはブログを見ていても思うのですが、何事においても非常によく考察されていて、素晴らしいと思います。


>>預金王さん

>そもそも仕組みなどが違うように思えるし

これはそうだと思います。国が違う以上、とるべき戦略も違ってくるのが当然のはずなので、この点には注意が必要でしょうね。

ちなみに、私が投資本の名著と書いたのは、「ウォール街のランダムウォーカー」とか、「敗者のゲーム」とかいった本のことなのですが、日本ではこれらの本を超えるような投資本の名著がなかなか見当たらないので、どうしても米国のデータが主体になってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。



>>HTさん

>インデックス投資家の方のブログを見ていて感じていた違和感

私もある種の違和感を感じていました。この違和感こそが、今回のシリーズ記事を書こうと思ったきっかけです。私も、投資と貯蓄のバランスこそが一番重要だと思っています。



>>ピースライトBOXさん

ピースライトBOXという名前に変更ということですが、新しいハンドル名もセンスがあふれていますね。コメント内容も面白いです。
読者の皆さんのハンドル名を見ていると、私ももう少しセンスのいいハンドル名にしたいと今さらながら思うんですけどねぇ・・・。もともとは、このブログ、せいぜい三日坊主で終わるだろうと思っていたので、何も考えずにハンドル名を決めたのですが、まさかこれほど長く続くとは思いませんでした。あと一ヶ月でブログ開設後丸5年とは、管理人もビックリ!です。



>リスク許容度を考慮すると、積極的に投資活動ができないのです・・・。

私も似たようなものですが、預貯金に厚みを持たせることで、投資の価格変動にどうにかこうにか耐えられるようにしています。私などは、特にリスク許容度に対して敏感でなくてはなりませんから、どうしても投資に対しては慎重な態度で挑むことになってしまいます。



>>makotoさん


>現金保有というニュートラルポジションを軽視すること自体、
>戦略論としても非常に問題を感じています。

その通りだと思います。キャッシュポジションは、流動性は完璧で、いつでもお金を動かせる状態なのだから、それを軽視するのはおかしいと思います。

>長所がかえって不幸を招くというスキーム

これは面白いものの見方だと思います。
物事には常にプラスとマイナスの両方の側面があるので、その両者を客観的視点で評価する能力が必要だと思います。


>>眼鏡さん


>何ちゃら危機・何とかショックが起ころうが
>積み立て定期していれば着実に増えていく訳だし。

かつての日本のバブル経済とその崩壊後の失われた10年(あるいは20年?)の中で、一番得をしたのは誰かというと、結局は投資をしないで預貯金だけをしていた人ではないかと思います。過去のデータによれば、預金でもインフレには対応できていましたし、その上デフレでしたから、少なくとも「お金の価値を守るための投資」なんて、する必要はなかったと思います。投資はあくまでもよりリスクを承知の上で、より積極的にお金を殖やそうという行為ですから。
私もお金を失うことを覚悟の上で、リスクをとった投資をしていますが、投資を一切しない家庭というのがあってもいいと思います。逆説的ですが、働いて大金を稼ぐ力があれば、投資をする必要はないと思います。自力で稼ぐ力を磨くことこそが最強の資産形成方法だというのは確かでしょう。「稼ぐに追いつく貧乏なし」という言葉もありますし。

【2010/07/17 22:26】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/482-50220986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もしかすると、なまじ投資の知識のある人の方が、かえって騙されやすいのかもしれない

過去数回に渡り、「預金はインフレに負けてこなかった」という話を書いてきました。過去の記事はこちら。預金がインフレに弱いことを示すデータはどこにもない金融商品の売り手側がインフレリスクを強調する合... お小遣い稼ぎ【2011/05/30 07:45】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。