プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金投資について思うこと
前回の記事、純金積み立ての損益状況(2011年8月13日現在)の続きです。今回は、私自身の金投資に関する現時点での認識を列挙してみます。



*金(gold)の価格が上昇していることで金投資に注目が集まっているものと思われるが、今頃から金投資を始めようというのは遅きに失しているように思えてならない。金はむしろ今が売り時ではないか?

*金を安全な資産だと思わない方がいい。もし安全な資産に投資したいというのなら、投資なんて最初からすべきではない。投資というのは、より積極的にリスクをとるという覚悟が必要。投資においては損をするリスクからは逃れられない。安全な資産などそもそも存在しないという認識を持つ方が重要だと思う。

*もしあえて買うとしたら、今大暴落をしている海外株式資産クラスをETFやインデックスファンドの形で買う方がよほどマシだと思う。ただし、この場合でも重要なのは、どこまでのリスクを受け入れられるかというリスク許容度次第。

もちろん、これは私の個人的考えであって、これが正しいとは思いません。むしろ間違っている可能性の方が高いでしょう。未来のことは誰にもわからないのです。しかし、安全を求めて投資するというのは、根本的に間違っているように思えます。

前回、雑誌の取材に応じなかったことについて書きましたが、取材依頼のメールを見て思ったのは、今、この時期になってから金投資の話を取りあげることの馬鹿馬鹿しさでした。雑誌に掲載される記事の内容は具体的にはわかりませんが、大体想像はつきます。雑誌である以上、売れる内容のものを書かなくてはならないわけですから、今話題のものを取りあげるのは仕方がありませんが、どう考えても今この時期から金投資を始めようというのは、あまり妥当だとは思えません。もちろん、金というものに対して、現物資産としての価値を認めようというのであれば、それも悪くはありませんが、ポートフォリオの中核になるような資産クラスでないのは明らかです。雑誌というメディアが、金投資を取りあげることで、金投資ブームに拍車をかけることになるのかもしれませんが、これは投資家としての目で見ると、どうにも愚かに思えてなりません。

私が金投資をしているのは、金というものに対してある種の存在意義を見出しているからだというのは確かですが、それとて分散投資の一環としてであり、そもそも金投資というものが妥当なのかどうなのかはいまだに確信を持つことができないでいるのもまた事実です。金投資をしていてよかったと思うのか、あるいは持たない方がよかったと思うのかは、これから先の推移を見なくてはわかりません。「有事の金」ということから、現物資産としての価値をある程度は認めるにしても、それを過剰評価すべきではないと思います。

金価格上昇という状況の中では、様々な雑誌や各種メディアにおいて金投資が取りあげられる機会はこれからも出てくると思うのですが、投資家という立場においては、そういったことに惑わされないことが大切だと思います。これは金投資に限った話ではありませんが、各種メディアの煽り記事には注意しなくてはなりません。


ちなみに私の方は、現在保有している金を一部売却することに決めました。今回の売却は、金価格の上昇によるポートフォリオのリバランスのためではあるのですが、先ほど書いたとおり、今は金の買い時ではなく、むしろ絶好の売り時だと考えているからでもあります。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
同じ二割だけど・・
金連動や為替を短期間で20%くらいの利益が出せました。
でも・・何か虚しいですね、ゼロサムは・・

それに比べて預金・債券は長期で同じ二割ですが、安心感がまるで違います!
株式は大幅にマイナスですが、今はデフレなので対物価指数ではトータル資産でプラスのようです(インフレ率-0.5%)

今はMSCI ACWIを買っています。
株式は時価では厳しいけど、(特に)インデックスは妙な安心感がありますね^^
【2011/08/21 15:22】 URL | 預金王 #- [ 編集]


金は売り時は同感です。現在バイアンドホールドスタイルの投資家はトータルで普通預金にすら負けてしまっているつらい現実があるのでそれを少しでも相殺できるような新しいスタイルの確立が望まれます。
【2011/08/22 19:27】 URL | 素人 #- [ 編集]


早速リンクの修正をしていただきありがとうございます。
金投資は、金ETFが出た時に買ってある程度上がった時に売りました。
600で買い1000くらいで売った記憶がありますが、そこからここまであがるってすごいですね。
市場規模が小さいのが大きいのかもしれませんね。
【2011/08/22 22:33】 URL | うさみみ #- [ 編集]


金投資について、実際に行っている方の記事として説得力がありますね!
確かに、資産分散の一部であって、これで儲けようというのはおかしいかもしれません・・
こういった冷静なブログが、個人投資家を守っていくんでしょうね。感心しました。
【2011/08/23 11:34】 URL | クガイ #- [ 編集]


金は1000を超えた時に既に高いといわれていましたがいつのまにか1800に迫る勢いですね。どの程度が適切なのか誰にもわからず、ひょっとしたら1800でもまだまだ安いのかもしれません・・・
売り時というのは非常に難しく、売った後にもっとあがったりして後悔することも多々あります。(僕は高い時に買って今後悔しているところですが・・・)
そのため「マーケットタイミングを狙った売却」ではなく「リバランスのための売却」というのは理論的にも適切で売った後の値動きに対してもある程度自分の気持ちに言い訳ができるので精神上良いと思います。
【2011/08/26 18:35】 URL | Black bullet #jeyr4hPk [ 編集]


分散投資
アセットアロケーション
バリュー投資
という意味ですごく共感できます。
アセットアロケーションのズレが自然と資産の売り時、買い時を教えてくれるんですよね。
【2011/08/27 19:40】 URL | 26さい #mQop/nM. [ 編集]

管理人よりコメント
>インデックスは妙な安心感がありますね

インデックス投資の場合、ある種の安心感というのは確かにありますね。


>トータルで普通預金にすら負けてしまっている

昨今の経済状況を考えると、そう言わざるを得ませんね。




>これで儲けようというのはおかしいかもしれません

金というのは儲けることを意図して買うものではないと、個人的には思っています。
しょせんは利息も配当も何もないわけですからねぇ。



それから、リバランス目的での売却ということについてコメントがついていますが、これは書いておられるように、投資タイミング・売却タイミングの判断という点で、理論的にも精神的にも非常によいと思います。これならば、極めて自然な形でポートフォリオの調整ができますから。



最後に業務連絡。

>>うさみみさん

基本的に、リンク先修正については、気付き次第、速やかに行うようにしています。
FC2ブログは、数あるブログサイトの中でも使い勝手はかなりいい方ではないかと思います。
【2011/08/28 21:36】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/540-b1aee7d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。