プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貯蓄が得意であるからといって、投資に向いているとは限らない
今回の話は、貯蓄家に求められる能力と投資家に求められる能力の違いについてです。当たり前の話ですが、貯蓄と投資とでは、必要とされる能力や知識は根本的に異なります。

まず貯蓄の方ですが、端的に言うと、これは能力も知識もほとんど不要。必要なのは、いくらかの稼ぎと、貯金をする習慣、そして節約の実践。ただこれだけ。これは知識というよりもむしろ、単なる生活習慣の問題です。もちろん、貯蓄の苦手な人にとっては、これとて身につけるのは難しいと言えますが、高度な知識が求められるわけではありません。
それに対して、投資の場合は全く違います。何が異なるかと言えば、なんといっても金融分野全般の知識が必要だという点。これがなければ、投資詐欺を見抜くこともできませんし、詐欺まがい商品の問題点を見つけることもできません。また、自分にとって相応しい金融商品を選ぶこともできません。当たり前の話です。

しかしながら、投資にまつわる様々なトラブル事例を見ていると、貯蓄家としての能力しか持っていない人が、投資の世界に安易に足を踏み入れているケースが少なくないと感じます。これはもしかしたら、貯蓄が得意であることをもって、投資をする能力があると勘違いしている人が意外と多いのかもしれません。

投資をするためにはそれなりのお金を持っていることが最低条件なので、お金を貯める能力が重要だというのは確かですが、それだけでは投資をする能力としては全くもって不十分過ぎます。貯蓄家としての知識や能力しか持っていない人が、うっかりと投資の世界に足を踏み入れると、大体において大変な目に遭うのがオチです。

金融商品の知識がなく、商品の良し悪しが判断できない。自分のリスク許容度がわからない。お金を貯める能力を金融リテラシーと勘違いする。これではどうにもなりません。

貯蓄一辺倒の人が投資を始めた時に一番動揺するのは、なんといっても元本割れに直面したときだと思います。元本割れというのは貯蓄の世界ではほぼあり得ない特殊な現象。お金を大切にしている貯蓄家にとって、元本割れというのは非常にシビアな状況です。その時に冷静な判断ができるか。それを投資のリスクとして受け入れるか。投資から撤退するか。焦って損失を取り戻そうとしてますます深みにはまるか。貯蓄家としてではなく、投資家としての判断力が問われるときでもあります。このときに適切な判断を下せない人は投資には向いていないと思います。このタイプの人は、おとなしく貯蓄だけに留めていればいいのです。


貯蓄能力というのは投資家にとっては必須ではあるものの、逆に極端な貯蓄好きの人は投資に向いていない可能性も大いにあり得ます。貯蓄が得意であるからといって、投資に向いているとは限らないということを、よく理解しておいた方がいいと思います。人間、お金がある程度貯まって小金持ちになると、より大きなリターンを求めて投資を始めたくなるものなので、特に注意が必要です。

貯蓄家が投資家になるためには、相当な時間をかけての勉強が必要不可欠です。下手な投資は、実に簡単にお金を減らしてしまうので、あらゆる節約術や貯蓄術を台無しにしてしまう恐れがあります。ただし、いくら金融や投資の知識を深めたところで、投資のリスクをゼロにはできないので自ずと限界があるのも事実ですが。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
精神力
私見だが、投資家にとって最も必要なことは「重圧に負けない精神力」だと思っている。それが金融経済知識の習得で身に付くかといえば、ノーでしょう。学者やアナリストの多くがサラリーマンで一生を終えますから。決断力とか実行力のような精神的タフネスに加えて知識があれば鬼に金棒かと・・。
【2010/11/19 22:31】 URL | dd #mQop/nM. [ 編集]

貯蓄もいいかな、と。
株、FX、不動産と負け続けてきた私としては、最近は貯蓄もいいかな、と見直し始めてるところです。
今投資の知識無い人から「お奨めは?」と聞かれたら、ボーナスキャンペーン時期の1年定期預金を奨めますね。国債・社債より下手したら利率いいですから。ただし、1000万円まで。

私自身は投資で射幸心を求めてるところもあるので、やはり投資派ですが。
【2010/11/20 09:09】 URL | ひで #- [ 編集]

何もしない
結局のところ、庶民は何もしないのが一番ではないでしょうか。
庶民レベルの貯金でする投資で儲かってもしれています。
お金を投資することに時間をかけるより、自分へ投資したほうが長い人生、数倍、有効でしょう。

と言っても、あぶく銭は嬉しいものです。
なぜ不労所得は、嬉しいのでしょう。

なかなか、分かっていても私自身、やめられません(-_-;)

【2010/11/20 19:35】 URL | ろうちゃん #HfMzn2gY [ 編集]


こんばわ~、masaさん。

面白い切り口ですね。
投資は、いかに損に対して耐えられるか、、、その1言に尽きるような気がします。
1000万円投資して、500万円くらいの損失は、サブプライム問題で投資家の殆どが体験したのでは?って思っていますが。このような状況に耐えられない人は、貯蓄家としてこつこつ貯めるのがいいと思ってたりします。

普通に貯蓄していても数%の利子がつくような時代ではないので、私は貯蓄家なんかになれませんけどね。増えませんから。ぇぇ、損失にはもう慣れましたし、そういう意味では立派な(?)投資家なんでしょう(苦笑。

今は、資金さえあれば、投資先がタクサンあっていい時代だと思います。資金さえあればですが。
【2010/11/25 00:01】 URL | 煙々 #RaJW5m0Q [ 編集]

管理人よりコメント
>>ddさん

同意。強い精神力は必須。これを身につけるのは簡単ではないのも確かですが。


>>ひでさん

貯蓄には貯蓄のよさがあり、投資には投資の良さがあるということでしょうね。


>>ろうちゃんさん

何もしない方がいいというのも一面の真理。
自分が投資向きか貯蓄向きかを知ることが第一でしょうね。
投資分野では向き・不向きが非常に大きいでしょう。


>>煙々さん

今回の話の要点は、お金を貯める能力と運用する能力は全然別物ということでした。ついでに書いておくと、お金を稼ぐ能力とお金を運用する能力もまた全く異なると言えるでしょう。また、投資に関する知識を持っていたとしても、現実にお金を運用したとき、精神的にリスクや元本割れに耐えらないという可能性もあり得ますね。難しいものだと思います。

【2010/11/28 14:41】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/500-7fe27b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

貯蓄が得意であるからといって、投資に向いているとは限らない

今回の話は、貯蓄家に求められる能力と投資家に求められる能力の違いについてです。当たり前の話ですが、貯蓄と投資とでは、必要とされる能力や知識は根本的に異なります。まず貯蓄の方ですが、端的に言うと、... お小遣い稼ぎ【2011/05/31 15:05】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。