プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震のニュースを見て阪神淡路大震災を思い出した
2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生しました。このニュースを最初に知ったとき、私自身が体験した阪神淡路大震災を思い出しました。大地震が起こるたびに思うことは、日本に住み、生活するときの最大のリスクというのは大地震に遭うリスクではないだろうかということです。

1995年に起こった阪神淡路大震災の際に体験した激しい揺れ。何度も起きた余震。そしてその当時、神戸市内で見た光景は今でも忘れることができません。完全に倒壊した建物。倒壊にまでは至らないまでも傾いた建築物。陥没した道路。火事で焼けて黒焦げになった家や車。それらの光景は、まるで昨日のことのように今でも鮮明に覚えています。それはまるで映画のワンシーンのようで、これが現実のものとはとても思えませんでした。
この当時に経験したことは、私のお金の考え方にも大きな影響を及ぼしました。私がモットーとしていることに、「最悪の事態に備える」というのがありますが、それはあの阪神淡路大震災が原点になっている部分もあります(もっとも、この最悪の事態というやつをどの程度まで想定するかというのは非常に難しいのも確かです。特に、今回の原子力発電所関連のニュースを見ていると、リスク管理というものの難しさを感じます)。

私は持ち家に対しては否定的な考えを持っていますが、それは持ち家が得か賃貸が得かということよりむしろ、日本のような地震多発地帯で持ち家を持つことは非常にリスクが高いと思っているからです。阪神淡路大震災の時、資産であったはずの持ち家が文字通りガラクタになってしまい、負債だけが残ったという話が多々ありました。もちろん、海外でも大きな地震は起こっていますが、過去の震災の例から見ても、日本に住んでいて大きな地震に遭遇する可能性は非常に高いと思います。日本に住んでいる限り、このリスクから逃れることはできないと思わざるを得ません。

私は、あの阪神淡路大震災以来、この地震リスクに対してどのように備えればいいのだろうかということを何度も自問自答してきました。しかし、その答えは今なお出ていません。21世紀を迎え、これほどまでに科学技術が進歩した今日でさえ、人は地震という自然災害に対してあまりにも無力だと言わざるを得ないからです。もちろん、非常食や汚れた水を飲み水にするための携帯用浄水器、ストラップ付きの防災用ホイッスル(笛)、手回し発電可能なライト付き防災ラジオ等の確保はしていますが、せいぜいその程度のもので、大規模災害にはなすすべがありません。今回のような未曾有の大震災ということになればなおさらです。

ただ、今回の大震災に遭った人々の行動を見ていて思うことは、人々の多くが極めて冷静に行動しているということです。これほど大変な状況下にあってなお、大きなパニックに陥らず冷静に行動し、皆で協力し合っていこうという姿勢が感じられるのは、やはりさすが日本人だと思います。
(とはいえ、阪神淡路大震災のときは、火事場泥棒的な犯罪事件はあったようですので、今回も同じような人はいると思いますけど・・・)

日本というと、いつの頃からか何かとネガティブなイメージで語られることが多くなりました。GDPで中国に抜かれただの、少子高齢化で経済成長が期待できないだの、財政破綻するだのといったことです。「○○国は素晴らしい。それに比べて日本は・・・」という文脈で語られることも多く、日本人というのは自国に対してあまりにも自虐的過ぎるのではないかと思うことさえあります。

しかし、これほどの大規模な大震災に遭遇してもなお冷静かつ協力的に行動できる日本人の能力を持ってすれば、いかなる危機であろうとも乗り越えられるのではないかと思うのも事実です。日本という国、そして日本人は、やはりすごいと思います。

とりあえず、私は今の自分にできることに取り組むことにしました。それは義援金を送ることです。お金で幸せを買うことはできないかもしれませんが、お金で誰かの生活を助けることはできるのです。私の利用しているインターネット接続業者が災害救援金の募金活動をやっていたので、早速に寄付を行いました。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
管理人より臨時コメント
そういえば、一つ思い出しましたが、阪神淡路大震災の時は、カップラーメンを定価の数倍の価格で売っていた店がありました。こうした動きを批判する向きもありますが、需要と供給という価格決定メカニズムという視点で考えれば、これもまた市場経済の形だというのも事実ですね。商売人ならごく普通の発想。

 
【2011/03/13 20:39】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人より阪神大震災の時の思い出話
阪神淡路大震災の時の話で、印象に残っていることをちょっとだけ書いておきます。

震災当時、ホームレスが普段生活していた場所からいなくなった時期がありました。どこに行ったのだろうと思いましたが、おそらく食料などの支援物資の受け取りにいっていたのでしょう。
派遣村騒動の時に集まってきたのは実は大半がホームレスだったという話がありましたが、私はこのとき、阪神淡路大震災のことを思い出しました。ある意味でホームレスというのはたくましいと思いました。

また、緊急自動車が渋滞に巻き込まれて立ち往生していたのも思い出されます。誰も道を譲ろうともしません。それ以前に、道を譲ること自体が不可能な渋滞状況でした。平常時には強力な力を持つ緊急自動車の赤い回転灯とサイレンも震災の混乱時には無意味。

