プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団同調性バイアスと正常性バイアスについて知っておこう
当ブログでは、過去に心理的バイアスについていくつか書いてきましたが、今回は、集団同調性バイアス(あるいは多数派同調性バイアス)と正常性バイアスについて取りあげたいと思います。元ネタはこちら。



防災心理学 正常性バイアス、多数派同調バイアス、

-------------引用開始-------------------------------

2003年2月18日午前9時53分、通勤ラッシュが一段落したした韓国・大邱(テグ)市、中央路(チュアンノ)駅で地下鉄放火事件が発生しました。この事件で約200人の尊い人命が奪われてしまいました。事件後新聞などで公表された中に、地下鉄車内で乗客が出火後の状況を写した写真(左)がありました。煙が充満しつつある車内に乗客(10人くらい)が座席で押し黙って座っているという不思議な写真でした。
 それを見てまず「なぜ逃げようとしないのだろうか」と疑問に思いました。そして、これは「多数派同調バイアス」(majority synching bias)と「正常性バイアス」(Normalcy bias)によって非常呪縛(Emergency spell)に支配されてしまった結果であろうと思い至りました。

(中略)

過去経験したことのない出来事が突然身の回りに出来したとき、その周囲に存在する多数の人の行動に左右されてしまうのです。それはその人が過去様々な局面で繰り返してきた行動パターンでもあるのです。どうして良いか分からない時、周囲の人と同じ行動を取ることで乗り越えてきた経験、つまり迷ったときは周囲の人の動きを探りながら同じ行動をとることが安全と考える「多数派同調バイアス」(集団同調性バイアス)という呪縛に支配されてしまうのです。
 こうした心理が同じ境遇に陥った乗客同士にも働いたものと考えられます。加えて、こんなことは起こるはずのない信じられない出来事と捉え、リアル(現実)ではなくヴァーチャル(仮想)ではないかという心理が働き、異常事態というスイッチが入らない状態、つまり「正常性バイアス」が働いてしまったものと思われます。ある番組で、この写真に写っていた人のうち助かった若者を探しその時の心理状況を聞いたところ「最初は、まさかこんな大変な火災が発生していたとは思わなかった」「みんながじっとしているので自分もじっとしていた」と話していました。まさに、正常性バイアス、多数派同調バイアスという非常呪縛に縛られた結果だったのです。「その後、誰かが火事だと言ったので、慌ててガラスを割って逃げて助かった、ほかの人のことは分からない」とのことでした。このように集団の場合ほど「非常呪縛」(Emergency spell)に陥りやすく逃げ遅れる可能性が高いのです。

-------------引用終了-------------------------------


また、もう一つリンクを貼っておきます。こちらも必読。

地震!台風!集中豪雨 災害で死なない新技術 : ためしてガッテン - NHK



この集団同調性バイアスというのが、恐ろしく強力な心理状態だということは、私にも容易に理解できます。以前、私があるビルの中にいたときに、突然火災を知らせる非常ベルが鳴り響きました。しかし、火事かどうか確認しようとしたり、とりあえず建物の外に出ようという人は見たところ誰もいません。誰も何一つ行動しようとはしないのです。皆が考えていることはわかります。「どうせ火災報知器の誤作動だろう。火災なんて起きるわけがない。その証拠に、誰も逃げていないじゃないか」と思っているのです。私もそう考えて、何一つとして具体的な行動は何一つとりませんでした。私は阪神淡路大震災以来、防災関係の本を何冊か読んでいたこともあって、この集団同調性バイアスについては知識を持っていました。なので、頭の中では、「ああ、これが前に本で読んだ集団同調性バイアスというやつだな。どうせ火災報知器の誤作動だろうけど、もし本当に火事だったらどうしよう。出口はどこだっけ・・・」と頭の中でぼんやりと考えていました。それでもなお、何一つとして行動しませんでした。私もまた、「誰一人逃げようとしていないんだから大丈夫だ」という思考に支配されていたのです。結果的には、案の定、火災報知器の誤作動だったため何の問題もなかったのですが、このとき、もし本当に火災が起きていたのだとしたら、自分は死んでいたかもしれません。私は本を読んで集団同調性バイアスという心理状態について知っていてさえも、何一つとして行動できませんでした。そのことが一番の問題です。

