プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍端末のSony Readerを買ってみた(3)
今回も電子書籍端末ネタです。過去の記事はこちら。

電子書籍端末のSony Readerを買ってみた

電子書籍端末のSony Readerを買ってみた(2)


私がSony Readerを購入してから一ヶ月以上が経過しました。この電子書籍端末は、もともとほぼ衝動買いに近い形で購入したものですが、表示画面の見やすさ、使い勝手の良さ、持ち運びやすさから、もはやこれなくしては読書ライフは成り立たないといっても言い過ぎではないほどに気に入っています。

最近はまっているのが、ネット上で公開されているフリーの小説を探して読むことです。今読んでいるのは「小説を読もう!」というサイトに掲載されている、堀井 俊貴著「王佐の才」という歴史小説。「王佐の才」の作品ページ及び「小説を読もう!」のトップページへのリンクを貼っておきます。


王佐の才

小説を読もう!


この「王佐の才」という小説、たまたまネットで検索していて見つけたのですが、これが非常に面白い!長編小説なので、まだ一部しか読めていないのですが、とてもアマチュア作家とは思えないレベルの高さに驚きました。もはや完全なプロ級です。こういう作品を見つけることがあるから、インターネットは面白い!ネット上には凄い才能を持った人たちの作品があることを実感します。

また、この小説が掲載されている「小説を読もう!」というサイトなのですが、各作品の一番上に「縦書きで読む[PDF]」というメニューがあり、縦書きPDFを作成しダウンロードできます。これが非常に便利!

なお、作成されるPDFファイルは横長サイズなので、これをSony Readerで読む際には、Sony Readerの[OPTIONS]ボタンから[画面の回転]を選んで横向き表示にした上で、[サイズ]ボタンから[ページモード]-[余白カット]の設定にすればちょうどいいサイズで表示できます。それから、作成されたPDFファイルは、そのままだとSony Reader上で、作品タイトルがきちんと表示されないので、PDF InfoMakerなどのソフトを使って、PDFファイルのタイトル情報の変更を推奨します。


それにしても、この一括ダウンロード&PDFファイル作成機能というのは一般のブログにも欲しいところです。それができれば、著名ブログの過去ログを電子書籍端末でまとめて読むことがより一層楽になるのですが・・・。


それはさておき、Sony Readerを買ってからずっと気になっているのが、果たしてこのSony Readerはどのくらい売れているのだろうか?ということ。発売からほぼ2ヶ月経過していますが、販売台数が発表されていないのでけっこう気になっています。何しろ、電子書籍端末といえば、過去にことごとく失敗してきたという黒歴史があるので、今回はどうなるのだろうかと少し懸念しているのです。有料コンテンツがしょぼいのは相変わらずですが、今は以前とは違い、いわゆる自炊派が多くいると思われるので、今度こそ、電子書籍端末が普及することを期待したいところではあります。発売当初から品切れの店が目立っていたので、けっこう売れているのではないかと思うのですが、果たしてどうなのか・・・?
また、他にも気になっているのが、ライバル商品であるシャープのメディアタブレットのGalapagos(ガラパゴス)の売れ行き状況。これも販売台数がまだ公表されていないようなのでよくわからない・・・。


それから、電子書籍端末を使うようになってから、本というものに対する認識がいささか変わりつつあります。私は、もともとできるだけ本を買わないようにしているのですが、それはお金の節約というよりもむしろ、本の保管スペースの確保の問題の方が圧倒的に大きいのです。紙の本というのはどうしてもかさばるので、自宅での保管がけっこう大変です。本好きであるがゆえに、読む本の冊数が半端なく多いのでなおさら。読み終わったら売ればよいという考え方もありますが、読書家としては、せっかくお金を出して買った本を読み終わったからといってすぐに売ってしまうのにも抵抗があります。しかし、電子書籍の形であれば、本の保管スペースを気にする必要はなくなります。もし、電子書籍という形態が一般的になれば、私も再び本を買うようになるかもしれません。その意味で、有料の電子書籍コンテンツの充実に期待しています。とはいえ、これは様々な利権が絡む話であり、そう簡単にはいかないでしょうから、なかなか難しそうです。当面の間は、これまで通り、ネット上のコンテンツを読むための専用読書端末として使うことになることでしょう。ネット上の優れた書き手による作品を発掘して読むのもまた、電子書籍の楽しみ方の一つですから。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

またまたコメントします。

>電子書籍という形態が一般的になれば、私も再び本を買うようになるかもしれません。

有料コンテンツの充実が楽しみですね。
わたしは読みたい本はアマゾンで購入して、読み終わったらオークションで売ってしまいますが、電子書籍が一般的になれば、自分のPCにデータを蓄積して行くと思います。

ソニーリーダーはどれだけ売れているんでしょうね。わたしも気になります。
少なくとも、わたしの周りでソニーリーダーを持っている人は居ないのですが、電気屋さんに行くと在庫なしの状態が続いていますので、結構売れているような気がします。
【2011/02/17 18:46】 URL | ss #FvLIUmYM [ 編集]

管理人よりコメント
 

>>ssさん

今後のコンテンツの充実は楽しみなのですが、過剰なまでの著作権保護だけはなんとかして欲しいですね。私が電子書籍を買うとしても、それはあくまでもDRMフリーのものに限ると思います。
パソコンで蔵書管理ができるようになれば、本棚が本で埋め尽くされることもなくなるので、それが実現する日が楽しみです。それまでは、ネット上の無料コンテンツを楽しむことにします。

Sony Readerについては、当初は通信機能がないことに関してボロクソに言われていたのであまり売れないんじゃないかと思っていたので、品切れの店が多かったのは意外でした。販売台数が明らかになる日が楽しみです。しかし、「買ってみたけど思っていたのとは違ってた」というような人もけっこういるのではないかと懸念しますけど・・・。


【2011/02/20 16:20】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/512-d13963e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。