FC2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
東日本大震災によって、リスクというものについてあらためて考えさせられた
東日本大震災の発生から2週間以上が経過しました。この大震災によって、リスクというものについていろいろと考えさせられました。私は投資を実践しているので、リスクについてはこれまでも考えてきましたし、このブログで何度も書いてきたテーマの一つです。しかし、今回の東日本大震災をきっかけとして、普段の日常生活で認識していないリスクが数多くあるのではないだろうかとあらためて思いました。

この2週間ちょっとの間に、実に多くのことが起こりました。地震、津波、原子力発電所の事故、各種商品の買い占め騒動、放射性物質の検出による騒動、首都圏での計画停電、その他、細かく書いていけばきりがないほどです。こうしたことは、この大震災が起きるまでは恐らく誰も想像していなかったことばかりだと思います。

中でも最大のものはなんといっても、そもそもの原因となった地震です。しかし、残念なことには日本に住んでいる限りにおいては、この地震リスクから逃れる術はありません。ただ一つ思うのは、これまでがそうだったように、これからも大規模な地震が起こり続けるだろうということです。私の方も、個人レベルでできることは限界があるとはいえ、この地震リスクに備え、地震対策を練り直す必要がありそうです。

それから、この手の大震災が起きるたびに思うのは、やはり不動産を持つことのリスクです。当たり前のことですが、地震で家が全壊しようが、住宅ローンは支払い続けなくてはなりません。このことは阪神淡路大震災の時にもずいぶん問題になりました。持ち家か賃貸かという議論はネット上でもよくみかけますが、この地震リスクを考慮している人というのは、どういうわけかあまり見かけたことがありません(もっとも、地震に対してできることはせいぜい地震保険に入るか否かということと、建物の耐震・免震構造といったことくらいなので仕方がないのかもしれませんが・・・)。
基本的には持ち家というのは、「資産」というよりもむしろ、「金額の大きな耐久消費財」と考える方が妥当なように思います。持ち家をキャッシュで購入するのは不可能だとしても、あまりにも長期に渡るローンを組んでまで買うのはかなり無理があります。最悪の場合、ローンの支払いが終わっていない持ち家が大地震であっさりと全壊してしまうリスクは常にあるわけですから。

そしてもう一つ思ったのが預金の分散と現金を持っておくことの重要性です。悪いときには悪いことが重なるもので、今回はみずほ銀行がシステム障害を起こしました。こういう時に備えるならば、複数の銀行に預金を分散しておくことは必須だと言えます。また、そもそもお金を下ろせなくなってしまう事態に備えるとすれば、普段から多少多めのお金を現金で持ち歩くということも必要かもしれません。ただ、この場合、盗難リスクや財布を落としてしまう等の紛失リスクとの兼ね合いがあるので判断が難しいところではありますけれど。

最後に、投資家という立場で書いておくならば、一番驚いたのが東京電力の原発トラブルです。私は今のところ個別銘柄投資は一切行っていないので、東京電力の株は一切保有していないのですが、一般株主は相当に狼狽したはずです。私は東京電力という会社についてはよく知りませんが、一般的に電力会社というのは投資先として優良で安定していると認識されるのが一般的だと思います。それが、まさかこんな大騒動を引き起こそうとは、まさに寝耳に水だったことでしょう。ここから学ぶべきことがあるとすれば、「安全な投資先など存在しない」ということでしょうか。

いろいろと書いてきましたが、最初に書いたように、日本に住んでいる限り地震リスクから逃れる術はないと思います。できることといえば、普段から防災意識を高め、想定可能な範囲で様々なリスクに備えることくらいでしょうか。いずれにしても、リスクとどうやってつきあうべきなのかについて考えさせられた2週間でした。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
分散投資
安全な投資先はないですが、リスクは減らすことはできると思います。

3月6日のコメントで書かせてもらいましたが、やはり、
「安いところで(資産)分散投資」 でしょうかね。

(資産)としているのは、日本株だけではだめだということです。
こんな非常事態になると、日本のどの株を持っていてもだめですから。

国内外の
株式、債権、投資信託、REITなどでしょうか。

さらに大事なのは、余裕資産での運用でしょうね。

私はいまだに個別株で大きな塩漬けをしていますので、
まず個別株を買うことはないでしょう(^^ゞ

【2011/03/30 23:26】 URL | ろうちゃん #HfMzn2gY [ 編集]

管理人よりコメント
>>ろうちゃんさん

一番大事なのは分散ということでしょうね。

それにしても、今回の災害で思ったのは、やはり「集中によるリスク」です。一つの電力会社に頼りすぎるリスク、東京一極集中のリスク、いくつもの原発を1ヶ所に集中して建設するリスク(もっとも、これはそもそも原発という施設そのものが”嫌われ者”であることを考えれば仕方がないかもしれませんが)、東日本日本が被災しただけで、その影響が様々なところで日本全体に悪影響を及ぼすリスク・・・などなどです。また、ほんのわずかな期間、物流が滞るだけで被災地は食料危機に陥ってしまうという現実といったこともあらためて認識しました。

分散というのは国全体にとっても重要なのかもしれないと思った次第です。


【2011/04/03 08:27】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


こんにちは、
持家の事痛い話です。夢のマイホームと思いローンで購入しましたが、いろんな事を調べれば調べるほど賃貸の方が良かったと今更ながら思います。おっしやる通り災害にあっても
住宅ローンは残り、地震保険だけで賄えないですものね 持家を持つ前にもっと勉強するべきでした。
【2011/04/13 19:31】 URL | 岩崎  #fS8U4tuk [ 編集]

管理人よりコメント
>>岩崎さん

記事の内容とはいささか矛盾しますが、必ずしも賃貸がいいとは限らないと思います。賃貸にも持ち家にもそれぞれにメリットとデメリットがあるというただそれだけの話です。
賃貸の場合、ファミリー向けの物件が少ないので、家族が増えると、どうしても持ち家にせざるを得なくなるケースが多いと思います。

家を買う際に震災リスクについては考慮すべきですが、リスクを気にしすぎていては、それこそ何も出来なくなってしまいます。持ち家か賃貸かというのは、とどのつまりは人それぞれの価値観の問題です。

ただ、住宅ローンについてはあまり無理なローンを組むというのはやはり慎むべきだと思います。震災に限らず、住宅ローンを払えなくなる経済状況に追い込まれるというのは珍しいことではないからです。

 
【2011/04/17 07:27】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/519-e2b5ba33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)