プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それほど間違っていない投資用語集
あえて言おう、ネタであると!

・・・というわけで、今回の記事は、「それほど間違っていない投資用語集」というテーマで、ネタ100%でお送りします。



----------------------------

投資・・・(1)お金を殖やす最も効果的な方法。
     (2)お金を失う最も効果的な方法。



証券会社・・・「お客様(投資家)が資産形成をするのをお手伝いします」と称している会社。実際には、客をカモにして自社の資産形成を目論んでいることが多いが、それは公然の秘密である。顧客を騙してでもお金を儲けるために、詐欺的商品を開発・販売するなど、必死の努力をする姿勢は見事としか言いようがない。会社が儲からないと嘆いている他業界の経営者はこの姿勢を見習うべきかもしれない。



投資家・・・投資で金持ちになることを目指す人のこと。自ら私財をなげうって高い手数料を支払い、金融機関が金持ちになるのを手伝うという自己犠牲の精神に富んだ人も多い。金融機関をどんどん金持ちにさせる一方、投資家自身はどんどん貧乏になっていることがよくあるが、それを言わないのが大人のルールというものである。



長期投資家・・・「明日は金持ちになろう。明日は金持ちになろう」と思い続けて投資を続ける人のこと。問題なのは、実際に金持になれる日が果たしていつなのか、誰にもわからないことである。



ごきげん買い・・・永遠にナンピン買いを続けること。ナンピン買いに要する資金は、信者たちが喜んでお金を出して手数料を支払ってくれるので、投信会社はいつでもごきげん。
 
※関連用語:ナンピン(難平)・・・(1)取引で、損失を平均化すること。買ったあとに相場が下落しても買い増しで買値の平均を下げておき、逆に売ったあとに相場が騰貴したら売り増して売値の平均を上げておくことによって、損失を回避しようとすること。「難平買い」
(2)(見通しもなく(1)をして大損する意から)愚かなこと。また、その人。「我が身知らずの難平なり」
(※ナンピンについては、デジタル大辞泉より引用。2番目の意味が面白い)



バフェット流投資・・・ウォーレン・バフェットの実践する投資方法。多くの人が目指すが、誰も真似することができない。「バフェット流投資」と称する投資方法を実践する人は数多くいるが、第二のバフェットが登場したという話を聞いたことがないのは一体どういうことであろうか。



「それでいくら儲かったんですか?」・・・投資家に言ってはならない禁断の言葉。なぜなら実際にはたいして儲かっていない人が多いからである。彼らにとって最も重要なことは、自らの定めた投資哲学に沿った投資行動をとっているかどうかなのだ。彼らは自らの投資哲学に沿った「合理的な投資家」であろうとする。即ち、合理的な投資家になることこそが彼らの最大の目標なのである。ゆえに、いくらお金を儲けたかということは(あるいはいくら損をしたかということは)さほど重要ではないのである。



合理的な投資家・・・ある種の悟りを開いたとでもいうべき究極の投資家。実際には存在しない架空の存在。曰く、買った価格にとらわれるな。曰く、大衆心理に惑わされるな、などと様々な教えがあるが、そんなことは凡人には不可能である。しかし、この合理的な投資家という言葉は、非常に都合のいい言葉でもある。「あなたが投資で儲けることができないのは、あなたが合理的な投資家ではないからです」と言えば、たいていの人は納得するからである。



インフレリスク・・・証券会社や投資用マンション販売業者などがセールスの際に見込み客を脅すときによく使う言葉。実際には、過去の日本のデータを見る限り、インフレに対しては1年ものの定期預金で対応できていたという事実があるのだが、売り手側にとってはそんなことはどうでもいいことである。



ペイオフ対策・・・インフレリスク同様、証券会社や銀行、投資用マンション販売業者などが、見込み客に対する脅し文句としてよく使う言葉。ペイオフが解禁になったときに多用された。実際には、ペイオフ対策としては、決済用預金、あるいは1000万円ずつ複数の銀行に分散して預ける分散預金で十分なはずだが、そんなこと金融商品のセールスマンや投資用マンションの販売業者は決して口にしない。
そもそも、多くの人にとっては、ことさらペイオフ対策を講じなければならないほどのまとまった金額のお金を持っていないことのほうがよほど大きな問題であろう。



「投資をするのは初めてなんですが」・・・証券会社の営業マンなどに対して「私は葱を背負ってきたカモです」と宣言する際に使う言葉。



「私は騙されたんです」・・・投資で損をしたときに投資家が使う言葉。この投資家にはどうやら自己責任という言葉が理解できないらしい。ちなみに、うまく儲かったときには何も言わない。



