プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回り(2010年11月21日現在)
運用利回りです。


-------------------------
運用利回り(2010年11月21日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -28.0%  年間収益率 -8.6%
*STAMグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +4.9%  年間収益率 +4.2%
*STAM新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +12.0%  年間収益率 +12.2%
*STAMグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 -5.1%  年間収益率 -5.4%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 -14.7%  年間収益率 -4.1%
*さわかみファンド  投資収益率 -16.3%  年間収益率 -4.1%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 -13.8%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 -3.9%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル=82円23銭、1ユーロ= 113円98銭(ソニー銀行)


※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------

プラスなのは、STAMグローバル株式インデックス・オープンとSTAM新興国株式インデックス・オープン。それから正確な数字は把握していませんが、純金積み立てもそれなりにプラスになっていると思います。それ以外はすべてマイナス。ポートフォリオ全体としては完全な元本割れであり、現状では全然ダメダメという状態です。

過去の貯蓄状況及びリスク資産の運用状況を総括してみると、預貯金による貯蓄そのものは極めて順調に推移しているものの、投資の方が資産形成の足を大きく足を引っ張っていると言わざるを得ません。投資が資産形成に何ら貢献していないというのはなんとも皮肉なことですが、まあこんなものなのかもしれません。

もっとも私の場合、元本割れについては投資を始めると決めたその時から受け入れる覚悟はしていましたので、別に構いはしません。もとより預貯金のみでガチガチに固めるつもりはありませんからなおさらです。投資で資産形成が本当にできるのかというのは、ある意味で自分自身の人生を賭けた一つの壮大な実験でもあるので、今後も推移を見守りたいと思います。しかし、現状を見る限り、投資で資産形成をするのはかなり難しそうです。やれやれ。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
とんとん?
こんにちはmasaさん。
運用利回り、なかなか苦戦していますね。
ただ現状の世界不況、円高の状況を見れば良いところのような気もします。
世界、日本が好景気の時期に売却できれば、かなりの利益になるのではないでしょうか。
しかしインデックス以外の、トヨタとさわかみが微妙ですね。
相場が高い時に買われたのかな。
インデックス投資はやはり、財形貯蓄にように毎月定額を積み立てて、ほったらかしがいいのでしょうかね。

【2010/11/27 09:48】 URL | ろうちゃん #HfMzn2gY [ 編集]

管理人よりコメント
>>ろうちゃんさん

金融危機以前の積み立て分の影響が非常に大きいようです。
もっとも、投資がそんなに甘いものではないことは最初から認識していたことなので、投資が資産形成の足を引っ張っているといっても、別に意外でも何でもないのですけどね。
いずれにしても、私は預貯金と投資のバランスを重視するタイプであり、結果的に投資が失敗に終わっても、致命傷を負うことはないので、特に問題はありません。
それに、投資をする以上、損失を出すのは最初から覚悟の上ですからねぇ。

【2010/12/05 08:22】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


不思議ですね。最近の市場環境は結構プラスにシフトしているので、投資した資産ほとんど全部プラスになっているんですけどね。インデックス投資が儲からないとも思えないが、市場全体というより、高配当銘柄特化型とか業種特化型とか、なんか着眼点を絞った方がいいのでは?
【2010/12/06 07:56】 URL | ああ #- [ 編集]

だいたい3年前・・くらいから
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=54313013&ct=z&t=5y&q=l&l=off&z=n&c1=54314013&c2=22311057&c3=&c4=&y=on&v=on&bc=%E6%AF%94%E8%BC%83

皆、暴落前から積み立てていた人が多いのでしょう。
外債がヤラレが少ないように見えますが、期待リターンも低いですから円債で十分かもしれませんね・・

グローバル好配当株は成績がよくないように感じます。
【2010/12/06 13:05】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
金融危機以降に積み立てしている分についてはプラス傾向にあるのですが、いかんせんポートフォリオの大部分はそれ以前の時期に購入していたものなので、それによるマイナスの影響が大きいのです。
着眼点を絞るといっても、下手にそれをするとかえって失敗して傷を広げる可能性が高いので、あくまでも市場全体に投資する方針を崩すつもりはありません。それがいいか悪いかは、今後の状況次第ですが。
【2010/12/12 16:14】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/501-bc1263e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。