プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融商品は誰のためにあるのか
世の中には様々な金融商品がありますが、その中には少なからず問題のあるタイプの商品も少なくありません。これについては、吉本 佳生著「金融広告を読め」がわかりやすいと思います。この本を読んだのはもうずいぶん前の話ですが、素晴らしい名著でした。一方、この本を読んでいて思ったことがあります。


金融商品というのは、一体誰のためにあるのだろうか、と。


これはもちろん、売り手側の手数料稼ぎのためなのでしょうけど、それにしてもいささかやり過ぎではないかという印象が非常に強いのです。金融商品の広告を見ていると、本当は不利な商品であるにも関わらず、顧客が「これはいい商品だ」と勘違いすることを期待しているとしか思えないものがけっこう見受けられます。むしろ、ごく一部の商品を除けば、ほとんどがそうした商品です。まともな商品は滅多に見かけません。どうにも、商品の企画の段階からして、客を騙してでも利益を出そうとでも言わんばかりの顧客軽視の姿勢が見えるような気がしてなりません。こうした姿勢というのはこの業界ならではではないかと思います。もちろん、どんな業界・どんな会社であっても、自社の製品をいかにもいい製品であるように宣伝するものですが、金融商品の場合には、それが極端なレベルにまで達しているとしか思えません。


投資を始めるときには、何よりもまず、騙されないための知識が必要になってくるのですが、売り手側に騙されないための努力が必要だというのは、いささか異常な世界だと思えてなりません。これは金融商品の世界ならではと言えそうです。


投資においては、投資本来のリスクとして信用リスク・価格変動リスク・為替リスク・金利変動リスク・流動性リスク・カントリーリスクなど様々なリスクがあります。しかし、実際にはこれらのリスクに加えて、金融商品販売業者に騙されるリスクが存在するわけで、実はこれが一番ハイリスクだと言わざるを得ないのです。

ピーター・ドラッカーは、「企業の目的は顧客の創造である」と述べています。しかし、金融商品販売業者の世界に限っては、その営業姿勢を見る限り、「企業の目的はカモを創造し、騙すことである」と言われても仕方がないように思います。この業界には顧客満足度とか、顧客の利益を考えるとかいう姿勢は存在しないのか?と考えてしまうのです。

もちろん、投資の世界においては投資詐欺の類も少なくないので、騙されないための知識は必須だというのは間違いないのですが、大手の金融機関の取り扱っている合法的な商品に対してでさえも疑ってかからなくてはならないというのは大きな問題だと思います。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
詐欺と五十歩百歩
カネを扱う業者の大部分が詐欺的要素タップリ。カネをモノやサービスに変換することなく、カネのまま儲けようという姿勢には社会貢献とかが感じられない。業者も業者だが客も客・・・両者の金欲が創り上げたシステムですな。
【2010/11/12 08:17】 URL | dd #mQop/nM. [ 編集]

ETFがあれば後は不要
ETFを手数料の低いトコで買えば、後はよけいな商品を買わなければいいんじゃないでしょうか?積み立ても金額には十分注意するべきだと思います(キャッシューフローの奪いあい)
損をしたくなければ元本保証物に集中すべきです。
証券会社は損をさせるリスク(危険)があることを解って(煽って??)売っています。

私はバクチと割り切ってリスク資産を購入してますが、リスクは変動ではなく危険資産!ということです^^;
【2010/11/12 09:44】 URL | 預金王 #- [ 編集]

金持ちのため?
ごくごく一般的な株式投資でもハイリスク・ハイリターンです。
インデックス投資をしていても同様ですが、紙切れになるリスクは減りますね。

しかし元本が2倍になったり半分になったりって、どんだけハイリスク・ハイリターンですか。
怖くて大金は投資できません・・・

けっきょくのところ、金融商品は余裕のある金持ちのためのものなのかもしれませんね(^_^;)

普通の人は失っても生活してけるだけの投資額にするべきでしょう。

しかしアメリカ人は、なぜ有価証券の保有率が高いのでしょう?
誰か教えてくれませんか。
・人種的にギャンブラーなのか
・売買手数料が格安なのか
・金融知識・能力が高いのか





【2010/11/13 21:38】 URL | ろうちゃん #HfMzn2gY [ 編集]

管理人よりコメント
>業者も業者だが客も客

そういうことでしょうね。日本人は品質に関しては恐らく世界一うるさいのではないかと思いますが、こと金融商品の分野に限ってみれば、まったく品質にこだわっていないように思えます。買い手側である顧客側にもっときちんとした選択眼があれば多少はマシになるでしょうけど、どうにも期待薄です。


>ETFがあれば後は不要

結局はこの一言に尽きますね。ETFとインデックスファンドくらいしかまともな商品はないと思います。
あとは人によっては個別銘柄が入ってくるのでしょうか。個別銘柄はどうしても集中投資になってしまい、結果としてもハイリスクになるので個人的にはお勧めしませんけど、投資の王道でもありますから。


>しかしアメリカ人は、なぜ有価証券の保有率が高いのでしょう?


これについては以前に少し書いたことがあります。

「日本人は株嫌い」という通説は正しくない
http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/blog-entry-483.html

どうやら、「大衆レベルでは、米国の家計よりも株式保有量が多い」ということのようです。米国では格差が大きく、一部の富裕層に極端に富が集中しているため、全体としての投資比率を大きく引き上げているとのことです。

もっとも、この手のデータも、分析のやり方次第で、どんな結論でも出せそうな気がしないでもありませんが・・・。

【2010/11/21 10:27】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/499-2b213579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。