プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本業なくして稼ぎなし
世の中には、投資で高い運用成績を上げるようになると「コツコツ稼ぐなんて馬鹿らしい」と思う人もいるようです。確かに、サラリーマンの場合、いくら努力してみたところで稼ぎはたかがしれています。仕事でいくら高い成果を出してみたところで、それが給料に大きく反映されるような会社というのはそうそうないでしょう。それに対して、投資であれば、短期で大きく稼ぐことも不可能ではないからです。でも、私の考えはちょっと違います。

「本業なくして稼ぎなし」

ということ。
以前のブログで「事業ポートフォリオという考え」というタイトルで記事を書きました。

*短期的には安定性があるが、長期的には不安定でリスクの大きいサラリーマン。
*短期的にはリスクが大きいが、長期的には不労所得として大きな収益を得る可能性のある投資。

ここでのポイントは「本業での稼ぎ」です。よく、投資でお金を稼ぐようになると「サラリーマンで地道に働くのが馬鹿らしく思える」ということを耳にしますが、私はあくまでも「本業できっちりしっかり稼ぐからこそ気持ちに余裕のある投資ができる」ということなのです。

「サラリーマン」「貯蓄家」「投資家」

この3つがうまく噛み合ってこそ資産を殖やせるというわけです。本業での稼ぎが投資のリスクヘッジとなり、投資での稼ぎがサラリーマンのリスクヘッジとなっています。そういう意味では

決して本業であるサラリーマンとしての仕事に手を抜けない

ということになりますし、事実その通りです。私にとって投資というのはあくまでも単なる「副業」でしかありません。そして重要なことがもう一つ。

サラリーマンとして働いているからこそ、世の中の景気の動向を肌で実感できる

ということ。つまり会社での仕事量の増減、昇給の状況、新たな人の採用など、会社で起こるさまざまなことが景気のよしあしの判断基準であると同時に投資判断の基準の一つになっています。

そして何より重要なこと。投資の原資となる貯金はあくまでも本業であるサラリーマン収入から生まれているということ。それを忘れてはならないということを私はいつも肝に銘じています。だからこそ、私は毎日毎日懸命に働くわけです。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この世を支えているのはサラリーマンの方ですから。
毎日の積み重ねが大事なのですね。
がんばります。
【2005/12/04 13:12】 URL | chai #0NyVCI12 [ 編集]

仕事も積み重ねが大事
chaiさん、こんにちは。masaです。

>毎日の積み重ねが大事なのですね。

そうですね。日々の仕事も積み重ねが大切と思います。私が落ち着いて運用していられるのも本業があればこそ、というのは本当にいつも実感しています。
日々急がしく働いているからこそ、昼間の株価の変動を気にしないでいられるという側面もあります。もし毎日がヒマだったら相場状況が気になって仕方がないかもしれません(^_^)
【2005/12/04 17:31】 URL | masa #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/53-ef85cd40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。