プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融機関が投資家に不利な商品を販売するのは合理的である
当ブログでは、投資家にとって不利な金融商品を販売する金融機関を批判する記事を何度も書いてきましたが、しかしよく考えると、この批判は的外れだということに気づきます。その理由は簡単です。

金融商品を販売する金融機関にとって大事なのは、自社が儲けることが第一であって、投資家を儲けさせることではないからです。自社の利益が第一だというのは民間企業なら当たり前。

そして、世の中には、金融リテラシーの低い人たちがたくさんいます。これを金融機関の立場で考えれば、投資家には不利な、しかし販売業者にとっては有利な手数料の高い商品を売るのがもっとも正しい戦略だということになります。投資家の多くは、金融商品の選択眼がありません。それゆえに自分たちの買った商品が不利な商品だということを見抜く力がないので、自分たちが不利な商品を買っているということにすら気づかないのです。また、自分自身のリスク許容度もよくわからないままに投資している人も少なくありません。そうであれば、そうしたリテラシーの低い、しかしお金を儲けたいという欲だけは持っている人たちをターゲットに商売をするのは合理的です。



要するに、世の中にはバカが多いんだから、バカにふさわしい商品を用意して、それを売って儲ければいいじゃないかという話です。



・・・と書いたものの、これはさすがに言い過ぎかもしれません。しかし、そういう風に考えないと、ろくでもない金融商品が巷にあふれていることの説明がつかないのも事実です。

また、不利な金融商品を買っている人たちにしても、その多くは「自分は投資という賢明な行動をしている」と考えている人が多いものです。投資をしている人は、投資をしていない人よりも賢明であると、多くの投資家は思い込んでいますが、その実態は、ただのバカなのかもしれません。

もっとも、あまりにもハイリスクなものや、コストが高すぎる商品であればいかに投資家たちがバカだとしても、いつかはその過ちに気付くことがあるかもしれません。どんなバカにだって、一応は脳みそはあるのです。あるいは、大損して初めて、自分が愚かな行動をとっていたことを認識するかもしれません。しかし、それに気づいたところで何の問題もありません。なぜならば、投資は自己責任だからです。ゆえに、後から金融機関にクレームをつけてきても、まともに取り合う必要はありません。「商品の特性をきちんと理解しないで買った方が悪い」という理屈が成り立つからです(そもそも、商品の特性を理解できないからこそ不利な商品を買ってしまうわけですが・・・)。

さて、投資家の側は、どうやって、自分の身を守ればよいのでしょうか。これは極めて単純です。それは、投資家がより賢くなることです。日本人は世界で最も商品の品質に厳しいと言われますが、どういうわけか、金融商品に対してだけは、その能力があまり発揮されていないようです。金融商品に対しても、他の商品と同様に厳しい目を向けるようになることが必要です。これがほぼ唯一の防衛策だといえます。

これから先も、合法的詐欺とでも言うべき、ろくでもない金融商品は続々と登場し、販売され続けることでしょう。それが金融商品の売り手側からみて、正しいやり方である以上は仕方がありません。


 

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
そもそもリスク資産は手数料が高い
この代表が金。5~10%+管理コスト(ETFなら0.5以下)儲かっているのでいいですが・・

アクティブファンド。1~2%(ETFなら0.1~0.3)日経225以下の投信がほとんど

外貨、外債。ETF0.2・インデックス0.5・MMF1%+スプレッド(期待リターンの同じ日本国債ならスプレッドのみ0.02以下)高金利=高インフレ国の通貨は下落する

変額年金2~4%+管理コスト(自分で預金+国債+ETFで管理すれば0.3以下)年金(保険)は解約すると大損!