 
【2011/03/19 22:33】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

今日の神戸の街
今日は昼間、神戸の中心街へ出かけていたのですが、街の様子を見る限り、妙な自粛ムードもなく、平常通りの賑わいを見せていました。この街もかつての震災の頃はボロボロでしたが、今はその面影はどこにもありません。神戸の復興は意外と短時間で完了したという印象が強いのですが、今回の東日本大震災の復興はどうなることか・・・。

【2011/03/20 22:09】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


私は、東京都在住ですが、かなり影響は大きいです。

東京は、建物の崩壊はまったくといっていいほどありません。
せいぜい、古い建物の壁が壊れて歩道に落ちてきたぐらいです。

まず、震災発生時から。

まず、電車が全線でストップしました。
3時間後には、「帰宅難民」で、都心の歩道にひとがあふれかえりました。
ハタから見ていると、「縁日」のようで、明らかに異様です。

会社から、4時間以上歩いて、中には夜通し歩いて、帰宅した人が、私の周りにも沢山居ます。
翌日(土曜日)は、筋肉痛で午前中は体が動かなかった人がほとんどのようです。

歩道の人が交通の妨げとなり、自動車の渋滞も半端ではありませんでした。
そのため、バスもほとんど機能停止。

自動車の都心への侵入を防ぐためなのか、目抜き通りとよばれる幅広の道路まで交通閉鎖や、交通規制を行ったため、さらに自動車渋滞に拍車をかけていました。

自動車で通常30分でいけるところが、4時間かかりました。
ナビは、渋滞警報で、道路表示が真っ赤。
ナビの迂回指示にしたがっても、迂回先は警察による道路閉鎖。
結局、迷子になり、建設途中のスカイ・ツリーを目指して走行して、やっと帰宅できました。
災害時にはナビにしたがっては駄目みたいです。

週明けも、交通渋滞は収まらず、16日ぐらいまで続きました。
【2011/03/21 13:06】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


生活物資は、震災後1週間は店頭から消えました。

震災直後、買いだしに出遅れた人は、被災してもいないのに、食べものが無くて困ったと思います。
トイレット・ペーパー、ティッシュ・ペーパーも、普通に購入できるようになったのは昨日ぐらいからです。
花粉症の人は、ティッシュがなくて、大変そうでした。

計画停電が実施されました。
私の居住地域は対象外ですが。
ですが、コンビニやファーストフード店の看板の照明が消えています。
店内も、蛍光灯を一つおきに点灯するなどしていて、暗い店が多いです。
そのため、日没後、開店しているのかどうか傍目にはわからない状況です。
「最新」の自動販売機は、照明だけを落せるようで、夜は商品が良く認識できません。

電池は単一、単ニはまったくありません。
ヤフオクで高値で取引されています。

駅はエスカレーターが停止しています。
エレベーターは動いています。
大江戸線のような、超深い地下鉄は、一部だけエスカレーターを稼動させています。
でも、階段ははっきり言って、しんどいです。

地震発生から、10日経ちましたが、「ガソリンが入手困難」です。
常時50台以上ガソリン・スタンドにならんでいます。
1時間以上待って、購入できないこともあります。
午後4~5時には在庫が尽き、閉店する店がほとんどです。
給油20L販売制限とかもあって、どうにもなりません。
(最悪事は、5Lの販売制限でした)

ガソリンがなくなったせいで、皮肉にも、逆に、道路は非常にすいています。
震災発生時の、渋滞がうそみたいです。

自動車が使えないため、震災以来、私はずっと仕事を休んでいます。
とほほ、です。
プラグイン・ハイブリット車がほしいです。

ホームセンターでは、常時100台はある自転車の在庫がほとんど無くなっています。
【2011/03/21 13:24】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]

管理人よりコメント
 
>>元町愛さん

詳細なコメント、ありがとうございます。
東京の方も、大変なことになっているようですね。
神戸の某大手家電量販店でも、乾電池は完全に品切れでした。
どうやら、東日本の方に優先的に商品を送っているようです。


それはさておき、先日ネットで見つけた一文をご紹介。どうやら、いくつかのバージョンがある模様。

-------------引用開始-------------------------------

「大丈夫?」っていうと、
「大丈夫」っていう。

「漏れてない?」っていうと
「漏れてない」っていう。

「安全?」っていうと
「安全」っていう。

そうしてあとでこわくなって、

「でも本当はちょっと漏れてる?」っていうと
「ちょっと漏れてる」っていう。

こだまでしょうか。
いいえ、枝野です。



「飲める?」っていうと、
「飲める」っていう。

「食える?」っていうと、
「食える」っていう。

「安全?」っていうと、
「安全」っていう。

そうして、あとで怖くなって、

「やっぱり摂らない方がいい?」っていうと、
「やっぱり摂らない方がいい」っていう。

こだまでしょうか。
いいえ、枝野です。


-------------引用終了-------------------------------


【2011/03/24 21:40】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/517-74bf11c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。