プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者にとっていい会社と投資家にとっていい会社の違いについて考えてみた
今回は、投資家にしての視点で見ての良い会社と、会社で働く労働者の視点で見ての良い会社の違いについて、思いつくままに書いてみました。



*労働者にとっていい会社・・・会社は従業員のものだと考えている会社
*投資家にとっていい会社・・・会社は株主のものだと考えている会社


*労働者にとっていい会社・・・不況で業績が極端に悪化しても「可哀想だから」という理由で、労働者をなかなかクビにしない会社
*投資家にとっていい会社・・・必要とあらば、リストラのために不要になった労働者を情け容赦なくクビにする会社


*労働者にとっていい会社・・・労働者から「あの人はいい人だ」といわれる人が社長になっている会社
*投資家にとっていい会社・・・高い業績を上げるためなら、労働者から「あの人は鬼だ」といわれることを恐れず、ノルマや数字に徹底的に厳しい人が社長になっている会社


*労働者にとっていい会社・・・労働者から嫌われることを恐れるあまりに、意思決定する際に、いちいち労働者に”お伺い”をたててから方針を決める、八方美人型の経営者のいる会社
*投資家にとっていい会社・・・独裁型の徹底的なトップダウンで、労働者の意思などお構いなしに、市場の変化に対して素早い意思決定ができる経営者のいる会社


*労働者にとっていい会社・・・顧客の都合よりも、従業員の都合を優先する会社
*投資家にとっていい会社・・・労働者の都合よりも顧客の都合を優先する会社


労働者にとっていい会社・・・労働者の生活のことを考え、できるだけ高い給料を払う会社
投資家にとっていい会社・・・コストである人件費をできるだけ低く押さえようとする会社


労働者にとっていい会社・・・数字より人情を大切にする会社
投資家にとっていい会社・・・人情より数字を大切にする会社


労働者にとっていい会社・・・労働者のためなら、株主の利益をないがしろにしてもいいと思っている会社
投資家にとっていい会社・・・株主価値の最大化を目指す会社


思いつきで列挙してみたので、中身は適当ですが、まあ大体こんなところではないかと思います。
そういえば、ずいぶん前にも以前にも同じテーマで記事を書いたことがあります。


「サラリーマンにとっていい会社」「投資家にとっていい会社」の違い


投資家と労働者の利益が相反することを示すもっとも端的な例は、「リストラすれば株価が上がる」という話でしょう。投資家にとってよい会社というのは、労働者にとっては厳しい会社なのかもしれません。もちろん、労働者と会社のオーナーたる株主とがWin-Winの関係を構築できればそれに越したことはありませんが。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

どうも下段の方が、労働者のストレスが少なく感じてなりません。
労働者が原材料などと同じ、単なるコストになればいいのですが…。

原材料の値段は会社の収益とは無関係ですので、赤字だからといって値段を下げたり、タダで手に入れたりはできないはずですから。

【2011/05/25 19:13】 URL | 晴 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>晴さん

>労働者が原材料などと同じ、単なるコストになればいいのですが…。

意味がよくわかりませんが、労働者の人件費は今現在においても、単なるコストです。



さて、今回書いた話についての補足ですが、実際には、投資家にとってよい会社の方が、労働者にとってもよい会社であると言えます。労働者にとってよい会社というのは、労働組合の強い会社をイメージして列挙したものですが、労働組合の力の強すぎる会社というのは、往々にして長期的には企業の所有者たる株主や労働者自身を含め、ステークホルダー全員を不幸にします。労働者の権利を過剰なまでに守ろうとするあまりに、大規模なリストラや改革ができないがゆえに、市場の変化に適応できず収益を悪化させたりして、最悪の場合、会社そのものを潰してしまうことすらあり得ます。

5月1日のメーデーのときに、「最低賃金を時給1000円にしよう」などと声高に叫びながら街を歩く、労働組合と思われる、気持ちの悪い集団を目にしました。こうしたくだらないことを主張する、資本主義や市場経済を理解できない愚かな人たちは、結果として、皆を不幸にするのです。


 
【2011/05/28 22:34】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/527-f8cbcb53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。