「今が投資のチャンスです」・・・顧客に株等の金融商品を買わせるときに使う言葉。株価上昇時には「まだまだ上がりますよ!今、買わないと損ですよ!」といい、暴落時には「株価の下がった今がチャンスです」というのが基本。要するに、彼らにとってはいつでも投資のチャンスということであろう。



年金制度・・・ネズミ講の一種。普通のネズミ講と違うのは、国家公認であることである。国家公認であるどころか、その制度維持に必死である。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
投資・・・お金を殖やせるかわからない仕組み
証券会社・・・手数料の最大化を目的とする。
投資家・・・多くの人はリスク資産に注力する。
長期投資家・・・ほとんどの人は長期で殖える投資対象を知らない。
ごきげん買い・・・誤った選択はごきげんの反対(人からの資産ならどっちでもいい)
バフェット流投資・・・事業を除けば大昔から米国で株を買っていた人は儲かった、日本は土地を所有していた人が儲かった。それ故、バブルが弾ければ後から買った人が大損害を被る。
「それでいくら儲かったんですか?」・・・投資で儲けた人はあまりお目に掛からない。あえて言えば、郵貯や国債が倍になったというお年寄りは知っている。
合理的な投資家・・・買った値段からは逃れられない。人の金なら気にしない。
インフレリスク・・・インフレが起きてもそれ以上の利回りを出せれば問題ない。
ペイオフ対策・・・都銀の分散よりも国債の方が確実。高インフレになっても金利は上がる。債券価格は暴落するが、変動国債の価値は逆に上がる。
「投資をするのは初めてなんですが」・・・鴨がいるから証券会社、投資評論家、マネー雑誌が潤う。「初めてだからリスクのあるものは投じません」という男は軟弱に思われる(笑)
「私は騙されたんです」・・・まだ素直に言えるだけマシかも。強情を張り現実を見ようとしないものは(別の意味で)幸せかも?
「今が投資のチャンスです」・・・売りつける人は四六時中そう言う(投資だけではないですが・・)
年金制度・・・本来なら現時点で大幅削減が正しいが、選挙に負けるのと公務員(自分たち)の給与を守りたいからやろうとしない。
【2011/09/17 23:22】 URL | 預金王 #- [ 編集]


どの項目も激しく同意。大いに笑わせていただきました。

しかし、預金王さんの方が文章が短いためスパイスが効いていて、更に面白いです。

他のコメントも増えないかな~。
【2011/09/20 11:29】 URL | 三匹のこぶた #- [ 編集]


はじめまして。投資用語集どれも面白いです!
ってよろこべる立場ではありませんが・・・。
他の用語も期待しています。
その時はあいうえお順だと
いいのでは?
【2011/09/20 13:26】 URL | ちぽりん #- [ 編集]

まあ、投資をやれば嫌でも解りますよ
まあ、銀行預金の名目金利の低さに嫌気などさして、投資をやれば大抵の人は嫌でも解りますよ(笑)。投資家の8~9割は実は元本割れと言う事に。銀行預金や国債などが実は最強だったりして(笑)。デフレ、円高、(名目上の)低金利ですので。インフレレートを差し引いた実質金利は実は高いですね。
【2011/09/21 23:15】 URL | いーた #- [ 編集]

管理人よりコメント
今回もまとめレスにて。

今回の記事はけっこう好評だった模様。こういう記事を書いていてつくづく思うのですが、私はやっぱりこういう投資を皮肉った記事が一番得意なようです。そのうち続編を書いてみたいところですが、ネタが続くかどうかが問題ではあります。

あいうえお順にするというのはいいアイデアですが、そのためには、もっと言葉を増やす必要が出てきますね。言葉数が増えてきたら、それ自体で単独のサイトとして成り立ちそうです。


>銀行預金や国債などが実は最強だったりして

今の状況を考えると、まさにこれが最も正しいのかもしれません。
結局、日本人が投資に消極的とされる最大の理由は、あえてリスクをとって投資をする合理性がどこにもないということに尽きると思います。何しろ、投資をしている人の多くが大損しているのに、預貯金&国債のみに留めている人は、確実にプラスリターンを得ているわけですから。

【2011/09/25 18:57】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
【2011/10/21 00:17】 URL | 投資の初心者 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/544-b56fe05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それほど間違っていない投資用語集

あえて言おう、ネタであると!・・・というわけで、今回の記事は、「それほど間違っていない投資用語集」というテーマで、ネタ100%でお送りします。-----------... FX生活。社債生活。【2011/09/23 16:32】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。