プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初のペイオフ発動のニュースを見て思ったこと
日本振興銀行が経営破綻し、初めてペイオフが発動されたとのことで、大きなニュースになりました。今さらではありますが、投資系ブログとしてこの話題を取り上げないわけにもいきません。そこで今回は、このニュースを見て思ったことを書いてみたいと思います。

まず最初に思ったことは、「このニュースがなぜこんなにも大きく取り上げられるのかがよくわからない」ということです。なぜならば、ペイオフが解禁になったのは、もう随分前の話です。今回、初のペイオフ発動ということでニュースになるのはわかりますが、果たしてそれほど大騒ぎするほどのことなのだろうか、と疑問に感じました。要するに、ペイオフ対策などというものは、とっくの昔に各自の責任において対応が終わっているのが当然のことじゃないかと思ったのです。一つの銀行に1000万円を超えるお金を預けていたというのは完全に自己責任の範疇。預金を返せと銀行に文句を言うのはお門違いもいいところです。逆に、1000万円以下のお金を預けていた人というのは勝ち組ということになるのか・・・?

それから、次に思ったことは、この事件をきっかけに「ペイオフ対策商法」とも呼ぶべきものが出てくるのではないか、ということです。ペイオフ対策商法については、過去の記事でも取り上げたことがあります(下記リンク先を参照)。


ペイオフやインフレより、もっと注意すべきこと


要するに、ペイオフ対策と称してリスクのある投資型の各種商品を売りつけようとする商法のことです。こんなものに騙されてはなりません。少なくとも、ごく普通の一般庶民がペイオフ対策としてすべきことは複数の金融機関に分散預金をするといった程度のことで十分だと思います。ペイオフ発動をもって、預金の不安をやたらと煽る人たちには注意する必要があります。ペイオフなど何も怖くはないのです。

ただ、家族名義で預金をしている場合などには注意が必要かもしれません。例えば、SMBCコンサルティングのサイトにはこんな記述があります。一部を引用します。


ペイオフで預金はどこまで保護される?(SMBCコンサルティング)

-------------引用開始-------------------------------

家族名義の場合でも同一名義として扱われることも

 ペイオフの全面解禁により、金融機関が破たんした場合、元本1000万円とその利息以外は、保護対象外となりました。同一金融機関に複数の口座を開設していても、保護の対象となるのは、あくまでも一人につき1000万円までです。複数の支店に口座がある場合、定期預金と普通預金に分けていた場合も「名寄せ」により合算され、1000万円を超える分は保護対象外です。

 では、家族名義や会社名義の場合はどうなるのでしょうか。基本的には、一人につき1000万円まで保護される点では変わりません。注意しないといけないのは、幼児名義で数千万円の預金を預けていた場合など、明らかに名義貸しと見なされると同一名義として扱われることもあることです。会社名義などの法人口座は一人の預金者として扱われるので、やはり1000万円まで保護されますが、個人事業主で法人成りしていない場合は、個人用と合算して扱われます。

-------------引用終了-------------------------------


どんな場合に名義貸しとみなされるかという点については、きちんと勉強して知っておく必要があると思います。もしかしたら、思い違いや勘違いといったことがあるかもしれません。いざというときになって、名義貸しと判断されてしまってはどうにもなりません。



最後になりますが、もう一つ思ったことがあります。今回のペイオフ発動のそもそものきっかけとなった日本振興銀行の経営破綻に関してなのですが、この銀行の事業内容である、中小企業を対象にした無担保・第三者保証不要の融資というビジネスモデル自体に相当な無理があったということです。既存の銀行から融資を受けることのできない中小企業というのが、一体どんな企業なのかということを考えれば、事業として成り立たせることが非常に難しいという単純な話です。この銀行が破綻したのはむしろ当然の結果であって、破綻すべくして破綻したと考えざるを得ないのです。木村剛氏は、どうも理想論に走りすぎたような気がしてなりません。結局は、理想を見て現実を見ようとしなかったのではないかと。そして、理想と現実の板挟みになり、こんな結果になってしまったのではないかと・・・。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

>一つの銀行に1000万円を超えるお金を預けていたというのは完全に自己責任の範疇。預金を返せと銀行に文句を言うのはお門違いもいいところです。逆に、1000万円以下のお金を預けていた人というのは勝ち組ということになるのか・・・?

この銀行の注意書きに、保護は1000万までと目立つように書かれてましたし、それ以上はいかにも預けにくい(預けられない?)感じでした。
要するに数パーセントの人達は確信犯(欲豚)なわけです^^
私は預けてましたけど勝ち組とは思っていません・・
破綻後も一定期間は金利が付くけども、本来なら満期まで付くわけですから。

預金の分散は絶対必要です!
また億単位の人は預けない方がいい(しつこいか^^;)

今は高金利も消滅しつつあり、大口預金よりも個人向け国債が断然安心です。

【2010/09/16 23:35】 URL | 預金王 #- [ 編集]

冷ややか
大ニュースとして取り上げられたのは、初めてだったことに加えてマスコミが年寄り目線だからでしょ?!とにかく70歳だ80歳のが大慌てで駆けつけていたのが印象的。彼らは今だに金融機関の破綻なんて、別世界のこととおもっているんですよ。

同情は出来ませんね、自業自得ですよ。あんたらまだ金金言ってんの?と冷ややかに見てました。
【2010/09/17 23:19】 URL | dd #mQop/nM. [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

>私は預けてましたけど勝ち組とは思っていません・・

おおっ。預けていたのですね。
今回のニュースを見たときに、破綻しそうな金利の高い銀行にお金を預けたくなりましたよ(そんな銀行、他にあるのかな?)。預ける金額を1000万円までに限定すれば、この戦略は有効か・・・?

>>ddさん

ニュースを見ていて、お金の管理がいくらなんでも甘すぎるという印象でした。
金融機関が破綻するはずがないと、いまだに信じているのでしょうかね・・・。
ただ、年をとると判断力や思考力が著しく鈍ってくる傾向にあると思いますので、この点には注意が必要だと思います。人間、誰しも年をとりますから。

【2010/09/26 07:27】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/492-b4bc2896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。