プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「未来を知ることはできない」ということを金融商品の売り手側の立場から考えてみる
投資においては、どこに投資をすれば儲かるのかということを事前に知ることはできません。このことを金融商品の売り手側の立場から考えてみようというのが今回のテーマです。

もう何年も前の話になりますが、マネー雑誌などで、日経平均2万円を予想する評論家や専門家が大勢いました。金融危機が起きる以前は相場状況もよかったので、それなりの説得力があったのかもしれません。しかし、その後大暴落したのは周知の通り。たまに、その全く逆の予想をする人もいたのかもしれませんが、どちらかというと強気予想の人が圧倒的に多かったように思います。

マネー雑誌というのは金融機関の広告塔と考えて間違いないと思いますが、金融商品の売り手側の立場で考えると、将来の予想がやたらと強気になるのも当たり前です。未来のことを知ることができない以上、予想する未来予想図は、どうしても自分にとって都合のいい未来を描こうとするからです。どんな魅力的なストーリーを描くのも自由なのです。それは予想ではなくて、”こうなって欲しいという願望”に過ぎないのですが、それを読む投資家側も、「将来は株価が上がって欲しい」と願っているのですから、どうしてもそれに乗せられてしまいます。投資家側も、投資をするに当たって誰かに背中を押して欲しいのです。ここにおいて、金融機関の広告塔であるマネー雑誌側と投資家側の思惑は一致します。



こう考えてくると、マネー誌などにおける過剰なまでの強気予想というのは、ただ単に投資家が心の中で望んでいることを未来予想図として与えているに過ぎないと言えます。



金融商品の売り手側や評論家が強気予想をして、投資家がそれに乗せられるというのは毎度おなじみの構図。しかし、これを防ぐにはどうしたらいいのかというと非常に難しい問題です。そもそも、投資家側は将来のプラスリターンを信じているからこそ投資をしているわけですから、強気予想を安易に信じてしまうのも仕方がありません。人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしないものなのです。

それでも、売り手側のポジショントークの乗せられないようにするにはいくつかの方策があると思います。



*マネー雑誌や金融商品の売り手側からの情報はすべてポジショントークに過ぎないという認識の元、極めて冷めた目で見るように心がける。

*長期的にはプラスリターンが予想されるとしても、短期的・中期的には大暴落などで大ダメージを受ける可能性があることを常に念頭に置いておく。そもそも、投資でいうところの「長期」というのが一体どれほどの期間なのかが明確でないし、絶対にプラスになるという保証はない。

*いくら自分自身の頭を使って考えても、結局未来を知ることはできないということをよく理解しておく。重要なのはリターンではなく、リスクであることを決して忘れない。



投資家というのは、どうしても投資に対して過剰な期待を抱きやすくなります。ゆえに、評論家や各種専門家たちの強気予想を信じたくなります。しかし、これには注意する必要があります。これはある意味で冷静さを失っているとも言えるからです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
投資はするのがリスクだと思います・・
>投資家側も、投資をするに当たって誰かに背中を押して欲しいのです。

これは非常に危険です!
まさに、手数料の罠に嵌りこんでいるとしかいいようがありません。
わからなければ投資をしなければいいのです^^;

投資をしないのがリスクといわれている方は、投資をしてもらわないとオレの首が飛ぶ!ということではないでしょうか?

http://allabout.co.jp/finance/gc/20302/
>世の中は、「貯蓄から投資へ」、「お金は銀行に預けるな」の大合唱です。世の中の知識人や経済評論家たちの発言の中には、「資産運用をしない人は愚かだ」、と言わんばかりの論調もあります。
でも、投資ってそんなに大事なことなのでしょうか?
http://www.vanguardjapan.co.jp/vanguardjapan/perspective/risk/risk_home.cfm
>長期間を対象にした調査によると、ほとんどの場合、預貯金など確定金利の金融商品ではインフレを上回る利回りは得られないということが分かります。他方、株式への投資は、長期で見るとインフレを凌駕するといわれています。
>>ご留意事項
上に掲げたパフォーマンスのデータは過去の実績であり、今後の結果を保証するものではありません。
【2010/08/19 22:41】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

>投資をしないのがリスクといわれている方は、投資をしてもらわないとオレの首が飛ぶ!
>ということではないでしょうか?

まあ、そうでしょうね。
投資しないリスクなんて、売り手側の勝手な理屈。相手にする必要なし。
似たようなセールスはいくらでもできそうですね。例えば、「英語を勉強しないリスク」とかいって、やたらと高額な英語教材を売りつけるとか。
【2010/08/29 08:36】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/488-22b9e8ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。