プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己投資が単なる浪費にならないように気をつけよう
今回は、投資は投資でも自己投資の話です。ここで言う自己投資というのは、資格を取得したり、新たな知識や技能を習得したりするために自分自身に時間やお金をつぎ込むことを指しています。自己投資は必要か?と問われれば、それは間違いなく必要だと答えます。自分自身の能力アップを目指す目的での支出は非常に有意義です。しかし、自己投資を目的としてお金を使う時には注意すべき点があります。それは極めて簡単で、自己投資のために注ぎ込むお金は、一歩間違えば単なる浪費になりやすいということです。

たとえ普段は節約家であっても、自己投資目的での支出は必要であると考えるがゆえに、結果としてお金を使う際の判断が甘くなりがちです。また、自己投資の成果はどうしても曖昧になりやすく、客観的に評価するのが非常に難しいケースが少なくないと思います。これが例えば有価証券への投資であれば、どれだけ儲かったか、あるいは損をしたかということをお金の増減というわかりやすい指標で評価ができますが、自己投資の場合にはそうはいかないケースの方が圧倒的に多いと思われるからです。純粋に収入の増加を見込んで自己投資を行った場合であれば、実際に収入がどれだけ増加したかという数字によって評価は簡単にできますが、多くの場合、それほど簡単にはいかないケースの方が大半だと思います。技能や資格を取得したからといって、それが即座に収入アップに直結するかというとそんなに甘くはないのが普通です。もっとも、会社で資格手当が出る場合であれば別ですが。

そもそも、自己投資という言葉の定義自体がけっこう曖昧になりがちです。仕事に直結したスキルアップのみを自己投資と見なすのか。あるいは自己投資という概念をより広範にとらえて、単なる一般教養的な分野や趣味の分野までも自己投資と考えるのか。なかなか難しいところです。自分磨きと称して、お金を無駄遣いするというのはけっこうありがちな話です。

特に気をつけなくてはならないのは、この分野にはまりやすい人です。自己啓発や自己投資というものに対して、一種の宗教のような魅力を感じるタイプの人は、際限なくお金を注ぎ込むということになりかねません。

自己投資を単なる浪費にしないためには、評価基準を明確にし、さらに定期的に進捗度をチェックする必要があります。例えば英語を勉強する場合であれば、過去1年間にどれだけの時間とお金を注ぎ込んだのか。そしてそれに見合うだけの成果は上がったのか、といったことです。そうしたチェック体制を自分で構築しないと、ずるずると無駄に時間とお金を注ぎ込んでしまうことになりかねません。

これは自分自身の反省点なのですが、私も資格や知識の取得を目指してお金と時間を費やした経験は少なくありませんが、そのうち、実際に本当に役立ったといえるものはほんの一部だけでした。要するに、過去に使ってきた時間とお金のほとんどは浪費に終わってしまったということです。

とはいえ、物事というものはやってみないとわからないという側面があるのも確かです。結果として、浪費になったと言わざるを得ないものであっても、そこから何かを学び取ることができたのであれば、必ずしも無駄だとは言い切れません。その意味では、あまりにもシビアになりすぎるのもまた問題かもしれないと思うこともあります。

この自己投資というものについてどう考えるべきかは、私自身も曖昧なままです。たとえ無駄遣いになる可能性があったとしても何もしないよりは新たな物事に挑戦する方がいいと思う一方、浪費になるくらいなら、最初から無駄に時間とお金を費やすべきではないという2つの考えの間でずっと揺れ動いてきました。どちらがいいのかは一概にはいえませんが、自己投資や自分磨きというものが浪費の言い訳になりやすいということは意識しておいた方がいいかもしれません。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
仕事と別
自己投資をして多くの資格を持っている人が出世しているとは限りません。運転免許しか持っていなくても、出世する人は出世しています。
masaさんが言われるように、投資なのだから出世に結びつくもの、または転職しても役に立つ知識じゃないともったいないですね。
よくキャリアアップと言いますが、特に資格を取らなくても、自分の今の仕事に頑張っている人の方が出世しているような気がしますがどうでしょうか。
【2011/06/05 12:48】 URL | ろうちゃん #HfMzn2gY [ 編集]


私が行ってる会社は、資格をとると難易度に応じてポイントがついて、昇級試験で有利になります。分かりやすく出世に結びついているのでやる気が出ます。
【2011/06/05 18:26】 URL | ハム #zoUWJXeQ [ 編集]


>>お金と時間を費やした経験は少なくありませんが、そのうち、実際に本当に役立ったといえるものはほんの一部だけでした。

いろいろと共感できる点があるのですが、特にこの部分が気になりました。
これは自己投資の分野だけでなく、様々な分野に言えるような気がします。
一例では、借金をして家を買ったが、20年以内にシロアリ被害にあって、建て直しを余儀なくされるというようなケースです。

だからこそ、数少ない確実にリターンを生むと思われる分野は大切にしないといけないのだなと思います。
【2011/06/05 20:21】 URL | am #htcttySU [ 編集]


私は、NTTデータという会社に5年間ほど席を置いていたことがあります。
この会社で出世する方法はひとつだけ。
情報処理の資格を取ることでした。
情報処理試験は多岐にわたっており、すべての資格をとれば、30歳以下で課長職も可能でした。

公務員の昇進試験のようなものは知っていましたが、民間でもちゃんとあるんですね。
考えて見れば、社員が多ければ人事部もこのような「取得した資格」で役職を割り当てるしか、判断材料がないのは納得出来るところです。

逆に昇進したければ、人事考査において、公的資格がどのように影響しているか調べるのは大事なんだな、と感じたものです。

職業に結びついた自己投資は、まずハズレがなさそうです。

私ですか?
朝早起きして試験受けに行くのも嫌なので、無資格&出世の見込みゼロでした。
ま、問題が私にはちんぷんかんぷんで、受験しても合格する見込みもゼロでしたけど。
【2011/06/06 00:27】 URL | 元町愛 #195Lvy4Y [ 編集]


私の自己投資は半年に1回歯科でチェックと歯石を取ってもらうことと、1年に1回のしっかりした人間ドッグ。大腸カメラと脳ドッグは2~年に一度です。これらは結構お金がかかります。自己投資と思ってどんと払っています。

1日30分間のジョギング(ジムで)は気力がなくなる時もありますが、この時間は未来の自分へのプレゼントなんだと思ってやっています。
【2011/06/06 10:18】 URL | susan #mB.BT9Ic [ 編集]

管理人よりコメント
今回はまとめレスにて。

自己投資が文字通り投資であると考える以上は、やはりみなさんが書いておられるように、昇給や出世、転職といったものに直接的に役立つものにのみ、限定すべきだと思います。逆に言えば、それ以外のものは、投資ではなくて単なる消費だと考える方が妥当でしょう。

また、susanさんが書いておられるように、健康維持に使うお金を自己投資と見なすのはよい考え方だと思います。同じようなことは私も行っていますが、これは費用対効果を考えれば非常にコストパフォーマンスがよいというのが私の実感です。

【2011/06/12 14:51】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/529-9edac3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。