プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍端末のSony Readerを買ってみた
先日、Sonyから発売された電子書籍リーダーのSony Readerを購入しました。買ったのは、6型のTouch EditionであるPRS-650の方です。ぶっちゃけ衝動買いしてしまったわけですが、節約家を自認している私が衝動買いするにはそれだけの理由があります。最大の購入動機は、電子ペーパーであるがゆえの読みやすさにあったのですが、今回はこのReaderを使ってみての感想を書いてみたいと思います。
この端末についていくつかのレビュー記事を読んだところ、いくつかの批判点が目に付きました。そこで、当記事においては、Readerに関してよく言われる批判項目を挙げて、それに対する私の感想という形で書いていくこととします。



よくある批判1. Reader Storeの電子書籍の品揃えが悪すぎる

この点、全く問題ありませんでした。なぜならば、私の場合、有料の電子書籍を購入するつもりなど全くなかったからです。私が電子書籍リーダーで読みたいと思ったのは、ネット上に存在する無数のテキストデータです。例えば、青空文庫や、アマチュア作家の書いている小説・ブログ、掲示板の過去ログデータなどのコンテンツなどです。私はこうしたコンテンツをPDFデータに変換して、それをSony Readerに転送して読んでいます。
例えば、下記サイトを利用すれば、テキストデータを縦書きのPDFファイルに変換することができます。


青空キンドル [Beta](一般のテキストデータ向け)


青空キンドル [Beta](青空文庫専用)


このサイトは、Kindle向けのデータ作成を目的としたもののようですが、ここで作成したデータはSony Readerでも全く問題なく使えます。これは非常に便利です。これがあれば、いくらでも自分で電子書籍を作ることができます。私も早速、青空文庫や、ネット上で公開されている様々なテキストデータをPDF化し、Sony Readerで読んでみましたが、非常に快適です。
また、PDFファイル作成ソフトを利用して、PDFファイルを作るという方法もあります。これなら、印刷可能なものはPDFファイルに変換できます。私が利用しているのは、アンテナハウスの「リッチテキストPDF」という有償ソフトですが、ネット上には無料で使えるソフトもあります。例えば、以下のソフト。


CubePDF

PrimoPDF

ただ、単純にPDFファイルを作った場合、Sony Reader上において、タイトルがきちんと表示されないことがあります。その場合には、「PDF InfoMaker」というフリーソフトを使うことで、PDFファイルのタイトル情報などを設定・変更すればOK。


PDF InfoMaker(Vector)


また、あえてPDFにせずともテキストデータをそのまま読むことも可能です。縦書き表示やPDFにこだわらず、ただ文章を読めればいいというのであれば、これでも十分かもしれません。このように、別に電子書籍をあえて買わずとも、インターネット上に存在するコンテンツを利用することでSony Readerを活用することは十分にできます。



よくある批判2.無線LANや3Gなどの通信機能がない

これも私にとっては全く問題ありませんでした。私が行うのは、パソコン上でPDFデータを作成した後に、Sony ReaderをUSBでパソコンに接続してデータを取り込むだけなので、通信機能は必須ではありませんでした。USBケーブルでパソコンに接続してファイルをコピーするのは別にたいした手間ではありません。パソコンに接続すると、USBストレージとして認識されるので、自作ファイルであれば、付属の専用ソフトを使わずとも、エクスプローラーで普通にファイルをコピーできます。私自身は付属ソフトのインストールすらしていません。
また、通信機能がないがゆえにSony Reader単体で電子書籍を購入できないので、電子書籍の衝動買いを防ぐという意味でもむしろよかったと思っています。これは節約家としての考えです。いつでもどこでも本が買えるというのは確かに便利だけれど、どうしても衝動買いしやすくなってしまうからです。



よくある批判3.ページを切り替えるとき、一瞬画面が白黒反転してちらついた感じになる上、反応が遅い。

これもノープロブレム。最初に店頭で見たときにはこのちらつきが気になったものの、画面がちらつくのはページをめくるときだけで、文章を読んでいるときにはそんなことは全くないのですからすぐに慣れます。また、反応速度が遅いというのも、私はそれほど気になりませんでした。



