プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人が英語が苦手なシンプルな理由
日本人は英語が苦手な人が多いとよく言われます。その原因としてよく言われるのが、「文法中心の学校教育が悪い」というやつです。でも、私はこれは少し違うんじゃないかと思っています。確かに学校における英語教育にも問題は多いと思いますが、日本人に英語が苦手な人が多いのには、もっと根本的な原因があるのではないかと考えているのです。ご多分に漏れず、私自身も英語の勉強を志したことは何度かありましたが、ことごとく挫折してきました。では、なぜ英語ができるようにならないのか、なぜ英語の勉強に対するモチベーションがいまいち上がらず、なぜ挫折しやすいのかということについて考えてみたのですが、その結果は極めて単純なものでした。


その理由というのは、日本に住んでいる日本人があえて英語を学ばなければならない理由は何もない、ということです。


つまり、日常生活において英語を使う必要性はほとんどないというただそれだけの話です。日本国内においては、普段、日常的に英語を使うわけではないのですから、少々英語を勉強してみたところで、英語を読む・聞くというインプットの量が圧倒的に不足します。同様に、英語を話す・書くというアウトプットの量も全然足りません。その上、実際に外国人を相手に英語を使うこともほとんどありません。英語で手紙を書くこともなければ、ごく初歩レベルの簡単な英会話のフレーズですら実戦レベルで実際に使う機会がないのですから、英語ができるようになるはずがないのです。

仮に、日本においても日常生活において日本語が一切通じず、英語でしかコミュニケーションがとれないということになれば、老若男女を問わず、どんな人でもある程度までは英語ができるようになると思います。さもなくば生活していくことができなくなるのですから、たとえ片言であっても、積極的に英語で意思疎通を図ろうとするはずです。同時に、聞く・書く・読むという分野も必死で勉強することになるでしょう。でも現実にはそんなことは全くありません。もちろん、仕事で英語を日常的に使う必要のある人は別ですが、それはおそらく日本人全体のごく一部だけだろうと思います。楽天やファーストリテイリングのように、英語を公用語化しようとしている企業もありますが、これはむしろ少数派でしょう。

そもそも、学校教育に問題があるという話にしても、いささか言い訳じみているように思えます。本屋さんに行けば、英語を学ぶ教材や本はいくらでも売っていますし、インターネットに目を向ければ、英語で書かれたWebサイトの方が、日本語で書かれたものよりも圧倒的に多いのですから、本気で学ぶ気があれば、学校教育に頼らずとも、自分自身の納得のいく方法でいくらでも勉強できるはずです。その上、インターネット上には無料で利用可能な各種辞書の類も整備されています。英語の学習環境は十分すぎるほどに整っているのです。

しかし、今の日本の現状を考えると、どう考えても日本語だけで十分です。仕事でどうしても英語を使う必要があるという、よほど切迫した事情のある人を除けば、英語なんてできなくても何の問題もありません。実生活において英語が必要ないという人にとっては、仮にいくら勉強をして、英語ができるようになったところでそれが評価されることもありません。単なる趣味や自己満足の世界です。

私自身は、英語には何度も挫折したと言いながらも、洋書を読むこともありますし、インターネットで海外のサイトを読むこともあります(ただし、自分の英語レベルの都合上、平易で読みやすいものに限る、というのが前提ですので、自ずと限定されるのも事実なのですが・・・)。でもそれはすべてプライベートの話であって、仕事上どうしても英語が必要ということは全くありません。そしておそらくはこれからも英語は必要ないでしょう。「これからは英語力が求められる時代だ」というフレーズはもう何十年も前から言われ続けてきました。でも、その多くは英会話教材を売ろうとする業者に利用されてきただけで、日本人全体の実用レベルでの英語力が上がったとはとても思えませんし、グローバル化の進む今の時代でさえも、あえて英語を身につけなければならない必要性も感じません。私だけではなく、多くの人にとってこれが現実ではないかと思います。

