FC2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
問題なのは、投資に消極的なことではなく、リスクに対する考え方がおかしいことだ
以前に書いた記事、「日本人は株嫌い」という通説は正しくないにおいて、私はこう書きました。



「日本における投資に関する最大の問題は、投資に消極的なことではなくて、リスクを抑えるとかリスク許容度といった、リスクの概念が完全に欠落している人が多いことだ」と。



この記事で書いたように、日本人は必ずしも株嫌い・投資嫌いではないと思います。問題なのは投資をするときのリスクのとりかたがおかしいことだというのが私の基本的な考え方なのです。よくあるのは、極端な安全志向に陥っていて預貯金オンリーでリスクを一切とらないというパターン。その一方、いざ投資をするとなったときには、分散投資やリスク許容度という概念が全くなく、ハイリスクな集中投資をするなど、リスクを抑えるという考え方が存在しなかったりします。とにかく問題だらけという印象です。要するに、リスクというものを0か100かという両極端な捉え方をしていて、リスクをとるかとらないかという二者択一しかなく、その中間点とも言うべき「どこまでならリスクをとれるか」という思考が欠落している人が多いのではないかということです。これではまともな投資はできません。

実際、投資に関する考え方やリスクに対する認識がおかしい人はけっこう多いと思います。ちょっとでも元本割れになったら大騒ぎする人。大きなレバレッジをかけるなどして、病的なまでに大きなリスクをとりたがる人。極端な”元本割れ恐怖症”に陥っていて、預貯金しか認めないという人。また、なぜか若い人たちの間に毎月分配型ファンドが人気だったりします。

ここ数年の間に、インデックスファンドによる国際分散投資という考え方が段々と根付きつつあるという印象はあるのですが、それでもまだまだ一般的とは思えませんし、数多くの誤解も残っていると思います。インデックスファンドによる国際分散投資に対するよくある誤解としては、「インデックスファンドで国際分散投資していれば元本割れにはならないはずだ」という思いこみ。当たり前の話ですが、どんなに無難な投資であっても、損失を抱え込むということはあり得ます。絶対に損をしない投資方法など存在しないのだから当たり前です。

私は「投資に対しては慎重であるべきで、いたずらにリスクをとるべきではない」というのが基本的な考え方なわけですが、その根底にあるのは、リスクに対する考え方がおかしい人があまりにも多すぎるということによります。リスクをゼロにすることはできませんし、またリターンをコントロールすることもできません。しかし、リスク許容度という概念をきちんと理解できる人であれば、投資はなんら怖いものではありません。結局、一番大切なことは、リスク分散やリスク軽減、リスク許容度の概念を学ぶことだと私は考えます。それをしっかりと理解できる人であれば、投資はお金の運用手段の一つとして非常に有意義なものになると思います。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

もっともな話だと思います。

おそらくリスクとかリターンというのは、お金が増える減ることに直結しますので、「感情的」になりやすいのでしょうね。

感情的になっているところへ、理性的に考えなさいといっても、無理な話なのかもしれません。

もう一つ思ったことは、リスク許容度を含めての全体をマネジメントする戦略的視点が足りないと思うことです。
人間はとかく間違った結論を持ちやすく、それを疑う気構えが重要だと思います。
【2010/10/01 17:14】 URL | m #LkZag.iM [ 編集]

こんばんは
うさみみ自身、自分にあったリスクの取り方がわかっていないので、何とも言えませんが、一定の考え方であり続けるというのが人間が苦手なのかもしれませんね。

結局、自分が思ったことに、必要な理屈付けをすることの方が多いと思います。
自分がそうですから。

もし、有効な考え方があるとするならば、全員その方向に走るので、それを追求しすぎてもしかたがないのかななんて思ったりしてます。
自分で考える事が大事だし、勉強すれば考え方も変化して行くものだろうし、なかなか答えにたどり着くのは難しそうです。
たどり着いたと思った時には、もうすぐ寿命が尽きるなんて感じだったりして。
【2010/10/01 23:16】 URL | うさみみ #- [ 編集]

他人まかせ
日本人は何事も他人まかせの傾向があるからね。それを知っている金融機関の思惑に誘導されっぱなしで来たから、投資ってものを深く考えなかったんじゃないの?
それと投資=バクチとか偏った考えがあるし、真剣に考える対象から外れていた気がする。
【2010/10/02 00:02】 URL | dd #mQop/nM. [ 編集]

投資とは儲ける(利益が出る)もの
>極端な”元本割れ恐怖症”に陥っていて、預貯金しか認めないという人。

私はある程度、恐怖感を持つべきだと思います・・
投資とはそもそも元本が割れている状態(利益が出ていない)では失敗であり、長期金利が1%なのに10年定期が0.2%という状態も損をしています。

最近は積み立てという気休めで投資を煽る評論家(売り手)も多いですが、そもそも借金(主に住宅ローン)があって投資できない状態の人にまで売りつけようとします(確実に金利分損が出ます!)
もちろん大きな余裕のある人はいいと思いますが、単によくわからないけど投資してみるというのは完全なバクチです^^

http://kurasse.jp/member/ogiwara/note/155475
>投資は「大きな得を生むこともありますが、「大きな損を生む」こともあります。そして、今、多くの人が、この損で死ぬ苦しみを味わっています。夫の退職金を増やそうとこっそり投資に回して大損失を受け、夫婦仲もめちゃめちゃになって離婚された主婦や、自己破産してしまった人など、悲惨な状況がたくさんあります。
まず、投資をするなら、そのお金を無くしてもいい覚悟で臨むべきでしょう。
【2010/10/02 10:15】 URL | 預金王 #- [ 編集]

