プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資で忘れがちな「商品を購入している」という感覚
私は、投資を始める前に様々な投資本を読んで投資の勉強をしてから投資を始めたわけですが、このことは結果として非常によかったと思います。その一方において、事前に投資の知識を何も身につけないまま、いきなり投資を始める人も少なくありません。しかし、投資の勉強をしないまま、投資を始めるのはあまりにも無謀過ぎます。特に、予備知識なしで投資信託を購入する人は、投資のことを預貯金と同じように考えている節があります。しかし当然のことながら、預貯金と投資とでは全く異なります。

投資というのは、ただ単に金融機関にお金を預けているということではありません。投資というのは金融商品を購入するということです。商品を購入するのですから、自分が買おうとしている商品について、事前に知識を仕入れ、十分に吟味するのは当たり前のことです。例えば、10万円を投資するケースを考えてみると、これはつまり、10万円で金融商品という”商品を買う”のと同じです。100万円を投資する場合であれば、100万円の商品を購入するということです。

この点については私もあまり偉そうに言える立場ではないのですが、どうもお金の使い途が投資ということになると、大金をポンと出すことに対してあまり抵抗を感じなくなりがちです。高額な電化製品や家具、クルマなどを購入するときには、カタログを見て商品を比較検討したり、ネットで口コミ情報を調べたり、そもそも購入の必要性があるかどうかなど慎重に吟味する人が、こと投資になると何の警戒もなしに簡単にお金を出してしまうというのは珍しくありません。


投資というのは、れっきとした商品購入だということを忘れるべきではありません。当たり前のことですが、預貯金とは異なり、リスクのある投資には元本保証などありません。それは紛れもなく、”お金を使っている”のです。商品を購入しているのだという金銭感覚を決して忘れてはならないと思います。


そして、そのことをしっかりと理解しておくためにも、投資を始める際には、事前に十分な投資や金融の知識を自分で勉強してしっかりと身につけておく必要があります。投資学習なくして投資なし、ということです。


最後にもう一つだけ。
事前に十分に投資の勉強をしてから投資を始めることの最大のメリットは、何らかの要因で投資判断に迷ったときに、原点に帰ることができる点だと思います。私も、金融危機の大暴落の最中には、私の投資の原点とも言うべき、バートン・マルキール著「ウォール街のランダムウォーカー」を読み直したものです。投資を勉強することなしに投資を始めた人の場合、そもそも最初から戻るべき原点が存在しないので、投資判断に迷った困った場合の判断規準が何もありません。結果として、間違った判断を下してかえって深みにはまったり、不安に振り回され、どうしていいかわからずに右往左往するしかなくなってしまう恐れがあります。そうした事態を避けるためにも、投資の事前学習は必要不可欠だと言えます。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
その典型が
その典型が「生命保険」でしょ。

生保各社の狡猾さと日本人の気質とが相俟って、とんでもない詐欺的商売がまかり通ってきましたからね。「〇生のおばちゃん」なんか最も成功したイメージ戦略だと思うよ。
【2010/10/14 23:33】 URL | dd #mQop/nM. [ 編集]

投資判断は難しい
投資の場合、いいと思っていたことが裏目に出ることもありますからね・・
ラ○ダ○ウォーカーの本もバ○ガードの宣伝くさいとこもあるし^^;
日米どちらでも金融の教育が遅れているように思います。(日本人は米国の投資に憧れ、米国人はキリスト教を中心として貯蓄へと進んでいる)

きちんとした投資理論の教科書を、証券会社のバイアスで歪まないように作ってもらいたいものです。
【2010/10/15 05:34】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント:コメント欄でトラブル発生
管理人です。
どうやら、ブログのコメント欄がトラブルを起こしているようです。
過去の記事に管理人コメントを書こうとしたのですが、何度か失敗しました。

頂いたコメントも一部が消えてしまっている様子・・・。
【2010/10/16 21:23】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


預金と投資は違うというのはどうでしょうか。むしろ、預金も投資だし、銀行という機関に預けている点で生命保険と同じです。ある意味投資信託と同じです。そうしたエージェンシーコストを知らず知らずのうちに払っています。

私の場合は生命保険には入らず、預金もあまり残さず、投資信託コストもかけず、直接運用を心がけています。今の時代は、情報が機関投資家と個人投資家はほぼ互角なので、直接運用が一番カネが溜まると私は考えています。
【2010/10/17 18:28】 URL | ああ #- [ 編集]

買わなければコストはない
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/trend/yamazakidojo/20101013-OYT8T00868.htm
>どんな商品であろうと、購入を見送った時点で、投資家が損をすることはない。窓口で「このチャンスを逃すともったいない」と言われても、購入を見送った時点で損をするのは、セールスに手間とお金を掛けた売り手の方だ。

大デフレと呼ばれるココ10年・・儲けたのは金融業者だけだ!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:CPI2007.png
以前、他のブログで長期国債は低くない!と叫んだが、今やCPIとの比較では年利数パーセント上昇していることになる・・
他方、リスク資産は為替規制があり、海外資産に一般的に投資できるようになったのはココ10年
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/toshin/ranking/20100401-OYT8T00314.htm
>>残念なことに1989年末時点で外国への投資を思いついたとしても、外国株式や外国債券に投資を行うファンドで20年前から現在まで継続しているものはありません。

つまり、儲かる方向に売り手(のセールス)はいない。
【2010/10/18 14:06】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>ddさん

確かに、生命保険は、「商品を買っている」という認識がありませんね。
加入するのが当たり前というようなイメージが強い・・・。


>>預金王さん

宣伝くさい部分も多々ありますが、それでも「ウォール街のランダムウォーカー」はまだかなり良心的な方だと思います。
ちなみに、ジョン・C. ボーグル氏の著作の場合、いくらなんでもポジショントークが過ぎるという印象を持ちましたけど。


>>ああさん

投資家視点で見ると、預金も投資の一種ですが、今回はその話はあえて除外しています。
(それ言うと、今回の話が成り立たないのよ・・・)
まあ、投資を実践している人を除けば、一般的に言って預金と投資というのはやっぱり別物ですし、Wikipediaで「金融商品」の項目を調べると、預金は法令上は金融商品に含まれないとの記述もあります。

どういう運用の仕方がいいかは人によって異なると思います。少なくとも、私自身は直接運用でお金を殖やす技量は持ち合わせていませんから、残念ながら直接運用はあり得ません・・・。
【2010/10/30 17:23】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/496-60aee308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。