プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資否定派が投資をしないのは合理的である
投資推奨派に言わせると、投資をしようとしない預金オンリーの投資否定派というのは、金融リテラシーの低い人だと言われがちです。しかし、私は、投資をしない人たちの行動はおおむね合理的だと考えています。そう考える理由は以下の通りです。


1.預金のみでもインフレに対応できたという過去の事実がある以上、あえてリスクのある投資をする必然性がない

言うまでもなく、お金を確実に殖やす方法など存在しません。そうであれば、お金を減らさないことの方がよほど重要になってきます。そして、以前の記事に書いたように、過去数十年のデータを見れば、1年ものの定期預金は、インフレに負けてこなかったという客観的事実があります。つまり、預金のみでお金の実質的価値を減らさずに済んできたわけです。そうであれば、預金派がお金を減らすリスクのある投資をせずに、預金のみでお金を運用しようというのは正しい考え方です。もちろん、これは過去のデータであって、未来がどうなのかはわかりません。しかし、下手な投資は簡単にお金を減らしてしまうということを考えれば、預金というのは極めて堅実な資産運用方法だと言えます。


2.預金派は、「理解できないものには投資してはいけない」という投資のルールを確実に守っている

投資について知識のある人なら誰でも知っているお金の世界のルールとして、「理解できないものには投資してはいけない」というものがあります。預金派は、自分に理解することのできるもの、すなわち預金のみに限定してお金を運用しています。つまり、預金派は投資の大原則をきっちりと守っているのです。



投資推奨派というのは、大体において、金融や投資の知識を学び、投資を実践する人をリテラシーの高い人と認識するようです。しかし、投資否定派でもなければ投資推奨派でもない私の目から見ると、預金派=金融リテラシーが低いという図式は必ずしも成立しないと思えます。むしろ、投資を実践している人の方こそ、実は金融リテラシーが低いのではないかと考えてしまうケースは少なくありません。リターン重視・リスク軽視の投資本はいくらでもあります(むしろ、そうでない本を探す方が難しい)。あるいは自らのリスク許容度を無視した無茶な投資で再起不能な損失を背負ってしまった人たちもたくさんいます。中途半端な投資や金融の知識というのは、かえって大きな弊害をもたらすことがあるのです。投資否定派の人たちというのは、そういう実例をよく知っていて、だからこそ投資に否定的なのかもしれません。そうであれば、投資否定派が投資に消極的なのは、極めて正しい判断だと言えます。「お金を失う最も簡単な方法は安易な投資をすることである」と言っても過言ではありません。ならば、人は投資というものに対して、より慎重であってしかるべきです。インデックス投資は、市場平均に負けない運用を目指しますが、預金によるお金の運用は、インフレに負けない運用を目指すものと言えるでしょう。お金を減らしたくないという守りの観点でみれば、預金というのは最強の資産運用方法だと言えるかもしれません。投資というのは、リスクをとってお金を運用するものなので、リスクをとりたくない、守りに徹したい人が投資をしないのはむしろ当然のことだと言えます。

ちなみに、「預金はインフレに負けてきた」という主張が存在するのも事実です。しかし、たとえそれが正しいとしても、ごく短期間の間に大幅に資産を減らすリスクが高いのは投資の方だと思います。仮に、ゆるやかなインフレで預金の価値が目減りしたとしても、そのリスクは投資リスクの比ではないでしょう。私の知る限り、投資で失敗した人は大勢いても、預金で失敗したという人は聞いたことがありません。そもそも、投資を行っている人にしても、生活防衛資金は預金で確保しているのが普通です。それはとりもなおさず、預金はおおむね安全な資産クラスだと認識されているからだと思います。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

私も、投資否定派でもなければ投資推奨派でもない感じです。
一通りやっているという感じでしょうか。

私も時々ブログで、定期預金のエントリーを書いた時にコメントで金融リテラシーの低さを遠回しに指摘されることがあります。
その人のブログを見た時に、誰がこういっていたとか、本に書いてある事の紹介の羅列に閉口してしまいました。

確かに私は金融リテラシーが高いとはいえないけど、そのくらいの本は読んでいるし、知識が金融リテラシーだというのであれば、別に評価が低くて構わないと思いました。
まあ、バカ丸出しとなっても、自分で考えて歩んでいきたいです。
【2011/07/03 09:49】 URL | うさみみ #- [ 編集]


預金オンリーにこだわるのはある意味合理的ですね。

ただ、日本人の場合はだいたい生命保険などよく分かっていない金融商品に手を出している人も多く、分かって投資否定をしている人が少ないのが残念な点だとも思います。
【2011/07/03 12:30】 URL | 吊られた男 #zdvXpt9s [ 編集]


金融リテラシーの高い人でも、バブルの時代には判断力が低下するようです。
さきほどのリーマンショックもそうでしょう。
どう考えてもおかしいけど、どんどん株価が上昇するので、乗っかっていく。
そしてジェットコースターのように急降下。
その繰り返しなのでしょう。
私も今、通貨選択型投資信託に手を出したくて仕方がありませんが、
よく分からない商品(適正価格の分からない商品)には、じっと我慢です。
欲と戦っています(笑)

【2011/07/03 13:23】 URL | ろうちゃん #HfMzn2gY [ 編集]


>預金派は、「理解できないものには投資してはいけない」」という投資のルールを確実に守っている

うーむ、面白い。
そして皮肉な話ですね。

実際は、預金をしている人でも、宝くじやパチンコ等ですっている人が多いと思いますので、masaさんのように論理的な帰結で預金に行ったかどうかは定かではないかもしれませんが、それを差し引いても面白い指摘です。
【2011/07/03 15:42】 URL | am #C8ogtQH6 [ 編集]