私もおかしかった^^;
リスクに対しての考え方は、日本人の場合、おかしい人が多いのでしょうね。
私も、おかしかったです。

でも金融投資を始めて間もない人は、おかしいというか未熟なのが当たり前だと思います。
その未熟なのに、大金を投資してしまうことに問題があるのでしょうね。
怖いもの知らずというか。

株はハイリスク・ハイリターンですが、最初の頃はハイリスクとはまったく思わず、
けっこうな額を投資していました。
結果的に、大きく塩漬け株を持つことになりましたが(-_-;)

やはり学校教育の中でこれからはお金のことも教えていく必要があるのでしょうね。
株はハイリスク・ハイリターンなので、初心者(いや中級者も?)は手を出すな! くらいの教育は必要でしょう。

【2010/10/02 21:52】 URL | ろうちゃ #HfMzn2gY [ 編集]

失敗の経験がリスクを意識させる。
私は「会社の社内預金」「郵便定額貯金」「国債積立」「財形貯蓄」「年金共済」全てガチガチの安全資産の世界から、投資信託(リスク資産)の世界に入りました。もう十数年昔のことです。

リスク資産の投資を始める時に「これからは元本の保証は無く、損失が出れば自己責任だ」と自分に言い聞かせてました。ドルコストで「日経平均連動の投信」積立開始しました。

開始して少し時間が経過して、相場が上がり少し利益が出ました。ここぞと思い手持ち資金をつぎ込み「スポット投資」しました。数ヶ月してからは、相場はドンドン下がり続け、そこから長期間の低迷期に入りました。元本割れの時代が長く続きました。

この長期低迷期に沢山の投資に関する書籍を読みました。「リスク許容度」「コスト意識」
「投資地域分散」「リスク資産分散」「通貨分散」し超長期で、ゆくっりとコツコツ休まず「継続」させる事を身に付けました。それを実践し続けました。

相場が少し回復して、元本割れが反転して利益が出ました。米国ダウも高値を更新し、新興国も飛躍をとげ、ドル・ユーロも絶好調・公定歩合も高位、ウハウハの状態でした。相場低迷期にコツコツ投資してきた成果が出ました。

幸運は長続きしません。少しして、突然「100年に一度の危機」が訪れました。この時、前の失敗から被害に耐える事が出来ました。米国・欧州・は不況から抜け出すのにまだ時間がかかりそうです。日本はもっと大変みたいです。ドルもユーロも安くなったままです。

でもリスク資産への「投資」はコツコツと続けます。資産運用には「定年」はありません。
未来を信じて、失敗を繰り返しながら進みます。
【2010/10/04 21:51】 URL | オーク X32 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>mさん

>もう一つ思ったことは、リスク許容度を含めての全体をマネジメントする
>戦略的視点が足りないと思うことです

同感です。
リスクマネジメントできずに、リスクに振り回される人の方が圧倒的に多いという印象があります。


>>うさみみさん

>結局、自分が思ったことに、必要な理屈付けをすることの方が多いと思います

まさしく。
理屈というのはすべてにおいて、常に後付けによるものだと思います。


>>ddさん

>日本人は何事も他人まかせの傾向があるからね。

これ、大きいでしょうね。「みんながやってるから」とか、周りの人に流される傾向が強いと思います。投資もしかり。


>>預金王さん

>私はある程度、恐怖感を持つべきだと思います・・

もちろん、これも重要です。大事なのはバランスのとれた思考ということですね。
リスクゼロとハイリスクの中間点の落としどころを自分なりに考えると言うことで。


>>ろうちゃさん

>でも金融投資を始めて間もない人は、おかしいというか未熟なのが当たり前だと思います。
>その未熟なのに、大金を投資してしまうことに問題があるのでしょうね。
>怖いもの知らずというか。

これこそが、私の一番言いたかったことです。
未熟であることを知ってかしらずか、無謀な投資をする人は少なくありません。
投資を始めたばかりの人は、きちんとしたリスクのとりかたがわかるはずがないので、慎重であってしかるべきだと思います。
その投資を始めた時期というのが、たまたまバブル経済の絶頂期だったりすると、調子に乗ってしまいがちになるのですよねぇ・・・。



>>オークさん


>失敗の経験がリスクを意識させる。

この言葉にすべてが集約されてますね。
失敗をしつつ前に進む。これが大事なのだと思います。

ただ、この失敗というのは、あくまでも小さな失敗に留めなくてはならず、経済的な致命傷を負うものであってはならないわけですけど。


【2010/10/09 21:18】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/494-93442cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

問題なのは、投資に消極的なことではなく、リスクに対する考え方がおかしいことだ

以前に書いた記事、「日本人は株嫌い」という通説は正しくないにおいて、私はこう書きました。「日本における投資に関する最大の問題は、投資に消極的なことではなくて、リスクを抑えるとかリスク許容度といっ... お小遣い稼ぎ【2011/05/30 07:34】