この集団協調性バイアスというのは、恐らく万国共通のものだと思います。しかし、日本人の場合、特に”その場の空気”(雰囲気)に支配されやすいのではないかと思います。


ゆえに、集団同調性バイアスについてきちんと知識を持っていたとしても、正しい行動がとれるとは限りません。自分が集団同調性バイアスの中にいるとわかっていながら、周りの人の言葉や雰囲気に流されて、本来とるべき、適切な行動がとれないかもしれません。普段の平常時において、発言や行動をするとき、周りの人の様子をうかがうことが癖になっているような人は、特に要注意です。しかし、それでもなお、集団同調性バイアスと正常性バイアスについてはきちんと知っておくべきだと思います。少なくとも、何も知らない人よりは的確な判断ができる可能性があるからです。

普段の日常生活における自分の思考・行動パターンを、時々チェックする方がいいかもしれません。例えば会社の会議での意見調整の時。あるいはプライベートにおいて、みんなで何かを決めるときなどです。その時、その場の空気(雰囲気)に流されていないかどうかよく確認しておく必要があるということです。「みんながやっているから」「みんながこう主張しているから」という理由で意思決定するというのはけっこうありがちな話です。しかし、それは時として危険な結果を生む可能性があるのです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
危険をいかに避けるか・・と思っているくらいがちょうどいい
これは的を得ていますね^^

震災で揺られた時地下鉄にいたのですが、皆のんびりしていました(私はすぐに地上へと逃げました・・)
地震の話しを隣の人としたのですが、思った以上に楽観的で「何とかなるだろう」といった感じでした(恐かったのかもしれませんが)

これは地震に限らず、あらゆることに共通しています。
過剰なくらい安全方面に考えていても、現実はかなりギリギリだったりします(投資なども同じです)

一番口惜しいのは、安全な(・・と思ってる)ときには皆、ちょっと心配し過ぎなんじゃない?と軽蔑することです^^;;
正直、海岸沿いは地形としては非常に危険だと思います。これからもこのようなことはあると思います。
全員がそれに気付いた時にはパニックになりますが、別の場所でもリスクはあるだろうという反論がそれを防いでくれています。
【2011/03/22 22:23】 URL | 預金王 #- [ 編集]

危険な某レイサイキギョウ
私は、地震が起きたとき、社内におりました。

某零細企業が入居しているビルは、建ててからまだ10年ほどらしいのですが、かなり激しい揺れに見舞われました。あまりにも恐ろしくなり、社員は全員外へ飛び出しました!
外からビルを眺めると、ハッキリと揺れているのが分かりました。しかも、ミシミシと変な音が聞こえていました・・・。

絶対に崩れると思いました。ビルに戻ってみると、壁に亀裂が走っており、ドアは閉まらなくなっていました。ある社員は、このビルの設計は、アネハさんが行ったのだろうと冗談を言っていました。

レイサイキギョウは、いろいろな意味で危険に満ちています。
そして、危険が分かっていても、(資金不足の為)なかなか手の打ちようが無いのが現状です・・・。
【2011/03/23 20:33】 URL | ピースライトBOX #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

>過剰なくらい安全方面に考えていても、現実はかなりギリギリだったりします

そうですね。
何事においても想定外の出来事は常に起こりうるわけで、備えは不可欠です。
いくら備えていても、それでも不十分だったりします。



>>ピースライトBOXさん

>レイサイキギョウは、いろいろな意味で危険に満ちています

それが零細企業クオリティー。

ちなみに、”アネハさん”はもしかしたらあちこちにいるのかもしれません。
阪神淡路大震災の時も、建ててからそんなに年数が経っていない建物があっさりと半壊状態になっていました(周辺のもっと古い建物は何ともないにも関わらず、です)。



どうでもいいのですが、最近、「ぽぽぽぽーん」が耳について離れません。
さあ、みんなで一緒に ♪ぽぽぽぽーん!


ぽぽぽぽーんまとめ
http://84ism.jp/archives/10492

ぽぽぽぽーん!CM派生ネタまとめ25作品!
http://d.hatena.ne.jp/yoisn/20110325/1301009055


【2011/03/27 16:40】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/518-74ed2470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。