預貯金は最強かも。
リーマンショックを経験した者としては預貯金のすごさは身を以て痛感してます。
預貯金以外の投資で長期に上回るのは大変なことだと思ってますので、投資の相談を受けまずは預金を奨めますね。拍子抜けしたリアクションが待ってますけど。
最強の投資は、「毎月長期積立預金」じゃないかと思う、今日この頃です。
【2011/07/03 21:44】 URL | ひで #- [ 編集]

1年ものの定期預金
最近、利率は低下傾向にありますね・・
私のお薦めは個人向け変動国債にして、2.5~3%程度になったら乗り換えるという手法。
まあ、長期債でも2%を超える上昇(債券下落)はここ10数年ありませんけど^^
http://www.bb.jbts.co.jp/data/index_kinri.html
【2011/07/03 22:11】 URL | 預金王 #- [ 編集]

金融リテラシーは高くありませんが
私は特に金融リテラシーが高くはありませんが、「投資推奨派」です。そして、日本にもいずれはインフレが来て、預貯金は目減りすると考えています。ただし、本業をほったらかして、ちまちまと株式投資やFXをする気もありません。

そこで始めたのがヘッジファンド投資でした。昔は怪しげに思われていましたが、今ではずいぶんと透明性が改善しました。私はフレンズプロビデントの「プレミア」という商品で積立投資をしています。(参考「みんなの海外投資」http://www.minkaigai.com/archives/309)。ミドルリスクのポートフォリオでも設定来の平均運用利回りは15%程度です。

一方、日本で人気の積立型投信といえば、たとえば運用残高を伸ばしているセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバルファンド」で、設定来騰落率がマイナス21.5%(2011年6月30日現在)。

いずれも設定後に金融危機に見舞われたのは共通していますが、その後の上昇相場への乗り方が大きく異なります。株と債券が半分ずつ、その1/3ずつを日米欧に配分。こんな単純なポートフォリオは自分でも作れます。

「とにかく手数料が安い!」売りだとは思いますが、どうして日本ではこんな運用成績の悪い投信がそんなに売れるのか? 私にはまったく理解できません┐(-_- )┌
【2011/07/08 16:37】 URL | 海外積立投資実践中 #t.yCzdAA [ 編集]

日本円は最強ではないでしょうか。
デフレ、低金利、円高の進む日本円は最強では無いでしょうか。
リーマンショックの時に、東日本大震災の時に唯一上がった物は何だったでしょうか(笑)
世の中、名目金利と実質金利の区別が付いていない人が多過ぎるように思えます。
勝間氏あたりも「貯蓄から投資へ」とさんざん煽りましたが、煽ったご本人は預金のみ(笑)
インフレレートが上がってきてから投資を検討しても全然遅くないかも知れません。
【2011/07/09 17:01】 URL | いーた #YiJ2pIDk [ 編集]

管理人よりコメント
今回もまとめレスにてコメントを書いていきます。

純粋にインフレ対策ということだけであれば、現状においてはやはり預金で十分だと思います。損をすることはまずないでしょう。デフレ下ではなおさらです。インフレリスクだけをヘッジするために、価格変動リスクその他のリスクを引き受けるというのはどう考えても妥当だとは思えません。

とはいえ、吊られた男さんが書いておられるように、きちんとわかっていて投資を否定している人は少ないと思います。これまでの日本では、金融や投資の知識は知らなくても問題はなかったと言えるかもしれません。保険商品の場合、ややわかりにくいのが難点だと思います。万が一の時の必要保障額の判断が難しかったり、商品の比較が難しかったりといったことです。
また、投資の場合であれば、インフレリスクを強調することでお金を失う恐怖を煽ったり、投資をしないリスクなどという理屈を振りかざして投資を勧めたりしますが、保険の場合も同様で、「保険に入らないリスク」をやたらと強調する傾向にあるように思えます。これは一種の不安商法だと言えるでしょう。人は何かを得ることよりも失うことを恐れる傾向にあるわけですから保険商品のセールス方法としては正しいのですが、顧客の立場としては注意する必要があります。この手の不安商法というのは、悪徳リフォームや点検商法・霊感商法など、例はいくらでも挙げることができますね。

それから、宝くじやパチンコでお金を減らす人もいますが、たいていの場合はあくまでも遊びと理解しているのが普通だと思います。もし、宝くじやパチンコといったギャンブルで資産作りをしようと本気で思っているのなら、それはもはやギャンブル中毒といってよいでしょう。

また、うさみみさんの書いておられたコメントは非常に面白いと思います。うさみみさんがうんざりするのもよくわかります。もし、定期預金にすることがリテラシーの低いことの証明だというのなら、私もリテラシーの評価は低いままでいいと思っています。投資をすることが賢いことだと単純に考えている人には、私も辟易していますから。

なお、今回の記事の中で、「預金派は、理解できないものには投資してはいけないという投資のルールを確実に守っている」と書きましたが、一方の投資家は、しばしばこのルールをあっさりと破ってしまい、そのおかげで痛い目に遭うことがあったりしますね。あるいは、リスク許容度をあえて無視してしまうとか。これは大きな皮肉だと思います。

【2011/07/10 16:30】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/03/24 22:58】 | # [ 編集]


問題は預金だけに頼ると金融リテラシーが一切成長しないというところでしょうね。
投資と会計は一生の勉強だと思ってます。
成長し、変化に対応する人間だけが生き残れる。
【2014/03/16 00:56】 URL |      #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/533-530ed21b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。