よくある批判についての私の感想はとりあえずこんなところです。

さて、私がSony Readerを高く評価する最大の理由は、最初に書いたように、なんといっても電子ペーパーの読みやすさにあります。私が電子ペーパーなるものを見たのはこのSony Readerが初めてでしたが、最初に文字を読んだときに、そのあまりの自然な文字表示に感動しました。最初に思ったのは、「紙と比べても、ほとんど遜色がないじゃないか!」ということでした。最初に店で見たとき、表示画面部分にシールを貼ったサンプルかと思ったのですが、実は電源が入っていたのです。紙と変わらない、あまりにも自然な文字表示だったために気付かなかったというわけです。

私の場合、眼が弱いこともあり、パソコンや携帯電話の液晶画面で長時間に渡って長い文章を読むのは非常につらいのですが、電子ペーパーを採用した、このSony Readerはこの問題を完全に解決してくれたのです。また、もう一つ驚いたのが、本体が非常に薄く、重さも非常に軽いことでした。iPadは非常に重くて大きいという印象があったので全く興味がなかったのですが、Sony Readerなら毎日持ち歩いても全く苦になりません。実際、毎日カバンに入れて持ち歩いてPDF化したファイルを読むのに利用しています。バッテリーの持ちがいいのも素晴らしい!

・・・とまあ、べた褒めになってしまったのですが、これが私の率直な感想です。このSony Readerは私にとってもはや手放すことのできないアイテムとなっています。私とは異なる考えを持つ人も大勢いると思いますが、液晶ディスプレイで長文を読むのがつらい私にとって、これほどいい電子書籍端末は今のところ他にありません。Sony Readerの最大のライバルになるのはKindleでしょうけど、こちらはまだ現物を見たことがないので、比較できないのですけど。

もっとも、液晶ディスプレイで長文を読むことが全く苦にならない人であれば、あえてSony Readerを選ぶ必然性はないというのもまた確かなこととは思います。その意味では、私はやっぱり少数派なのかもしれませんね。

Sony Readerを買ってみての感想はとりあえずこの程度にしておきたいと思います。もう少し使い込んだ上で、後日また記事にすることがあるかもしれません。


------------------------------

なお、年内のブログ更新はこれが最後となります。本当は、「2010年の年末を迎えて」というタイトルで貯金と投資の総括記事を書くつもりだったのですが、Sony Readerのあまりの素晴らしさに感動してしまったため、このような形になりました(^^;)

それでは皆さん、よいお年を!!
(投資の運用利回りは来年公開します)

------------------------------
2011/1/2 追記:

ちょっとだけ補足です。
エクスプローラーでSony Readerにデータを入れる際のコピー先のフォルダについて説明しておきます。

USB接続すると出てくる、ドライブ名 Readerから[database]-[media]とフォルダを辿っていって、このmediaフォルダの中にあるbooksフォルダにデータをコピーすればOKです。このbooksフォルダの中に、サンプル書籍も入っています。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
大変参考になりました。
いつも楽しく拝読しております。
わたしは、ソニーリーダーかキンドルかで凄く迷っています。
ソニーリーダーに通信機能が無いことが気になっていましたが、殆ど問題ないようですね。
ソニーリーダー買ってみようかな。と思っています。
【2010/12/29 22:48】 URL | ss #FvLIUmYM [ 編集]

管理人より
>>ssさん


今回の記事が多少なりとも参考になれば幸いです。
現状では有料電子書籍はラインナップが少なすぎ、その上価格が高いという印象が強いので、Sony Readerは自分でコンテンツを用意しようという人向けのアイテムだと思います。ブックオフなど中古書店に行けば、極めて安価に紙の本が手に入るわけですから、新品の紙の本よりも多少安いという程度では、あえてお金を出して電子書籍を購入する気になりません。