あえて言うなら、たとえ今すぐに英語を使う必要性がないとしても、一般教養として英語を身につけておいた方がいいとは思います。これからの日本の状況変化次第では、何らかの形で役立つこともあるかもしれません。でも、せいぜいその程度のことだと思うのです。世間では「英語力は必須だ」みたいに言われるのですが、日本国内で生活している限り、それほどたいした必要性がないからこそ、英語力が身につかない根本原因だというのが私の出した結論です。

もっとも、私の方も、仕事上では全く必要ないとはいえ、プライベートにおいてはやはり英語がある程度できないと不便に感じることがあるのも事実ですので、これからも挑戦と挫折を繰り返しつつも、英語の勉強をしたいとは思っています。先ほども書いたように、英語を学ぶ環境は十分過ぎるほど整っています。たとえ挫折を繰り返しながらでも、わずかでも英語力を向上することができればそれに越したことはありません。そして何よりも、自己投資という観点から見て、英語ほど実用的で、なおかつスキルとしての価値が高いものはほかにちょっと見当たらないからです。

もっとも、英語ができるということと、仕事ができることとはまた別の話だというのも確かなことではあります。英語を勉強する際に、ただ単に「英語ができるようになりたい」というのではなく、英語で何ができるようになりたいのか、ということが明確でなければならないと思います。言葉というのは、しょせん単なる道具に過ぎないのですから。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
英語で何をするのか
こんばんわ。
英語。わたしも何度も挑戦して挫折した人間です。
日本に住んで、日本から出ない生活をしていると、英語って必要ないんですよね。

>英語で何ができるようになりたいのか、ということが明確でなければならない

英語はただのTool。
英語で何をするのか。これが大事ですね。
私は香港、シンガポールの株を買うにあたって、英語が必須になり、本格的に英語学習を始めました。
Rarejobでフィリピン大学の学生と会話しています。

masaさんはどの様な方法で英語を学習されていますか?
【2011/02/24 00:04】 URL | ss #FvLIUmYM [ 編集]


英語で仕事ができるレベルと話せるレベルは全く違うし、言葉が出てこないことは多い。日本に戻り、しばらくすると英語を忘れてしまうので、結局話そうという機会を無理やりつくっていくしかないのだと思う。
【2011/02/24 07:12】 URL | ああ #- [ 編集]


でも出来る人は出来るんですよね。留学とか特別の経験をせずともです。
脳の差異もすこしはある・・この少しの差異が大きい。と考えています。
【2011/02/24 17:38】 URL | dd #mQop/nM. [ 編集]


こんにちは

ブログ閲覧させていただきました!

資産運用には、様々な知識と考えを持って

運用されているんですね。

とても納得しまして お勉強になりました
【2011/02/25 14:22】 URL | 株の新 #- [ 編集]


ほとんどの人が、日常生活で使う必要が無い、というのが大きいでしょうね。

インセンティブが無い。

勤め人であれば、英語が多少できると、外資系の会社に勤めることにより、
他の人より、給料が高くなる可能性があります。が、英語ができなくても、
自分で起業して成功することができれば、高収入になるでしょうから、
苦労して勉強しようという気がおきない人が多いのかもしれませんね。

私は、仕事で使うので、多少はできますが、得意というわけではないです。
いつも、Yahoo 翻訳にお世話になってます (笑)
【2011/02/28 11:05】 URL | ひろん #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>ssさん

なるほど。海外投資ということになれば日本在住でも英語力は必須ですね。

私の場合、読書好きなので、洋書及び英語で書かれた海外サイトを可能な限り辞書を引くことなしに読めるようになりたいと思っていて、それが最大の目的です。私自身は英語に関しては、残念ながら基本的にヘタレで永遠の初級者ですが、それでも座右の銘にしていることがいくつかありますので、もののついでに少し書いておきます。

「英語は前から読んで前から訳す。日本語の語順で考えない」
「英語を英語のまま理解するために、英和辞典ではなく、英英辞典を活用する」
「辞書の購入には金を惜しまない」