結果。ほぼすべての投資家が手数料と相場下落で投資バカ(かも?)
儲かったのは証券会社と投資評論家・・
【2011/06/11 22:30】 URL | 預金王 #- [ 編集]

信託報酬
投資信託の信託報酬料も高いものが多いですね。
私の持っている投資信託で買ってから基準価格の変わらないものが2~3ありますが、
よく考えるとそれって、信託報酬分は儲かっているということになります。

信託報酬は自動的に基準価格から引かれるのでよく分からないのですね。

しかしこれでは、まるで証券会社のために私は投資しているようなものです。
【2011/06/12 09:51】 URL | ろうちゃん #HfMzn2gY [ 編集]


結局インデックス投資してるヤツも

バカって事だよね・・・

儲けてやろうとスケベ根性だすから・・
【2011/06/12 21:46】 URL | mamoru #- [ 編集]

日本の金融機関はえげつない
Masa様。いつも楽しい記事をありがとうございます。

「金融商品を販売する金融機関にとって大事なのは、自社が儲けることが第一であって、投資家を儲けさせることではないからです。自社の利益が大事なのは民間企業なら当たり前」。確かにその通りだとは思います。

ただし、単なる手数料稼ぎに終始し、顧客を食い物にするようでは、その関係は続かないのではないかとも思います。

この記事を読むと、日本の金融機関のやり方は、あまりにもえげつない気もしてきます。
http://www.minkaigai.com/archives/category/ima/nihon
(みんなの海外投資)

私はやはり金融機関と投資家の利益関係が一致している方がベストだと思い、主にヘッジファンドを中心に海外投資を実践しています。Masaさんはご関心ありませんか?
【2011/06/13 11:31】 URL | 海外投資ファン #y5ws7seI [ 編集]

最後に生き延びるのは?
masaさんの言われる通り、たとえばレアル債・ランド債や関連投信等は非常に売れているようですね。よくセオリー本には「新興国等の高金利通貨は、(購買力平価により)長期的には下落する」と書かれているのですが、短期的には上昇することもしばしば見られますし、第一そこまで考えて購入する人は少数みたいです。私の周囲の投資家もリーマンのとき退場した人が多い。これもmasaさんの言われる通り、投資家もある程度学んで賢くなるべきなのでしょうね。
結局賭博産業が今日も繁栄しているように、金融機関もカモを捕まえ続けていくしかないのか・・・。
個人的には、米国でバンガード社が発展してきたように、顧客とwin-winの関係になろうとする企業が最後には残るのでは・・・と考えたいです。今は「短期的に良くない商品が上昇している」局面ととらえるのは、ちょっと理想主義ですかね。
【2011/06/15 00:20】 URL | ogachi #- [ 編集]

管理人よりコメント
今回もまとめレスです。

本来ならば、顧客と金融機関とがWin-Winの関係を構築するのが最も望ましいのはいうまでもありませんが、なかなかそうはいかないようですね。ろくでもない商品を出す金融機関も問題ですが、買う方も買う方だと思います。高コスト商品や、リスクについてわかりにくい複雑な商品などなど。民間企業である以上、利益重視になるのは仕方がありませんが、それでもいささかやり過ぎの感があります。なお、私はヘッジファンドの類には興味はありませんので念のため。

【2011/06/19 16:46】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


内容が抽象的過ぎて、説得力が ありません。これでは「投資信託に全額投資したものの、運悪く東北大震災で資産を激減させた情報弱者の腹いせ作文」と大差ありません。
masa は優秀です。本気で書きさえすれば、もっと具体的で説得力があり、ユーモアを含んだ情報量の濃い文章が書けるはずです。
私は無能者には何の期待もしませんが、有能な人には多くの期待を寄せます。
【2011/07/20 22:15】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/530-1c78e059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金融機関が投資家に不利な商品を販売するのは合理的である

当ブログでは、投資家にとって不利な金融商品を販売する金融機関を批判する記事を何度も書いてきましたが、しかしよく考えると、この批判は的外れだということに気づきます。その理由は簡単です。金融商品を販... お小遣い稼ぎ【2011/06/12 14:46】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。