プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回り(2010年9月22日)
運用利回りです。


-------------------------
運用利回り(2010年9月22日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -28.4%  年間収益率 -9.2%
*STAMグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +4.0%  年間収益率 +3.8%
*STAM新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +10.1%  年間収益率 +12.0%
*STAMグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 -3.8%  年間収益率 -4.6%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 -17.5%  年間収益率 -5.2%
*さわかみファンド  投資収益率 -18.6%  年間収益率 -5.0%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 -12.7%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 -4.6%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 84円25銭、1ユーロ= 113円19銭(ソニー銀行)

※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------

いつもの通り、特筆すべきことは何もないので、簡単に。

相変わらず、円高傾向にあるようです。もっとも、円高といっても、何を基準にするかによって、高いか安いかという判断基準自体が変わってくるのでしょうけど。
プラスになっているのは、STAMグローバル株式インデックス・オープンとSTAM新興国株式インデックス・オープン。特に、STAM新興国株式インデックス・オープンはプラス幅が意外と大きいという印象です。とはいえ、あとはすべてマイナス。保有する金融商品のうち、さわかみファンドとトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドは売却して、日本株式ETF及びSTAMシリーズへ乗り換えの方向で考えてはいるものの、どうも心理的にマイナスの状態では売りたくないので、もう少し様子を見るつもりです。マイナスだから売りたくないというのは、投資家としては合理的判断とは言えないのでしょうけど、なかなかそこまで合理的にはなりきれないのが現状です。

現在、定額積み立てを行っているのはSTAMシリーズの3つと純金積み立てですが、これらは今後も積み立てを継続予定。最近はBuy&forget(買って忘れる)という状態になっているので、積み立ても機械的に淡々と行っています。そういえば、現状のアセットアロケーションを長らく把握できていないので、近いうちにデータをまとめたいと思っています。

いずれにしても、元本割れになろうともただひたすらに積み立てするのみ。それがインデックスファンド投資家がすべきただ一つのことだと思っています。

利回り公開の記事を書いていていつも思うことですが、金融危機以降、ずっとマイナス運用の状態が続いています。私の知る限り、証券投資で金持ちになった人など誰一人としていないわけですが、果たして私はどうなるのでしょう?今後の利回りがどうなるのか、それは神のみぞ知ると言わざるを得ませんが、いずれにしても投資に対して過剰な期待を持たない方が無難だと思っています。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
Buy&Loss(Lost?)
>私の知る限り、証券投資で金持ちになった人など誰一人としていないわけですが

わははは・・
masa様の正直なところは非常に好感が持てます!
証券投資で成功しているのは財務省証券くらいのものでしょう^^

株(内外)の否定はしませんが、控え目にしておくのが安心かもしれません。
為替に関しては、案外短期売買の方がいいかもしれませんね(私はもう手を出しませんが・・)
【2010/09/23 17:39】 URL | 預金王 #- [ 編集]


たしかに私の周りにも証券投資で金持ちになった人はいませんね。
金持ちになり損ねた人は何人かいますが、やはり勝ち逃げは難しいようです。

結局のところ儲かるのは、確実に手数料の入る証券会社だけなんじゃないでしょうか。

人気の投資信託は手数料が3.15%ですが高すぎますね。
ぼったくりのような気がするのですが、いかがでしょうか。

まあ楽して世の中、お金儲けはできないということですか。

不労所得を期待してはだめなんでしょうね、さびしい話ですが。
【2010/09/25 16:10】 URL | ろうちゃ #HfMzn2gY [ 編集]


投資で儲けるヒトはいないということはないと思いますね。私の場合はほぼ1億円、投資利益を積み上げることができました。それが永久かどうかはわからない。投資をしていればリスクを負う。それは間違いないと思います。

小資本で分散を図るということはあまり意味がないのではと思います。インデックス投資をしたうえで更に投資対象を分散するというのはどうか。結局、インデックス投資は勝ち組の企業と負け組みの企業が両立する市場にカネを突っ込んでいるということがどうか。

あとサラリーマン的な運用マネージャーの行うインデックス投資は成長するか、それには懐疑的ではあります。成長企業はもう少し低い時価総額のところに分布するというのが私の投資スタンスで、それにより資産を形成したのです。
【2010/09/26 05:55】 URL | ああ #- [ 編集]


「ああ」さんのように資産を築かれた人の割合は一体、何パーセントなのか。
その辺のデータが欲しいですね。
証券会社は絶対に公表しないでしょうけど、知りたいですね。

インデックス投資は優れていると思います。

ただ皆さん分かっていると思いますが、条件があります。
・最初に全財産をいっきに投資しないこと。
 相場の高い時であれば、非常に危険です。そんな人はいませんか・・・
・ドルコスト法でコツコツと長期に積み立てる。
 長期と言うのは10年ではなく20~30年くらいでしょうか。

サラリーマンが財形貯蓄をするような感覚で、20代くらいから毎月1万円くらいを定年近くまで積み立てていく。
というような投資姿勢であれば、知らない間に大きく資産が増えていたとなるかもしれませんね。

