プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金が貯まらない人に共通する生活習慣
今回は、以前の記事、お金の貯まる人に共通する生活習慣(2)の逆パターンで、お金が貯まらない人の特徴について書いていきたいと思います。これについても、いろいろな見方があるのですが、思いつくままにいくつか取り上げてみたいと思います。



*「必要なもの」と「欲しいもの」の区別がついていない

「必要なもの」というのは、人が生きて生活していくために絶対に欠かせないもののことです。衣食住にかかる最低限度のお金がそれに該当します。「欲しいもの」というのは、生きていく上では必ずしも必須とは言えないけれど、あれば人生や生活を豊かにしてくれるもののことです。お金が貯まる人の場合、この両者を明確に区別しているものですが、お金が貯まらない人の場合、その区別が極めて曖昧であることが多いものです。端的に言うと、なんでもかんでもが「必要なもの」に分類されてしまっているということです。



*買い物それ自体が自己目的化している

お金が貯まる人が何かを買う場合、それが「必要なもの」か「欲しいもの」かに関わらず、少なくとも必要性があるからこそ買っているわけです。それに対してお金が貯まらない人の場合には、商品が欲しいからというよりもむしろ、商品を選んで買うというプロセスそのものを楽しむことが目的となってしまっているケースがけっこうあります。私の知っている人でも、冷蔵庫の中に入りきれないほどの食べ物を買って、結局は捨ててしまっていたり、ろくに使いもしない商品を次から次に買ってしまう人がいます。このタイプの人は、わざわざお金を出してゴミを買っているとしか言いようがないのですが、当人は全くその自覚がないようです。いわゆる買い物依存症というやつですね。



*収入がもっと増えたら貯金を始めようと思っている

これはお金が貯まらない人の典型的な言い訳の代表格です。何か特殊な事情を抱えている人を除けば、これは単なる言い訳にしかならないことがほとんどです。この手のことを言う人は、大抵の場合、たとえ収入が増えても貯蓄はできません。



*お金に関して「いい人」であろうとし、妙にプライドが高い

お金が貯まらない人というのは、「自分が他人にどう思われているか」ということを必要以上に気にしている人が少なくないと思います。例えば、「他人にケチだと思われたくない」「店に入った以上、何か買わないと店の人に悪い」「人に誘われたり、頼み事をされたら断れない」といった具合。このタイプの人はお金が貯まらないものです。何も”お金に汚い嫌な奴”にまでなる必要はありませんが、お金に関してはある種のシビアさや冷徹さも必要です。これはビジネスの世界でも重要。



*浪費癖があるという自覚がない

何をもって浪費癖とみなすかというのは非常に難しいのですが、たとえお金を無駄遣いしても、その自覚がない人はけっこういるものです。客観的に見れば、明らかに浪費としか思えないのに、当人には全くそれが理解できないというパターン。これはもう頭のどこかがトチ狂っているとしか思えません。小銭を節約する一方で大金を浪費していたり、やっていることがとにかくちぐはぐだったりします。




書くべきことはまだまだあるのですが、書き始めるときりがないので、今回のところはこのくらいにしておきます。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

masaさんお久しぶりです。お元気そうでなによりです。私も元気です。
この場を借りて近況報告です。

幸い仕事も投資も順調で、資産に関する目標数値(総額、配当額)は自分にとっては十分な水準に達し、一応クリアーというところです。

それなら仕事も投資もリタイヤして好きなことをやればよさそうなものですが、なんとまあ、模索の結果、もっとも楽しめることが仕事と投資であることが判明しました。
手段の目的化という悪しき現象かも知れませんが、事実である以上、仕方ありません。

今後は、事業(私は事業者なのです)も投資も、趣味的な意味合いをより強めて行きたいとも思いますが、どちらも儲かってないと楽しくないので、これまでとあまり変わらないかも知れません(笑)。また、性格上、散財しても楽しめませんので、これまでどおり、規律ある非浪費生活を続けるつもりです。仕事と投資以外のことは、まあ気が向いたら少しやるかというところですね。結局、何も変わらないかも(笑)。こう割り切ったら肩の荷がおりて、気が楽になりました。

気が付いたことは、仕事をし投資をし節約して資産を形成していくことはそれ自体楽しい。形成した資産でやりたいことがあるならなおよいけれど、特に無くてもまたよし(一応の安心感は得られます)。
幸せの形は、人により様々だけれど、どこにでも存在する。(資産形成については、ある意味、形成中の方がより楽しかったりする。)
大事なのは、幸せを自覚し、味わう心だなあということです。

【2010/12/26 09:39】 URL | Bホールド #- [ 編集]

適度な浪費
私はひとつも当てはまりませんでした。
お金がたまる生活習慣を持っていて、ほっとしました。

Bホールドさんの言われるように、貯蓄は安心感のためも大きいですね。
老後の安心のために貯蓄などですが、ただ、せっかく貯めたのに、
振り返ってみると、何も楽しんでいなかったとなるのも寂しい気がします。

必要以上にためることなく、その年齢にしか出来ない楽しみにはお金を使いたいと思います。
【2010/12/26 10:46】 URL | ろうちゃん #HfMzn2gY [ 編集]

管理人よりコメント
>>Bホールドさん

お久しぶりです(^^)ノシ
とりあえずはお元気そうでなにより。
なにやら、悟りを開いたような感じですね。

>大事なのは、幸せを自覚し、味わう心だなあということです。

これは名言!!この域に達するというのはすばらしいと思います。


>>ろうちゃんさん

>必要以上にためることなく、その年齢にしか出来ない楽しみにはお金を使いたいと思います

これはすごく大事なことですね。お金を貯めつつも、その一方で積極的にお金を使う。これができるようになったら、本当の意味での「お金の貯まる人」ということなのかもしれませんね。

【2010/12/31 22:50】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/505-2ec4eca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お金が貯まらない人に共通する生活習慣

今回は、以前の記事、お金の貯まる人に共通する生活習慣(2)の逆パターンで、お金が貯まらない人の特徴について書いていきたいと思います。これについても、いろいろな見方があるのですが、思いつくままにいく... お小遣い稼ぎ【2011/04/30 13:56】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。