プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天引き積み立て貯金の威力
「稼いだお金の一部は自分のためにとっておく」

いくつかのマネー本に書かれていた言葉です。最初にこれを読んだとき、意味がよくわかりませんでした。「稼いだお金は、当然すべてのお金が自分のものなんじゃないのか?」と。
しかし、よく考えてみると実際は違うのですね。給料としてもらったお金はまず税金を引かれます。次に、各種支払が待っています。たとえば、家賃、水道光熱費、各種保険料、食費などなど。それらを差っ引いて残ったお金が本当の自由になる自分のお金。しかし、そこからさらに外食、飲み代、雑誌、贅沢品、その他もろもろのお金を使ってしまうと残りはほんのわずか。最悪、お金は残らず、ちっとも貯金できないというわけです。

私のように独身者の場合、「給料すべてが小遣い!」という人もいるでしょうが、そんなことをしていてはお金を貯めることは不可能です。

なので、給料の一部は「最初からなかったもの」と考えた上で、天引き貯金してしまうわけです。これはまさに自分に対する支払であり、さらに言えば未来の自分自身に対する支払であるといえます。

最初は大変ですが、少々ムリをしてでもこれを続けていくと、馬鹿にならない金額になってきます。そして、それこそが、将来、「金の卵を産むにわとり」になります。すなわち、お金がお金を生み出すための原資となるわけです。


また、別の寓話風にたとえて言うとこうなるでしょう。
「今ここに木の実があります。これを今食べてしまうとそれで終わり。でもこの木の実を地面にまいて育てていくと、やがて大きな木に成長し、毎年食べきれないほどのたくさんの木の実を実らせることになるでしょう」

天引き積み立て貯金。これがすべての始まりとなります。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/5-fe193c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。