(私の勘違いかもしれませんが、)
企業の配当分(配当率)分は毎年基準価格が上がっていくはずなので、
それを信じてもくもくと積み立てをしていく・・・masaさんの姿勢が正解なのでは?と思います。

ただ投資金額が大きくなりすぎると精神衛生上良くないので、
相場を見ずにほっておくのがいいかもしれませんね。
【2010/09/26 18:16】 URL | ろうちゃ #HfMzn2gY [ 編集]

運用利回りの妥当性
>今後の利回りがどうなるのか、それは神のみぞ知ると言わざるを得ません

まあ・・株式投資(内外のインデックス中心)は上昇していく可能性はあるものの、恐ろしく下落することもありますからね・・
経済状態があまり安定していない人(小企業や仕事に波が大きい業種)は、高リスクが致命傷になるかも。
反面、大きな優良企業の人は(インデックスブロガーのように)資産の大半を突っ込んでもいいかも?(確定年金なども多く貰える可能性が大きい)

ちなみに公的年金は3%の運用でも現実は厳しいようです・・

http://diamond.jp/articles/-/4875
>現状の予想運用利回りである3.2%はまったく非現実的だ。
>>予想運用利回りは、高く見積もると、将来の義務に対して現状を楽観的に評価することになる。常識的には、現在の資本市場で十分達成可能な利回りを想定すべきものだろう。

冷静に考えれば、個人でも似たようなものかも^^;
投資で成功している人は、逆説的に大損を被る可能性が大きい!
【2010/09/26 21:39】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
今回もまとめレスにて。


今回、「私の知る限り、証券投資で金持ちになった人など誰一人としていないわけですが」と書いたわけですが、こういう話題というのは投資系ブログでは恐らく一番嫌われる話題だとは思います。しかし、投資を実践する者の一人として、こうした疑問を感じざるを得ないので、あえてこういう話題も取り上げます。



>Buy&Loss(Lost?)

買って損をするというやつですね。
実は、これが一番正しいのかもしれない・・・。


>金持ちになり損ねた人は何人かいますが、やはり勝ち逃げは難しいようです。

「金持ちになり損ねる」というのは意外と簡単なんですよね。確かにこういう人は珍しくはないのですが、問題なのは、最後までお金を持ち続けることが難しいということなのですよね。



>「ああ」さんのように資産を築かれた人の割合は一体、何パーセントなのか。
>その辺のデータが欲しいですね。
>証券会社は絶対に公表しないでしょうけど、知りたいですね。


このデータ、もし存在するならば私も欲しいところです。
しかし、そもそも最初から存在しない可能性の方が高そうです。つまり、ごく一部の例外を除く、ほぼ全員に近い人が損をしているのではないかという意味ですけど。
思うに、資産形成に成功したのは、顧客ではなくて証券会社自身なんでしょうねー。「顧客のヨットはどこにある?」というジョークもありますしね(この話を知らない人はGoogleで検索すべし!)。もっとも、これを言ってしまってはおしまいですが(^^;)

【2010/10/03 07:54】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


わたしは投資に関しては、いつまでたっても初心者ですが、
毎月、淡々とドルコスト平均法に則って買い続けます、という姿勢に疑問を感じていました。
投資商品には買い時ってものがあるだろう! と思っていました。
いわゆるインデックス投資家の皆様は、何があろうと淡々と買い続けているのだろうと思っていました。
しかし、わたしは一つ大きな事を見逃していました。
「リバランス」です。インデックス投資家の皆様は、定期的にリバランスをやっているのでしょう。
以下の記事を読んで、目から鱗でした。
http://www.morningstar.co.jp/fund/analyst/2010/4q/MFA120101104.html
これは、買い時を探っていることと同じ。リバランスこそ、ドルコスト平均法の極意ではないかと思うのです。
長期間の投資の場合、買い時というのは必ずあります。比率を固定することにより、簡単に今の買い時を見つけることができるのです。
例えば今、GOLDを長期目的で購入してきた人にとっては買い時ではない、ということが簡単にわかるはずです。
masaさんは、リバランスやっていますか?
【2010/11/08 20:16】 URL | ルノア #mQop/nM. [ 編集]

管理人よりコメント
>ルノアさん

>masaさんは、リバランスやっていますか?

リバランスという形では行っていません。本当なら行うべきものではあるのですけどね・・・。私の場合、投資家の悪い見本のようなものですね。ただし、積み立て金額の増減による調整というのは行っていますけど。
リバランスの話は、投資本では必ず出てくる話ですが、インデックス投資ブログを読んでいても、実際に行っているという話が出てくることはあまりないような。

実際のところ、リバランスを厳密に行っている人がどのくらいいるのか、興味がありますね。
しかしどうも、リバランスというのは積み立て投資と矛盾する部分があるような気がするのですけど・・・。こんなことを考えてしまうのも、合理的な投資家になりきれないがゆえんかもしれませんけどね。

まあ、年末にアセットアロケーションをまとめる予定なので、その結果によって、リバランスを行いたいとは思っています。いくらなんでも、全くしないというのも問題なので。

【2010/11/14 08:41】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/493-3526ee43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。