少しネットで調べてみると、ePub形式のデータを自作する方法もいくつかあるようです。私はまだ試していないのですが、近いうちにやってみようと思っています。また、2ちゃんねるのSony Readerスレッドもかなり参考になります。私はこれも液晶ディスプレイ上で読むのがイヤなので、メモ帳などのテキストエディタにコピー&ペーストしてテキストデータにした上で、それをSony Readerで読んでいます。


iPadビジネスを先取り!EPUB関連フリーソフト5選
http://builder.japan.zdnet.com/sp/opensource-for-developer2010/story/0,3800103086,20408786,00.htm

青空文庫 (XHTML) -> ePub変換
http://naoki.sato.name/epubunco/bookmarklet.html

Googleから出ている「sigil」というツールが面白そうです。Googleでキーワード検索すれば使い方などが出てきます。
【2010/12/30 09:04】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人より
ちょっと補足。
ネット上のコンテンツをテキストもしくはPDFにしてSony Readerに入れて持ち出した場合の最大の欠点は、ネットにつながっていないがゆえにリンク先を読めないことですね(例えば、2ちゃんねるのログデータを持ち出したときなどは特に不便に感じる。「リンク先を読め」というような内容の書き込みが多いため)。しかし、私にとっては、むしろこれすらプラス評価。今まで、パソコン上だと、リンク先に飛んだあと、そこからさらに別のリンクに飛んで・・・という具合に、ネットサーフィンの方に夢中になってしまい、ふと気づいたらかなりの時間が経過していて、「あれ?何やってたんだっけ?」ということが多かったので・・・。

【2010/12/30 22:00】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

masaさま
返信をいただけて光栄です。
大変参考になりました。ePub形式が今後の主流になっていくのでしょうか。楽しみですね。
SIGilも試してみます。
ありがとうございました。
【2010/12/31 00:35】 URL | ss #FvLIUmYM [ 編集]


Sony Reader ですか。私は、Amazon の Kindle を購入しました。

読みやすいし、ノートPCと比べて、バッテリーも持ちもいいので、重宝しています。
私が感じている、電子書籍のメリットは、

*場所を取らない
*検索が可能
*辞書も内蔵しているので、わからない単語が、その場で調べられる

などです。検索可能であることと辞書機能が、本当に便利です。

裁断機とスキャナーも購入して、蔵書のPDF化を推進(俗に言う”自炊”)
してるところです。仕事で使う本を中心に、250冊ほどスキャン終了しています。

感じているデメリットは、

*データのバックアップを取っておかないと、disk が壊れたとき、悲惨

ということでしょうかね。なので、来年は、RAID の購入を検討しています。
(5TB程度のお手頃なストレージのサービスでもあればなぁ...)

便利な世の中になりました。

【2010/12/31 13:08】 URL | ひろん #- [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>ssさん

ネットで検索すると、電子書籍関連の様々なツールやノウハウが見つかるので、私もいろいろと試してみようと思っています。試行錯誤が必要な場面も多いと思うのですが、自分なりの最適解が見つかるといいですね。


>>ひろんさん

電子書籍の自炊派は多いようですね。私の場合、青空文庫を始めとするネット上のテキストデータを電子ペーパーで読むのが目的なので、世間で言うところの自炊とは異なりますが、自分で電子書籍コンテンツを用意するという人でないとこの手の端末はおすすめできないというのが現状でしょうねぇ。
販売されている電子書籍コンテンツに関しては、どうしても買う気がしません。その最大の理由は、著作権保護があまりにも強すぎるという点。例えば、Sony Readerに関して言えば、Reader Storeで購入した電子書籍はSony Readerでしか読めず、他の電子書籍端末では読むことができません。これでは他メーカーの電子書籍端末への乗り換えもできません。紙の本と違って、全く融通が利かないというのは大きなマイナスポイントだと思います。著作権保護が大事なのはわかりますが、私としては、ユーザーの利便性を無視しているとか思えない今のやり方が変わらない限り、有料の電子書籍を買いたくないのですよね・・・。