前から読んで前から訳すというのは、英語のできる人なら当たり前のことだと思うのですが、学生の頃、最初にこれを知ったときは目から鱗が落ちる思いでした。

英英辞典の活用に関して一応書いておくと、以下のサイトが参考になります。


「オンラインで使える 英英辞典 英和・和英辞典」
http://gaikoku.info/english/dictionary.htm


辞書に関しては、私は電子辞書を使っています。電子辞書は、複数の辞書での一括横断検索や辞書間のジャンプが簡単にできるのが便利で、一度使うともはや手放せません。購入の際には、英語学習モデルの中でもほぼ最高スペックのものを買うようにしています。
電子書籍という観点で見るならば、電子辞書こそがほぼ唯一の成功例だと言えるかもしれません。紙だったら恐ろしく分厚くて重い辞書が、コンパクトな本体に何冊も入っている上に、複数の辞書を同時に引くのも手早くできるというのは素晴らしい。紙の辞書と比べ、付加価値が高いので、価格が高くとも買うだけの価値があります。

仮に、Sony Readerに電子辞書並みに高機能化された辞書が装備されたら、もう最強のツールになると思うのですが、それは無理か・・・。Sony Readerについては、オックスフォード英英辞典だけじゃなくて、ロングマンとコウビルドの2つの英英辞典も欲しいのですが・・・。

また、私が持っている英語学習本の中では、「英語で日記を書いてみる」(石原真弓著)がお気に入りです。もうずいぶん前に買ったものですが、今でも売っているみたいですね。
他にも、昔はお気に入りの洋楽の英語の歌詞をCD一枚まるごと暗記したこともあります。音楽の場合、繰り返し聞いても苦にならず、またリズムと一緒に覚えるので非常に覚えやすい。
いずれにしても、英語ができるようになると、世界は広がるのではないかと思っています。




>>ああさん

>英語で仕事ができるレベルと話せるレベルは全く違うし

これ、非常に重要だと思います。
例えば、日本人はみな日本語が使えますが、だからといって日本語を使って仕事をする能力は文字通りピンキリです。単純作業程度しかできない人もいれば、専門知識を駆使して高度な業務をこなせる人もいます。日本人であっても、本当の意味で日本語を高度に使いこなしている人というのはむしろ少数派でしょう。私など、日本語でブログを書いていても、自分の日本語能力の限界を感じることがよくあります。
英語を勉強している人がよく言う「英語が使う仕事がしたい」というのは、「日本語ができるから日本語を使った仕事がしたい」というのと同じくらい無意味なことだと思っています。英語を使う仕事と一口に言っても、職種によって必要な能力・スキルは皆異なるはずだからです。
海外勤務するケースにしても、英語のできる人に業務知識や専門知識を教え込んで海外に派遣するというよりは、仕事のできる人に英語を覚えてもらって海外で活躍させるというのが普通でしょうし。



>>ddさん

>でも出来る人は出来るんですよね

これはやっぱり持って生まれた能力の違いでしょうね。こればかりはどうしようもありませんが、凡人あるいはそれ以下の人であっても、学習を継続することで、ある程度のレベルまでは、差異が埋められるかもしれません。


>>ひろんさん

インセンティブが無いというのは確かに大きいでしょうね。日本においては、日本語という極めてローカルな言語が使えさえすれば、それで仕事ができるわけですから、外資系で働く人を除けば、あえて英語を学ぶ必要が無いか、あるいは必要性は感じていても、どうしても優先順位が低くなってしまいがちだと思います。




さて、最後に一つだけ。日本人が英語がうまくなるためには、結局のところ、英語の公用語化しかないのだろうと思います。そうすれば、英語の教育方法を始め、すべてが変わるでしょう。
・・・もっとも、そうなる可能性はほとんどないでしょうけど。


【2011/03/05 22:18】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

習うより、慣れろですから・・
おはようございます。

確かに納得の理由です。

習うより、慣れろですから・・

慣れる環境がなければ身につかないですよね。
【2011/04/19 07:53】 URL | 英語教材ランキングBEST20 #K9UPeZzQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/514-1a45cd9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。