>場所を取らない

これは非常に大きいですね。本好きの場合、蔵書が限りなく増えてしまう傾向にありますから(^^;)

それにしても、スキャナーや青空キンドル、PDF作成ソフトなどを使って自分自身の手で電子書籍が作れるというのは本当にすごい時代になったものだと思います。今、私の頭の中では、このSony Readerを仕事で活用する方法を考えているところです。

【2011/01/01 21:27】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

賀正
こちらの記事に失礼いたします。

あけましておめでとうございます。
いつもブログ記事を楽しみにしております。
今年もよろしくお願いいたします。
【2011/01/01 22:55】 URL | 水瀬 ケンイチ #JalddpaA [ 編集]

非常に参考になりました
テキストを読むことに比重をおいたレヴューをさがしていました。
私の意図していた使い方とほぼ同じだったので
とても参考になりました。
どうもありがとうございました。
【2011/01/02 19:03】 URL | Googie #- [ 編集]

管理人よりコメント

>>水瀬ケンイチさん

あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
昨年は本も執筆されて、まさしく絶好調ですね!


>>Googieさん

私と同じことを考える人もやはりいるものですね。
Sony Readerは電子ペーパーであるがゆえに、直射日光の下でも文字がはっきりと読めるので、この点でも高評価です。
本当はKindleとも比較をしたかったのですが、Kindleは実物を見ていないので比較ができないのが残念でした。しかし、Sony Readerで不満は全くないので、この選択でよかったのだろうと思っています。

【2011/01/02 20:29】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

masaさま
購入しました。
店頭で実機をみて、イーインクの出来の良さに感動し、即買いです。
画面きれいで、目が疲れないのが良いですね。PCやスマートフォンの読書は、どうも集中力が続かないのですが、ソニーリーダーだと紙の本を読んでいる感覚で読書が続きます。

それと、通信機能がないのもプラスだと思います。

>ネットサーフィンの方に夢中になってしまい、ふと気づいたらかなりの時間が経過

わたしも同じようなことが度々あります。ブラウザのタブが沢山出て、どこを読んでいたのか忘れてしまうことがあるので、、、通信機能が無いリーダーは、ひとつのテキストを読むことに集中できますね。

これからもよろしくお願いいたします。
【2011/01/03 16:39】 URL | ss #FvLIUmYM [ 編集]

管理人よりコメント
>>ssさん

早速、購入されたようですね。ブログも拝見しました。6型のTouch Editionの方は、品薄傾向にあるようですが、無事に買えてよかったですね。

>店頭で実機をみて、イーインクの出来の良さに感動し、即買いです

私も、実物を見るまでは、電子書籍端末というものに対して懐疑的だったのですが、実際に使い始めて、考え方が180度変わってしまいました。Sony Readerを買っての唯一の問題は、Sony Readerで文章を読んでいるために、図書館で借りている本を読むペースが落ちてしまったことです(^^;)
これまで、液晶ディスプレイでは目が疲れるという理由で、読むのを諦めていたり、紙に印刷して読んだりしていたものがこの端末で読めるので、読書の幅が一気に広がりました。

ちなみに、別売りのACアダプターを使えば、充電しながらでも読書ができますので念のため。

では、よい読書ライフを!(^o^)/
【2011/01/03 19:57】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


"いつも相場観が素晴らしいな~と感心しながら拝読させて頂いております。

私は投資信託でローリスクミドルリターンのポートフォリオを構築し収益の最適化を目指していますが,まだまだです^_^;

今後もブログ楽しみにしています。"
【2011/02/20 19:29】 URL | 名無しさん #aIcUnOeo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/506-b8eeaa0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Sony Reader 買う

正月休みでヒマ、なんか「欲しい病」が出てきてしまった。 かねてより思案中の電子書籍リーダーが無性に欲しくなって。 キンドルかソニーリーダーか迷っていたんだけど、 結局ソニーにした。 決め手はやは... Googie の昨日と違う今日【2011/01/02 19:07】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。